--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-31

笑いのウィルス見逃した!

先日のブログで書いた「笑いのウィルス」を見逃した!
http://tsudureya.blog51.fc2.com/blog-entry-147.html#comment

美濃輪のイベント行ってたからしょうがないけどね・・・

うーん、久々にハッスルを地上波で見るチャンスだったんですけどね。

スポンサーサイト
2006-07-30

テーマは「新型!」 美濃輪トークイベント参加レポート

本日の美濃輪トークイベントに行ってきました。
美濃輪トーク

イベント開始の15時より一時間早い14時に行きましたが、すでにA席は売り切れていました。その三十分後にはS席も売り切れ。

野外だからメチャクチャ暑い!
DSC00283.jpg

イベント開始頃には200人くらいいたんじゃないかな。

DSC00293.jpg

司会は地元FM愛知のDJの方。ゲスト美濃輪と仲のいいお宮の松。
さっそくキン肉マントークで盛り上がってました(笑)
対戦相手のバタービーンをやはり「北斗の拳のハート様」と喩え、「北斗柔破斬で勝ちたい」と言ってました。
「今回のテーマは『新型ヘヴン』なんですよね?」という質問に
「いえ、次のテーマは『新型』です!」
となぜか省略して力説する美濃輪。

20分ほどでトーク終了。
トークの締めは、やはりこれ。
DSC00300.jpg

お約束のS・R・F8回で会場は盛り上がりまくり!
OHI! OHI! OHI! OHI!

DSC00307.jpg

あまりの暑さに汗をかきながらサインする美濃輪。
汗がテーブルの上にもポタポタ落ちているのがよく見える。
頻繁にタオルで顔を拭きながらも握手、撮影を続けるが、総人数は百人以上はいそう!
サイン中は美濃輪の後ろで、司会者とお宮の松がトークで繋いでました。
しんどいだろうに一人一人に丁寧にサイン、握手、写真撮影をしたのはさすがでしたね。


最後に集まったファンに一言。
DSC00319.jpg

「新型! 次は新型なんで応援よろしくお願いします」
とのこと。

いやあ今日は暑かった!
でも楽しかったなー、美濃輪を1m以内の距離で見続けることができましたからね!

またこういうイベントをやってほしい!
2006-07-30

ついに来ました、ジョシュグッズ。

バースピさん経由で、
http://www.burningspirit.com/log/eid1342.html

PRIDEオフィシャルストアで、
ジョシュのパンクラス風Tシャツが販売開始されました。

BARNETT Tシャツブラックhttp://store.prideofficial.com/item.php?id=1010351-020099

この記事を書いている時点では売り切れですが・・・。
ともあれようやく会場でもこのシャツが買えるということで!


ジョシュTシャツ販売キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━ !!!!! 

まあSとLしかないとか、いろいろありますが次の名古屋武士道で購入決定。
9月の決勝はジョシュT着て参戦ですばい。

どんどんジョシュグッズを増やしていって欲しいな。
2006-07-29

ジョシュ・バーネット帰国。明日は美濃輪のイベントです。

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1154078684
というわけで強行日程のイベントを終え帰国したジョシュ。
この時期に来日は決してプラスにはならないでしょうが、大会まで一ヶ月以上あることですし大丈夫でしょう。

まあこれで明日の名古屋の美濃輪トークショーにジョシュがゲストで来ることは消えましたねOTL
まあ当たり前ですよね、明日はナマ美濃輪でゴートゥへヴンだ!
2006-07-28

リザーブマッチでハリトーノフVSアレキサンダー!

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1154067646

▼PRIDE GP 2006 無差別級トーナメントリザーブマッチ
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア/ロシアン・トップチーム)
VS
エメリヤーエンコ・アレキサンダー(ロシア/レッドデビル)

 ついにこのカードが無差別級GPのリザーブマッチとして実現! ヒョードルとの決勝兄弟対決が期待されながらも、ジョシュとの大乱戦に敗れて開幕戦でトーナメントから姿を消したアレキサンダーと、負傷のためトーナメントを欠場したハリトーノフが激突する。ヒョードルに次ぐロシア実力No.2を決める闘いだ。
 奇しくも両者は2003年10月5日に開催された『PRIDE武士道』の挑戦試合で同日にPRIDEデビューを果たしている。同時にキャリアをスタートさせたヘビー級の新星同士が、いよいよ雌雄を決する時が来た。リザーブマッチとはいえトーナメントの決勝ROUNDで実現してもおかしくなかったカードである。ハリトーノフは7勝2敗、アレキサンダーは5勝2敗。3敗目を付けられ、出世レースから一歩後退するのはどっちだ!?



フジテレビに切られてからのDSEは、カード発表は早いわ、カードに出し惜しみが無いわ、でいい事尽くめですね!

しかし、リザーブマッチはゼンツォフとかコールマンとか中尾さんとかでお茶を濁していいとこなのに、実力優先の出し惜しみないカードを持ってきましたねー!

ハリトーノフは肩の怪我は大丈夫なのかなあ?
しかも復帰戦がアレキだし、かなりキツイだろうな。
スタンドでの勝負は分らないが、テイクダウンの攻防がカギになりそう。
スタミナはハリ有利でしょうね。

かつての友人同士の戦い、非常に興味深いです。
2006-07-27

ジョシュ・バーネット密着リポート

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1153987047

9月10日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『PRIDE無差別級グランプリ2006 決勝戦』でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦するジョシュは、日本に対する造詣が深いことでも有名で、簡単なコミュニケーションであれば通訳もいらないくらい日本語が上手。そんなジョシュに、PRIDEオフィシャルサイト取材班が密着! まずは25日の成田空港到着から、その日の夜までの姿を覗いてみましょう。



つうわけで詳しくはリンク先へどうぞ。
本当にフジメグ、アベ兄とは仲がいいんですねえ。うらやましい。

しかし、試合まで一ヶ月半以上あるというのに炭水化物をカットして徹底した摂生しているジョシュ。
かなりの本気度です。
まずは最大の難敵ノゲイラを撃破だ!
組み付いて膝、テイクダウンしてパウンド、何でもいいから勝ってくれ!
2006-07-26

ジョシュと美濃輪が再びマッスルドッキング!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20060726-00000027-spnavi-spo.html

26日、都内のPRIDE道場でファン感謝イベントが催され、ゲストとしてジョシュ・バーネットと美濃輪育久、また阿部裕幸、藤井惠も参加しトークショーを行った。4人による軽妙なトークの掛け合いの後、最後にジョシュ、美濃輪からそれぞれ9.10「PRIDE無差別級グランプリ2006決勝戦」、8.26「PRIDE武士道―其の十二―」への意気込みが語られると、ファンから大きな拍手が送られた。


例のトークショーはジョシュとバタービーンとの対戦が決まった美濃輪、阿部アニ、フジメグがゲストだったんですね。

名古屋の美濃輪トークショーにもジョシュが来てくれたらいいのになあ・・・
2006-07-25

美濃輪育久が名古屋でトークショーを開催

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1153801924

PRIDEで活躍中の美濃輪育久選手が、30日(日)に愛知県・名古屋PARCOでトークショーを開催する。
 出場が予定されている8・26『PRIDE 武士道 -其の十二- PRIDEウェルター級GP2006 2ndROUND』(名古屋市総合体育館レインボーホール)を約1ヵ月後に控え、一体どんな発言が飛び出すか!?
“リアル・プロレスラー”美濃輪による、本能の赴くままのトークショーになるのは間違いない。乞うご期待!
 なお、同イベントスペースにて8・26『PRIDE 武士道 -其の十二-』のチケットも販売される。チケット購入者には、なんと美濃輪選手との握手会&サイン会&撮影会に参加できるという特典付だ。チケットを買って、美濃輪選手とツーショット撮影をしよう!



おいおいおい! もうチケット買っちゃいましたよ・・・orz

この日は休みだから行けるんだけど、そりゃねえですよ!
会員先行で買っても良席とは限らないというのに、何の特典も無いんだもんなあ。

とりあえず行ってみますか。
2006-07-24

八月の新戦力(ニュー・カマー・イン・オーガスタ)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20060724-00000031-spnavi-spo.html


8月26日に開催される「PRIDE武士道―其の十二―」(名古屋市総合体育館レインボーホール)の対戦カード発表会見が24日、都内PRIDE道場で行われ、DEEPライト級王者の帯谷信弘、修斗世界ミドル級王者の青木真也、カナダの総合大会TKOフェザー級チャンピオンの日沖発という3人の世界チャンピオンの初参戦が決定した。
 榊原信行DSE代表は「8月26日にライト級の世界基準が見える。自信を持って送り出すメンバーです」とコメント。佐伯繁PRIDE広報も「本当に欲しかった実力のある3人が来てくれた。みんな若いし、勢いもある」と3人を絶賛した。



というわけで修斗ファイターばかりとはいえ、青木・帯谷・日沖と素晴らしいニューカマーが来ましたね!
それにメレンデス!
予告通りライト級はオールスターの様相を呈してきましたね。
一般層には全く届かないんでしょうが、コア層にはかなりキテるメンバーですね!
一番の注目は青木ですが、個人的には地元・名古屋の日沖に頑張ってほしいな。同じ東海地区だしねえ。
体格的に前田や今成との試合が見たいかな。

いやあ武士道関連で久々にテンション上がったわー。


【決定対戦カード】
川尻達也(日本/T-BLOOD)
クリス・ブレナン(米国/Next Generation)

帯谷信弘(日本/総合格闘技木口道場チームラスカル)
ギルバート・メレンデス(米国/シーザー・グレイシー・アカデミー)

青木真也(日本/パラエストラ東京)
ジェイソン・ブラック(米国/ミレティッチMA)

日沖 発(日本/ALIVE)
ジェフ・カラン(日本/チーム・カラン)

【出場決定選手】
五味隆典(日本/総合格闘技木口道場チームラスカル)
桜井“マッハ”速人(日本/マッハ道場)
石田光洋(日本/T-BLOOD)



カードの方は新顔同士の対戦が多いですね。
好カードが多いんですが、PRIDEでなじみが無いから観客に伝わるかどうかが心配ですね。
帯谷VSメレンデスなんて本当に勿体無い!

一番楽しみなのは青木VSブラックです。
固める寝技ではなく、動きまくるグラウンドの展開が見たいですね。
お互い一本を狙っていくタイプなんで期待していいはず!

ウェルター級のカードを見たときは微妙でしたが、これはいい!
チケット買っといてよかったー!

2006-07-24

ジョシュトークショー!

・・・にはもちろん行けません・・・OTL

「Hi PRIDE」会員じゃないし、告知も急すぎるよ!
だいたい会員になっても当選するかどうか分らないし、仕事もあるんじゃー!
http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1153636156

【「Hi PRIDE」会員限定 ジョシュ・バーネットトークショー】
イベント内容:トーク、握手会、公開練習(予定)
※イベント内容は選手のコンディションにより変更する可能性がございます。ご了承ください。
日時:7月26日(水) 18時スタート(約1時間)
場所:都内某所(※詳細は当選者のみにお知らせいたします)
募集人数:70名
申込み締め切り:7月24日(月)正午まで
参加資格:PRIDEオフィシャルファンクラブ「Hi PRIDE」の会員の方
※当選した方には7月25日(火)午前中までに直接メールにて御連絡致します。



トーク、握手会、公開練習(予定)・・・いいなあ、特にジョシュの練習を間近で見られる機会なんてそうそうあるものではない!

行ける方々は、楽しんできてください!

2006-07-23

フジテレビ放送作家はそろそろジョシュをプッシュしようとしていた!

・・・のに・・・
今月に紙プロ座談会より


原タコヤキ君 今回のGPで生まれた物語で言うと、ジョシュがどこまでオーバーするか楽しみなファンも多いんじゃないの?
橋本宗洋 じつはフジテレビの放送作家陣の中では「そろそろジョシュを押していこう!」って機運が高まっていたらしいんだよ。だけど、上からなかなかGOが出なかった。

ジャン斉藤 ところがもっと上から番組打ち切りのGOが出てしまってねえ・・・



てなわけで、ジョシュさんの全国区でのブレイクは持ち越しとなってしまいました。
プッシュしようとしてたのは佐藤Dなのか、放送作家の村上氏なのかは不明ですが、ジョシュファンとしては非常に残念です。

なんとかヒョードル戦までには、地上波をなんとかして欲しいなあ。

それとジョシュグッズはノーテレビでも販売できますからDSEさん何卒よろしく!
本当いい加減に頼みますよ!
2006-07-22

[HERO,S]僕はペケーニョやシャオリンが見たいです!

つうわけでHERO,Sミドル級のカードも出揃いましたね。

http://gbring.com/sokuho/news/2006_07/0722_heros.htm

▼ミドル級世界最強王者決定トーナメント 2回戦
宇野薫(日本/和術慧舟會東京本部)
VS
ブラックマンバ(インド/フリー)

▼ミドル級世界最強王者決定トーナメント 2回戦
所英男(日本/リバーサル)
VS
アイヴァン・メンジバー(カナダ/トリスタージム)

▼ミドル級世界最強王者決定トーナメント 2回戦
高谷裕之(日本/フリー)
VS
J.Z.カルバン(ブラジル/アメリカン・トップチーム)

▼ミドル級世界最強王者決定トーナメント 2回戦
安廣一哉(日本/正道会館)
VS
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル/アタイジジュニア柔術)



まあKIDの欠場は想定内でしたが、チケットを払い戻すのはKID応援シートだけなのかな。
いまさら出る出る詐欺だ! なんて怒る気にもなれないのがHERO,Sクオリティか。

それよりもむかつくのが


残り1枠に関しては、アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ、ヴィトー・“シャオリン”・ヒベイロ、レミギウス・モリカビュチスらが候補に挙がっていたが、ノゲイラとシャオリンはブラジル人の選手数やスケジュールの都合のためトーナメント出場はなくなり、レミギウスも連戦によるコンディション調整不足や鼻の手術のために出場は見送り。その結果、04年にKIDと対戦し、得意の右ストレートでKIDを苦しめた安廣一哉(正道会館)がエントリーすることとなった。



まあ所さんが入るのは、テレビ的に仕方ないでしょう。
高谷も充分資格があります。

だけんどもしかし!
ブラジル人が二人から三人になったっていいじゃん!
スケジュールの都合ってのも嘘くさいし、しかも安廣かよ!
KIDとやったのミックスルールだろ!!

で、所の噛ませに使うのかと思いきや、ヤヒーラとは・・・あっさり一本取られて終わるだけでは。

所もメンジヴァーに勝つのは難しいし、カードとしては良いものですけどね。


KIDに関しては、主催者やファンに迷惑をかけた以上、五輪に出られるよう頑張ってほしいですね。
2006-07-22

[修斗]フェザー級の新王者が誕生!秋には横浜でビッグマッチ!

ようやく紙プロ買えました(^_^;)

感想は・・・まあ普っ通・・・でした。

そういえば修斗で外薗がチャンピオンになりましたね。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20060721-00000036-spnavi-spo.html

パンチで前に出る大沢に対し、外薗は後ろに下がりつつのカウンター狙いで対抗。この距離を取るアウトボクシングがピタリとはまり、1R終盤に左フックで先制のダウンを奪取した。2Rに入っても、外薗のカウンターが度々ヒット。右目を大きく腫らし左目付近からも出血した大沢には、二度にわたるドクターチェックが入る。3Rも外薗がバックを奪うなど、有利に試合を展開。結果、大沢有利という声をかき消す形で外薗が快勝。見事、第4代王者に輝いた。新チャンピオンとなった外薗は、一瞬ながらリング上で思わず号泣。関西の雄が、無敗のままフェザー級の頂点に立った。


とのことで完勝ですね!
おめでとうございます。
しかし、放送は一週間後・・・見逃さないようにしないとね。

あと阿部マサトシも勝ったみたいですね!

10月にパシフィコ横浜でビッグマッチがあるみたいですし、もっともっと盛り上がっていってくれ!
2006-07-21

朝一で紙プロ最新号GET・・・

・・・ならずOTL

すいません。せっかく仕事での徹夜明けに行ったってのにさー・・・

気をとりなおして夕方にまた買いに行きます。


ところで今日は修斗のフェザー級タイトルマッチがあるじゃないですか!
外薗VS大沢ケンジの好カード!
予想はテイクダウン&パウンドで外薗の判定勝ち。

他にも阿部マサトシやリオンの試合があるから結構楽しみです。


ってJスポの放送が29日までないんかい!
・・・さすがにネット断ちは無理だよ!

関東近郊に住んでる格闘技ファンが本当にうらやますぃ。

あと同じ日にひっそり環太平洋タイトルマッチをやる中村K太郎さんもがんばれ。


2006-07-20

「HERO,S」桜庭の対戦相手が決定!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20060720-00000021-spnavi-spo.html

<ライトヘビー級トーナメント準々決勝>
秋山成勲(日本/フリー)
金 泰泳(日本/正道会館)

<ライトヘビー級トーナメント準々決勝>
大山峻護(日本/フリー)
ホドリゴ・グレイシー(ブラジル/チームホイス・グレイシー)

<ライトヘビー級トーナメント準々決勝>
桜庭和志(日本/フリー)
ケスタティス・スミルノヴァス(リトアニア/リングスリトアニア)

<ライトヘビー級トーナメント準々決勝>
カーロス・ニュートン(カナダ/ カナディアンウォリアーMMA)
メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショータイム)



まあ「(リトアニアの)高田VS桜庭」というアングルだけで組んだのかな?
しかし、スミルノヴァスは強いのか弱いのかよくわかりません!
ここはサクがすっきり一本勝ちしてくれることを希望。

それにしても金 泰泳・・・・えっと、誰?
http://www.so-net.ne.jp/hero-s/06fightersinfo/02ka/15_kin_taiei/15_kin_taiei.html

六年前に引退したキックボクサーで総合未経験って、コラ!
そこまでして秋山をプロテクトしてどうすんの!
でも、会場では秋山が一本取って、ワーって盛り上がるのかな。

ちょっと武士道もHERO,Sもカードはイマイチですね。

あとはライト級のカードに期待ですね、武士道もHERO,Sも。
2006-07-20

テレビ情報誌「TVブロス」にて『PRIDE』記事掲載

と言っても、ほんの片隅に載ってる程度ですが、
P75のブロス探偵団にて

フジテレビで中継が無かったため、久しぶりにスカパー!のPPVで見た人が多かった『PRIDE』。
会場にフジのPRIDEガールもいないため、代わりに放送席にいたのは吉岡美穂。
地上波復帰の際にはぜひ小池栄子とリングで対決を!



「PRIDEガールがいない」とか突っ込みどころもありますが、中身もあまりありませんね(^_^;)

何で打ち切られたかもわかってるのかなー。

この「PPVで見た人が多かった『PRIDE』」というのも何のソースもない発言でしょうし、実際にPPV件数がどれくらいか発表してほしいですね。

プラチナチケットと合わせて10万いけばいいとこかな?
2006-07-19

[HERO☆S]桜庭和志VSペンは無しの方向で。

最近はどこもかしこも本当にゴタゴタしてますねえ。
DSE、野地、サップ、極楽山本さんと「不適切な事象」たら「反社会的行為」やら、もう大変ですね。


それはさておき、未だにカード発表のないHERO,Sですが、「GAME AND MMA」さんのところにこんな記事が
http://gameandmma.blog29.fc2.com/blog-entry-353.html

以前84キロ級トーナメントに出るのではないかと書いたBJ・ペンですが、NorthwestFightsceneのインタビューで次の予定について聞かれ、「I'm scheduled for one of The UFC shows in October. That's pretty much set in stone.」(10月に開催されるUFCの興行を予定している。スケジュールはそれでほぼ決まりだね。)と発言しています。これが事実なら継続参戦が予想されるトーナメント参戦は厳しくなりそうです。
 http://nwfightscene.com/BJ-PENN.htm



とのことで「桜庭VSペン」はしばらくお預けとなりそうですね。

となると残りの一枠は誰になるんだろう?
岡見はUFC参戦という噂だし、竹内出はパンクラスでヒカルとやるし、誰がいるんでしょ。
まさか桜庭だけワンマッチで10月シード出場とかじゃないだろうな(笑)
谷川Pだけに絶対ないとは言い切れないのが怖い。

やっぱりマンフーフがいいな! 谷川さんお願いしますよ!
2006-07-18

武士道ウェルター級GPカード発表!

早々と来ました、カード発表。
http://www.prideofficial.com/member/news/details.php?id=1153138335

三崎和雄(GRABAKA)
VS
ダン・ヘンダーソン(アメリカ)

郷野聡寛(GRABAKA)
VS
ゲガール・ムサシ(オランダ)

長南亮(Team M.A.D)
VS
パウロ・フィリオ(ブラジル)

デニス・カーン(韓国)
VS
アマール・スロエフ(アルメニア)

/p>



うん、微妙。
特に三崎とダンヘン、なんでまた?
ダンヘンに日本人をぶつけて残したい意向なんだろうか。

あとフィリオVS長南・・・厳しいなあ、いくら長南がレスリングが多少向上したといっても相手がフィリオではテイクダウンされて押さえ込まれるのは否めない。

一発逆転の足関も極まらないだろうし、あとはタックルに合わせた膝蹴りが当たれば、あるいは・・・といったところでしょうか。
どちらにしても相当厳しい試合になるでしょうね。
15分押さえ込まれ続けるのは勘弁な。
とはいえ長南が一本負けする可能性も充分ですが・・・

郷野とムサシはまずまずのカードじゃないですかね。
ムサシのスタンド技術が明らかになりそう、郷野のKO勝ち希望。

カーンVSスロエフは普通にいいカードだけど、それほど楽しみでもないかな。
スタンドではスロエフが有利だろうから、カーンがグラウンドに持ち込めるかどうか、腰の強いスロエフだけに手を焼きそう。


うーむ、そんなに悪くはないのですが、このカードではチケットは動かんでしょう。
となるとやはりライト級のカードに力を入れてくるのかな?

どちらにせよ観戦に行きますから好カードをお願いしたい。

2006-07-17

我輩は主婦であるも終わり・・・

いやあ楽しかったなあ、昼ドラの「我輩は主婦である」。
久々にドラマにハマったわー。
やっぱミッチーはかっこいいわ、それと池津祥子サイコー。

それにしても、八月のHERO,Sや武士道まで楽しみな総合イベントがないですな。
修斗の外薗VS大沢くらいかな。
あと阿部アニの弟さんは、この間おもしろい試合をしてたので今回も頑張って欲しいなあ(ボンヤリ)

修斗は夏のビッグマッチはないんかい?
2006-07-16

そろそろ桜庭の相手ぇ決めようや!

ガクトーッ!!(特に意味なし)

さて開催まであと三週間を切ったHERO,Sですが、まだ対戦カードが出てねえですよ!

サクの相手を早く決めてつかぁーさい。

BJは出ないのかな?
ここはやはりマヌーフが相手だといいな。
スタンドでのパンチの交換だけでもドキドキもんですよ!

グラウンドに持ち込めば一本取れる可能性は充分ですし、勝負論もあるでしょう!

とにかくHERO,Sでもサクワールドを展開してくれよ!
2006-07-15

PRIDE無差別級GP,武士道GPチケット予約完了!

チケット買いましたよー!
しかも貧乏人にしては大奮発のロイヤルリングサイド!!
決勝はジョシュの試合が2試合見れますからね、惜しくは無い!

勝って退場するジョシュに触れるように頑張るぞ!

ちなみに武士道はA席です、ええ。
2006-07-14

全米でヴァンダレイ・シウバ旋風!

http://www.prideofficial.com/member/news/details.php?id=1152854694

7月8日(土・現地時間)にアメリカの金網総合格闘技イベント『UFC61』に突如来場したPRIDEミドル級王者のヴァンダレイ・シウバが、アメリカで大きな注目を集めている。メジャーポータルサイトのYahoo.comで“ヴァンダレイ・シウバ”を検索する人が対先週比で444%と飛躍的に増えた。また、それに関連してワールドカップウィークだったにも関わらず、UFC関連のワードが検索ワード・ランクのトップ5を占めた。
 この現象を、Yahoo.comでは「この週末でUFCの検索数は13%も増加し、UFC関連のキーワードがランキングトップ5を占めた。キーワードはそれぞれ、《UFC ビデオ》、《UFC61 結果》、《UFC ニュース》が“検索オクタゴン”を制した。他にも《ティム・シルビア(対先週比211%)》、《アンドレイ・アルロフスキー(対先週比96%)》、《ヴァンダレイ・シウバ(対先週比444%)》、《チャック・リデル(対先週比175%)》がランクインしている。8月のUFC62が終わるまではこの検索数の高さは続くであろう」と取り上げている。

 他にも、有名な“ワシントン・ポスト”でもシウバのUFC来場が取り上げられており、シウバの名前が『PRIDE』のブランド名とともにカバーされた。
 総合格闘技、そして日本のファンを魅了する“Mr.PRIDE”ヴァンダレイ・シウバが、今度は全米で注目を集めている。



本当にシウバ旋風が起きているかどうかは眉に唾をしなければなりませんが、着実に注目を集めてはいるみたいですね。
先週比444%ですか、シンクロ率なら融け(ry
でも、もともと百人くらいの検索数でそれが400人ちょいになったとかじゃないのかな(笑)

先日のUFCの中継では『PRIDE』という単語が一切出てこなかったそうですが、シウバを筆頭とするPRIDEファイターたちがUFCに出場することによって少しでもアメリカでのネームヴァリューを上げようとしているのでしょう。

リデルがPRIDEで試合をして、それが地上波ゴールデンで流れたにも関わらず、日本ではまったく知名度が上がらなかったことを考えると現実は厳しいかも・・・
でもシウバたちがUFCで勝ち続けていけば、展開も違ってくるはず!

ここはPRIDE対UFCの全面対決が見たい!

ということで榊原さん、ダナさん、よろしくお願いします。

2006-07-13

PRIDE無差別級GP決勝。 レッツゴー!たまアリ

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1152778316

PRIDE無差別級グランプリ2006 準決勝

ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)
VS
ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
VS
ジョシュ・バーネット(アメリカ/フリー)



時は来た!
四年前のダイナマイトでの因縁からようやく対戦が実現!
スタンドでノゲイラがペースを握るのか?
あるいはジョシュがヒョードル同様テイクダウン&パウンドで優勢に進めることができるか?

どう展開されるにしても珠玉のカード。
ミルコVSシウバもエキサイティングな試合になるだろうし、素晴らしいカードが揃いました!

本当に楽しみです、さいたまスーパーアリーナに行くぞー!
当日は声が嗄れるまでジョシュを応援します!
2006-07-13

PRIDEとUFCの交流は窮余の策には非ず!

俄かに現実味を帯びてきたPRIDE×UFCの交流戦。
フジテレビに切られたことでDSEが苦し紛れにUFCを頼ったのかも?
と思いましたが、どうやら計画はかなり以前から練られてみたいですね。

以下は、今年の4月時点での公式サイトで榊原代表のインタビューです。

――UFCとの関係は凍結してしまったんですか?

「いや、そんな事はないですよ。密にやっています。ただ、ひとつの理由にUFC側の状況が変わってきたというものがあります。UFCから3年前にチャック・リデルがミドル級GPに出てきた当時は、UFCも凄く“PRIDE×UFC”というコンセプトに乗ってきたんですね。我々は何度も選手を貸しますよという話をしていたんですが、向こうが求める選手とこっちの提供できる選手とのタイミングが合わなかったんです。
(中略)
今後のアメリカ進出も含めて言うと、PRIDEからも選手を出すという事はダナ・ホワイト代表と常に話していますし、向こうからもこの選手を貸して欲しいというリクエストがありますから、僕もPRIDEのイメージの強い選手をPRIDEの代表としてUFCに出したいんですけれどね。そういう事はこれからやっていきたいと思います。UFCと仲が悪くなっているわけでも何でもありません」




榊原さん、正直に白状します。
UFCとの交流の件、あまり信じてませんでした。
ニンジャ出す、ハリトーノフを出すという噂にも半信半疑で、どうせ口先だけで実際にはUFCとは交渉さえしてないと思ってました。
PRIDEファン失格です(安西先生の表情)。


そして、さらにK-1とUFCの交流についてもコメントしてます。

――K-1がUFCに急接近しているという報道もありましたが?

「してないんじゃないですか(笑)。していても別に何とも思わないですし、仲良くするのは別にいいんじゃないですか。特にUFCの名前を借りてアメリカ進出するわけではないですし、アメリカのPRIDEファンが最も見たいのはミルコやヒョードル、シウバや桜庭でしょう。UFCはアメリカ人選手が中心ですから、アメリカのマーケットはワールドワイドな、世界の選手を見てみたいんですよ。そういった選手を持っていけばUFC以上の動員を図れるでしょうし、PRIDEはFOXスポーツもあればPPVも2000年からずっとやってるわけですから、PRIDEの中で、我々の中で完結できると思っています」



この時点では桜庭は移籍してませんでしたが、ホイスはUFC参戦は内定してた頃かな。

代表の目論見通りにアメリカ市場を開拓するのは難しいでしょう。
しかし、少なくとも今回のアメリカ進出は周到に計画されたものですから期待してますよ!
2006-07-12

『ハッスル』(ある意味で)地上波進出キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━ !!!!! 

さてさて「ハッスル」はフジテレビショックの後も撤退した芸能人も(青木何某を除いて)皆無で何よりです。
まだまだ面白いみたいで一安心です。

で、だ!
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200607/at00009883.html

 「ハッスル・ハウスvol.17」終了後、お笑いタレントのカンニング竹山がリングに登場。なんと、無謀にもモンスター軍のマスクマンに対しマスクはぎに挑んだ。

 「正義の味方」と書かれたTシャツを着て、「正義のウィルスを注入しに来た」とほえる竹山に対し、高田モンスター軍からは島田二等兵&アン・ジョー司令長官に連れられたモンスター℃と赤鬼蜘蛛が登場。竹山は島田に「この5流芸人が」とコキおろされながらも、マスクはぎに挑むが…。

 試合後、竹山は「HGはエライ」と素直に感服。「プロレスデビューなんてとんでもない」と言いながらも、ファンだったという橋本さんの命日にハッスルのリングに上がれたことに素直に感動していた。
 なお、このマスクはぎマッチの結末は、テレビ朝日系で7月30日に放映される「笑いのウィルス」で明らかにされる。



一応、地上波放送進出! 
しかもキングオブスポーツのテレ朝ダーッ!!
テレビで「ハッスル」の名前が出るかどうかに注目。
たぶん橋本絡みで紹介されそうな予感が・・・

テレビ局の皆様方「ハッスル」もよろしく。
2006-07-11

PRIDEラスベガス興行における疑問点

PRIDE対UFCの対抗戦か?! と盛り上がっておりますが、PRIDEアメリカ進出について少々の疑問点があります。

それはルール面のことで、ラウンド数や四点膝に関しては海外用にカスタマイズするのは仕方ないと思います。
問題は道着の着用やレスリングシューズを履けるかどうか? です。

以前のアスレチック・コミッションのミーティングでは認められてなかったような気がしたんですが、どうだったんでしょうかね?

もし道着が認められなければ吉田は出ないかもしれないし、一部で噂になってるガードナーも万が一参戦意志があってとしても、レスリングシューズを履けなければ戦えないんじゃないかな?

DSE・USAの人たちに頑張ってもらって、少しでも「PRIDE」らしさを残して、大会を開いてもらいたい!

2006-07-10

PRIDEラスベガス興行にUFC選手出場する可能性は?

シウバのオクタゴン登場がPRIDEオフィシャルサイトでも紹介されましたね。
http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1152455658
何と藤田も参戦予定らしいけど、怪我は大丈夫かいな。
ちゃんと治してからお願いしますよ。

それにしても過密スケジュールとなるシウバ。
9月の決勝ラウンドは相当ハードなものになりそうだし、その二ヵ月後にリデルかー・・・うーん頑張れ。

GAME AND MMAさんによると
http://gameandmma.blog29.fc2.com/blog-entry-345.html

・詳細については来週詰める
 ・シウバとは3試合契約
 ・興行をプロモートする為プライドの映像を使用できる


間違いなくPRIDEの全面協力のもとシウバ参戦のようですね。
しかし、三試合契約とは凄い!
ホジェリオのタイトルマッチは遠のきますなあ。

10月のPRIDEラスベガス大会にはUFCから多くの刺客が送られることでしょう!
個人的にはティトとかケンシャムが出そうな気もしてます。

だけんども、しかし! 公式サイトでの榊原代表のコメントを読むと

ヴァンダレイ選手は9月に無差別級グランプリでの試合、一方のチャック選手は8月に試合を控えており、お互いここを無傷でパスしてくれば、早ければ11月のUFC大会で両者が激突することになるでしょう。そして我々が10月21日にラスベガスのトーマス&マックセンターで開催する大会にも、UFCの選手が出場してくる可能性もあります。
さらに、この11月のUFC大会には日本を代表して藤田和之選手を送り込む計画があります。もちろん、まだまだ皆さんの度胆を抜くサプライズも用意していますので、是非期待していてください。



気になるのは、『10月21日の大会にも、UFCの選手が出場してくる可能性「も」あります』という部分です。
いつも大風呂敷を広げる代表らしくない控えめな表現ですね。
自信があるからこその謙虚さなら良いのですが、シウバを三試合も使われて、こっちにはキャベージとかブエンテロとかを派遣だったら、洒落になりませんからね。

まだまだ用意しているというサプライズにはあまり期待せずに(笑)、楽しみにラスベガス大会を待ちますか。
2006-07-09

ヴァンダレイ・シウバがUFCに電撃登場!

いやあびっくりしました。

いきなりシウバVSリデルですか。
まだ確定ではないですが、お互い怪我がなければ11月のUFCラスベガス大会で対戦になりそうですね。
勝敗予想は一旦おいとくとして、シウバが「PRIDE」のTシャツを着てたということは、PRIDE対UFCの対抗戦もあり得るということでしょうか。榊原代表もUFCに行ってたみたいですし。

これが榊原代表が言ってたラスベガス関係でのサプライズなのかな。

これまでネックとなっていたUFCとPRIDEのギャラの格差が無くなったからこそ実現したシウバ参戦でしょうね。

問題はPRIDEサイドの見返り。
K-1サイドもホイスを貸し出しているわけで、UFCとの提携においてHERO,Sより優位に立ったとは、まだ言い切れないと思います。

三年前と逆のことをUFCにやられる可能性もあるわけだし、PRIDE側からの発表を待ちたいですね。
2006-07-09

[格闘技]最近のラスベガス興行の集客

またも「kamipro Special」の話で恐縮ですが、ここ一年のK-1&UFCのラスベガスでの集客数が載ってました。

[K-1WORLD GP]2006年4月29日
 ミラージュホテル 観衆6730人

[K-1WORLD GP]2005年8月14日
 ミラージュホテル 観衆5504人

[K-1WORLD GP]2005年4月30日
 ミラージュホテル 観衆8890人

[UFC.58]2006年3月4日
マンダレイベイ・イベントセンター 観衆8183人

[UFC.57]2006年2月4日
マンダレイベイ・イベントセンター 観衆10301人

[UFC.57]2006年2月4日
MGMグランドガーデン 観衆9995人



さらにホイスVSヒューズで盛り上がった「UFC60」でも一万四千の観客を集めたものの招待券を配ったり、チケットを値引きしていたらしい。
MMAウィークリーのスコット・ピーターソンも言ってたけどアメリカの市場はまだ日本ほど大きくはないということですかね。

これらのことを考えるとPRIDEの集客も苦戦しそうですね。
トーマス&マックセンターは1万9000人収容の会場らしいですが、UFCですら1万人前後なんですから、やはり厳しいか?

アメリカでネームヴァリューのあるシーザースパレス・ホテルのバックアップを受けるらしいけど、どうなることやら。

気持ちとしては日本から飛んで行きたいですが、費用がどんだけかかるか分からない現状ではちょっと・・・・

なんとかラスベガス大会を成功してアメリカ進出への橋頭堡としてくれ!
2006-07-08

『PRIDE』アメリカ進出への道

まず実現いないだろうなー、と半分以上あきらめていたPRIDEアメリカ進出ですが、いよいよ本格的に実現しそうです。

「kamipro Special」でのDSE・USAのシニア・バイス・プレジデントの山本氏のインタビューをいくつか要約しますと

今現在UFCはTUF効果で人気がかつてないほど高まっている。
かつてはUFCのチケット単価が35~200ドル(約4000円~2万3000円)だったのが、先日のロス大会では、一番安い席で400ドル、高い席が1200ドルだった。
そのおかげでPRIDEがアメリカで興行を打ってもチケット代でペイできるようになり、PRIDEのアメリカ進出を促進するきっかけとなったとのこと。



しかしながら、アメリカで格闘技イベントを開催するには各州のアスレチック・コミッションから認可が下りないと駄目。
ルール面を含めてのコミッションとの交渉で、UFC側からの激しい妨害工作にあったみたいです。

一度はDSEの要求がアスレチック・コミッションの投票で認められる。
しかし! その直後に
・アスレチック・コミッションでPRIDEに好意的な人たちが、急にカリフォルニア州の管轄官庁の命令で解任される。
さらに通常とは違う手続きで新しいコミッショナーたちに(PRIDE側の議題が)却下されてしまう。

・コミッションのミーティングではUFCのダナ・ホワイトやレフリー、選手が「四点ポジションでの攻撃」や「リング使用」の危険性を訴えて、DSEの議題却下に尽力した。



とのことで、さすがにUFCは「PRIDE」のアメリカ進出を指をくわえて見てるはずもないと。

まあPRIDEもリデルやリコを借りといて「中村、横井を貸しますよ」などと、しれっと言ってのけているわけですが(笑)

何とかラスベガス開催までこぎつけられそうで一安心。
アメリカで受けるのはかなり難しいと思いますが、近々発表されるというサプライズに期待しますかね。
まあ榊原代表のいつものラッパなのかもしれませんが(笑)
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。