--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-30

K-1MAX感想。佐藤残念! ブアカーオ強すぎるっ!

今日のMAXは面白かった!
佐藤は残念でしたね。前蹴りを掴まれて、返しの左フックでやられましたね。
ブアカーオはボクテクを磨いてきたのはもちろんですが、完全に佐藤対策が出来てましたね。
佐藤はもともとパンチの防御に難がありましたが、ここまで一方的に負けるなんて!
「愛を知る県から来ました」なんて寒いこと言ってるから負けるんだよー・・・というのは冗談としても、イチから出直しですね。

今日のベストバウトはサワーVSカラコダですね。
サワーは武田戦の時もそうだけど、前半に押されていても勝負どころのラッシュが凄い。

いやあ、今日は良いものを見せてもらいました。

明日のPRIDEももっと盛り上がるといいなあ!
スポンサーサイト
2006-06-30

小橋がんばれ!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20060630-00000000-spnavi_ot-spo.html

プロレスをそれほど見ない僕ですが、小橋建太は大好きなプロレスラーです。

多くは語れませんが、無事にカムバックして欲しい、それだけです。



2006-06-29

中尾“KISS”芳広の入場曲を考えよう!

格闘技界がゴタゴタするなか、一服の清涼剤となっている感のある中尾さん。

そんな中尾“KISS”芳広の入場曲は何がいいかと考えてたら、すでにみんな色々考えてますね。

2ちゃんの中尾さんスレで

入場曲候補

1. シャングリラ(電気グルーヴ)
2. 初めてのチュウ(あんしんパパ)
3. キッスは目にして(ザ・ヴィーナス)
4. 今すぐKiss Me(リンドバーグ)
5. チュッ!夏パ~ティ(三人祭)
6. あなたのキスを数えましょう(小柳ゆき)
7. KISS ME(氷室京介)
8. ここでキスして(椎名林檎)
9. キスしてほしい(ブルーハーツ)
10. うわさのキッス(TOKIO)
11. 口唇(GLAY)
12. 涙のKISS(サザン)
13. もう一度キスしたかった(B'z)
14. KISS OF LIFE(平井堅)
15. バレンタイン・キッス(国生さゆりwithおニャン子クラブ)
16. KISSに撃たれて眠りたい(吉川晃司)



などが列挙されてました。
さすがに皆さんわかってらしゃっる(笑)

僕もすぐ考えたのが、リンドバーグ、氷室、ブルーハーツ、電気グルーヴ、吉川ですね。
特にリンドバーグなら「今すぐKiss Me~♪」のあとに会場が「WowWow♪」と合いの手を入れることができますよ(笑)

「もう一度キスしたかった(B'z)」はその入場場面と歌詞を想像して笑ってしまいました。

「初めてのチュウ(あんしんパパ)」は初めてではないので却下。

「KISSに撃たれて眠りたい(吉川晃司)」は実際キスを撃ったあとに眠ったので、大いにアリ(笑)

あとはエルトン・ジョンとかジョージ・マイケルとか・・・
いやあ、考え出すとキリがない、夢が広がりますねえ。

どういう演出になるのか、当日は中尾さんを見逃せない!!


2006-06-29

そうか、石井館長はもう現場を離れているんですね。

いやあイヤーな気分になりますねー。

何にも考えたくねえなあ・・・もうサップが悪くても、FEGが契約怠慢でも、裏でDSEが糸引いてようと驚かんよ。

まあ谷川さんの声明ではある程度納得できるところもあり、もしDSEが一枚噛んでいるなら非常に複雑な気分です。

ただ一つだけ

リングサイドで観戦していた石井館長は、現在K-1の現場から離れている立場なので、サップ選手がなぜそのような要求をしているかの背景すら知らない上に、サップ選手が押し付けてきた長期契約破棄のための合意書と思しき書面の意味も存在も知らなかったことは言うまでもありません。



嘘つけよと(笑)
なんで現場を離れてる人がわざわざオランダまで行くんだよ。
いつ収監されるかもわからないのに・・・

ここ最近のニュースには、本当にゲンナリですよ。
2006-06-29

何気に楽しみ! K-1MAX

あさってに迫ったMAX決勝大会。
普段は打撃系イベントにはそれほど興味はないですが、これは楽しみです。

楽しみにしてるのは、小比類巻が背中を向けるかどうかではなく、佐藤VSブアカーオです。

肘と膝を制限されてるせいでK-1での佐藤の試合は正直おもしろくないものばかりでした。
谷川Pからも「日本のシュルトですね」と言われるくらいだから、主催者からもあまり好まれてないのは明らか。
ただ試合が地味でもブアカーオに勝てるならたいしたもの。
これなら判定勝ちでも佐藤に乗れる。

何とか頑張って優勝しないかな。
2006-06-28

[K-1] 保身か逆撃か、ボブ・サップの声明。

僕は紙プロハンドでその記事を見たんですが、さすがに書き写すのはアレなのでこちらを参照。
今週の週刊ポストとほぼ同内容ですね。
http://ex9.2ch.net/test/read.cgi/k1/1151307123/63-68
まず気になったのが

試合当日の午前9時に「K-1」に契約書を提出し、「K-1」側がこれを受領しました。この契約書とは、元々「K-1」が作成したもので、私たちがそれを修正したものです。その後、最終的にサインをもらうため、ずっと部屋で待っていたのです。


カード発表後のしかも試合当日に契約しようというのはK-1サイドもかなり杜撰ですね。
そして、K-1が作成した契約書にサップ側が修正したとのことですが、それがどの程度のギャラアップや待遇改善を望んでいたのかによって、どちらに多くの非があるかがわかるんですがね。

ホテルのロビーでは関係者らしき人たちが怒鳴りながら喧嘩をしていました。
さらに「K-1」の関係者に「君が試合をしないと、もっと大変なことが起きるよ」と言われ、本当に怖くなり急遽二人のボディガードを雇っ たのです。



脅し云々があったかどうかはともかく、急遽ボディガードを雇えるもんなんですかねー。
それとも予め用意しておいたのか。

。「K-1」に対してこれまで一方的に流していたデマを
撤回するとともに、真実を認めて謝罪してほしいものです。そしてプロモーターとして信頼関係を築き直し、安心して戦える場を私に提供してほしい。
「K-1」が、格闘家としてのデビューを応援してくれたことに感謝している 一方、私を、このような危険な状況にさらしたうえ、助けようとしなかった ことについては、裏切られた心境です



信頼関係を築きなおしたいなら、ここまで言っちゃあいかんのでは?
まあそれだけ追い詰められてたってことでしょうけど。

フジテレビに対して。
オランダ大会を放送したフジテレビは、オランダにおいて私と「K-1」と地元共催者との間で起きた本当の事を知りながら、ただ黙って傍観し、イベント放送中と放送後も真実を全く語ろうとしなかった行為に極めて遺憾に思います。
実は、私のロッカールームにフジテレビのスタッフもずっと居合わせ
ており、出来事の一部を目撃しています。
担当者の名前を知っていますが、友達だと思っているので私の口からは言いたくありません。彼女には勇気を持って真実を語ってほしいものです。
しかし、彼女の立場も理解しているつもりなので、もし彼女が真実を話すことができなくても責めることはしません。
また、私とフジテレビへの説明責任を放棄したことに対しても大変遺憾
に思っています。事件後、フジテレビは一度も私から事件を聞こうとしていません。恐らくファンへ真実を語る必要性を感じていないのでしょう。
どうして事実を伝えようとしないのでしょうか?



現場に居合わせた女性は怖かったでしょうに可哀想に・・・というのはおいといてだ。
結局のところ矛先はフジテレビに収束していくんでしょうか。
現代にしてもポストにしても・・・

K-1の放送も打ち切りにするのか、あくまで海外のプロモーターの暴走として片付けるのか?
サップの会見が開かれるまでは予断を許さない状況ですね。(最近のフジテレビ関係はこればっか)

正直K-1が放送を切られたら、ますますPRIDEも放送されづらい事態になりそうですから、何とか和解の方向でお願いしたい。
別にK-1が下がったところでPRIDEが上がるという状況でもないですからね。

手打ちか、会見前にサップに圧力がかかるのか
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20060628-52390.html

もっとも、K-1と完全に決別するつもりはないようだ。
ファンに対して「安心して戦う場を私に約束してもらえるなら、私はいつでも戦う用意があります」ともコメントし、格闘家として現役続行を希望している。
今後は週末か週明けにも会見を開き、自らの言葉で説明する意向だ。



近々開かれる会見に注目ですね。
2006-06-27

え? フジテレビの株主総会は荒れないんですか・・・?

今週の週刊プレイボーイに「株主総会」のことを取り上げたコーナーがあったんですが。
いろんな会社の株主総会の行方を経済アナリストの方々が予測してました。
その中には「ライブドア&PRIDE打ち切り」問題で揺れるフジテレビの株主総会に対する見解が述べられてました。

それによると

・ニッポン放送はともかくライブドア株関連での損失が大きすぎる。
・しかし、放送局のような業界は「表」と「裏」の世界が繋がっているので、総会が特に荒れることはない。
・「PRIDE]関連の言及は特になし。



ということで、「PRIDE」問題に関しては、何もわからなかったんですが、評論家の人が言うようにフジの株主総会が荒れないんだったら、なんでPRIDE打ち切ったの? ってなりますよ。

株主総会対策ではないのなら、DSEから逮捕者が出るなどの逼迫した状況が差し迫っていたのでしょうか?
実際には今のところ何もありませんが、今後も油断できない状況なんですかね。

なんかフジの上層部がビビッて切っただけのような気もしてきましたが、さすがにそれはねえですかね。

GP開催まであと4日。なんとか無事に開催&スカパー放送できますように!
2006-06-26

榊原代表の心情に変化? フジテレビとの和解はあるのか?

フジテレビに対して弱腰だった榊原代表ですが、ここにきて態度を少し変化させてきました。
http://www.daily.co.jp/ring/2006/06/26/0000059209.shtml

今月8日の会見で、同社長は「また(フジと)シェークハンドできるかも」と再契約の可能性を示唆したが、一転して「(フジには)日ごとに怒りが増している」と心情を吐露。だが、ピンチの後にチャンスあり。放送中止を後悔させてみせる。



週刊現代の記事が「事実無根」であるなら、この反応は当たり前ですね。むしろ遅すぎるくらいです。

一方で
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20060626-00000001-spnavi_ot-spo.html

フジテレビとも双方の弁護士が話し合いを続けており、榊原社長は「何が理由なのかはっきりしてほしい。再開を信じて向き合いたい気持ちはある」とコメント。フジテレビの株主総会(29日)が終わるまで静観する構えを見せていた。



とフジテレビへの配慮も見受けられます。
まあ、PRIDEにとっても演出や過去VTRのことも含めて、フジで再開が最良ですからね。
何とか和解してほしいですが、株主総会が終わるまでは具体的な動きはないでしょうね。
2006-06-25

PRIDE無差別級GP スカパー放送も「REBORN」へ

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/column/200606/at00009662.html

フジテレビの地上波放送撤退により、SKY PerfecTV!によるペー・パー・ビュー(PPV)放送のみとなった本大会では女性キャスター、実況アナウンサーもこれまでのメンバーから一新されることとなった。
 イベント終了後の囲み取材に応じた榊原代表は新たな中継陣営について「ほぼ決まっています。解説席は高田本部長と高阪さん。新しい女性のゲストと、実況は5~6名の最終候補者のなかから選考中です」とキャスティングの進捗を明かした。
 また、PPV中継では試合前後のバックステージ映像を休憩時間中に流すなど、これまで地上波放送を考慮して実現できなかった新たな試みの実施も検討されており、試合映像と同じく人気の高い選手紹介VTRについても、これまでの中継と比べて「遜色のない試合映像と選手紹介VTRを楽しみにしてもらいたい」と、新たな中継形態への移行に自信をのぞかせた。


というわけで高阪さん(と高田本部長)は解説者継続で一安心ですな。
実況はハッスルや修斗、パンクラスをやってる矢野さんとか辻よしなりとかになるのか。あと高柳さんか。

小池栄子の降板は確定ですか。
後釜はまだ決まってないみたいですが、無理に女性ゲストを無理やり置く必要はないんじゃないかな。
地上波もないんだし、井上和香とか山田優みたいにキャーキャーうるさいだけで全く知識のないタレントなら邪魔なだけですからね。

あえて候補を挙げるなら、サムライTVとかに出てた桜井悠美子とかSRSで修斗に詳しかった人(名前失念)とかですね。
最低限、余計なことを言わずに静かにしていてくれればオッケーです。

煽りVに関してはフジの佐藤Dや放送作家の村上氏が離れたことで少々のクオリティダウンは否めませんが、今までの手法のサンプリング、模倣でなんとかならないかなあ。
とりあえずジョシュのプッシュは強くお願いしたい。

なんだかんだで開催まであと6日。
PPV中継がどのようにリボーンするのか、楽しみになってきました。
2006-06-25

[PRIDE無差別級GP]  ジョシュがセミファイナルじゃー!

http://www.prideofficial.com/free/result/event/1149743642.html
というわけでメインは吉田ミルコですが、なんとセミがジョシュですよぉおーっ!
てっきりセミは藤田シウバあたりかと思ってましたから、意外でしたね。
とはいえ赤コーナーはハントっぽいのでジョシュ単体での評価ではないんでしょうが、それでも嬉しいです!

あとは試合をばっちり一本取って決めてくれいっ!
倒せ「山のフドウ」! 
ハントの気迫に押されて、ジョシュが一歩でも後退したら後ろから弓矢が飛んでくるぞ!(嘘)


ちなみに中尾さんは第2試合ですか、うーむ。
2006-06-24

高田は「知ってれば桜庭を移籍させなかった」

「ゲーテ」関連の続きです。
もし高田が事前に桜庭の移籍を知ってたら、どうしたのか?

━━━もしもですよ、桜庭さんが事前に心の中を全て打ち明けて、移籍したいと話してきたら、高田さんはどうされましたか?

「PRIDEのリングで粉々になって散れ、と言います。
移籍なんかさせません。
人間は必ず歳をとり衰えていくもの。それは誰一人として避けられない。
でも、力が落ちても闘い続ける生き様をあいつを応援してきたファンの前で見せてほしかった。
それはけっして恥ずかしい姿でなくて、これまでの桜庭の功績をさらに輝かせることになる。
僕はそう確信してましたから。



ここは高田の傲慢なところなのかもしれませんが、ある程度は心中を察することはできます。
PRIDEファンはサクが勝てなくなっても熱烈に応援してたし、これからもそうだったと思います。
僕自身も引退するまで応援すると思います。(もちろんHERO,Sでも)
ただ桜庭自身は負けても人気があればいいなんて考えてないだろうし、心機一転して再出発したかったのかも・・・

もっと厳しく話せばよかったという思いもあります。
桜庭は実績のあるトップファイターだし、僕は本人の気持ちを凄く尊重してました。
「あしたのジョー」の丹下段平にはなれなかったし、なりたくなかった。
だから不思議と悔いる気持ちはないんです。
それは僕にとって桜庭はかけがえのない家族だったからだと思います。



桜庭からしてみれば、高田にさんざん酷使されてきた被害者意識もあるんでしょうが、少なくとも二人の絆は偽物ではなかったと思いたいですね。
2006-06-24

「ゲーテ」にて桜庭からの謝罪と高田延彦からの言葉。

ゲーテ読みました。
高田は5月2日深夜に、桜庭が「HERO,S」のリングに上がるとスタッフに伝えられても全く取り合わなかったようです。
「自分とサクの関係を考えたらありえない」
と信じなかった。
桜庭の高田道場離脱も円満退団であり、移籍を予感させるものはなかったとのこと。

この移籍劇に対する高田の感想は

「5月3日夜の僕のありのままの気持ちを言うと、桜庭、お前、やっちゃったな、という思いですね。
やってはいけないことをやってしまった。
彼は今まで一人で闘ってきたわけではないですよね。
今回の行動は自分が闘うかのように声をからして応援してくれたPRIDEファンへの裏切りだった。

翌4日、彼は記者会見を開き、HERO,Sのリングで闘う宣言を行いました。
5日はPRIDE無差別級GPの大切な初日。
つまり、PRIDEを潰す側の行為に参加したことになる。



と正論で桜庭を非難しています。

「HERO,S」移籍後に桜庭は高田道場に来て、高田に謝罪したとのこと。

あれは5月8日の小雨の降る午後でした。
いつものように道場へ行くと、桜庭が待っていました。
いつも通りのTシャツとジーンズ姿でも、顔は青白くてむくんでいた。
今にも泣き出しそうな表情でたたずんでいました。

「順序が逆になり、挨拶もなく今回のような行動を取ってしまいました。すいません」
そう言って頭を下げた。

お前一人の力でここまで来たんじゃない。
多くの人の支えと応援があったから今がある。そういう人たちを裏切らないようにこれからは生きていかなきゃ。
それだけを言って僕はその場から立ち去りました。



まあ本当に言ったのはこれだけだったのかは疑問ですが、続けて高田は

それ以上の会話を交わすことはPRIDEを応援してくれるたくさんのファンに失礼にあたると思いました。
ああいうやり方では、彼とはこれから酒を飲んだり、飯を食ったりもできない。
桜庭よ、しっかりやれや! とも言えない。残念です。



と前日で報じられた「絶縁宣言」とも取れる発言をしています。

去年のアローナ戦後からファンの期待に応えられない葛藤があったという桜庭。
その桜庭に対し、高田はUWF時代に走った砧の海岸で一緒に走ったり、出稽古をすすめたりしたそうです。

桜庭道場立ち上げも積極的に賛成し、高田道場支店ではなく、桜庭自身の一国一城となるジムをすすめていたとか。

このような努力も虚しく桜庭はPRIDE離脱を決意し、移籍してしまいました。

これはあくまで高田サイドからの言い分ですから鵜呑みにはできませんが、桜庭にもこの件に関しての気持ちが知りたいですね。

一部で移籍理由として、ギャラが安い、道場にピンハネされてる、無差別級GPからの落選、武士道行きなど、いろいろ噂されてます。

どんな理由にしろ移籍は本人も自由ですから、ファンがどうこう言う問題ではないのかもしれません。
だけど、この件では僕自身は夢から醒めたというか、浪漫が無くなったというか、非常に複雑な思いを抱きました。

フジテレビ騒動もそうですが、もうちょっと手順を踏んでファンにも納得できる形で、発表していってほしいなあ、と思った次第でございます。

2006-06-23

高田が語る「サクは家族です・・・いや、家族、でした」

http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20060623-50019.html

PRIDEの高田延彦統括本部長(44)が、桜庭和志と絶縁を宣言していたことが22日、分かった。24日発売の月刊誌「ゲーテ」のインタビューで「彼とはこれから酒を飲んだり、飯を食ったりもできない」と明言。桜庭は3月いっぱいで高田道場から独立。師匠のもとを離れ、フリーとなって間もなくHERO’Sへと移った。主戦場を変えることに関し報告はなかった。高田はその後、1度だけ桜庭と対面し、その場で謝罪を受けたことを明かしたが「筋を通すためには、順序がとても大切な時がある」と語っている。



高田と桜庭は「HERO,S」移籍後に会ってたんですね。

さらに今月のkamiproでも「ゲーテ」の宣伝が載ってました。

「初激白 高田延彦

魂のパートナー桜庭和志との決別~

その時、サクに言ったのは、たった一言だけだった」

「サクは家族です・・・・いや、家族、でした。間違いなく、僕にとって彼は身内でした」

5月2日深夜、スタッフの携帯電話により、翌日、桜庭が「HERO,S」のリングに上がることを告げられた様子、また、数日後、桜庭が高田道場の前で待っていたこと。
そこで交わされた短い会話、その真意。
そして高田の桜庭への深い思い・・・。
突然の移籍の原因はなんなのか、高田自らその真相を語る!!



まあ全真相が語られるとは思いませんが、明日は本屋へダッシュですね。
でも「ゲーテ」なんて見たことねえですよ・・・・売ってるかなー。

とりあえず高田サイドからのリアクションが多少なりともわかりますね。
そろそろ白黒はっきり、決めようやぁ!!
2006-06-23

中尾さんのPRIDE初戦の相手決定。

中尾さんの対戦相手は韓国のイ・ウンスになりましたね。
http://www.prideofficial.com/free/fighters/details/1150947727.html

まあ、勝算うんぬんはともかく・・・どこがイケメンなのかと(笑)
荒川良々じゃねーかと(笑)

中尾も「やっぱカッコよくねーや」と言ってますからね。

無差別級GPのリザーバー出場を狙ってる中尾、ここはきっちり勝たないと話にならない。
リング上で本当にキスするかどうかは気になりますが(笑)、とりあえず強いヘビー級日本人が出てきて欲しいのでスカ勝ちして欲しいですね。
2006-06-22

桜庭和志、8.5HERO’S出陣! 一回戦の相手は誰だ?!

というわけで桜庭のライトヘビー級トーナメント出場が正式に決まりましたよぉ!

出場メンバーは
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20060622-00000037-spnavi-spo.html

<ライトヘビー級トーナメント出場選手>
桜庭和志(日本/フリー)
秋山成勲(日本/フリー)
ホドリゴ・グレイシー(ブラジル/チーム ホイス・グレイシー)
カーロス・ニュートン(カナダ/マーシャルアーツ センター)
ケスタティス・スミルンオヴァス(リトアニア/リングス リトアニア)
メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショータイム)
大山峻護(日本/フリー)



・・・あれ・・・岡見は?
ランブルオンザロックでは振るわなかったけど、竹内出にも勝ったし、出場資格は充分すぎるでしょう・・・大山さんは出れて何故?

ルックスも岡見はなかなか良いと思うんだけどなあ・・・とりあえずHERO,Sに岡見を売り出す気はないわけか。
BJペンの外れ一位ってところでしょうかね。

んで本題の桜庭の対戦相手ですが、誰になるんでしょうねえ。
「リトアニアの高田」さんはよくわからんから置いといて、サクは日本人とはやりたがらないだろうから、ホドリゴ、ニュートン、マヌーフ、出ればBJといったところですか。

ホドリゴ・グレイシーなら桜庭は負けないだろうけど、極めることもできないと思います。
打撃でKOできなければ判定じゃないでしょうか。

ニュートンとなら噛みあうし、サクが勝つと思うけど八年前の内容を越えられるかどうか。

マヌーフは打撃がかなりシャープなので怖いなー。
寝技に持ち込めれば何とかなるだろうけど、少し三度目のシウバ戦がよぎる。
凄いドキドキして観戦しそう、ある意味楽しみ。

BJペンとの試合が一番興味がありますが、寝技ではペンが完全に上でしょうね。
桜庭がテイクダウンして上をとっても、GSP戦で見せたフットチョークなどの下からの仕掛けにかなり苦戦しそう。
勝つなら打撃かポジショニングでの判定勝ちか。

こうして見ると決して楽なメンバーではないんですよねー。

しかし、「PRIDE」をあんな形で出て行った以上無様な試合はできませんぞー。
とにかく「HERO☆S」のリングでも、輝け桜庭和志!!

2006-06-22

kamipro最新号。 うおりゃ! ジョシュとオタク勝負じゃ!

「kamipro」100号記念号を買いましたよー!

時間が無くてほとんど読んでませんが、とるものもとりあえずジョシュ記事をチェック。


まずはジョシュのマンガ、アニメ、音楽のベスト5を発表してました。
でも、僕もなかなかマンガにはうるさいですよー。

ジョシュ・バーネットのオタク百烈拳!!

コミック部門
一位 北斗の拳 完全版

二位 アップルシード

三位 ガンスミス・キャッツ

四位 銃夢

五位 GRAY



ちょっwww 一位と四位しか読んだことねえよ(笑)

特に五位の「GRAY」ってなんですか!?

・・・(憮然と)完敗です、いいっすか?

続いてアニメ部門

一位 北斗の拳

二位 剣風伝奇ベルセルク

三位 カウボーイ・ビバップ

四位 バンパイアハンターD

五位 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか



これは全部みてますね、ええ(笑)
とくに「ベルセルク」と「カウボーイ・ビバップ」は大好きですね。
でも「ベルセルク」はアニメより原作のマンガの方が断然いいと思いますがね。
ジョシュはマンガ版は読んだのかな?

笑ったのは、「マクロス」の解説で

ボクはリン・ミンメイより、ハヤセ・ミサが好きだった(笑) あと英語に吹き替えされた日本版マクロスの完全版も持ってるけど、その声優の声がたまらないんだよね!



最高です。

あとの音楽部門は、僕が洋楽をほとんど聞かないのでスルーします(笑)

代わりにぼくのアルバムベスト5を。

第1位 中村一義「金字塔」

第2位 イエローモンキー 「SICKS」

第3位 AIR 「Wear Off」

第4位 oasis 「MORNING GLORY?」

第5位 ホフディラン 「多摩川レコード」



大変失礼しました!
最近の生活には音楽が足りないっ!!

2006-06-21

くりぃむしちゅー有田、ラジオで「ハッスルエイド」について語る

先ほどニッポン放送の「くりぃむしちゅーのオールナイト・ニッポン」にて有田哲平が先日の「ハッスルエイド2006」について語りました。

要約すると

・ハッスルマニアの時にあれほど熱く「ハッスル」を語ってたのに、四月くらいから急に話題に出さなくなった。
だからリスナーから「やっぱタマアゴは有田なんじゃねーか」と噂されていた。

・お笑い番組で高田や長州の真似をしても(プロレスファンがいないから)客は訳がわからず雰囲気で笑っている感じだが、「ハッスル」の会場では笑いだけでなく、「ふぉおお!!」と感嘆と賞賛の歓声があがるから嬉しい。

・1万4千人の前での有田総統劇場はとても楽しく、「有田コール」を受けたときは最高に気持ちよかった。

・ノリで相方の上田にも「ウンチクで高田総統とマイク合戦しろよ」とすすめる。
それを受けて上田は「やってみたいけど、ハッスルの客がそういうのを求めてるか?(笑)」

・継続参戦などの具体的な話題はなし。

・「PRIDE」「DSE」などのフジ的NGワードも連発。



語ったのは時間にして10分ほどですね。

というわけでフジテレビとDSEとの関係からニッポン放送では「ハッスル」の話題はタブーなのかと思ってましたが、そうではないようですね。

吉田もフジテレビの番組に出演するみたいですし、以前に報じられた「PRIDE」ファイターを出入り禁止にする記事は飛ばしだったのかもしれませんね。

まあどちらにしても、有田哲平! お前プオタの中のプオタだよ!
2006-06-20

『 kamipro 』最新号の見所は、もちろん・・・

明日は紙プロの100号の発売日です。
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/50519407.html

「PRIDE」存続問題は最重要事項ですが、もひとつ気になるのは、
やはりジョシュ・バーネット!

☆ジョシュ・バーネットはアナハイムにいた! ハント戦へ向けた秘密特訓をこちらも独占取材!!
☆なにぃ!? ジョシュの腹筋が割れている!! 驚愕の肉体改造、地獄の特訓を見よ!!
☆さらにジョシュのハイパーオタク伝説を徹底解剖!! ジョシュ自身がマンガ、アニメ、音楽のオールタイムベストを選出!
☆ジョシュ自身がオススメ日本のオタクスポットを大紹介!!
☆ガールフレンド、阿部兄&フジメグ、上井文彦が語る素顔のジョシュ!!



ジョシュの記事がかなり多い! よいぞよいぞ。
といっても合計4ページくらいだったりして(笑)

ちなみに紙プロ携帯サイトの最新号紹介では

★北斗地獄特訓をスクープ! ”蒼い目のケンシロウ”ジョシュ・バーネットの腹筋が割れた!?

★我がオタク生涯に一片の悔いなし! キミはどこまでついてこられるか? ジョシュのオタク百烈拳! ホワタァ!!

★ジョシュの恋人シャノンが彼女だけが知っているマル秘話を激白!!
上井さんとアベ兄&フジメグもジョシュの素顔を公開!!



となってます。
こっちの紹介の方が面白そう。

紙プロでは以前にも高阪、滑川、横井、大江慎たちがジョシュの微笑ましいエピソードを語ってましたが、今回も楽しみです!

最近は暗い話題(Without中尾さん)が多かったので、ジョシュの近況やエピソードを読んでハートウォーミング(死語)になりたいですね。
2006-06-20

中尾さんの対戦相手の噂

原タコヤキ君のネットラジオでの(紙プロの中尾番)松澤チョロ氏の発言によると、

・中尾さんの相手はかなりのイケメン。

・(外人か?という質問に対し)「名前がカタカナ」と外国人選手であることを示唆。

この2点からもやはりパウエル・ナツラ選手が想像できます。
同じくイケメンファイターのトンプソンは同日のケイジレイジに出ますしね。

今週中にはカード発表があるでしょうから、それを待ちますか。
2006-06-19

どう変化するのか「PRIDE無差別級GP」のPPV放送。

さて「ハッスルエイド」ではフジテレビ、東海テレビともに製作から撤退したため、ペイパービュー・ジャパンが代わって放送製作をしたわけですが。

さすがに「PRIDE」が今まで通りのクオリティで放送するのは難しいでしょう。

とりあえず「ハッスルエイド」のPPV放送から「PRIDE」のPPV、演出がどのような形態になるか予測しますと。
まず、「ハッスルエイド」では


・演出面は花火や紙吹雪など今までと変わらず派手なまま。

・ケイ・グラント、大田真一郎のアナウンス陣は今のところ残留。
レニー・ハートも大丈夫かな?
・カメラワークは、ハッスル仮面の場外乱闘のシーンで追いきれてないところもありましたが、大筋で問題はなし。

・煽りV(ハッスルではスキット)も今まで通り。
PRIDEでも佐藤大輔Dのテイストを継承して欲しいですが、クオリティ低下は否めないか。



演出に関しては今までプールしてた資金があるから今年いっぱいくらいは大丈夫かな。
あとはナレーションの立木文彦さんには、なんとか残ってほしいですね。
2006-06-19

「ザ・エスペランサー」登場に対するプロレスマスコミの反応

前日のハッスルエイドでついに復帰を果たした高田総統(の化身)ですが、ファンだけでなく取材陣にも少なからぬ衝撃を与えていたようです。

紙プロハンド「ハッスルエイド」総評より抜粋

この事件の衝撃度を象徴するように、大会終了後のプレスルーム近辺でも「ええ、高田ですよ! 高田復帰です!えっ・・・・化身? いや確かに化身なんですけど・・・」と完全に取り乱しまくりながらデスクに報告している記者や、プレスルーム前で上気した顔で「凄かったね!」と語り合う報道陣。



まさかの展開でしたから、マスコミも「エスペランサー」登場は想定外だったみたいですね。

しかし、この「ザ・エスペランサー」は強すぎですね。
あの「ビターン」のような吹き飛ばしは凄い(笑)
特に小川の吹っ飛びっぷりは「GJ!」 でしたね。
ハッスル軍で対抗できそうな人材は見当たりません。

ここはイニシャルAの 某スーパーバイザーに「ザ・キャプチュード」 として登場願うしかありませんね(笑)




2006-06-18

逆風の中の「ハッスル・エイド2006」 これは面白かった!

全国地上波放送が中止、協賛もKYORAKUを除くと三社のみとなり逆風吹き荒れる「ハッスルエイド2006」。

いやあ前半は少々眠たい内容でしたが、後半は文句なく面白かった!

HGは世間的に賞味期限が切れてきそうですが、プロレスでは本当に華があるし、試合も魅せてくれますね。
小川やバボよりは確実に上手いですよね。

メインはあっさりニューリン様が負けすぎたような気がしますが、TAJIRIの試合巧者ぶりが目立ちましたね。

しかし、何よりのサプライズは「ザ・エスペランサー」!

いつかは復帰するかもとは思ってましたが、この時期を選ぶとは!

「トレーニング・モンタージュ」がかかった時は、ビビッてたじろぎましたよ!

まあ、アゴが出てねえじゃねえかとかの疑問も少々ありますが、舞台裏でいろいろあったのかもしれませんね。

イニシャルAということでひょっとして、日明(あきら)兄さんだと面白いな、と思いましたがさすがにそれはありませんでしたね(笑)

政治的状況からまだまだ予断を許しませんが、HGも継続参戦に意欲的みたいです。
せっかくの全国地上波はフイにしてしまいましたが、マイナスからスタートした「ハッスル1」のことを思えば、まだまだこれから!

ハッスルには弛むことなく邁進し続けてほしいです! ハッスルハッスル!!


2006-06-17

『ハッスルエイド』前半戦感想

カイヤ負けたのかよ!
ということは継続参戦するのかな?
肝心のプロレスの方は面白くはないが、つまらなくもない程度でしょうか。

前半のハイライトはくりぃむ有田総統ですね。
これは抜群によかったです。
それ以外は微妙ですねー。
なんとか後半に期待!

しかし、タマアゴの中身は何なんだ?
有田でもアントンでもないとすると皆目見当もつきません!
2006-06-17

本日開催「ハッスル・エイド2006」 タマアゴの中身はやはりその人か?

なんとか離脱者が出ることもなく・・・・出ることもなく無事開催できそうです。
カイヤのデビュー戦ですが、小川、シルバ、バボと試合を作れる人がいないのが非常に不安です。
うーむ、ニューリン様も個人的には興味ないし、川田さんとTAJIRIに期待しますか。

何より期待したいのが、タマアゴの中身でしょう。
巷の噂では、有田哲平さんが有力視されてますが、そうだったら楽しみですね。
有田さんなら高田本部長も総統も猪木も長州もモノマネできますから、かなり面白いことになりそうです(笑)

一応、補欠予想をしておくと、
イニシャルAの有名人は、

青木さやか・・・確かにアゴはでてるし、弁も立つけど脈絡なさすぎですね。

アントニオ猪木・・・本人が降臨したらすごいですねー。ハッスルの客層からして「猪木コール」が起きるかも(笑)

アントニオ小猪木・・・西口プロレスの方です。地上波放送が無くなった余波で、これくらいの芸人しか用意できない可能性も皆無ではない。

アントキノ猪木・・・そもそも観客で知ってる人がほとんどいない。

アゴ勇・・・最悪です。


高田総統が予告する「ビッグサプライズ」と合わせて楽しみにしてます。
2006-06-16

はたして中尾芳広に対するイケメン・スケープゴートは誰だ?

前日、PRIDEに電撃参戦を表明した中尾選手ですが、未だに対戦相手は決定していません。
中尾さん曰く「かっこいい男がいい」とのことなので、自然と候補は絞れてくるのではないでしょうか。

PRIDEファイターでイケメンといえばアローナですが、階級が違うので除外。
そうするとポーランドの英雄が有力となりそうですが、
某掲示板より

414 名前: ナツラさん、逃げて!! [sage] 投稿日: 2006/06/15(木) 15:04:54 ID:sYkiOO3Z
“キス男”中尾がPRIDE参戦「カッコイイ男とやりたい」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20060615-00000026-spnavi-spo.html
榊原信行DSE代表も
「いい男を用意しろと言われた。またキスしたくなるようなイケメンを考えたい」
415 名前: 実況厳禁@名無しの格闘家 投稿日: 2006/06/15(木) 18:55:56 ID:4874mKg3
ナツラも中尾さんのえじきか・・・
416 名前: 実況厳禁@名無しの格闘家 投稿日: 2006/06/16(金) 00:13:44 ID:FFcMeef5
確かにナツラは危ないな。なんせスタミナがないからな。中尾
がしのげるかどうかはおいといて、スタミナがなくなってきて
ゼーゼーいっているナツラに「今度は私の番ね♪」とかいって
、濃厚なキスをしそうだ
417 名前: 実況厳禁@名無しの格闘家 投稿日: 2006/06/16(金) 04:32:32 ID:Or9KglZm
バテたところで中尾にテイクダウンされて
上四方からの強制69ムーブで失神KOだな


逃げて



このようにファンの中尾さんへの期待感が高まっています(笑)

もしナツラが相手なら、スタミナ切れまで持てば勝機はありそうですが、中尾もあんまりスタミナ無さそうなんだけど、どうなんだろ。

榊原さん、速攻引き抜きかよ!とか、HERO,Sでのヒーリングとの再戦はいいのかよ? とも思いますが、よくぞこの状況下でPRIDEに来たよ中尾さん。

あんた男ん中の男だよ。
2006-06-15

中尾さんPRIDE電撃参戦!の感想

以前「紙プロ」でも少し匂わせていましたが、本当に移籍してくるとは!
こんな時期に来ちゃうとは、中尾さんもツイてないですねー(笑)
多分フジテレビ問題の前に契約を結んだんでしょうけど、このタイミングで移籍発表とは、ある意味『男』ですな。

会見ではそんな気持ちをおくびにも出さずプロとして笑いを取る姿は立派です。そして、中尾さんに不快感を示す中村カズの意見も正論です

榊原体制になってからPRIDEデビューし、総合格闘家として成長したカズ。
年末のヒーリング戦で一躍(一部で)時の人となった中尾選手。
どっちも頑張れ!
2006-06-15

6.6パンクラスの話題と他少々。

昨日のスカイAでようやく6・6パンクラス興行を見ることができましたよ。
もちろん注目はフェザー級トーナメントです。
DJ.taikiは強さを感じないんだけど、いつの間にか勝ってるなー。
でも、パンクラスのベルトを完全にHERO,Sへの通行証扱いで好感を持てませんなあ。マイクもスベリ気味だしなー。
まあ、まだ若いからしょうがないですかな。

前田は凄い膝蹴り決めましたねー、相手の山本篤はまさにコピーKIDといった凄い身体ですねえ。

決勝は前田にとって願ってもないリベンジマッチとなったわけですが、勝てるといいな。
ただDJは意外とガードから足を利かせてたから、グラウンドに持ち込んでも前田が有利にならないかもしれないですね。

八月の決勝が楽しみだ・・・と思ってたら、野地を解雇ですか!?
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20060614-00000051-spnavi-spo.html

パンクラスを主催する株式会社ワールドパンクラスクリエイトは14日、ヘビー級ランキング2位の野地竜太を解雇することを決定した。
 株式会社ワールドパンクラスクリエイトは解雇理由を「契約を続行しがたい事由があるため」としている。


どんな「事由」ですか!
せっかく総合に慣れてきて、杉浦に勝てるくらいには成長したというのに・・・勿体無い!
何やらかしたんだろね、この間の欠場は、この件が絡んでるのかな?

なんか最近暗い話題が多いなー。
2006-06-14

ジョシュ・バーネットはハントと名勝負ができるのか?

いやあ、ここんところPRIDEの存続問題で気を揉んでたもんで、無差別級GPの二回戦のカードを吟味する余裕がありませんでしたよ。

このまま何もなければPPVは何とかなりそうなんで会場に行かなくてもいいかな?

さて無差別級二回戦で注目のカードはジョシュVSハントです。

最初はジョシュがあっさり勝つと思ってたんですが、ひょっとしたらクロスファイトになるかも。
まあ、あまりにもワンサイドで終わってしまうと味気ないので名勝負を期待してるだけなんですがね。

まずスタンドでの展開なんですが、ハントが圧倒的有利というほどではないのでは。
リーチ差があるし、タックルと見せてのパンチや組み付いてから身長差を活かした膝蹴りが有効でしょう。

あとはジョシュがハントをテイクダウンできるかどうか。
ミルコ戦でのハントを見るとスタンドレスリングが上手くなってように見えたので、差し合いではジョシュに勝つかもしれませんね。
そうなってもジョシュは首相撲から膝蹴りを入れる→怯んだところを引き倒しなどでグラウンドに持ち込む、と。

それとジョシュ得意の押し込んでからの尻を持ち上げてのテイクダウンが通用するかどうか。
まあ、ハントのケツのデカさを考えると難しそうですが(笑)、これは片足タックルに切り替えれば倒せるんじゃないですかね。

あとはジョシュがハントから一本取れるかどうか?
ハントのガードワークならあっさりパスできる。
一本取るのに技術的には何の問題もないのですが、どの技で仕留めるか。
チョークは高阪曰く「首がない」そうですから難しい、手足も太く短いから腕十字や足関も極まりづらいかな。
やはりアームロックが無難ですね。

と拙い展開予想を書き連ねてきましたが、結局ジョシュの圧勝予想しかしてないんですよね(^_^;)

まあ最初はスタンドで始まるわけで、そこでハントが見せ場を作れるかどうかが鍵になりそうですね。

とにかくリング外の騒乱など気にせずにジョシュには大暴れして欲しいです。
頑張れジョシュ!!
2006-06-13

「FLASH」 フジテレビ×PRIDE、仁義なき尻尾切り。語るは元「PRIDEの怪人」百瀬氏。

とりあえずスカパー放送は継続になりそうみたいで一安心。

だけんどもしかし!

今日発売の「FLASH」に

フジテレビ×PRIDE、仁義なき尻尾切りの「全内幕」スッパ抜き!


とありました。
内容は、今回の「PRIDEフジ問題」を百瀬氏の視点から切るというものでした。
フジが切った理由は、暴力団が表沙汰になりそうだからとか、株主総会対策といった既出のものが大半でした。
しかし、一つ気になる発言が・・・
DSE影のオーナーと言われる I 氏について

 I なら俺も知ってるよ。高田ヒクソン戦が実現したのも彼のおかげだろうね。


という旨の発言をしたこと。

川又氏以外の人物が「 I 氏」の存在を認めたことになります。
ただ百瀬氏は現在はK-1サイドにいる人物と目されており、完全に客観的立場の発言かどうかは微妙ですが・・・

今さら捜査当局が動くかどうかはわかりませんが、以前として予断を許さぬ状況のようですね。

ここはやはり新会社設立、「PRIDE」の名称変更しか、ダーティーイメージは拭えないのかなあ。

ことは榊原代表の進退だけで済む問題ではないんでしょうね。

2006-06-12

週刊現代とプレイボーイで「PRIDE」問題の記事掲載。やはり本丸はフジテレビか。

今週の現代とプレイボーイでPRIDE関連の記事が載ってました。
プレイボーイは

「PRIDE」の危機脱出のために
・スカパー放送の継続。
・ヒョードル、吉田などの選手流出問題。
選手個人のスポンサーがPRIDE出場にGOサインが出るかどうか。
・ライバル団体(K-1、UFC)らの引き抜き。


が挙げられてました。
DSEの疑惑に関しての言及はほぼなしでした。

週刊現代の方は
http://blogs.yahoo.co.jp/masa1gou3939/36132436.html

PRIDE=暴力団を斬り捨てた
フジが恐れる問題社員「プロデューサー」への捜査の手。



また、同誌では
打ち切り決断の理由を、フジの幹部社員が解説しています。



「週刊現代にPRIDE=暴力団ではないかと追求され
ついにウチの上層部が音を上げたんです。
記事のとおりなら、ウチもDSEの巻き添えを食って警察の捜査の手が入るかもしれない。
その前に一刻も早くPRIDE中継から撤退すべきだ、とね。
ウチはライブドアのニッポン放送株買い占め騒動などで相当の含み損を被っており
6月末の株式総会が紛糾するのは必至です。
週刊現代に書かれたPRIDEの件まで株主から追及されてはたまったものではない。
日枝会長を頂点とする現体制維持のため
ライブドア以外の問題を早急に処理すべきと判断した会長と
その側近たちトップの判断で、
5月中に放送中止が決定したのです。
Aプロデューサーや番組スタッフは
全く打ち切りを知らされていませんでした」



この後の内容は「Aプロデューサー」の話が中心となり
フジ幹部が社内での状況を語ったり
神奈川県警捜査関係者から入手した情報では
事情聴取した際
「暴力団幹部と面識はあります」と供述したことも記しています



記事の後半には、Aプロデューサーを左遷しないのか?の質問に対し、フジテレビは「A氏には問題ない」との見解。
左遷はしないが番組打ち切りで、A氏の仕事減少を示唆してます。

最後にA(清原)氏をかばい、知らぬ存ぜぬを通そうとするフジテレビを糾弾する形で文を締めくくっていました。

月末の株主総会が紛糾するのは確実でしょうね。

本日行われる予定のスカパーの役員会。
今日審議の結果を発表するかどうかは未定ですが、近々には明らかになるはず。
なんとか放送してくれ、スカパーさん。もうプラチナチケット買ったし・・・
よろしく頼んます!

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。