--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-31

PRIDEルール変更について考える

NHBnews経由で高島学のダナ・ホワイトへのインタビューを読みました。
気になったのはPRIDE・UFCのルール変更についての部分です。
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/50752705.html

http://blog.livedoor.jp/fight_and_life/archives/53534282.html
ダナ 僕らは統一ルールを作ろうと思っている。UFCも、PRIDEもWECも同じルールを採用したい。
(中略)
つまり、PRIDEにエルボーを導入する。そして、UFCでは倒れた相手、グラウンド状態にある相手の顔面にヒザを打てるようにする。これが私の考えている統一ルールだよ。トップポジションをとった選手はエルボーがあれば、これは凄く有利になる。ただ、そのトップポジションを奪うために、レスラーのようにタックルを仕掛け、失敗しても顔面へのヒザ蹴りがないから、仕掛け続けるという行為もUFCからなくなる。そうすれば試合は、いっそうエキサイティングなものになるだろう。
――では、サッカーボールキックやストンピングは?
ホワイト ノー。それは適用できない。


まだダナ個人の考えに過ぎないのかもしれませんが、PRIDEにヒジ打ち、UFCに四点ポジションでの膝がありになると。
踏みつけが禁止なのは残念、猪木アリ状態からの踏みつけはパスガードしないとダメだから立派な技術だと思うんですけどね。
ただ島田みたいにサッカーボールキック食らってるのに止めない危険なレフェリーがいるから仕方ないですね(^^;

あとはグラウンドでの蹴り上げは解禁したままにの方がいいですね。
確かUFCでは蹴上げ禁止だったような。
修斗では立ってる相手は蹴り上げOKで、膝をマットにつけた状態なら禁止だったかな。
岡見―アンデウソン戦みたいな反則負けは興醒めしますから、出来ればアリにしてほしいです。

なるだけ現行のPRIDEルールを残して欲しいですが、このダナの提案はPRIDEファンにとっても充分許容範囲のものではないでしょうか。
スポンサーサイト
2007-03-30

ボードッグ次なる狙いはデニス・カーンか?!

今月のカミプロにカルビン・エアーのインタビューがありました。
ヒョードルVSリンドランドや今ボードッグに欲しい選手について話してました。

――(ヒョードルVSリンドランドの)マッチメイクについて疑問の声が上がっているのも確かです。ヒョードルとリンドランドでは、そもそも階級が違いますよね。
カルビン そういう意見が出ていることは知っている。ヒョードルとうお客様を迎えるにあたって、楽に勝ってもらうために体重の軽い相手を当てるんだろう、と。
でもそれは間違いだ。現にリンドランドはこう言っているよ。「すべての試合は60パーセントがメンタルで、技術や体力は40パーセント」。リンドランドはメンタル面ではすでに準備万端らしい。


・・・メンタル・・・要は体格差を気合で何とかしろってことですか(笑)
でも、ヒョードルはそのメンタルも強いんですけどね。


――当然ほしい選手というのがいると思うのですが、具体的に名前を挙げていただけますか?
カルビン まあ今すぐ思い浮かぶ選手といえば、デニス・カーンだな。


「迷惑至極!」
カーンはウェルターでかなりお気に入りの選手なんで、本気で嫌だなあ。

――デニス・カーンは、(ボードッグの)今回の収録でもスペシャルゲストとして来場してますね。
カルビン だからって、ホイス・グレイシーやジョシュ・バーネットとか、今回のゲストがすぐ『ボードッグ・ファイト』に上がるというわけではないよ(笑)


上がられてたまるかー!
それがし、かような興行には何の興も湧きもうさん!

とはいえ、ヒョードルの時もMFCのマッチメイカーは「今ヒョードルをうちの興行に上げても選手を皆殺しにされるよ(笑)」と引き抜きをやんわり否定しておいて、アレですからね。
油断はできませんね(^^;
2007-03-30

ジョシュ検定に挑戦!

「BurningSpirit」さんでジョシュ検定なるものがやってたのですぐさま挑戦!
http://www.burningspirit.com/log/eid1067.html


結果は・・・・


ヒャッホー!
こういう認定証があると嬉しいですねー(^^
まあ一位といってもたくさんいるんでしょうが(^^;

ジョシュオタの中のジョシュヲタ、出てこいやー!
2007-03-29

[Kamipro]榊原代表インタビュー

PRIDE公式のインタビューとかぶる部分もありましたが、

・自分が辞めるんだから、これで地上波放送できないなら、テレビ局には『PRIDE』が放送できない理由を400字詰め原稿用紙3枚にまとめて提出してほしい(笑)
・ライト級GPは予定通り開催(5月20日)
・GPにはUFCを代表するようなファイターが参戦する。
・UFCの二軍には絶対ならない。
・制作からリングアナ、運営陣は変わらない。
・榊原代表が最初に提案した新会社名は「PRIDEエンターテインメント」
・この十年間で一番印象に残っているのは高田ヒクソン戦。
・桜庭和志の存在なくして『PRIDE』はない、高田に次いで気持ちの入る選手。『PRIDE』で引退試合をやって欲しいぐらいの思いがある。


ところどころで「エリートXCやボードッグのようなチャラチャラしたボンボンに娘を嫁がせられない」などラッパは健在でした。

PRIDEの命運はフェティータ兄弟に委ねられたわけですね。

それに対抗するかのようにFEG,エリート、ボードッグ諸々の連合軍が結成。
Kamiproの噂ではフジテレビもこれに絡んでるとか何とか・・・うーむ。
まさに格闘技世界大戦の勃発ですね。
徐庶さんはボードッグ=フェザーン(銀河英雄伝説)と仰ってましたが、ぼくのイメージでは今回の大戦は「リップシュタット戦役」かなあ。
どっちがリップシュタット軍かは推して量るべし(^^;
まあ審判は「後世のプロ格者」に委ねますか(そんなに時間はかかんないだろうけど)
2007-03-28

当初予定されていたジョシュ・バーネットのタイトル挑戦プランとは

カミプロハンドにチラッとジョシュの話題が出てました。
それは

ジョシュは当初、きたる4.8『PRIDE34』出場。セルゲイ・ハリトーノフとの対戦が計画されており、この一戦をクリアすれば、6月に開催予定のPRIDEラスベガス大会で、ヒョードルのヘビー級王座に挑戦という「無想転生」なプランを聞きつけ・・・


その後、ジョシュの出場自体が消滅したそうです。

4月のジョシュ参戦が消えたことで王座挑戦は延期になったということでしょうか?
気になるのは多くの方が指摘されているようにジョシュとUFCの関係です。
ダナは今日の会見でジョシュ対アルロフスキーを「夢のカード」の一つとして挙げていました。
ですから関係が修復してるのか、あるいは対立ギミックであることを祈りたいですね。
ジョシュがPRIDE離脱したら凹むなー(^^;
せめて日本で見られるなら良いのですが・・・

2007-03-27

いざ「PRIDE34」さいたま出陣!

会見内容はほぼ事前の予想通りでしたね。
どこまでロレンゾがどこまでPRIDEを維持してくれるかはわかりませんが、良い話ではあると思います。
「いい意味での」買収ということでしょう。

ただ発表カードが一つだけというのは最後までDSEらしいですねえ(^^;
しかもドン・フライ参戦って、今さら誰が見たいねん!
「PRIDE男塾」の煽りVだけは楽しみですが。

http://www.prideofficial.com/free/media/?id=1174915676&yy=2007&mm=04
あとスカパー放送スケジュールが決まったのはいいのですが、このカードで3150円据え置きですか・・・わーい。


と、文句はこれくらいに致しまして、榊原代表お疲れ様でした!
最近はさんざん文句を言ってきましたが、やはり代表はPRIDE躍進の立役者でしたからね。
この一年は本当にご苦労なされたことでしょう、しばらくはゆっくり休んで下さい。

そして、榊原信行・DSE最後のPRIDE興行、しかと見届けてきたいと思います。

三重からさいたまスーパーアリーナへ出陣じゃー!


2007-03-27

間もなくPRIDE会見!

もうすぐ「PRIDE史上最大の会見」が始まりますね。
いろんな情報が事前に漏れ伝わってきますが、しっかりと事態を受け止めたいと思います。
そして、噂通り榊原代表退陣・DSE解散なら「PRIDE34」を観戦する腹づもりでいます。
2007-03-26

今日の「風林火山」感想

お館になった晴信凄いね、貫禄も出てきて元服したころより明らかに化けてきてる。
勘助との会見時での板垣に対する表情も素晴らしい!
市川亀治郎の演じ分けには脱帽です。

勘助浪人編も終わり、次は武田家中での出世レース編といったところか。
しかし、勘助いきなり知行二百貫、部下25人とは破格すぎますね(^^;
今で言うと、40過ぎのニートを初任給100万で課長クラス待遇で採用されるようなものか(笑)
※追記 確かコーエーの「太閤立志伝」では最初の知行は一貫くらいだったと記憶してます。やっぱ異常な厚遇ですね(^^;
かような高給で使いこなされてみたいものじゃ。

先週で信虎が退場してテンション落ちないか心配でしたが、今回も文句なしの面白さで一安心、来週も楽しみです(^^

2007-03-25

ぼんやり呟き雑談

「修斗」
ルミナの膝蹴りはギリセーフじゃないかなあ。


「風林火山」
仲代達矢すげえ! 千葉真一もいいねえ。
勘助との斬り合いのシーンもベタなんだけど燃えました(^^
今のところ、大河史上最高のドラマです。


「人形劇三国志」
最近、時代劇チャンネルで放送されてます。やっぱ面白いね。
この間、単福こと徐庶が出てきたんですが、登場して3話で死んじゃったよ、おい(笑)
扱いが酷すぎる・・・徐庶がいなければ、誰が赤壁で龐統を羽交い絞めするんだ!


2007-03-24

PRIDE史上最大の・・・

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1174627677

来る3月27日(火)にPRIDE公開記者会見を開催します。この記者会見にてファンの方々、マスコミ・関係者の皆様方に向けてPRIDE史上最大の発表を行います。
 本記者会見は報道関係の方だけでなく、一般のファンのみなさんも参加可能な「公開記者会見」とさせて頂きます。参加費は無料です。
参加希望の方は27日(火)17:00に、六本木ヒルズアリーナにお集まりください。


「史上最大」ですか、これまた大層な・・・
いかにも「注目してください」と言わんばかりの前振りに、ファン公開会見・・・いい感じはしませんね(^^;
一応、最悪の事態も想定しておいた方がいいのかな。
でも、気持ちはとてもスッキリしてます。
地上波放送を打ち切られて以来、ファンはずーっともやもやした気持ちを抱えてきました。
その煩悶の日々にもようやく一つの答えが出そうです。


願わくば榊原代表はじめDSEの方々が苦痛から解放される結果であることを祈っております。
2007-03-22

HERO,Sアメリカ大会のコンセプト、敵はUFCにあらず

この前の続きです。
今月末にはアメリカで会見をやるようですね。

――谷川さんが考える一般層に受けるカードとは、どのようなものでしょうか。
谷川 アスレチック・コミッションがあり、階級性がしっかりしている。だから無差別とかっていう部分でなく、一般層に通じるものをやるつもりですよ。仕掛けから何から。
――日本のHERO'Sとは、違うコンセプトですか。
谷川 精神は似てるんです。相手はUFCではなく、アメリカン・フットボールになる。PRIDEは、PRIDEそのままをアメリカへ持って行ったのですが、それがよく出来ていた。けれど僕らの方は今のHERO'Sをそのまま持っていくということでもない。
やりたいのはスーパーボウルなんですよ。


ライバルはUFCでなく、アメフトというのは谷川さんらしい話ですね。
K-1は大晦日に打倒PRIDEではなく、紅白を意識したカードを組んできましたが、それのアメリカ版をやろうということですかね。
ただFEG陣営が日本のときほどアメリカのテレビ事情を熟知しているかは微妙なので現時点での成功は難しいかもしれませんが。


――それこそマニアックな意見になるかもしれませんが、スーパーボウルはワン・シーズンのなかで最強のチームを決めるゲームです。だから、お祭りになるのですが、今のHERO,Sは総合格闘技のヒエラルキー、山に立ってない総合格闘技イベントに見えるんです。そこで本当の意味で最高のお祭りを実現できるのか。
谷川HERO,Sは今、総合の山に入っていない、入っていないですよ。ただ、特別入らないように意識しているわけじゃないですが、正直、今の総合格闘技が山を作れる状況じゃない。
山を作ったのはPRIDEですが、HERO,Sはそんな状況じゃない。ただ、もう以前のように山を作るのは無理ですよ。選手が分散するし。
――UFCに一番人材が集まっているのなら、ファンはUFCが総合格闘技という山のトップにあると捉えるのではないでしょうか。その総合全体の山にHERO,Sが属してないように感じるんです。
谷川 山に入れる力もないですよ。選手もそれだけのものはいない。良い選手を集めるのは目標、一番を決めることを目標にしてます。
でも、今のHERO,Sでは無理なんですよ。それをやるには。逆にいうと、僕らはメディアの使い方、そして広め方でHERO,Sに出る選手が、米国で一番有名になると思ってます。これから仕掛けることによって。
街を歩いてる人の10人中7人の人間が知るような。そういうことがHERO,Sを作り上げることなんです。本当のHERO,Sを創るということは。


「選手もそれだけのものはいない」って、多分選手層が薄いということが言いたいのかもしれませんが、聞きようによっては「(総合の山の)上に立てる選手はいない」とも取れるんですけど(^^;
でも、選手をアメリカで有名にすることには自信がありそうですね。
強気なんだか弱気なんだか分りませんが、「最強を決める場ではないが、有名にはしてみせる」というのは日本のHERO,Sとも共通するコンセプトではないでしょうか。

2007-03-20

谷川Pから見たUFC、惹かれる選手は全くいない? 

高島学の谷川インタビュー、今回はHERO,Sアメリカ戦略やUFCに対する谷川さんの見解を紹介したいと思います。
が!
一度書いたものが消えるという初歩的ミスが・・・
とりあえず時間もないですし、無理せずに少しずつ書いていって、あとから書き足していきたいと思います。

谷川 3月の中旬に米国で記者会見を開きたいと思っているんですが、やっぱり僕らのスタイルとしては、あくまでマスに届くようなMMAを創りたい。
UFCって、コアなMMAスタイル、マニアックだと思うんですよ。僕らはマスに通じるMMAにしたい、それが大前提です。
――その核となるのは?
谷川 ブロック・レスナー、WWEのPPVが一番調子の良かった時のチャンピオン。あとはホイス・グレイシー、UFCの初期の王者で昨年のマット・ヒューズ戦でUFC人気に火をつけた存在。
ホイスとレスナーを中心に、米国の格闘技を知らない人が関心を向けるようなファイター、仕掛けを含めてやっていきたい。
――UFCがコアだと…PPV契約件数が100万件に上る。ティト×ケン・シャムロックのスパイクTVの視聴率が3・2ポイント。
100以上のチャンネルがあるなかで450万世帯が見た。そして、30代の成る男性から一番の支持を得ている。
ケン・シャムロックを担ぎ出すというのは、谷川さんがホイスを登用するのと同じことだと思うのですが。
谷川 それはUFCもマスに届けたいという結果だと思いますよ。それでも、UFCってマニアックに見えるんです。ダナ・ホワイトという人がマニアックだし。惹かれる選手がいないんですよね、全く。ひっかかるものがなかった。
――確かに谷川さんが観戦された大会では、ディエゴ・サンチェスがキャリア最悪の凡戦で終わり、期待のヘビー級ブランドン・ヴェラもあっさり勝ってしまい、印象に残るものではなかったでしょう。でも、そこまでバッサリ切り捨てられているのも意外です。
谷川 その意見自体が、全くマニアックでピンとこないし。ワンツーからタックル、組み付かれたほうはギロチンを仕掛ける。そんな試合ばっかりじゃないですか。だから全然印象に残ってないです。
MMAはもっと見ていて楽しい試合が組めるはずなのに。


谷川さんの「それでもUFCがコア」っていうのは同意ですね。
アメリカン同士の修斗を見てるような感覚といいましょうか、要は選手に感情移入できないんであまり面白くない。
修斗ならファイターが日本人ということが取っ掛かりになるし、マッハ道場とかルミナのジムとかの選手ならそれなりに見てみようという気にもなります。
「TUF」を日本でやれば話は別ですが、今のままなら正直WOWOW解約しようかなと考え始めてます。

でも、UFCはほぼ色物なしの状態でPPV何十万件も売ってるんだから驚異だよなぁ。

「MMAはもっと見ていて楽しい試合が組めるはずなのに」という発言にも同意したいのですが、谷川さんの言う「楽しい試合」と我々のそれに差異がありそうですねえ(^^;
やっぱPRIDEに慣れちゃってるとUFCは味気ないんですよね。
谷川さんも根本は全盛期の桜庭のような試合を望んでいるんでしょうけど。
谷川さんはヒーローを仕立てる為にあざといマッチメイクしますが、
イメージほど成功率は高くないですよね。
KIDにしても、所にしても最初は「噛ませ」で呼ばれて、そこから番狂わせを起こしたから、ヒーローになったわけですから。
HERO,S栽培の秋山みたいなのはあまり人気ありませんし。

アメリカ大会では谷川さんの目論見通りにレスナー、ホイスを英雄に祭り上げることができるのか、あるいはそれらを喰って新たなスターを誕生させるのか?

2007-03-16

谷川貞治VS高島学

先日のHERO,Sパンフレットでの高島学と谷川Pとのやり取りで面白かったと思ったところを抜粋して紹介していきたいと思います。
まず秋山問題について、HERO,Sのルール改正は「競技化」よりも「公平化」を考えてのものだそうです。
舌鋒鋭い高島学氏の質問。

――マスなファンにしても、コアなファンにしても谷川さんや審判団が調べたことですら、本当に調べたわけか?」となる雰囲気です。自分のような記者でなくても「秋山は故意だろう?」となるわけです。
谷川 なるかも知れませんねえ。
――公開討論をするわけにもいかないのですが、密室の中で結論が出る部分もやはり目が厳しくなると思われます。CS中継で、あの試合だけカットされるとか。
個人的にはHERO,Sの審判団の中に、非常に信用のおける方がいる。だから発表を信じることができたのですが、それはファンに通用しない部分です。
谷川さんが本気で怒っていた―――そう伝えようとしても、伝わらない。
谷川 まぁ、それが僕のカラーだしね。本当にね、「何も塗ってない」と審判団は信じきっていたし。僕は最初に審判団を疑ったんです。審判団、全員を疑っていたから彼らが秋山をかばっていないか、それを最初にチェックしたんです。


「谷川さんのカラー」ということで落ち着いていいのでしょうか(笑)


次は「公平性」から試合時間についても高島氏は突っ込んでいます。

――公平性というなかで、レギュレーション強化後にも、5分×3Rと、10分+5分+5分という試合タイムがある部分は、未だに不公平感が残ると思われます。
谷川 それは本当に統一した方がいい。正直言って10分、5分、5分のPRIDEの試合タイムこそ、現時点ではベストだと思ってます、個人的には。
技術のある選手同士の闘いは、一度の波だけじゃ試合が決まらないことが多いですよね。1Rが3分や5分では、ヨーイドンの世界になっちゃうんで。
――1Rが10分なら5分以降に決まる試合も多く含まれてきますね。
谷川 だから5分過ぎがポイントになるんだよね。一本勝ちやKOが増える。PRIDEに一本やKOが多いのも、10分という時間設定があるからですよ。
1R10分あるからスタミナに自信のないパワー系の選手は早く極めようとするし、テクニカルな選手は5分過ぎを狙っている。ただそういう味のある世界って理解してもらえないから、世界の流れはヨーイドンになるんですよね。

だから本当はグレイシー的な時間無制限とか、15分×無制限ラウンドが好きなんですよ。3分とか5分でスポーツライクに殴りあおうとかしてたら、寝技の展開が本当に無くなってしまう。そういう意味で、10分、5分、5分がイベントしても、一番良い。
PRIDEは素晴らしい選択をしていると思います。


谷川さんが、グレイシー的「果し合い」が好きなのが伝わってきますね。
谷川さんにとっての総合格闘技のベースはグレイシーで、グレイシー的な考え方は格闘技の根幹にある理念だと思ってるそうです。
日本人の好むところなんでしょうが、アメリカでは受けないかなあ?
高島氏にも「決闘のような試合はマスには伝わらないし、伝えられない」と言われちゃってます(^^;

さらに高島氏は突っ込んで

――それでも、実際のところHERO,Sは5分×3R制の試合も根付いてます・
谷川 でも70Kgで5分で、85kgが10分というのはおかしい話です。HERO,Sはヘビー級も10分でと思っているのですが、そうするのは難しい。
米国では認められていないし、そうなるとこちらがアメリカに合わせていくしかない。
本当にホイスとかヒクソンがアメリカで5分×3Rで闘うのは見ていられないですよ。
――その割には所選手とホイラーという試合を組まれたじゃないですか。あの試合を見て「グレイシー越え」とかいうなら、時間無制限、ブレイク無しでやって欲しいと正直、思いました。
谷川 僕もそう思う。そうした方がいい。前の年はホイス・ルールが存在した。グレイシーがずるいなんて声を聞きましたが、グレイシーが言っていたなかには、総合格闘技にとって凄く大切なものが多い。体力勝負のヨーイドンは如何かなぁと。本当は嫌なんですよね。ファンとしてなら、15分の方がいいですよ。
あのネチネチした攻防はあるべきだし。総合は柔術の選手が勝てる要素がもっとあった方が面白い。寝技にいった途端タイムアップになる。あれでは選手が育たない。
だから日本でなく米国の方で変えていかないと。HERO,Sが5年後ぐらいに、UFCとかに勝って力を持つ、そして意見できるようにしていきたいですね。


谷川さんの意思表明、意気に感じるところはあります。
試合時間については、僕は一概に1R10分がいいとは思いません。
5分×3Rならスタミナを気にせずガンガンいける部分もあるし、10分、15分となると膠着するケースも考えられます。
それを差し引いても谷川さんの意見は聞くべきものがあるかなと。
あれ、もしかしてオレ騙されてる?(笑)

谷川さんには「今はコアなカードが世間に響く」と発言した直後に曙ジャイシル戦を組まれたりしてるからなぁ(^^;

確かHERO,S旗揚げ当初のキャッチフレーズが
「最強? 笑わせるな、このリングからは英雄(ヒーロー)が生まれる」
「総合版K-1MAX」という触れ込みでTBSはこれからもその路線で行くでしょう。
それと谷川さんが望む「果し合い」的試合との整合性をどうつけていくのか。
谷川さんの腕の見せ所ですね。
まあ、このインタビューで話した内容自体が無かったことになるかもしれませんが。

こっからUFC絡みの話になるのですが、力尽きたので今日はここまで(^^;
2007-03-16

外野から恐縮ですが

ブロガー仲間(とこちらが勝手に思っている)の「スイミングアイ」の佐野さんが土曜日にシュートボクシングの全国大会に」出場するそうです。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/16514/2622625#2622625
格闘技経験皆無の僕にとっては、定期的に総合の練習してるだけでも凄いと思いますが、試合に出るとなるとやっぱり緊張するんでしょうね。
うーん、青春だ。
そんなスポーツでの緊張感は、高校の部活以来ないな(笑)

ちなみに佐野さんの経歴は「くまページブログ」さんで詳しく紹介されています。
http://kumapage.exblog.jp/2041157
この男、只者ではありません。

遠い三重の地からではありますが、佐野哲也さんに心からエールを送りたいと思います。
がんばれ。

2007-03-16

「榊原代表が瀧本に厳しい言葉&エール!」PRIDE34ようやくカード発表

今回発表されたカードは可もなく不可もなくといったところでしょうか。
無理に青木を使わなくてもいいんじゃないかな。

「4・8榊原代表が瀧本に厳しい言葉&エール!」
http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1173935861

一部で噂となっていた4・29ラスベガス大会中止の件については「いい意味での延期」と明言した。「調整をしていたんですが、2月の大会があれだけの成功に終わって、2ヵ月しかない中で1回目と2回目を超える大会をやれるだろうか? ということと、予定していたメインカードが組めなくなったこともあって日程を変更しました。次のアメリカは6月末にカリフォルニア、ラスベガスとニュージャージーなど年内に3~4大会をやっていきたい。


「いい意味での延期」いただきました、ありがとうございました。


代わりに6月上旬に日本でナンバーシリーズである『PRIDE.35』を挟むかもしれません」と年間スケジュールを再調整、軌道修正するという。


いや挟まないでしょ。
無理に挟まなくてもいいのでは。

それよりもこれだけカード発表が遅れたことに関して弁明なり謝罪なりがあったんでしょうかね。
公式の動画を見る限りは無かったようですが。


ロシアでの他団体のイベントに出場が噂されているヒョードルについては、「ヒョードル担当交渉スタッフがロシアに飛んでいます。最終的にそのことの状況確認を含めて話し合いに行っています。その結果次第だと思う。ただ、ヒョードルとは1月に会った時に“ロシアで試合がしたい。PRIDEが来てくれるならそれでいいが、それが叶わないならM-1でロシアで試合をやってみたい”と聞いています。契約では認めていませんが、話し合いはします。ヒョードルの凱旋試合がメインで、ロシアでPRIDEを開催するのもない話ではないですからね。話し合いの結果は、ここ1週間くらいで出て来ると思います」としている。


どうせボードッグ出場するだろうにどうしてこうも言い繕うのでしょうか?
経営者は大変ですね。


最後に榊原代表は「1日も早く悲願である日本の地上波復活を成し遂げたい。いいスタート&ダッシュが切れるようにしたいですね」と、改めて“地上波放送復活”を口にしている。


このままでは無理です。


僕は瀧本よりも榊原代表に「厳しい言葉&エール」を送りたいですね!

こういう状況下でもフカす気概はたいしたものですけど、「徳山が逃げた」なんて酷いですよ。
もっとユーモアのあるラッパならいいですけど。
そういう観点から「いい意味での延期」発言はちょっと笑えたのでOKです。
2007-03-15

「HERO,S」パンフレットでのアメリカ興行展望

HERO,Sのパンフ読みました。
高島学のインタビューは前半はほとんど秋山問題に関してで、高島氏らしい歯に衣着せぬ質問をしてました。
後半はHERO,Sアメリカ興行について谷川Pが語ってます。

・試合時間は10分、5分、5分のPRIDEの試合こそ現時点でベストだと思っている(ヘビーも10分で検討中)。
・アメリカ興行に関しては、あくまでマスに届くようなMMAを届けたい。(UFCはコア、マニアックと評す)

・興行の核となるのは、レスナーとホイス。格闘技を知らない一般層が関心を持つような仕掛けをしていきたい。
・UFCの試合は、ワンツーからタックル、それをギロチンで切り返す展開ばかりで、何も引っかかるものが無かった、印象に残らなかった。

・(アメリカでの)テレビ局はほぼ固まっているが、あくまでK-1ラスベガス大会などとは別ルートで、プロダクションから人脈から(K-1とは)一線を引きたい。
・今のHERO,Sは総合格闘技のヒエラルキー、山のなかに入っていない。以前はPRIDEが山を作ったが、HERO,Sはそういう状況ではない。今は選手が分散して山を作れない。

・メディアの使い方、広め方でHERO,Sの選手がアメリカで一番有名になれると思っている。
街を歩いている人がHERO,Sの選手を知るような、それがHERO,Sを創るということ。
・アメリカでは集客よりもテレビ戦略で商売していきたい。
アスレチック・コミッションの縛りのない州で興行を打つのも一つの手、テレビとの調整になるがホイスを無制限で試合させるなど、色々な試みをしていきたい。



「HERO,Sにはヒエラルキーに入る力も無い」と言ってしまってるのにはビックリしますが、裏を返せば最強云々を抜きでアメリカで成功する自信があるのかなとも思えます。

想像の斜め上を行く谷川Pでのアメリカでの戦略、非常に気になりますね。
ダナをひっくり返すことができるか?
アメリカのコメディアンを起用するとかのベタな戦略もありえそうで怖い(^^;

2007-03-13

HERO,S、名古屋大会とアメリカ進出とパンフレットと

HERO,S見ましたよ。
シャオリン強い! 上山をあっさり極めるとは。
ジダも高谷に打ち勝つのは凄い。
ブラックマンバは70キロ級のアリスターだな、あっさり逆転されるし。
ミドル級は新顔が出てきて面白くなってきましたね。

桜庭は勝っても何のカタルシスもありませんでしたね、何故かプレイボーイが道着してたし。
柴田も勝ててよかったですね。
強いかどうかは何とも言えませんが、何か持ってるものは感じました。
少々あっさり味でしたが、全試合一本・KOで会場で見る分にはいい大会だったんじゃないでしょうか。

んで結局ボクは会場に行かずにテレビ観戦でした。
が、高島学の谷川Pインタビューが物凄く気になったので、休みだった彼女にわざわざ名古屋まで買ってきてもらいました(^^;

しかもパンフだけ買って観戦はナシという(笑)

彼女は「無情じゃー、甘利(あまり)にも無情じゃー」と竜雷太の形相
で泣きました(嘘)

実際は「せっかくだから観戦してきたらどう?」と奨めたのですが、
「うーん、PRIDEなら喜んで行くけどなあ・・・HERO,Sもちょっと見たいけど、谷川にカネが行くのは嫌だなあ」
という素晴らしい言葉をいただきました。

パンフの内容については明日書きたいと思いますが、本格的にアメリカ進出への動きがあるみたいです。
谷川さんの話では今大会が終わってすぐにアメリカで会見を開くそうです。
なんでもテレビ局もほぼ固まってるとか。

これでFSNよりデカいテレビ局だったら、DSEは何やってんだと問い詰めたい気分ですな。

まあ谷川さんらしくアメリカで一花咲かせてほしいものです(^^


2007-03-12

『風林火山』高田延彦が2年連続大河ドラマ出演

バーニングスピリットさん経由で知りましたが
http://www.burningspirit.com/log/eid1585.html

http://www.prideofficial.com/free/takada/?id=1173672347
今年の大河ドラマにも出演する事になりNHKで衣裳合わせを


有力事務所のねじ込みキタ―――!
これは不安ダ―ッ!
近年まれに見る佳作だけに変に世界観を壊さないかが不安です(^^;

庵原の息子と高田の「身震いがするのう」VS「鳥肌立った!」くるか!?
一体誰の役なのか、上杉の部下か、まさか村上義清じゃあないだろうな、チョイ役でいいですよ、チョイ役で(^^;

これを機にPRIDE、格闘技ファンの方々が「風林火山」を見てくれたら幸いです(^^
グリフォンさんや矜持さんは気に入ると思うんですけどねえ(憶測)

今の時期に衣装合わせということは登場は夏以降でしょうね。
身震いして待つか。



2007-03-11

おい、NHKさん

昨日の『土曜スタジオパーク』のゲストは『風林火山』の武田晴信役である市川亀治郎でした。

楽しみにチャンネルをNHKに合わせたんですが、やってたのはプロ野球の中日戦・・・東海地区だけ『スタジオパーク』を放送しないみたいです・・・OTL

名古屋人、東海人が全員ドラゴンズファンだと思ったら大間違いだー!
しかもオープン戦じゃねーか!

残念です(T_T)
2007-03-09

谷川さんのユニークな隠し玉  ―答え合わせ―

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20070309-00000006-spnavi_ot-fight.html

HERO’S(12日・名古屋市総合体育館レインボーホール)、「エンタの神様」の舞台からリングに殴り込みだ。8日、対戦カードが発表され、外国人の異色お笑いコンビ「塩コショー」のベルナール・アッカ(34)=コートジボワール=対申鉉杓(シン・ヒョンピョ)(30)=韓国=戦が決まった。
(中略)
谷川イベントプロデューサーは「ボビーの身体能力+格闘技の基本を持っている」と太鼓判。筋骨隆々の体に、柔道、テコンドー初段の実力者の持ち主は「芸人も格闘技も一生懸命やる。芸能人最強を目指したい。あっ、アッコさんだけはやりたくないです」と最後までボケまくっていた。


さすがは谷川さん。
完全な想定外、斜め上をいかれました(^^;
しかし、この芸人さんは身体能力、練習環境ではなかなかのものですね。
確か「PRIDEひかり道」の芸人寝技王に出てたような・・・
体重は95キロくらいだそうです、ボビー級くらいには育つかもしれませんね。

昨年末にベルナール自身のブログで
http://d.hatena.ne.jp/bell-brown/20061207

ここ3ヶ月のオイラは、酒を一切止め、ダイエットで体を15㌔しぼり、ジムで体を鍛え直し、キックと総合格闘技の練習を本格的にやり始めてだんだんやりたいことがはっきりしてまいりました。

(中略)

もともと格闘技が好きで、柔道やテコンドーをやっていたオイラが、K-1やHERO`Sで活躍しているボビー、金子健君を見ていて何も感じないはずがありません。

ブッチャケます!!!!!オイラもリングの上で戦いて~!!!!!!!!

谷川さん、タレントや俳優がリングに上がれるってことはお笑い芸人もありって事ですよね?

前田さん、下済み積んでからと言うことならそうしますよ。


格闘家デビューの希望を宣言してます。
下積みも辞さずということでかなりの真剣さを感じます。
相手も総合デビューのシルム戦士だからいい勝負じゃないでしょうか。

まあ年齢的には厳しいですが、あの身体を見ただけで金子賢や曙よりは適性あるんじゃないかとチョッピリ期待しちゃいますねー。

んで先日のブログで
http://d.hatena.ne.jp/bell-brown/20070303

私ベル蔵こと、お笑いコンビ塩コショーの突っ込み担当ベルナールはHERO`Sに挑戦する事にしました。


HERO`S参戦を表明してます。
でも、日付は3月3日・・・フライングじゃないですか(笑)

ベルナールは空手、テコンドー、柔道がバックボーンでテイクダウンがなかなか上手いそうな。
ベルナール参戦は賛否両論ありそうですが、アマチュア経験はあるんでしょうか?
無いならルール面ももっと考慮した方が良いのでは。

まあブログ読んで結構いい人なのが伝わってきたので、温かい目で見ようかなと思ってます。
あっさりお笑い芸人を参戦させたFEGの方々は温かく見れないですが(^^;

2007-03-08

『PRIDE』世界的な競争の準備が進んでいる?

昨日発売の「Kamipro Special」のトリッグ・インタビューより抜粋。

UFCの動きからもわかるように、これからは世界的な競争になっていくよ。『PRIDE』はそのための準備も進んでいるしね(ニヤリ)
(中略)
世界各国のトップファイターと契約している『PRIDE』にこそグローバルな市場で勝機はあるよ。


トリッグの希望的観測のインタビュー。
以前噂になったトリッグの「PRIDEが近いうちにビックリする発表がある」といった発言を思い起こしました。
この「競争の準備」という言葉を元にさらに妄想を膨らませると、PRIDEに大手ケーブル局やフリーTVがつくことを示唆しているのかなと。

ただ以前のトリッグ「サプライズ」発言の情報ソースがフィッシュマンから聞いた話とのことだったので、既にご破算になった公算が高いですが。
今回のカミプロのインタビューも、DSEとフィッシュマンが決裂する以前のものと思われますしね(2月4日に収録)

いずれにせよ、興行面ではUFCに引けを取らないんだから、メディア戦略で早くUFCに太刀打ちできるように展開していってほしいですね。
2007-03-07

Kamipro最新号「PRIDE34」情報

カミプロ最新号読みました。
榊原代表のインタビューによると噂通り4月28日のラスベガス大会は中止の可能性が高いそうです。
アメリカ大会全体のスケジュールを見直すそうなので、6月のロス大会も無くなるかも?
まあ目玉が無かったので短期的に見れば悪くは無いですが、このままアメリカ撤退なんて羽目になったら元の木阿弥ですね。
カジノグループとは条件のよいところとケースバイケースで組みたいとのこと。
そんな都合よくいくのか? よほどオファーが殺到してるのか。
とにかくファンを安心させる結末を望みます。

そして来る4月8日のPRIDE34について

・アメリカでのライブ中継に合わせて、時差を考慮し11時会場、13時30分開始を考えている。
・現時点ではさいたまスーパーアリーナのスタジアムバージョンで開催する計画もある。


だそうです。
開始時間が早まるのはいいですねー!
これからは日帰りで行けます、今回は見送りますが(^^;
そして4万人収容のスタジアムバージョンでの開催とは強気ですが、ラスベガスが中止になった分を34に回すのかな。
チケットの売れ行き次第でしょうが、そのためにも早くカードを発表してね!
2007-03-06

「風林火山」のヒロインがパウロ・フィリオの件はおいといてだ

いやあ大河ドラマ「風林火山」が相変わらず熱い!
史実と虚構を織り交ぜながら描く人間ドラマ。
それを十全に演じきる役者たち。
久々に骨太で見応えのある大河に巡り会えました(^^

ゆっくりとした口調で残忍、好色を表現する仲代達也の武田信虎。
胡桃を持ちすぎ(笑)
最初は世間知らずの御曹司風に演じ、成長するとともに武将として徐々に貫禄もついてきた亀治郎・晴信。
いわずもがなの主人公・内野勘助。「勘助討たれる」での演技はくどいほど濃かったですねえ(苦笑)
世捨て人となって酔っ払っている時の虚ろな目は素晴らしい。

他にも晴信に守り役の板垣信方役の千葉真一。
「キルビル」と違ってセリフを噛んでません(笑)

怒りの演技に少々不安が残るものの、クールな体で新たな今川義元像を見せてくれそうな谷原章介。
その義元のブレーン大原雪斎を怪演する伊武雅刀。
最初は「なんでこんなオッサンが」と思いましたが、見事に器の大きい若殿を演じている北条氏康の松井誠。

とにかくいい脚本、いい役者。
時間があったら皆さんも見てくださいませ(^^


で、だ!
ここまで絶賛してきた風林火山ですが、ひとつ気になることが・・・
今作のヒロイン由布姫は、武田信虎や晴信が心を奪われるほどの絶世の美女という設定なんですが・・・・女優さんのルックスがアレなんですよねえ。
非常に凛々しい眉で
2ちゃんで「両津姫」とか呼ばれてますね(^^;

信虎が「あまりの美しさに心が躍りもうした」とか言っても説得力ねえよ!
ここで一句。

信虎や 晴信恋せし 由布姫は
  面(おもて)を上げたら パウロ・フィリオ


もう演技力に期待するしかないですね。
ここを乗り切れば、あとはガクトくらいですからね、ドラマ・クラッシャーになりそうなのは。
謙信がいつ出てくるかわかりませんが、ガクトにも頑張ってほしいですね。
でも、よく考えたら「風林火山」のクライマックスが四度目の川中島なら、「上杉謙信」に改名する前に最終回を迎えるのでは(^^;


2007-03-03

「HERO’S」名古屋大会に谷川Pの隠し玉あり?

カミプロハンドでの「HERO’S」記者会見の記事に気になる文が。
名古屋大会の追加カードに関して言及していまして、

谷川代表が「あと一人ユニークな選手も出ると思います」


谷川Pを持ってして「ユニーク」と言わしめるとは、想像もつきません!
PLAYBOYもなかなかユニークだと思いますが(^^;

誰じゃー、一体誰がおるのじゃー(武田信虎風)

想像の斜め上をいく谷川マジックに期待しますか。
2007-03-02

HERO,S、桜庭参戦決定!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20070301-00000019-spnavi-fight.html

【追加対戦カード】

<HERO’Sルール 1R・10分、2R・5分 延長5分>
桜庭和志(日本/フリー)
ユーリー“PLAY BOY”キセリオ(ウクライナ/ファイトスタージム)

<HERO’Sルール 5分3R>
山本宜久(日本/フリー)
柴田勝頼(日本/ARMS)

<HERO’Sルール 1R・10分、2R・5分 延長5分>
メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショータイム)
高橋義生(日本/パンクラス)


・・・PLAY BOYって誰や?

ウクライナの総合格闘技パンクリエイション王者で空手や散打でも優勝しているストライカーで、ガウンのうさぎのマークから「PLAY BOY」のニックネームがついているということ。


ふむふむ、咬ませ犬の香りがしますが桜庭が勝つならまあいいか。
でも、打撃で負ける姿も想像できるので怖いですねー。
というか常識あるプロモーターなら休ませるのが普通なのでは?
スミルノヴァス、秋山戦とボコボコにされたたのになあ。

んでヤマヨシ柴田はあまり興味ないですが、柴田は地元三重県の高校に通ってたので応援するか。
おそらく船木のコネだけでなく地元枠でもあるのでしょう。
柴田はルールで得意のサッカーボールキック(PK、FKでしたっけ?)が使えないから不利ですね(笑)

高橋がHERO,S参戦はちょっとびっくりしましたが、パンクラスと前田の関係が修復したのか、HERO,Sでの前田の存在があってないようなものなのか。
でも、高橋が撲殺される姿しか想像できません(^^;

今回のカードはミドル級のに比べると微妙ですねえ。
あとはカルバン参戦は無しですかね?
2007-03-01

PRIDE版「クレイマー、クレイマー」

特命さんにも貼ってもらいましたが、PRIDEのアメリカ地上波放送の噂があるそうで
http://www.daily.co.jp/ring/2007/02/28/0000254120.shtml

榊原社長が今後の米国戦略について口を開いた。複数団体からのオファーを認めた上で“身売り”を改めて否定。一方で「資金力があり、社会的な信用のある、例えばテレビ局とか、上場企業といったところとオーナーシップがとれるような形で交渉しています」と明かした。資金源となる相手と契約を結び、4月にも発表する意向だ。

 24日のラスベガス大会は米ESPN、ロイター、FOXニュースなど大手メディアが取材に訪れた。PRIDEの注目度は高まっており、同社長は「米4大ネットワーク(CBS、NBC、ABC、FOX)と交渉を進めています」と地上波獲得ももくろんでいる。


おー、複数のテレビ局と交渉中ですか、なんか昨年末にも聞いたことある話だなあ・・・今のところは何一つ確定したわけでは無さそうなのであまり大風呂敷を広げない方がいいのでは(^^;
でもスパイクTVクラスのケーブル局なら引く手あまたな気もします。

んでもう一つ特命さんに貼ってもらった記事。

http://www.sherdog.com/news/articles.asp?n_id=6847
エド・フィッシュマンはPRIDE買収が成功できなければ4月28日PRIDE35ベガスを中止させる


ここは榊原代表とフィッシュマンの駆け引きでしょうね。
でも、フィッシュマンにはこんな短絡的なカードは切ってほしくないですねえ。
まさにPRIDEの奪い合い、泥沼にならないことを願います。
映画の「クレイマー・クレイマー」状態になっていくのか・・・もちろんバラ代表がダスティン・ホフマンですが(笑)

何度も言いますが、僕らファンが望むのは今のままのPRIDE。
それが叶うなら主催者がフィッシュマンでも誰でもいいです。

適度なところで折り合いをつけて、早くファンを安心させてくだいませ。

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。