--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-31

男祭り会場!

花道一本だ!
席が北側だから選手に触れません・・・OTL

演出にかける金は選手(ミルコ)に回して欲しい気が(^^;

客入りは既に八割以上かな?
近藤応援の横断幕がありました。

さて祭りを楽しみますか!
スポンサーサイト
2006-12-30

祭り前夜

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1167398706
というわけでジョシュMVP受賞おめ!
この余勢を駆ってノゲイラを返り討ちにしてくれい!

今年はPRIDEファンにとってゴタゴタしていて不安が募る年でしたが、明日は目一杯楽しんできます(^^



2006-12-29

キラー・ジョシュがノゲイラに宣戦布告!

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1167294001

「再戦までの期間は短かったね。前の試合との期間も短いし、何もかも短い(笑)。でも、それはノゲイラも同じだ」とジョークモードはここで終了。「今回はしっかりした勝ち方で、もう再戦がないように白黒ハッキリつける。KOか一本で終わらせるつもりだ。前回の試合後、ノゲイラが“負けてない”とかいろいろ言い訳しているので、黙らせてやりたい。判定は自分の力でコントロール出来るものじゃないから、ジャッジの決断を認めるべきだ」と、いきなりのキラーモード。


とにかく頑張れ! としか言えません。

クロックヘッドシザースが極まるかどうかはともかく勝ってくれい!

ジョシュが負けて、桜庭も秋山に負けたらブルーな大晦日になりそうですねえ(^^;


2006-12-28

トン様がナイスガイな件

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1167222454

ジェームス・トンプソンが登場した。トンプソンは登場するなり会場の熱気に興奮したのか、北斗の拳のケンシロウばりに着ていたTシャツを破り客に投げ捨てるパフォーマンス! 外は寒いので即座にスタッフが気を利かせ、再びTシャツをトンプソンに渡す気配りを見せた。


ちょっと面白いですね(笑)
トンプソンはサービス精神旺盛ですねー、好きだなあこういう人。
直前オファーも快諾、男ですな。
吉田とトンプソンなら、まあトンプソン応援ですね(^^;
タックル切ってスタンド勝負なら勝機あり、ただスタミナがなあ・・・

あとゴング&ダッシュはやって欲しいですね。

男祭りまであと4日!
揃ったカードは平均点は高いが、突き抜けたものがない・・・という感じでしょうか。
でも、大会が近付くにつれ盛り上がってきますね。

2006-12-26

「ハッスル」の明日はどっちだ?

東海テレビの「ハッスル×ハッスル」が無くなってからビッグマッチしかPPV購入してないんで、かなりハッスルに疎くなりましたね(^^;
で昨日のハウスはKamiproHandでの総統劇場を見るかぎり相変わらず面白そう。
高田と川田の掛け合いに外れはないですね。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200612/at00011824.html

最大の舞台で失態を犯した小川に対して、高田総統は「キャプテンとしてどうけじめをつけるんだ」と責任を追及。

小川は「けじめはつけるから、あと1日待ってくれ。結論はオレが出す」と、明日の大会で何らかの動きを見せることを約束した。


各所で不評の小川が前回のショッパイマイクのの責任を取ってキャプテン辞任か?
男祭り参戦の憶測も出てますが、地上波も無いし直前だし出なくていいでしょ。
ただでさえ微妙な小川の価値がさらに下落してしまいます。
でも、ヒョードル欠場→小川VSハントなら見たいかも。
万が一小川が出るならめちゃ応援しますよ。
まあ無いか。


一方、2ちゃんで好評の海川さんは

「ハッスル・マニア」でデビューし、バボに完敗したグラビアアイドルの海川ひとみが来場。試合で鼻骨を骨折した上、今月、路上でバボに襲撃され、もう一度鼻骨を骨折した海川は、何と鉄仮面をかぶって登場。「おまんら、許さんぜよ」と土佐弁でタンカを切りはしなかったものの、バボへの怒りを静かに爆発させ、鉄仮面のままバボにヘッドバット。「鉄仮面が取れた時があなたの命日です」とバボに宣戦布告した。


海川さんの鉄仮面が割れたら、仮面の下は南野陽子だったというサプライズは・・・無いですか。
ちょっと「ベルセルク」のグリフィスっぽいですね(笑)


相変わらずおもしろい「ハッスル」ですが、未だに来年のスケジュールが発表されてませんねえ。
ハッスルこそテレビが必要なんだから、形だけでもDSEから切り離してKYORAKUの子会社を作ったり出来ないもんですかね。


2006-12-24

ヒョードルやはり骨折していた

ヒョードルの公式サイトより
http://www.fedor.jp/index_jp.shtml?id=134

先週末にエメリヤーエンコ・ヒョードル選手はコーチのボロノフ・ウラジミルとスポーツ関係者と一緒にベルゴロド州の森に狩りに行ってきました。
(12月11日の夜間練習時に起きた)足指骨折にもかかわらず、狩り好きなヒョードル選手は今回のチャンスを見逃すことができませんでした。


というわけで足の指骨折にもかかわらず狩りへ出かけたそうです。
試合は出れるのか、欠場するから狩りへ行ったのか。

どのみちDSEが欠場を発表するのは直前しかしないでしょうから、もう少ししないと分らないでしょうね。

ヒョードル欠場ならジョシュVSノゲイラがメインですね!

2006-12-23

藤田和之の相手は本物の怪物? 藤田に余裕なし!

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1166758043

藤田和之(日本/「Team Japan」藤田事務所)
VS
エルダリ・クルタニーゼ(グルジア)

 藤田和之が大晦日のリングで復帰! 7・1『PRIDE無差別級GP 2006 2ndROUND』でヴァンダレイ・シウバと壮絶な死闘を展開、1R9分21秒にTKOで敗れて以来の試合となる。その対戦相手は藤田と同じフリースタイル・レスリングをバックボーンに持つエルダリ・クルタニーゼ(グルジア)に決定。
 身長170cm、体重106kg。ヨーロッパ選手権を6度、世界選手権を2度制し、96年アトランタ・00年シドニー・04年アテネとオリンピック3大会連続出場、シドニーとアテネでは銅メダルを獲得している超強豪である。さらに驚くべきは120kg級にも挑戦し、ヨーロッパ選手権で銅メダルを獲得した。「岩石をも砕く」と称される怪力の持ち主で、関係者からは「パワー・テクニック・プロ向きのハートの強さは、過去、最高・最強の逸材」と太鼓判を押されているという。


というわけで藤田の参戦が決まりました。
相手はレスリングメダリストで総合初戦という微妙なカードではあります。
でも、今まで発表してるカードがガチガチのが多かったから箸休めには良いのではないでしょうか。

で、藤田楽勝だろうと思ってたら本人は楽観視してる様子はないようです。
例によってkasmiproHandのGKコラムより藤田のコメント。

・藤田も数日前に聞いたばかり。
・10年以上アマレスのトップだったクルタニーゼの戦績に「嫌になっちゃいましたよ」と冗談ぽく言う。
・アマレス時代のビデオを見て「背は低いけどゴツサは半端じゃない。首が太くて強いし、見るからにアゴも強そう。ズングリしているくせに、とにかく速い。ネコ科の肉食獣みたいな動きですよ。」
・「どっから、こんなの探してきたのって。これ人間じゃねえよって。まず絶対タックルは取れないでしょう。引っくり返すのは大変ですよ。
これじゃ研究しようがないし、対策の立てようがない」


これはGKに電話で語ったコメントなので本音の部分も多いでしょうね。
レスリングでは敵わないけど、総合ですから打撃で藤田有利ですけど、クルタニーゼの怪物じみた身体能力に期待しましょう。

2006-12-22

kamipro感想 ―ボブチャンチンは今―

kamipro最新号を読みました。
榊原代表のインタビューは弱気発言が多く、いつものバララッパが聞けずにちょっと先行き不安になりましたねえ。
でもUFCの一極支配はまずい、アメリカでは観戦に行けません。
何とかならないものか。
ところで「決断の時」って結局なんだったんですか?!


で、今月号面白かったのは古田新太のインタビューと韮沢さんやお笑いウルトラクイズくらいか・・・って格闘技に関係ないやつばっかじゃん!
あと前から気になってた現在のボブチャンチンの話がブッカーKのコラムに書かれてました。
それによると

ボブチャンチンはウクライナでレストランを経営していて、とくにリングに専念しなくても生活できるだけの環境が整っているのでした。


とのことで引退したわけではないそうですが、今すぐリングに上がれる状況ではないようです。
惜しいですねー、ボブチャンチンVSシウバ、ショーグン、ダンヘン、リデルとか団体問わずに見たいカードは色々あるんですけどね。
来年にはリングに戻ってきてくれるといいなあ(^^

2006-12-19

kamipro最新号

「NHBnews」より引用。
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/50678741.html

気になる内容は……大晦日よりもっと大変なことが起こっている!
【全世界MMAウォーズ開戦間近!! FINAL COUNT DOWN2006大特集!】
☆巻頭は……年の瀬に衝撃のインタビュー、ついに来た決断のとき!!
PRIDEに最大の危機到来! DSE榊原信行代表がすべてを語る!!
☆凱旋か? それとも引き抜きか!? エメリヤーエンコ・ヒョードル
「皇帝に接近する巨大資本ボードッグの野望」
☆ミルコ・クロコップ『PRIDE』離脱の怪情報を追え! PRIDE、UFC、ボードッグによる超巨額“入札”合戦勃発か!?
☆3・3『ボードッグ』ロシア大会にヒョードル強硬出場!? 陰謀渦巻くロシア経済“ニューリッチ”時代の裏側をリポート!
☆さらに、あのWWEがMMA進出!? 『PRIDE』と合体か、それとも米MMA団体買収か?


非常に気になる内容ですね。
「決断の時」とは、いよいよ組織改革か? WWEに吸収か。
でも見出しで名前を出しちゃってるからWWEが買収は無しかな?
矜持さんがやたらとビンスを推してましたが、実現なりますか。

ヒョードル、ミルコの移籍問題もファンは戦々恐々、PRIDEの明日はあるのか?


2006-12-18

虎口に飛び込むジョシュ・バーネット! 声を嗄らしに行くぞ埼玉!

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1166414807

ジョシュ・バーネット(アメリカ/フリー)
VS
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)

 因縁の再戦が大晦日に実現! 9月の無差別級GP準決勝でPRIDE史上に残る技術戦を繰り広げたジョシュとノゲイラ。結果はネックロックと膝十字固めを極めかけたジョシュが、スプリットの判定2-1でノゲイラを下した。しかしこの判定に納得のいかないノゲイラは専門誌のインタビューで「試合を支配していたのは自分の方。何度もテイクダウンに成功して、マウントを奪った寝技のアグレッシブさはどう評価されているんだ。今すぐにでもジョシュと再戦して一本を取りたい。彼をこの手でタップさせたいんだ」と、吐露している。ノゲイラが柔術マジシャンの意地を見せるか? それとも「柔術は紳士のスポーツ。キャッチレスリングは相手を破壊するもの」というジョシュが、再びキャッチレスリング最強を証明するのか?


さて仕事場でのPRIDEメールによって、怒りで体温が上昇するのを感じましたが、家に帰ってきて冷静に考えると・・・

・そもそもジョシュはこの一年、短期間で強敵相手に戦ってきた。
・ヒョードル戦はジョシュのコンディションを考慮して回避。
・その後、三週間前になっても対戦相手のオファーなし。
・ヒョードルはダメなのに、ノゲイラ戦を直前オファー。
・この試合が正式な時期挑戦者決定戦というわけでもない。
・二月のラスベガス大会にも出させられそう。

もう最低・・・
「スカーフェイス」のアル・パチーノばりに「FUCK!」を連呼したい気分ですわ。
こういうことやられるとDSEなんて潰してズッファなりに買い取られてしまえ! と思いたくもなります(^^;

他のカードは良いんですけどね、近藤VS郷野もタイミングは微妙ですが好カードではありますし。


まあ決まってしまったものは仕方ない、全身全霊を込めて応援します。
なんだかんだで佐藤Dの煽りVを見たら盛り上がってしまうんでしょうね。
ヒョードル欠場ならこれがメインですね。


2006-12-18

ジョシュ、おまえ男だよ!

ミルコ→カズ→アレキサンダー→ハント→ノゲイラ→ミルコ→ナツラ→ノゲイラ・・・どう見てもジョシュを潰す気です、ありがとうございました。

これならヒョードルとのタイトルマッチの方がよかったです・・・OTL
ジョシュにとってリスクしかない試合、よく受けましたよ、つか受けんなよ(涙)

2006-12-18

佐藤大輔が語る「ヒョードルVSハント」「五味VS石田」

KamiproHandの「PRIDEマニア」にて佐藤大輔氏が「男祭り」に出る選手について独特の切り口で語ってます。

・ヒョードルはニュータイプ、「時計仕掛けのオレンジ」のような朴訥とした殺人鬼のイメージ。
・ハントは一発があるから、今度の試合でホームランを打ちそう。
昔、広島カープにいたランスみたい。

・五味が石原裕次郎、石田は加山雄三のイメージ。


何で五味が裕次郎なのかはKamiproHANDをご参照くださいませ。

個人的にはハント=広島ランスってのはウケました。
80年代はプロ野球大好きでしたねえ。
僕は大の巨人ファンで原辰徳が好きでした(^^
今の巨人にはこれっぽちも興味はありませんが。

今度の「男祭り」は佐藤Dが帰ってきてから初の大型興行。
オープニング、煽りVには非常に期待できそうですね!


2006-12-16

ジョシュVSノゲイラ反対!

「BurningSpirit」さんから
http://www.burningspirit.com/log/eid1516.html

ホドリゴ・ミノタウロは"Jornal dos Sports"というスポーツジャーナルのコラムで、大晦日のPRIDEでの対戦相手がジョシュ・バーネットになると確約しました。

"次の大晦日に開催されるPRIDEイベントでの対戦相手はアメリカ人のジョシュ・バーネットになるだろう。そしてそれは僕自身にとってのリベンジマッチになる。ジャッジの判定にはリスペクトを持っているけど、2対1で敗れたとは思っていないのでリベンジマッチを切望していた。この試合に照準を絞っていたからグッドパフォーマンスで臨めるはずだ。バーネットはグレートなファイターであり、グラウンドでいかに危険なファイターかを見せ付けた。これだけ高いレベルの試合になるとなにが起こるかわからないけど、僕は彼を倒すことができると確信しているよ"


やめれ・・・
DSEさん、2週間前オファーで組むカードじゃないよな?
もうちょい寝かせて寝かせて!

万が一ヒョードル、ミルコ揃って離脱なんてことになったら、このカードが王座決定戦になるんだし(^^;
きたるべき時の再戦を望みます。

ガセであって欲しいですな。


2006-12-15

「Dynamaite!!」そろそろ笑えません・・・

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/column/200612/at00011695.html

【追加カード】
<K-1ルール 3分5R>
武蔵(日本/正道会館)
ランディ・キム(韓国/フリー)


これはさすがにひどい(笑)


谷川プロデューサーは「日本人の若い選手が育っていない中で、ランディはアジア全体で考えると“ポスト武蔵”と期待している選手」と、将来のアジアのエースとしてビッグになってほしいという胸中も明かした。


はあ、左様でございますか・・・砲丸投げパンチとか打つのかな。
どうせならハンデとして砲丸を投げればおもしろいのに。
「武蔵選手が砲丸の使用を・・・認めたため!」とか。


今年の「Dynamaite!!」はマジでヤバイんですかねえ、途中までは面白かったんですが、さすがにこのカードは笑えません。

こんなんで5時間半も大丈夫でしょうか(^^;


2006-12-15

金子賢の当初の対戦相手は角田さんだった?!

えー、ミルコの話題は情勢が定まるまで静観したいと思います。

さてkamiproHandのターザン山本コラムでおもしろいこと(妄想?)が書いてありました。
あくまで噂ですが、「Dynamite!!」での金子賢の対戦相手が角田信朗だったとか。
でも金子サイドが断ったために実現しなかったらしいです。
ただ文末に編集部注として「たぶんに山本さんの妄想が含まれております。」と書かれてましたが(笑)

本当なら谷川Pらしい世間向けカード実現だったんだけどなあ・・・惜しいかな惜しいかな。
いや僕はほんとに見たかったですよ(^^;
ターザンも言ってましたが、この二人ならテレビ的にいい絵がとれた思
いますよ。




2006-12-14

田村潔司、タイトルマッチ挑戦へ

昨日はピンと来ませんでしたが、一日過ぎてから田村VS美濃輪が楽しみになってきました。
というのも美濃輪戦に向けてのコメントの一つ。

「美濃輪選手が30歳で僕が37歳。僕は格闘技の選手としては年寄りの部類に入りますよね。今回、美濃輪選手という脂の乗った選手と試合をして、4年前の相手とは明らかに違うのでいい試合をして、またいい内容で次につながるような試合が出来ればタイトルマッチとかの話もいただけるかなと思ってます」


このタイトルマッチのくだりはkamiproHandにしか載ってなかったかもしれませんが、田村自身はPRIDEでのタイトルマッチを視野に入れているようです。
まあ激戦のGPを勝ち抜いた三崎や郷野、カーン、フィリオを差し置いて何を言ってやがる、という意見はかなりあるでしょう。
でも、正直な話・・・
三崎VSダンヘン
  VSカーン
  VSフィリオ
よりも
田村VSダンヘン
  VSカーン
  VSフィリオ
の方が見たいんですよねえ(^^;

個人的にはこれらのカードが実現するなら、ノレますね。
そのためにはウェルター級の強豪を一人でも倒さないとダメですが、田村がやってくれるかなあ。
さすがに美濃輪→ダンヘンでは誰も納得しませんよ。
郷野あたりが噛み付いて面白いことにはなりそうですが。


でもこの「タイトルマッチ」ってシウバへの挑戦じゃあないですよね?(笑)


2006-12-13

来週発表「ボビーは、おもしろいカード用意してます」By谷川P

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20061213-00000017-spnavi-spo.html

13日、都内ホテルで大みそか決戦「Dynamite!!」(12月31日、京セラドーム大阪)の記者会見が行われ、格闘技にチャレンジを続ける俳優・金子賢の対戦カードが発表となった。注目の対戦相手は“史上最強の素人”ボビーの実弟であるアンディ・オロゴン。9月にK-1MAXでデビューを果たしたアンディだが、今回の試合はHERO’Sルール5分×3Rで行われる。


ほぼ素人同士の勝負論のあるカードですね。


「ちゃんと勝っていい年を迎えたい」という金子だが、「ラストチャンスのつもりで頑張りたい」と覚悟も口にする。


視聴率が取れるかぎりは出続けられるのでご安心を。


ちなみにkamiproHandによると

ボビーの対戦カードについては、来週早々にも発表予定。
谷川プロデューサーは「すごいおもしろいカード用意してます」ときになるコメント。


誰でしょうねえ、去年の曙戦を越えるインパクトは難しいですね。
シュルトだったら谷川Pの鬼ぶりに笑いますが(^^;
アーツとかバンナとかですかねえ。
2006-12-13

田村潔司の憂鬱

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1165979059

12・31またも大物日本人対決が決定!
田村潔司VS美濃輪育久4年ぶりの再戦

田村潔司(日本/U-FILE CAMP.com)
VS
美濃輪育久(日本/フリー)


田村さんは勝算のない戦いはしません!(ユリアン・ミンツの口調で)
賞賛のない戦いはたまにしますが・・・

さておき桜庭にあっさり極められた美濃輪との試合を受けるとは、意外とリスクあるんじゃないですか?
あまりそそられるカードではありませんが、入場は盛り上がりそうですね。
一本ですっきり終わってくれると良いですが。
田村さん頑張って。





2006-12-13

寒波至る! 『PRIDE』にふりかかる難事

なんかいやあなニュースがいっぱいです(^^;

ヒョードルつま先を骨折か?
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/50674096.html
勘弁してくださいよ。
わざわざタイトルマッチTシャツ作ったのに・・・
しかし、ヒョードルはタイトルマッチの度に怪我してますね。
ここでタイトルマッチ中止は痛いですね。
メインに何を持ってくるのか。


榊原代表執筆の著書「PRIDEの真実」発売延期・中止
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=R0228952
楽しみにしてたんですが残念です。
うーん、ヤバイ内容だったんでしょうか。


ミルコの去就間もなく発表
http://gameandmma.blog29.fc2.com/blog-entry-507.html

「ミルコがプライド男祭りで戦わない事が今日決まりました。『俺はまだ自分が望むようにキックできない。怪我が治る猶予をもらうのが最善の策だ。来年の試合は万全な体調で臨みたいね。』それでも尚重要な疑問が残されています。ミルコは将来どこの団体で戦うのでしょうか?重大決定は既に下され、すぐに公式発表があります。」


ガクブルもんですな、「もう決まってる」というのが怖い。
「男祭り」欠場自体は賛成です。ジョシュの欠場も賛成です。



田村が男祭りorDynamite出場決定
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/50674142.html

田村日記(メールマガジン)
大晦日の試合出場のお知らせをさせて下さい。
一応参戦させて頂く事になりました。
明日(12月13日)が会見なので、まだ詳細はお知らせ出来ませんが
取り急ぎ出場を報告します。


どっちに出るんでしょ?ダイナマイトに出た方が光れそうな気もしますが、多分PRIDEでしょうね。


最後に明るい話題(?)も
http://gameandmma.blog29.fc2.com/blog-entry-507.html

エメリヤエンコ・ヒョードル公式サイトの日本語版スタッフがヒョードルに独自に取材した所によると、BODOG参戦は継続的なものではなく、来年以降もプライドで戦う事を公言しています。
 「今、PRIDEとの次の契約に関する交渉が行われています。私は今後ともPRIDEで戦って、来年も来年以降も私のファンを楽しませたいですし、チャンピオンベルトを守っていければと思います。」


こないだのMFCがコケたおかげかヒョードルは残留してくれそうですね、一安心。
あとはミルコのみですが、こっちは怖いですねー。

今日行われる会見はどうなるのか。
ミルコ欠場をちゃんと発表してくれるのか、ヒョードルの怪我は?
メチャメチャ大変だと思いますが、DSEの中の人たち頑張ってください!




2006-12-12

kami pro携帯サイトでの佐藤大輔氏の発言

NHBニュースでも紹介されてますが、KamiproHandに佐藤大輔氏が登場し、男祭りへの展望を語る・・・はずがカードも決まってないのでフジテレビについて発言してます。
詳しくは携帯サイトを参照していただくとしまして、一部を紹介しますと

・「フィギュアスケートはせいぜい5%ですね、ざまあみろ!・・・とは言いませんが(笑)」
・「現代」に叩かれたPRIDEはやらずに、同じく「現代」に叩かれてる細木をやってるんだから脈絡ない。
・「こうなったら「Dynamite!」に高視聴率を取って格闘技健在を示してほしい」


相変わらずの火薬庫ぶりに痺れました(笑)
細木数子の件から判るように「週刊現代」のバッシング記事が『PRIDE』打ち切りの原因では無いんでしょうね。
「現代」を隠れ蓑にして他の重大な理由でのあるのか?!

前向きに考えると、将来『PRIDE』が地上波放送再開して、現代のバッシングが始まっても、それを理由に打ち切られることはないとも考えられる。
ちょっと能天気すぎますか。

佐藤Dには地上波の有無に関わらずソリッドな煽りVをどんどん作って欲しいですね。
2006-12-11

ジョシュ・バーネット未だ「男祭り」のオファーなし

「スイミングアイ」さんより
http://www.doblog.com/weblog/myblog/16514

Josh said that he would like to fight on the PRIDE NYE event, but he has not been offered a fight yet. He does not have an opponent yet.

ジョシュは男祭りで戦いたがっているけど
オファーもきてないし相手も決まってないってさ。


おいおい・・・この時期にオファーしてないってダメじゃん!

もうジョシュは不出場でサイン&握手会でいいじゃないですか。

ファイトマネーが高騰している昨今、ジョシュの体調が万全でない時に強豪とやるのも、金魚とやるのも契約の無為な消化でしょ。
一試合毎の単価が上がってる以上、よいタイミングで相応の相手と戦ってほしいです。


2006-12-10

DSEがドラスティックに組織改革

格通最新号の榊原代表インタビューによると、PRIDEは来年は国内・海外合わせて最大で15大会やる予定みたいですね。
日本では5大会程度ということで国内での興行が減るのは残念ですが、地上波が無い以上アメリカにシフトしていくのは仕方ないか。

そして、気になるDSEの組織改革について語っています。

榊原代表「組織改革はします。それもドラスティックに。あまり時間はかからずに、近々、発表できると思います。


えーと近々発表されるはずだったタイソンの会見はどうなりました?
と言いたいところですが、これに関しては本当に発表しそうですね。

フランク・トリッグがラジオで言ってたことと関係があるのか?
あるいは買収劇か?
それともそれとも・・・
PRIDEにとってはポジティブな改革であることを願います。


2006-12-10

PRIDE再出撃なるか? 近藤有己「もうすぐ壁を乗り越えられそう」

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20061210-00000011-spnavi_ot-spo.html

“不動心”近藤有己が9日、大みそかに行われる「PRIDE 男祭り」(31日・さいたまスーパーアリーナ)への参戦を熱望した。
 パンクラスの年内最終興行(10日・ディファ有明)のメーンを務める近藤だが「やっぱり出たい。大みそかへこだわりがある」と、03年から3年連続で出場している男祭りへの執念を見せた。今年のPRIDE参戦は4月のウエルター級GPのみ。その試合でもフィル・バローニに25秒でKOされる屈辱を味わい「強い近藤有己を見せたい」と名誉回復を誓う。
 10日の試合は対戦相手が、空手とカポエイラをバックボーンに持つイアン・ナイに急きょ変更。試合前日の異例の事態にも「KOして勝ちたい気持ちは変わらない」と、動じぬ心で大みそか出陣へ強烈アピールをする。


バローニに秒殺された時はガックリ来ましたねえ。
今年の近藤の実績では「男祭り」参戦は難しいでしょうが、今日の試合でスッキリ勝って一年を締めくくって欲しいですね。

レノグも欠場して本当にツイてない近藤ですが、今日のスカイAのパンクラス解説の席で「今年は壁に当たった年だったですが、もうすぐ乗り越えられそうな気がする」と言っていたので、そこに期待したいです。

ぶっちゃけ練習環境を変えたほうがいいんですかねー・・・

ジョシュと戦い、菊田、スペーヒーを連破してたときの輝きを取り戻して欲しい。
男祭り初参戦の時はマジで痺れましたよ、その後のダンヘン戦は勝ってたけど、他の試合はちょっとなあ・・・パンクラスでシャノン・リッチとか金魚相手に勝っても乗れませんからね。

今日は久々に一本・KOで勝利できるか?!
てか、しないと不味い相手ですが(^^;




2006-12-09

今年は高視聴率確実?! 「Dynamite!!」 おもしろそうじゃないですか!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20061208-00000017-spnavi-spo.html

やっぱり大みそかはこの男がいないと始まらない! 8日、都内ホテルで「K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」(31日 大阪・京セラドーム)の会見が行われ、元横綱・曙の4年連続出場が決定した。

対戦相手は身長2メートル30センチのジャイアント・シルバ。自分より大きい相手との対戦だが「そんなこと言ってる場合じゃない!」とキッパリ。総合格闘技ではPRIDEヘビー級GPで相撲出身の戦闘竜に勝利しているシルバだが、曙は「今回も相撲をナメてかかったら痛い目に遭わせる!」と敵討ちを宣言した。

谷川プロデューサーは「シルバ選手は総合で有名な選手と戦っているし、視聴率もいい。横綱との試合は勝負論からいっても内容からいっても期待できる」と“打倒紅白”の切り札としても期待十分。

■「K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」
12月31日(日)大阪・京セラドーム大阪 開場13:00 開始15:00

【決定対戦カード】

曙(日本/チームヨコヅナ)
ジャイアント・シルバ(ブラジル/フリー)

永田克彦(日本/新日本プロレス)
勝村周一朗(日本/勝村道場)

所 英男(日本/リバーサルジム)
ホイラー・グレイシー(ブラジル/グレイシー・ウマイタ)


やべえ、曙VSジャイシルちょっと楽しみだ(笑)
さすが谷P、ツボを押さえてますな。

所ホイラーも最強とは関係ないですが、噛み合いそうな好カードですね。
所は去年のホイスに続き、美味しい相手と対戦も須藤元気の方がよかったみたいで。

勝村は修斗では60キロでやってた選手、永田さん弟とはかなり体重差がありますね。
TBSのことだから勝村の生い立ちを使った煽りVになることは間違いないでしょう。

しかし、谷川さんの強運ぶりはなんなんでしょうか。
本来ならTBSは大晦日「亀田祭り」でDynamite!!枠の縮小の噂もあったのに世界戦の判定問題などで「亀田祭り」は中止。
ライバルPRIDEは地上波打ち切りで、格闘技ファン層の視聴者は独占。
出場メンバーも魔裟斗、桜庭、須藤元気、所などの本格派や曙、ジャイシル、ボビー、金子賢と数字を持ってるバラエティ豊かな面子も揃ってる。
谷川さんは去年の敗因は、前番組の「レコ大」が低視聴率のためにダイナマイト放送開始時の視聴率が悪すぎたこと、と分析していました。

今回は18時からの五時間半の放送、たっぷり視聴者を引き付けていただきましょう。
谷川さんの高笑いが聞こえてきそうな大晦日になりそうですね(^^;



2006-12-08

迫ってきた「男祭り」、好カード連発

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1165461476

【決定対戦カード】
マウリシオ・ショーグン(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)
VS
中村和裕(日本/吉田道場)

五味隆典(日本/久我山ラスカルジム)
VS
石田光洋(日本/T-BLOOD)


今のところ出し惜しみのない好カードばかりと言えますね。
五味VS石田をここで持ってくるかー。
石田にも勝機は充分あるでしょうね、テイクダウン&パウンドで判定勝ちも予想できます。

しかし、川尻、青木、石田と修斗のベルト防衛期限の迫った三人がそろい踏みだけど、二月の修斗パシフィコ大会に出られるんかいな。
しかも3人とも強敵とのマッチアップで怪我の危険も少なくない。
修斗首脳陣としては3人が揃って勝って二月に防衛戦を行ってくれれば万々歳、最低でも二人は出場してくれれば御の字か。
二月に川尻VSハンセン、青木VS中村K太郎、石田VS朴が組まれたら最高だけど難しいだろうなあ。
ハンセンは修斗への参戦意志があるか不明だし、K太郎はUFNに出るので勝ち進めばUFC参戦しそうですからね。


男祭りがネットで生配信されるそうで、
http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1165480909

12月7日(木)都内ホテルにて、12月31日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-』の記者会見が行われ、総合エンターテイメントサイトのDMM.comにて男祭りをインターネットでライブ配信することが発表された。格闘技コンテンツをネットでライブ配信するのは、史上初の試みとなる。


こういう試みは良いですね。
どれだけ売れるかはわかりませんが、スカパーが見れない人達には朗報ですね。

あとはいつものPRIDEのパターンとして、いいカードを出したあとに色物系や地味なカードを切ってくるので、その辺をなんとかしてほしいですね(^^;



2006-12-07

PRIDEカード発表や噂に関するアレコレ

今さらですが、
http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1165284924


川尻達也(日本/T-BLOOD)
VS
ギルバート・メレンデス(アメリカ/ジェイク・シールズ・ファイティング・チーム)

ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/フロントライン・アカデミー)
VS
青木真也(日本/パラエストラ東京)


「ものすごく強くなってる」川尻は久々の強敵との対戦ですね。
ボクシングをかなり練習してるみたいですが、メレンデスの打撃は荒々しくあまり綺麗なフォームではないので、少々やりづらいかも。

青木ハンセンは青木がグラウンドで上を取って、下からハンセンがパウンドという展開でしょうか。
青木はフレンチ戦では不用意にパンチを貰ってたんでスタンドでは不安があります。
でも、マッハ戦ではうまく打撃を封じて寝技に持ち込んでいたんでハンセン相手でも充分イケるんじゃないかと。
ハンセンを極めるのは難しいだろうなあ、さすがの青木もシャオリンよりは寝技は落ちるだろうし。
ものすごく楽しみなカードです。


そしてNHBnews経由でPRIDE買収の噂などが
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/50669135.html

フランク・トリッグがSherdog.comラジオ「beatdown」で「PRIDEは2~3の買収のオファーを受けていた」という話をしたそうです。ですが、榊原社長はそのオファーを断ったそうです。
またトリッグは「PRIDEがつい最近、ある組織から大型な獲得を決めたところだが、まだ詳細を発表することができない」という発言もしたとか。blogにも書かれていますが、トリッグの発言はPRIDE機関紙Kamiproの「マット界で何かが起こる・・・かもしれない」という予告とピタリと重なるところがあり気になります。


ぶっちゃけ優良企業が買い取って運営が安定するなら、ファンとしては望ましい展開なんですがね。
オーナーだけが替わって、スタッフがそのままDSE社員を登用・・・なんて都合よくはできないのか。

あとこの「大型な獲得」と紙プロのことは別じゃないかと、誌面を読む限りPRIDEにプラスな感じの口ぶりではなかったですからね。

引き抜きなのかスポンサー関係か、あまり期待せずマッタリ待ちますか。
2006-12-04

MMA WEEKLY記者のボードッグへの見解

といってもヒョードル参戦の報が出る前の見解ですが。
Kamipro最新号より

――オンライン・カジノがメインスポンサーになっている、、MFC/ボードッグ連合についてアメリカ内の評価はどうなの?

スコット MFCは、まだまだ小さなプロモーションといったところさ。ボードッグについても、資金力に任せてリアリティショー『ボードッグ・ファイト』を始めたけど、その番組が視聴できる世帯は全米でわずか1~2パーセントしかない。
(中略)
――ボードッグの豊富な資金力があるだけに、UFCと『PRIDE』のバランスを崩すのではないかといった見方はできない?

スコット 結論から先に言うと、それはないね。というより、ボードッグは資金を引き揚げていくんじゃないかな。
番組を制作してみたけど、買い手もつかない状況で、どこにも放送されていない。儲かると思って参入したのにね。
たしかに、ボードッグ社長のカルビン・エアーは大金持ちだけど、お金をドブに捨てるようなことはしない男。だから選手争奪戦に関しても、ホイホイとヒョードルに大金を提示して引き抜きをかけてくるとは思えない。

それにボードッグは、ブッシュ大統領がオンライン・カジノを規制する法律に署名したことでさらなる締め付けをくらっている。資金的には苦しくなるだろう。


ただMFCの12月大会の延期やヒョードル参戦は無さそうという意見でしたが、それは外れましたね。

ヒョードルを引き抜きたがっているボードッグの本気度は高いのか?

昨日のMFCはボンバイエよろしくコケたっぽいですが、あとはPPV売り上げがどれだけ出るのか。
それによってスコット・ピーターソンの見解が正しかったどうかが判ってきますね。

僕の個人的意見としては、三年前にヒョードルを引き抜いた団体のような末路を辿るといいなあと思ってます(笑)

http://gbring.com/sokuho/result/result2006_12/1203_bodog_02.htm

 そのボードッグ・ロシア大会について、巷で噂になっているエメリヤーエンコ・ヒョードルの参戦だが、この日、ボードッグ・ファイトのマッチメイカーであるミゲール・イトゥラテ氏に話を聞くと、彼自身はマッチメイカーであり契約の話は詳しくは知らないとしたうえで、以下のコメントを残している。

「3月3日、ヒョードルはボードッグ・ファイトのサンクトペテルスブルク大会に出場する。M-1(レッドデビルのこと)も、ヒョードル自身も母国でのファイトを望んできた。対戦相手? ジョシュ・バーネットの名が挙がっている? 3月にはない。ボードッグはPRIDEと関係を悪化させたいわけでなく、契約上問題がないから3月の大会に出場できるよう契約した。ただ、その後はまたPRIDEで闘うことになるかもしれない。彼との契約は、我々も1試合ごと。だから、3月より先のことは分からないよ」


「PRIDEとの関係を悪化させたくない」・・・川又さんも似たようなこと言ってたなあ・・・
しかもジョシュの名が? 「3月『には』ない」ってなんですか!!

ゴン格で言ってたようにヒョードルはこれからワンマッチ契約でその都度、条件の良いところに上がるということでしょうね。
いいご身分ですが、ヒョードルの価値を考えれば当然なのか。
でも、万が一MARSにヒョードルが上がったら笑えますね(^^;

2006-12-03

PRIDEはヒョードルを繋ぎとめられるのか?

「スイミングアイ」さんから引用。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/16514/2622352#2622352

On October 25th, I wrote an intriguing post about the possibility of Emelianenko Fedor signing to fight for the BodogFight group in Russia. Read the link first to catch up on all the politics involved. Then read this carefully to get a complete understanding.

10月25日に俺はヒョードルとBodog fight groupgの契約(ロシアでヒョードルが試合をするって言う)
その可能性について書いたけど、これは政治的な絡みもあるから
まずはこれをしっかり分かるように慎重に読んでくれ。

~中略~

A couple of days ago, word became public that Fedor was going to appear at the Bodog 12/2 Vancouver PPV event. Late tonight, there is a report that Bodog has signed Fedor to fight Jeff Monson on March 3rd in Russia. The report states that after his fight with Mark Hunt on 12/31 in Saitama, Fedor will be a freelancer.

2、3日前にヒョードルがBodogの12/2の大会に現れることが発表された。
今夜遅くに、ヒョードルは3月3日にジェフ・モンソンとロシアで戦う契約を結んだというレポートが届いた。
つまり12月31日のハント戦をもってヒョードルはフリーランスになるって言うことだ。


If the report is true, it matches up with the claims that MFC management members were making in an Japanese magazine interview a couple of months ago. PRIDE could see their Heavyweight champion (if he doesn’t lose to Hunt on 12/31 in Saitama) walk away from the promotion with the belt.

もしもこのレポートが真実なら、
(2ヶ月くらい前に日本の雑誌のインタビューに答えたMFC経営陣の言った通りに)
PRIDEはチャンプがベルトとともに去っていくサマを見なくてはならない。
(ハントが勝ったら話は別だけどね)


ヒョードルMFC参戦問題はしばらく静観してみないと判りませんよね。
ただリンク先の佐野さんも仰ってますが、ヒョードルVSミルコ、ヒョードルVSジョシュだけは実現してもらわないと!


さらに「GAME AND MMA」さんでは
http://gameandmma.blog29.fc2.com/blog-entry-496.html

問題は契約期間ですが、1試合契約という憶測がある一方、グロス記者は資金力のあるスポンサーが長期契約を結びたがっているという話と、ヒョードルの契約が大晦日で切れることを理由に、長期離脱を示唆しています。


今回はスポット参戦かもしれないですけど、PRIDEとの契約が切れてMFCは軌道に乗るようなら移籍も有り得るかも・・・

でも、BODOGはコケそうな匂いもしますからねー(^^;

しかし、UFCだって狙ってるだろうし、ヒョードルを今のPRIDEが守り抜くのはシンドイでしょうねえ・・・高額ギャラを払うためにも、PRIDEのアメリカでの成功が必須ですな。


2006-12-02

「男祭り」PPV放送が正式決定

http://www.prideofficial.com/free/media/details.php?id=1164968359

【番組タイトル】
SKY PerfecTV! LIVE SPECIAL
PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-

【生中継】
12/31(日) 16:00~ / Ch.180 パーフェクト チョイス
※再放送スケジュールは決まり次第当サイトにてお知らせいたします。

【視聴料金】
3,150円/番組(税込)


ようやく正式決定した「男祭り」のPPV放送。
どうせならカード発表と地上波無しの報告を同時にすればいいのに。


そして川尻VSメレンデスという話が
http://www.burningspirit.com/log/eid1498.html

ギルバート・メレンデスのmyspaceより。

LATEST NEWS: NEXT FIGHT

PRIDE: SHOCKWAVE 2006
NEW YEAR'S EVE
SAITAMA SUPER ARENA
SAITAMA, JAPAN

Gilbert Melendez (#10) vs. Tatsuya Kawajiri (#3)


うーむ、青木の「ギルバート、大晦日どう?」のマイクが台無し?
明らかにDSEからの指示でアピールしたでしょうに。

個人的には新顔の潰し合いよりは、常連VS新顔の方がノレます。
が、今回は青木VSメレンデスの流れが出来ていただけに微妙です。
ただ正式決定して時間が経てば盛り上がってきそうですね。
川尻メレなら噛み合いそうだから楽しみではあります。

はてさて、どうなるか。
2006-12-01

PRIDEラスベガス大会のグッズ収入

今月のKamiproのUSA Cool宅急便にて、PRIDEラスベガス大会でもグッズ収入について触れられていました。

スコット 営業面での成功といえば、大きな収益の柱の一つである物販は凄かったよ。ほとんど何も残ってなかったんだから!
――噂によると、さいたまアリーナ興行時の10倍は売れたと言われてるね。
スコット パンフもTシャツも全部売り切れ! ただ一人の選手を残しては。

――その一人って?

スコット それはジョシュ・バーネット!
――ウソ!? ひでぶっ!

スコット 僕が見た限り、唯一売れ残ってた。
もしかしたら、ただ在庫が多かっただけかもしれないけどね。


あべしっ!
もともと在庫が多かったに違いない!
その分、今度の男祭りには大量のジョシュグッズが来るに違いない。
ジョシュファンの方々には朗報ですね(力説)

しかし、「たまアリの10倍売れた」って本当ですかね?
たまアリでも相当売れてると思うんですけどね。
ホイスの「ヒクソンは自分の10倍強い」と同じくらいのニュアンスで捉えておいた方がいいのかな(^^;

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。