--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-31

PRIDE残党が動き出す時期

10月も終わろうとしていますが、噂のPRIDE残党興行の発表はありませんね。
大晦日は本当にハッスルを開催するのか。
PFCWWの解雇が11月4日付だから、それ以降に会見があるんでしょうか。
無理に大晦日にぶつけなくてもいいと思いますし、時間も足りないのではないかと。
でも、このままPRIDEの芽が潰れていくのだけは勘弁を(^^;
スポンサーサイト
2007-10-30

「どハッスル」の視聴率が絶好調とのこと

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20071030-00000008-spnavi_ot-fight.html

 ハッスルが大みそか開催と、同日のゴールデンタイムの地上波放送獲得に向けて準備を進めていることが29日、明らかになった。ハッスルエンタテインメントの山口日昇社長が明らかにしたもので、現段階で複数のテレビ局と交渉を進めている。また、夢のカード第1弾として小池栄子のダンナ(坂田亘)対向井亜紀のダンナ似の人物(高田延彦似?)とのカード実現へ動いていることも明らかになった。
 壮大な夢の実現へ、着々と準備は進んでいた。山口社長は「大みそか大会開催に向けて動いています」と年越し興行実現へ動いていることを認めた。ただ単に興行するだけではなかった。ハッスル関係者は「現在、複数のテレビ局と交渉中です。ゴールデンタイムでの放送を狙っています」と夢プランを明かした。


向井亜紀のダンナ似(笑)
大晦日開催が本当に実現するかはわかりませんが、ハッスルは景気のいい話ばかりが出てきますね。
「複数のテレビ局と交渉中」というのは去年の今頃もどこぞで聞いた気がしますが(^^;

カミプロハンドによると
ハッスルの新番組「どハッスル」が2.2%という視聴率をたたき出したそうです。
この数字はテレビ東京では10年以上ぶりの記録で、かなりの高視聴率だとか。
「武士道」とかが一週間遅れで5~6%取ってたことを考えると低いような気がするのですが、テレ東では快挙になるんですね。
これは本当にゴールデン進出も夢ではないかもしれません。
僕も某動画サイトで見ましたが、確かに面白いです。
早く全国ネット化したくれるといいな。

最近サムライTVでやってた「ハッスル・マニア2005」を見たんですが、今見てもメチャメチャ面白い。
もちろん今のハッスルも面白いんですが、あの時のマニアにはプレミアム感がありましたね。HGも絶頂時でしたし、横浜アリーナが満員で観客も盛り上がりまくり。
頑張ってハッスルには、あの頃のマニアを越えて欲しいです。

2007-10-30

デニス・カーンの敗因を考える

いやあ秋山は強かった!
文句なしです。
でも、カーンのファンとしては全く乗れません!
昨夜は憂鬱な気分にさえなりましたよ(笑)
PRIDEファンはスッキリしない日々が続きますねえ。

まあ秋山が試合後にはしゃぎすぎだとか思わないでもないですが、謹慎してて久々の試合で強敵を倒した、興奮するのも無理からぬことです。
もともと強いは思ってましたが、カーンをKOするほどとは。
僕以上にデニスファンの相方は「絶対メリケンだよぉ!」と戯言を申してましたが、彼の実力は本物の中の本物。
まさに谷川さんが育てた怪物ですよ。

とはいえ、PRIDEファンとしては次々とかつてのPRIDEトップファイターが敗れていく現状はむごすぎます(^^;

昨日のカーンは贔屓目で見ると、いつもほどのアグレッシブさが無かったように見えたんですよね。
肩の負傷を押して戦った郷野戦のような消極ファイトといいますか。
なんか怪我してたんじゃないかと妄想して

「デニスはカズオ・ミサキ戦で受けたダメージによってパンチドランカーになっていたんだ、さらにアキヤマによってとどめを・・・」


なんてカーロス・リベラな展開がありませんように。


トレーナー「三崎戦以来デニスのアゴは馬鹿になっちまってるんだよ。 自分でそれを知りながら・・・最後まで勇敢だったじゃないか」


元ネタ提示はいいでしょう(^^;


秋山は最強のヒールとして「誰があいつを倒すか?」というポジションになっていきそうですね。まさにラスボスですよ。

秋山のことは置いとくとして、デニス・カーンには今回の敗戦をバネにHERO’Sでチャンピオンになってほしいです。
今度こそ頑張れカーン!




2007-10-29

デニス・・・・

最悪・・・
秋山は怪物じみてきましたね。
2007-10-28

HERO’S韓国大会予想

<第1試合 HERO’Sルール 93kg契約 5分3R>
ベルナール・アッカ 
ポアイ菅沼 


言うてもパンクラスヘビー級トーナメント優勝者、ポアイがKO勝ち。


<第2試合 HERO’Sルール 73kg契約 5分3R>
クォン・アソル 
中村大介


クォンさんを全く知らないので、ここは中村の一本勝ちに期待。


<第3試合 HERO’Sルール 85kg契約 1R10分、2R5分・延長5分>
ホ・ミンソク 
柴田勝頼 


ミンソクを全く知らないので柴田のKO勝ちに期待。


<第4試合 HERO’Sルール 90kg契約 5分3R>
カーロス・ニュートン 
大山峻護


何故に90キロ契約?ですが、大山がグラウンドで上を取って判定勝ち。

<第5試合 HERO’Sルール 82kg契約 5分3R>
マルセロ・ガルシア 
キム・デウォン


ガウッシアは適性体重ではありませんが、UFCやWECで77キロの強豪とやるよりも、最初は体重が重くても手頃な相手とやったほうがいいかもしれませんね。
ガルシアさくっと一本勝ち。

<第6試合 HERO’Sルール 5分3R>
イ・テヒョン 
山本宜久


読みづらいですねえ。
ヤマヨシ判定勝ち。

<第7試合 HERO’Sルール 5分3R>
ミノワマン 
キム・ミンス


これはミノワマンてこずるんじゃないでしょうか。
でも、ミノワがこんなところ負けても盛り下がるのでミノワの一本勝ちで。


<第8試合 HERO’Sルール 85kg契約 1R10分、2R5分・延長5分>
金泰泳 
ゼルグ“弁慶”ガレシック


そろそろ弁慶には勝ってほしい。
試合自体はかみ合いそうですね。弁慶KO勝ち。


<第9試合 HERO’Sルール 85kg契約 1R10分、2R5分・延長5分>
ユン・ドンシク 
ファビオ・シウバ


ユン一本勝ち。


<第10試合 HERO’Sルール 85kg契約 1R10分、2R5分・延長5分>
秋山成勲 
デニス・カーン 


100%カーンに肩入れして見ますが、両者にそれほど実力差があるのかどうか。
打撃も寝技もカーンが上だと思いますが、あとはテイクダウンの攻防次第でしょうか。
スタンドでカーンがペースを握ってKO勝ち。


それなりに見たいカードがあるので結構楽しみですね。
ただ放送枠が一時間なんでユン対ファビオ、弁慶対金をやってくれるでしょうか(^^;

2007-10-28

大河ドラマ「風林火山」が舞台化

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/10/27/02.html

NHKで放送中の大河ドラマ「風林火山」が、来年4月に舞台化される。題名は「風林火山 晴信燃ゆ」。大河は俳優の内野聖陽(39)演じる山本勘助が軸だが、舞台の主役は武田晴信。大河と同じ歌舞伎俳優の市川亀治郎(31)が演じる。亀治郎はスポニチ本紙の取材に「晴信に光を当てると、勘助が陰になる。それなら僕がと」と、勘助と1人2役を務めることを明かした。

 武田家武将の板垣信方との“親子愛にも似た師弟関係”を中心に、川中島の戦いに出陣するまでを描く。板垣役も大河同様、俳優の千葉真一(68)に決定。千葉の出演を熱望した亀治郎は「これで50%は成功した」と大喜び。「大河出演で得た最高の宝物」という千葉との交流はプライベートでも続いており「ドラマと同じで“若”と呼ばれています。引退報道もありましたが“若に頼まれたら出るよ”と言われました」と話した。

 大河では、晴信と板垣のエピソードが特に人気があり、板垣が死ぬ第28回(7月15日)放送後、NHKには多くの反響が寄せられた。「テレビでは割愛された晴信を思いやる板垣の苦悩、2人の関係をじっくり描きたい」と亀治郎。舞台出演は22年ぶりとなる千葉も「息子のためなら命を投げ出すという日本の親父像を描き出したい」と張り切っている。

 亀治郎は演出にも参加。最後に宙乗りを披露することと「千葉さんには(歌舞伎の)見えを切ってもらいたい」と構想をめぐらせている。公演は4月5日から27日まで、東京・日比谷の日生劇場で。


なんと「風林火山」が舞台化ですよ。
しかも亀治郎さんの二役ですよ。
その上、引退した千葉真一も出ますよ。
観に行きたいけど東京でしか公演はないんですかね。
しかし、一人二役となると勘助と晴信は一緒に出れないのかな(笑)
そのへんも楽しみですな。

2007-10-28

修斗・田村の相手が決まらず

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20071027-00000025-spnavi-fight.html

11月8日に東京・代々木第2体育館で開催される修斗秋のビッグマッチ「BACK TO OUR ROOTS 6」への参戦が予定されていたライト級世界王者・田村彰敏だが、対戦相手が決まらなかったため、今大会には出場しないことが発表された。

 27日、同大会を主催する株式会社サステインの坂本一弘代表が「対戦相手が二転三転してしまい、明確なカードを田村選手に提供できることができなかった」と説明。このカード決定の遅れから、田村も「こういう状況ではチャンピオンとして、いいパフォーマンスを見せることができない」と坂本代表に申し入れ、この結果、今大会への出場が見送られることになった。


高谷参戦もいいですが、まずは田村の相手を決めてあげればいいのに。
やっぱりカルバーリョと田村のタイトルマッチが一番筋が通ると思うんですけどね。

いろいろ文句を言ってますが、光岡ハンセンもそれなりに楽しみになってきました。
ところでテレビ放送はいつやるんでしょうか。
2007-10-26

ヨアキム・ハンセンが修斗に復帰

http://www.x-shooto.jp/schedule/detail/2007/071108/index.html

▼“北欧の処刑人”ヨアキム・ハンセン、修斗に帰還!対戦相手は修斗初参戦となる光岡映二! (2007.10.26)
◎ウェルター級 3回戦
ヨアキム・ハンセン(同級世界2位/ノルウェー/チーム・フロントライン)
VS
光岡 映二(日本/和術慧舟會RJWセントラル)


ハンセンのランキングが世界2位になってますが、一年半試合をしてないから10位に落ちたのではなかったでしょうか。

ハンセンの修斗参戦はうれしいですけど、相手が光岡じゃあねえ。
クリス・ブレナンに2回も極められてる光岡では乗れません。
ただハンセンはブランクがあるので、その点では光岡に有利ではありますが。
なんの脈絡もないこのカード。
高谷の復帰といい、単に修斗と慧舟會が接近しただけなんでしょうか。
でも、どうせハンセン呼ぶなら川尻とやってほしかったですね。
ハンセンが出れるなら川尻もフリーになったんじゃないかと思うし。

まあ超ポジティブに捉えるなら、光岡=PRE-PRIDE王者ということで、ある意味PRIDEファイター対決ですよぉお!

・・・そんなこと言っても虚しいだけだ(高田総統風)。


2007-10-24

「週刊現代」のPRIDE担当者インタビュー

いろいろ話題になってるGONKAKUの「週刊現代」担当者インタビューですが、読んでみるとそれほど悪い人とは思えないから不思議です。

・ライターT(タナカタダシ?)からのメールで「川又インタビューをやる」と送られてきたのが取り上げるきっかけ。
・榊原代表が刑事と民事で「週刊現代」を告発すると言っていたが、地検からは何の連絡もないし、民事の訴状も届いていない。
・フジテレビの社内には「週刊現代」のシンパがたくさんいる。
・川又は警察と連動していたので、警察経由の情報がどんどん集まっていた。(フジテレビ役員が連日警察に呼ばれている、株主総会が近いからPRIDE打ち切りを検討している等)
・フジが打ち切ったのも警察に(PRIDEのことを)言われたからで間違いない。
・掲載する記事を決めるのは編集長で、担当記者は毎週PRIDEのことを書くのに「やりすぎじゃないか?」と思うときもあった。
・「週刊現代」のせいでPRIDEが消滅に追い込まれたことに罪悪感はある。記者自身も格闘技が好きでPRIDEを見に行ったこともあった。
・PRIDEが身売りしてからは榊原代表に何度もインタビューを申し込んだが断られた。
・榊原代表にはフジの「トカゲの尻尾切り」に恨み節を言わせたかった。
・担当記者は大学時代は伝統派空手部に所属し、フルコンやキックの経験者。


本当にPRIDEは週刊現代に潰されたようなもんですよね。
まあ仕事ですからねー、上司の命令ならやるしかなかったんでしょう。
職に貴賎なし。

なんて納得がいくわけわけないだろ、こーんのヤーロー!
今さら「僕も格闘技が好きだったんで、PRIDE潰れて残念ですぅ」なんて言われてもなあ。
あの当時の「週刊現代」のPRIDEバッシングは「そんなにPRIDEが憎いか?」ってぐらい酷かったですからね。
結局、「現代」にいいネタが出来て、タダシタナカと川又が小遣い稼いだだけ。
日本格闘技界にとっては何一ついいこと無かった!
別に業界からヤクザを駆逐したわけでもないですし。

とりわけ最悪なのが川又ですが、この人も怖い方々に追いかけられて大変だったようで。
でも自業自得ですし、この人のことは大嫌いですね。
いいかげん永田さんにギャラ払いやがれ!

2007-10-23

桜庭VS船木決定。旧DSEとはジョイントせず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000004-gbr-fight

10月23日(火)東京・TBSにて記者会見が行われ、大晦日に開催されるTBS/FEG/MBS主催『Fields K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!』の大会概要が発表された。

今回、第一弾対戦カードとして発表されたのは船木誠勝(ARMS)VS桜庭和志(チーム桜畑)の日本人レジェンド対決! 同じU系プロレスの流れを組む総合格闘家同士の夢の顔合わせとなった。

<決定対戦カード>

▼HERO’ルール 1R10分 2R5分 延長5分 85kg契約
船木誠勝(日本/ARMS)
VS
桜庭和志(日本/チーム桜畑)


別に見たくはありませんが、桜庭99パーセント勝てるからアリです。
勝った方がヒクソンと対戦ですか、ようやく桜庭ヒクソンを見れますね。
でも、大晦日以外でヒクソンのギャラが支払えるかは疑問です。

それより大阪ドームで開催ということで、残念ながらPRIDE残党との合流は消滅しました。

それよりも気になったのは、前田SVがシレッっと出席してるのが何だかなあ(※リンク先の写真は9月のもので前田SVは出席してないとのこと、失礼しました(^^; )。
なんかFEGに期待する気持ちがどんどん萎んでいきます。
まあ期待するほうが馬鹿なんでしょうが(^^;

2007-10-23

PRIDEの延命方法

紙プロ最新号の座談会にちょっと突っ込みを。

堀江ガンツ ズッファ(UFC)とPFWW(PRIDE FC WORLD WIDE)の関係というのは、ズッファのほうが明らかに力があって、ジェイミー・ポラック社長自体がズッファの弁護士さんだったわけじゃないですか。だから普通に考えると、ダナ・ホワイトが好き勝手に動かせそうなものなんですけど、榊原前代表がロレンゾ・フェティータに経営権を譲渡したとき、『PFWWは独立した会社であり、ズッファ社の社長であるダナ・ホワイトはPFWWの経営にタッチさせない』という契約を結ばせたらしいんですよ。だからダナとしたら、自分の手で『PRIDE』を展開したくてもできなかった。だから、これは結果論ですけど、もしダナにPFWWの株を持たせていたら、UFCと『PRIDE』の両方をやっていたかもしんないんですよね」
 両輪をきれいに回していたかもしれない、と。


ダナはPRIDE経営に手を出せないなんて言ってますが、本当ですかね。
素人考えでは、ジェイミー・ポラックを社長にした時点で介入されまくりなんだから関係ないだろ、と思うんですが。


でも、今月の紙プロは面白かったです。
特に小林聡RG対談と谷川さんインタビューがよかった。
PRIDE変態座談会はあんな十数ページでは足りません!
80ページぶっこ抜きくらいじゃないと。


ガンツ あとUFCが来年、日本に来るという話もありますね。
 それは関係者から情報が入ってきました。来るというか、日本のUFCの“受け皿”が立ち上がるらしい。


本文でも突っ込まれてますが、そんなもん立ち上げるならPFCWWを解散させなくてもいいのに。
事務所の維持費などのコスト面からの問題なんでしょうが。


 でも、今の格闘技界はホントに何が起こるかわかりませんから。もし週刊なり隔週の格闘技雑誌があったら、メチャクチャおもしろいことになってると思いますよ。


格通・・・
2007-10-22

新イベント間近か? 青木真也が階級変更を示唆

昨日浜松で行われたクラブDEEPで青木真也選手と佐伯代表のトークショーがありました。
特にサプライズ発言は無かったんですが、青木が階級を落とすことを仄めかしていました。
カミプロハンドより引用。

今後の予定を聞かれた青木は「ちょっと体重を落とそうかな、と・・・意味深ですかね。これ以上言えませんけどね」


青木は今まで73~76キロ級で戦ってきた選手ですが、70キロに落として戦うことになりそうです。
そうなるとHERO’Sミドル級に出るか、新イベントが70キロ級が新基準になるということでしょうか。
谷川さんは「青木VSカルバンも組みたい」と言ってましたが、無い話ではないか。
トークショーの最後に

「今は試合からは遠ざかってるんですけど、ベストのものを見せられるように準備は整えますので期待しててください!
そんなに先の話じゃないと思います」


と近いうちに試合があることを匂わせて締めくくりました。
最近の青木のインタビューを読む限り、DSEのスタッフたちと行動をともにするのは明らか。
どこと組むかはともかく、青木が大晦日に試合をすることは濃厚のようです。
青木VSカルバン、ジダ・・・見たい!
やっぱりFEGと組むのが一番夢がありますね。


2007-10-21

再び「PRIDEざまあみろ」

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20071021-00000000-spnavi-fight.html

先日、日本事務所が閉鎖されたPRIDEに話が及ぶと、前田氏の立場を気遣った高須氏が「オレが前田さんの代わりに言うよ。PRIDEざまあみろバカヤロ~!」とフォローするも、進行を務める落語家の桂歌造さんから「前田さんと高須さんお2人でハモっていただきたいですね」と振られたことから前田氏は「PRIDEざまあみろ」を高須氏と唱和。

 前回の発言直後には前田氏とともにHERO’Sを率いる谷川貞治イベントプロデューサーから「不適切な発言」であったとして謝罪文が発表されていたが、前田氏にとってはリングス時代の選手引き抜きなどをめぐる確執が解消されていないためか、諸刃の“前田節”がふたたびさく裂する格好となった。


多分シャレで言ってる部分もあるんでしょうけど、火に油ですやん。
まあ高須氏も人間的にアレですから、前田を煽ったんでしょうね。

谷川Pのあの謝罪文は何だったんだ。
結局あの後FEGと前田は何も話し合わなかったか、前田がFEGの意向を無視したか。
これで前田をSVから外すんですかね。
確かに今の前田は単なるタダ飯喰らいですが、まだ使い道はありますよ。
PRIDEファンの怒りを煽るだけ煽っといて、高田率いるPRIDE軍団とHERO’S戦士で対抗戦!
とかだったら盛り上がるでしょう。
実現は限りなく難しいかもしれませんが。


2007-10-21

修斗 代々木大会、高谷VSカルバーリョ決定

http://www.x-shooto.jp/schedule/detail/2007/071108/index.html

◎67kg契約3回戦
アントニオ・カルバーリョ(カナダ/世界ライト級1位/シャオフランコMA)
VS
高谷 裕之(日本/WK高谷軍団)


高谷が久々に修斗復帰、これはいいカードですね。
でも、カルバーリョはタイトルマッチはお預け。
なんで修斗はタイトル戦を出し惜しみするんでしょうか。
前回の日沖戦は実質の次期挑戦者決定戦だったはず。
王者の田村も出場予定だったのなら、素直にタイトルマッチを組めばいいのに。
ランク1位が一年も挑戦を待たされてはモチベーションを保つのも大変そうですね。
せめて年2回はタイトルマッチをして欲しいです、それだけの選手は揃ってるんですから。

と文句を言ってきましたが、楽しみなカードです、はい。
高谷はリオンや不死身夜との試合も見てみたいですね。
継続参戦は無いのかな。

2007-10-20

kamipro最新号の気になるところと妄想

カミプロ最新号、NHBnewsより一部抜粋
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/51217736.html

表紙は……“PRIDE”だ!

【内容】
■特集“PRIDE消滅”! されど、“夢の続き”はすでに動き始めている!!

☆“PRIDE残党”の大晦日興行はありうるのか? ワールドビクトリーロードとの関係は? ガッツリ踏み込んで徹底追跡!!

☆いまや旧PRIDEは“極真状態”か!? ビクトリー派、旧DSE派に分裂の噂!!

☆ドキュメント「消えたPRIDE」
PRIDE FC WORLD WIDE日本支社閉鎖&全社員解雇はどのようにして起こったのか?
ズッファからの声明文、欧文の“原本”を独占公開!

☆10周年で“消滅”! PRIDE問題への本音を吐露!!
高田延彦「今後については真っ白な白紙でしょう」

☆五味隆典がついに今後について激白!
「大晦日はドリームマッチを期待してもらっていい」

☆渦中の柔道王はワールドビクトリーロードに参戦するのか!?
吉田秀彦 核心直撃インタビュー
「よし! ドンキの社長にさいたまスーパーアリーナを買ってもらおう!」

☆“PRIDEを背負う男”は旧DSEスタッフと合流か!?
青木真也 こちらも核心直撃インタビュー 
「“PRIDEの続き”として、“PRIDEライト級王者”と闘いたい!!」

☆この男が“夢の続き”の鍵を握っている!?
佐伯繁 DEEP代表
「年末から来年にかけて暴風雨が吹き荒れるよ!」


■UFC独走に翳り!? 世界のMMAにも再編の大波が訪れた!!
☆エメリヤーエンコ・ヒョードル、UFCのオファーを蹴る!
皇帝を獲得したM-1に日本進出の噂、旧DSE派と合流か!?


カミプロハンドでも触れていたさいたまスーパーアリーナを巡る大晦日興行の話題が中心になりそうですね。

佐伯さんの「暴風雨が吹き荒れる」ってのはポジティブなものであって欲しい。
どこがどこと組み、どこと対立するのか。
気になりますねえ。

最近はハッスルにサップとか曙が出たりして、FEGと仲良さげにも見えます。
見返りに小池栄子と結婚したばかりで旬の坂田をダイナマイトに参戦させたりして(^^;
坂田VS桜庭とか船木、ミノワマンなら、谷川さんの好きなU系対決にもなりますしね。別に見たくありませんが。

なんて妄想を最近はしてますねえ。
さいたまにFEG、DSE、WVR、ハッスル勢が集合すれば面白くなるんだけどなあ。
選手の供給過多になりそうですが。


2007-10-19

PRIDE残党の嫁ぎ先はどこだ?

カミプロハンドのKamiブログに「WVRと旧DSE派は別行動」と書かれてましたが、この二組が合流することは無いんでしょうか。
大晦日のたまアリはDSEの加藤元専務のイベント会社が押さえているので、佐伯さんのDEEPとともに開催を目論んでるのは間違い無さそう。
でも同Kamiブログには資金、ブッキング、宣伝、券売、旧DSEスタッフは解雇されたばかりで事務所がない、などの問題から単独開催は難しいのではないかと指摘されています。
そうすると他団体との共催の線も考えられ、ダイナマイト、WVR、M-1、ストライク・フォースなどの海外のMMA団体などが提携相手の候補として挙げられていました。

DSEの方々が単独、共催、どのような選択をするかはわかりませんが、それぞれの選択肢を考えてみますと。


WVRとの共同開催
ドンキホーテはかつてのPRIDEのスポンサーということで、元鞘という形になりますね。
JーROCKが中心になってるという噂が本当なら、吉田道場勢が出てくるのは確実。
コミッションのメンバーから社会的信用を取り戻して地上波で放送できる可能性もありそう。
一番無難な選択と言えますが、ここで合流するなら、そもそも何故分裂したのかという疑問も湧いてきます。


・「Dynamite!!」との共同開催
すでにいる桜庭、ミノワマン、カーン、ハリトーノフ、カルバン、ジダ、マヌーフなどのHERO’S組に加え、青木、川尻、石田、マッハらのPRIDE組が参戦し、佐藤大輔の演出が加われば、PRIDEに劣らぬイベントになる可能性も充分。
格闘技ファンとしては理想的な組合わせ、五味VSカルバンやジダなど夢のカードも見れそうなんで、これが一番の選択のような気がします。
すでに地上波の枠もありますしね。


・海外MMA興行との提携
これは判断しづらいですね。
その会社の本気度によりますね。
ヒョードルなどの有名ファイターを派遣してくれたら良いのですが、それも向こうの胸三寸。
しかも大物を呼ぶとなるとお金もかかりますしね。


・IGFとの共同開催
IGFはジョシュ、ドン・フライ、コールマン、ランデルマン、小川など元PRIDEファイターの宝庫。
そこと同盟を結べば、ヘビー級GP開催も夢ではない?
モンターニャ、WAKASHOYOを加えれば幻のモンスターGPも出来ますよ!


まあ色々と提携先はありますが、ファンががっかりしない形での開催を望みます。

2007-10-16

秋山VSカーン決定! 前田発言問題はどうなった?

http://gbring.com/sokuho/news/2007_10/1016_heros_02.htm

10月16日(火)都内ホテルにて、10月28日(日)韓国・ソウルのジャンチュン体育館で開催されるFEG KOREA主催『OLYMPIA HERO’S KOREA 2007』の会見が行われ、一部対戦カードが発表された。会見には秋山成勲(フリー)とFEG・谷川貞治代表が出席。

 昨年の大晦日の桜庭和志(チーム桜畑)との一戦で全身にクリームを塗布する反則行為(ヌルヌル事件)で無期限出場停止処分となっていた秋山。その秋山の復帰戦の相手は、PRIDEで活躍したデニス・カーン(カナダ/アメリカン・トップチーム)に決定した。


これは見たい!
テレビ的にも、
秋山が完敗→まだまだ復活への道は遠い。大晦日に再出発。
秋山善戦→強豪相手に大健闘、大晦日こそ勝利で復活!
秋山勝利→最強王者クラスに奇跡の勝利! 余勢を駆って日本凱旋。

どのようにでも煽れますね。

もちろん僕はデニスのファンでもあるので、思いっ切りカーン寄りで観戦したいと思います。
是非とも地上波で放送してくれ。

で、昨日発足したWVRに関して谷川さんがコメントしてますね。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20071016-00000015-spnavi-fight.html

、「PRIDEがなくなってから総合格闘技のマーケットはファンが狭くなってきている。敵対する気はなく協力できるところはしたい」と語った。
 しかし、「まだ役員構成・メンバーしか聞いておらず、どんなことをするのか具体的には聞いていないので、HERO’Sとして乗れるかは委員会の目的やどういう形になるかが見えてから」とも話し、慎重な姿勢を見せた。ただ、「敵対することはありません」と繰り返し、PRIDE事業所閉鎖のショックで冷え込む日本総合シーンを盛り上げたいとする意向に変わりはないようだ


まあ様子見ということでしょうが、積極的に協力していくことは無さそうですね。

ところで、WVRなどの話題ですっかり忘れられていますが、前田SVの「ざまあみろ」発言の後始末はどうなったんでしょうか?
確か「前田日明氏と早急に話し合いを持ち、適切な対応をしていきます」と書面で表明していたはずなんですが。
このまま風化させていくのでしょうか。

2007-10-16

WVR、PRIDE残党は袂を分かったのか?

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20071015-00000019-spnavi-fight.html

日本の総合格闘技を発展させようと、新たな総合格闘技の大会を統括管理する任意団体「日本総合格闘技協会」と経営団体「株式会社ワールドビクトリーロード」が15日、新たに設立され、設立発表記者会見が都内ホテルで開かれた。日本総合格闘技協会の会長に就任した日本レスリング協会会長の福田富昭氏は「総合格闘技を日本で公明正大に行い、世界にも伸ばしていきたい」と抱負を述べた。

 このほど設立された日本総合格闘技協会には、国際レスリング連盟副会長で日本レスリング協会会長の福田氏が会長に、元プロレスラーの馳浩衆議院議員と、安田隆夫ドン. キホーテ社長が副会長に就任した。また、元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高氏らが理事に名を連ねている。福田会長は「レスリング協会はプロとアマの境がありません。アマチュアレスリングとの提携も大いにあり得ます。現役のメダリストも希望があればやってもいい」と、方向性を説明した。そして、将来はオリンピックやアジア大会などの国際スポーツ大会で総合格闘技を種目に加えることを目指し、JOCなど各方面に働きかけていく考えも示した。

 大会の経営母体である「株式会社ワールドビクトリーロード」の社長には、株式会社木下工務店の社長でもある木下直哉氏が就任し、格闘界と経済界の幹部らが組織を支える。木下社長は「日本発祥の総合格闘技をもっと世界に認知してもらい、真剣に練習している選手のために機会をつくりたい」と語る。そして、PRIDEが興行を開催できなくなったことを一つの理由に挙げ、約半年前から新会社設立に向けて具体的な検討を始めたことを明かした。

 公平性と透明性ある運営を行うために、ルールの決定および裁定などを行うコミッション委員会を置き、コミッショナーには、井上幸彦元警視総監が就いた。選手の階級制度は従来の総合格闘技とは少し異なり、ルールも倒れている選手の後頭部へのサッカーボールキックなど危険度の高い技を禁止するなど従来とは違ったものを策定する見通しだ。井上コミッショナーは「日本の総合格闘技の選手および多くのファンの期待と夢と希望に応えて、公明正大に運営され、今後ますます発展されることを期待いたします」とコメントを出した。


うん、これPRIDE関係なくね?
事前の期待が大きすぎたか。
興行開催予定日、参戦選手とも発表なし、各団体との協調も特になし。
この時期に開催発表できないなら大晦日興行は無いんでしょうか。

理事会のメンバーには多くの政治家、著名人が名を連ねていますが、総合格闘技の専門家もいない。
これでは期待できません(^^;
対世間、社会という点では覚えもめでたいかもしれないので、これに興行ノウハウを持った実務部隊が合流してくれるといいんですが。
今のところ、DSE残党との関わりは無さそうということで、PRIDEファンとしては拍子抜けでございます。
もしDSEのスタッフや佐伯さんが別でイベント立ち上げるくらいならHERO’Sに日本格闘技界を託した方がマシな気がします。
ファン不在の利権争い、分裂による選手の分散、そんなものは見たくない。


コミッション、プロモーター、理事会の三権分立つっても修斗がすでにやってるのでは。
競技化すること自体は悪いことではないですが、PRIDEのようなプロレス色の濃い興行も無くなってほしくないです。


まあ立ち上がったばかりなので、あまり文句ばかり言わずに様子を見たいと思います。

2007-10-14

五味が大晦日出撃宣言!

カミプロハンドの記事によりますと、高田道場主催の「ダイヤモンド・キッズ・カレッジ」に五味隆典が参加したそうです。
イベント後の囲み取材で五味が大晦日のイベントへの出陣宣言をしています。
五味の発言に関する部分を一部抜粋。

「大晦日は必ずどこかの舞台でやります。ドリームマッチを期待してもらっていい」と語った。
「具体的な話は一つもない」としながらも「闘いたい相手は?」という質問には「まあ、そのうち言いますよ。いい話があれば考えます」
と語るにとどめた。


具体的には決まってないと言ってますが、文面からは発表を待つだけのようにも感じ取れます。
ワールドビクトリーロードの会見前日、しかも高田道場主催のイベントで五味がこのような発言をする意図とは?
やはり五味はHERO’Sではなく、WVRに行くのかな。
でも、WVRの旗揚げは2月になるという話とは整合性がとれないですね。
大晦日はダイナマイトと共同開催・・・・だったら面白い。
それなら「ドリームマッチ」として、五味VSカルバンなども見られますから。
そういえばダイナマイトもまだ正式開催は決まってないですよね。
そんな都合よくはいかないか。

まあそんなことは明日の会見、もしくは近いうちにわかることでしょう。
明日の会見が楽しみになってきました(^^


2007-10-13

この興行は始まってもいない

またもNHBnewsさんよりワールドビクトリーロード情報を。
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/51202920.html

・ 情報筋は吉田及び五味が参戦する見込みであることを明らかにした。
・ 五味はミルコのマネージャーである今井氏の手により、K-1 HERO'Sに移籍すると推測されていた。
・ しかし情報筋は、World Victory Roadに強い影響力を持つ日本レスリング協会会長福田氏が、五味にとって師匠であり、かつ非常に信頼している人物であることを示唆した。
・ 伝えられるところによれば、新会社は2008年2月に第一段の興行を予定している。(そしてそれは、10月15日の記者会見で確認されるかもしれない)
・ 佐伯氏の「大晦日は埼玉で過ごす」という発言は、佐伯氏が大晦日に埼玉SAでの興行を計画していた、という事実を示している。
・ World Victory Roadの設立が、その計画にどのように影響してくるかは未知である。
・おそらく、佐伯氏の計画はJ-ROCKによって支持されるであろうと推測される。


会見もまだなのに噂が飛び交い、一部のPRIDEファンの期待が膨れ上がってるような感があります。
しかし、蓋を開けてみるまでは過剰な期待はしたくないです。
今までが今までだっただけに(^^;

五味の代理人はあの今井さんですか。
去年の無差別級GP決勝のの翌日記者会見で一度拝見したことがあります。
どんな極悪人かと思ったら、穏やかな口調で通訳し、ジョシュに(「北斗の拳」の原作者)武論尊を紹介しようとしてくれたり(こちら参照http://tsudureya.blog51.fc2.com/index.php?q=%C9%F0%CF%C0)、
意外にいい人で驚きました(誠に失礼な話です)。
でも、その後に彼がやったことはPRIDEファンにとっては極悪だったかもしれませんが(^^;

で、五味が新興行に参戦という話ですが、正直HERO'Sに行った方が面白いですよね。
五味VSカルバン、ジダ、宇野、これだけで一年間ストーリーが組み立てられますよ。
このWVCにどんな選手が参戦するか不明の段階では、五味参戦を手放しでは喜べません。
この興行がPRIDEの後継イベントで、青木やメレンデスが出てくるのなら面白くなるのでそうなって欲しいなあ。

旗揚げは2月ということですが、そうすると大晦日にイベントをやるというのはどうなるんでしょうか。
WVCとは別口でやるのか、ダイナマイトと共同でやるのか、あるいはWVCのプレ旗揚げとか。
一番理想的なのはHERO’Sとの協調路線で、最悪なのがWVCと噂の大晦日興行の分裂ですね。
プレ旗揚げは、「K-1MMA」とか「ムーブオン!キングス!」と被るので、イメージはよくないです(^^;
せいぜい「中」成功が関の山でしょう(笑)

まだWVCの全容が見えてないですし、多くのファンも期待はしたいけど、もう裏切られたくないから慎重に様子見をしてる段階ですかね。

2007-10-13

おい!おい!おい!・・・ってコラ

おい!おい!おい! 赤福が製造日偽装で販売中止になっちゃったみたい・・・・・凄く悲しみ。

って青木真也選手のカミプロハンドのブログをまるまるパクってしまいました、すいません。
しかし、マジで赤福までやっちまってましたか・・・最近もおかげ横丁で食べてきたばかりですよ(^^;
三重県人としては由々しき事態、「白い恋人」を笑えねえですよ。
確かに赤福って賞味期限が非常に短いですから管理は大変でしょう。
しかし、偽装は論外です!
製造者サイドには猛省を促したいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000175-jij-bus_all

農水省から日本農林規格(JAS)法に違反する商品表示を行ったと指摘された老舗和菓子店「赤福」(三重県伊勢市)の浜田典保社長は12日午後、同市内で会見した。同社長は「(消費者に誤認させるような表示をしていたことは)私どもの認識不足。これまでは問題ないと考えていた」と釈明した。


「認識不足」ってアンタは秋山か!
三十年以上やってたってのはなあ・・・裏を返せばそれで問題ないということなんでしょうが。

クリーンな団体など無いというのか!

2007-10-12

(株)ワールドビクトリーロード誕生

NHBnewsさんより転載
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/51201223.html

平成19年10月11日
(株)ワールドビクトリーロード

総合格闘技に関する記者会見のお知らせ

謹啓
時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。総合格闘技に関する記者会見を下記の通り行います。
皆様ご多忙の折大変恐縮ですが、万障お繰り合わせの上ご取材いただけますようお願い申し上げます。ご取材希望の方は、下記申し込み欄にご記入いただきFaxにてご返信ください。



◆日時:10月15日(月)
≪受付≫15:00 ≪開始≫16:00 ≪終了予定≫17:00
◆場所:東京プリンスホテル2F プロビデンスホール
(〒105-8560 港区芝公園3-3-1)
◆出席予定者:
株式会社木下工務店 代表取締役社長 木下直哉
株式会社ドン・キホーテ 代表取締役 安田隆夫
国際レスリング連盟(FILA)副会長、
財団法人日本レスリング協会会長 福田富昭


総合格闘技のイベントを興すべくワールドビクトリーロードという会社が立ち上がるのかな。
ドンキホーテの取締役やレスリング協会の福田さんなどPRIDEに馴染みのある面々も会見に出席ということで、これが噂のPRIDE系の新興行なんでしょうか。
まだ具体的なことがわからないので、何とも言えませんが新たな動きがようやく見えてきました。

これまであまりにネガティブなことばかりが起きてきたんで、そろそろ明るく前向きな話題が続いてほしいですね。


2007-10-11

DEEP地上波放送と大晦日の興行

先日のDEEPはまあ普通くらいの面白さで、アベアニのライコンドーとSACHIの可愛さくらいしか印象に残りませんでした。
石川VS桜井はいい試合でしたね。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20071010-00000019-spnavi-fight.html

10.9DEEP後楽園ホール大会から一夜明けた10日、都内・オフィシャルジムにてDEEPの佐伯繁代表らが出席のもと会見が行われ、12月22日「DEEP IMPACT in OSAKA」(大阪・梅田ステラホール)の開催とテレビ大阪での放映決定が発表された。
 会見には同大会への出場が決まった前田吉朗(パンクラス稲垣組)、MIKU(クラブバーバリアン)、池本誠知(フリー)、村田龍一(吉田道場)の4選手も出席。12.22大阪大会の試合に向け、意気込みを語った。


これは久々に明るい話題ですね。
しかし、ハッスル、マッスル、DEEPとローカルネットでの地上波放送が続きますねえ。
どれも見れねえですよ!

しかし、出るメンバーが地味ですよ、これじゃあ数字は期待できないですね。
単発の放送なる可能性が高そう。

それと大晦日について、佐伯代表が気になる発言をしています。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20071011-00000012-spnavi_ot-fight.html

また、会見の冒頭では佐伯代表が「31日(大みそか)は埼玉にいるんじゃないかな。(埼玉で)年を越そうかなと思います」と発言。旧PRIDE系関係者が当日のさいたまSAを押さえており、年越し興行開催をほのめかした。


これは期待していいということか?
でも、今年はダイナマイトも面白そうなんですよねえ・・・ちょいと困った。

2007-10-11

IGF次回の地上波放送は?

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20071010-00000025-spnavi-fight.html

アントニオ猪木率いるIGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)の旗揚げ第3戦「GENOME2」が、12月20日に東京・有明コロシアムで開催されることが発表された。当然、今回も出場選手、カードの発表はない。

 今大会は「猪木 Fighting Xmas」と題し、クリスマス興行として開催。入場者には「猪木スペシャルXmasカード」をプレゼントする。また、会場内に「猪木ミニ・ミュージアム」を開設。現役時代のガウン・シューズなど貴重な品々が展示される(入場料500円。パンフレット購入者は無料)。


しかし、出場選手、カードの発表がないのが「当然」と報道されるとはスゴイですね。
あと「猪木ミニミュージアム」くらいはタダでみせてやれよ。

まあ僕自身IGFにはほぼ興味はないのですが、気になるのは前回放送した東海テレビが今回も放送してくれるかどうかですが・・・まあ無いわな(笑)

ジョシュは継続参線に意欲的なようなので出場しそうですね(^^;
うーん、早くMMAでジョシュが見たい。

2007-10-11

PRIDE解散のプレスリリース

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20071010-00000020-spnavi-fight.html

■PRIDE FC ワールドワイドの東京事務所および社員について

 PRIDE FC ワールドワイド(以下、弊社)は、表題の件に関し、いくつかのメディアによる誤報が見受けられる為、以下の声明を発表いたします。

 弊社は、先週、弊社東京事務所の不動産物件の賃貸借契約を更新しない旨の経営的決断をやむを得ず下すことに至りました。かかる決定は軽々しく下されたものではありませんが、株式会社ドリームステージ・エンターテインメントの元役員の協力不足が原因で、弊社が現在、日本においてPRIDEのイベントを開催することが不可能となったため、必要に迫られたものです。

 日本の法令の下、弊社は顧問弁護士より、しかるべき事務所スペースなくしてPRIDE社員を弊社が雇い続けることは困難であると助言を受けました。結果として、PRIDE社員は職を解かれましたが、一部の報道で報じられている内容とは反し、弊社は社員大半に対し十分な退職金を支払いました。

 弊社は今後も日本、アメリカそして世界中においてPRIDEという名を広めていく機会を追求してまいります。そして今後も、これまでの歴史に残るPRIDE大会や未放送のコンテンツを、地上波テレビ放送、DVDそしてオンラインによって配信し、またPRIDE商品も引き続き提供してまいります。

 日本そして海外の総合格闘技の有力選手に関しては、総合格闘技グローバルブランドとしては世界一でもあるUFC(Ultimate Fighting Championship)とすぐにでも交渉の機会を持つことができます。

 PRIDE FC ワールドワイド社長、ジェイミー・ポラックは次のように述べています。「我々は日本でライブイベントを興行するという大きな希望を抱き、PRIDE資産を購入しました。しかし残念ながら、ドリーム・ステージ・エンターテインメントの元役員の協力不足によって現在、興行が不可能になっています。我々はPRIDEというブランドを深く尊敬しています。そしてPRIDEを愛する日本のファンの皆様にも同様に深い尊敬の念を抱いています。我々はファンの皆様がPRIDEブランドを維持しようという弊社の取り組みを十分に理解して下さり、UFC下にあっても、これまでと同じように総合格闘技という素晴らしい競技、そして選手らと共に歩み続けて下さることを願っています。」

※PRIDE FC ワールドワイド・ホールディングスLLCについて
PRIDE FC ワールドワイド・ホールディングスLLCはPrideのブランド名とその他関連する資産を2007年5月26日に株式会社ドリームステージエンターテインメントより買収しました。

(原文ママ)


ふむふむ、日本でPRIDEはできない(やらない?)。
でも、PRIDEの映像その他の権利は我々のものだ。
日本のファンはPRIDEの代わりにUFCを応援してください。
ということでよろしいんでしょうか。

まず最初に読んだ感想は「ふざけんな!」でした。
事務所スペース無ければ雇用できないって、賃貸契約くらい簡単に更新できるしょうが! どこでも安いとこ借りればいいでしょうが! 子どもがまだ食べて(ry

「これまでの歴史に残るPRIDE大会や未放送のコンテンツを、地上波テレビ放送、DVDそしてオンラインによって配信し、またPRIDE商品も引き続き提供してまいります。」
ってじゃあ、さっさと「PRIDE34」のDVD出せよ!
PRIDEブランドを愛してる、尊敬してる?
ふざけんなって!!


と、ひとしきり取り乱したところで冷静に考えてみますと、
地上波再開の芽のないPRIDEを採算が取れないから打ち切っただけでしょうね。
それなら事務所の賃貸契約も社員の給料も無駄な投資になりますからね。
UFCはイギリス進出に莫大な資金を費やしてるらしいですし、これ以上は日本で無駄金を使いたくないということでしょう。

思えばロレンゾサイドも大枚はたいてPRIDEを買ったものの、実に得るものの少ない高い買い物になってしましましたね。

それにしても気になるのは「協力不足の元役員」です。
噂の加藤氏なのか、あるいはグリフォンさんが言うところの「PRIDEは実質ウチが仕切ってるんや!」な方々なのか。
後者ならアメリカサイドも被害者と言えますが(^^;

  
いずれにせよ、これでPRIDEの名で行われる興行を見ることは不可能になったわけですね。
しばらくはPRIDEの思い出に浸るとしますか。

2007-10-09

PRIDE解散の公式発表なし

今日もPRIDE事務所閉鎖に関する公式見解は無しですか。

ロレンゾ側もかなりの出費で痛手を被ったのかもしれませんが、プレス・リリースくらいさっさとして欲しいですよ。

やはり日本は舐められてるんでしょうか。
2007-10-06

PRIDE解散の公式見解の発表は延期

カミプロハンドによると、UFCから米時間4日か5日に発表される予定だった「PRIDE FC WORLD WIDE日本支社の閉鎖及び全社員解雇」に対する公式見解は、8日に延期されることになったそうです。
日本時間では9日火曜日の午前中までには発表ですから、そこまで待ちますか。


2007-10-06

前田発言の余波

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20071005-00000024-spnavi-fight.html

PRIDEを運営してきたPRIDE FCワールドワイド日本事務所の突然の閉鎖、日本人社員全員の解雇通告により、PRIDEが事実上の消滅に追い込まれたことに関し、5日、「HERO’S KOREA 2007」開催発表記者会見に出席した前田日明HERO’Sスーパーバイザーは「ざまあみろ!」とコメントした。

「PRIDE? ざまあみろ!だね。PRIDEは契約中の選手を引き抜いたりして、すべて金で選手を引っ張っていったのはお前らの方。これを因果応報というんですよ。老子の言葉に『天網恢恢疎にして漏らさず』という言葉がありますが(悪事を働けば、必ず天罰を受けるという意味)、まさにその通りですよ」
「テレビ局がPRIDEから手を引いた時、K-1やHERO’Sとか他の格闘技についても同じような目で見られ、スポンサーやマスコミのみなさんにも『格闘技は危ないんじゃないか』と手を引かれてしまった。PRIDEは本当にはた迷惑でしたよ」


前田SVにしてみれば溜飲の下がる思いなんでしょうが、わざわざ言わなくてもいいのに大人気ないですね。
前田の気持ちはわかる気はします。
「PRIDEが強引に引き抜いたのはアイブルくらいで、あとは契約満了後に移籍しただけ」なんて言ったところで、引き抜かれる側はたまったものではないですからね。

しかし、今までPRIDEで戦ってきた桜庭や美濃輪など、現在HERO’Sにいる選手も多くいるのに、この発言は不適切というか不用意というか・・・
カミプロハンドでは「○○○は○○○の世界に帰れ」という発言まで載せてました。
まあ伏字は本職の方々のことでしょうね。
動画でも見ましたが、それほど悪意を持って言っているようには見えませんでした。
ある意味で表裏がないとも言えますが、自分の株を下げるだけの発言ですよね(^^;
これらの発言に特に憤りを感じはしませんでしたが、フォローする人たちは大変ですね。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20071005-00000035-spnavi-fight.html

報道各位

本日、HERO’S KOREA記者会見後の囲み取材におきまして、前田日明氏がPRIDEに対しまして不適切な発言があった事を、PRIDE出場選手、社員スタッフ、ファンの皆様ならび業界関係者の方々に深くお詫び申し上げます。
純粋に強さを求めて頑張っている選手、純粋に格闘技を盛り上げようと必死に頑張ってきたPRIDEの社員スタッフの皆様、またそれを信じて応援してきたファンの皆様に対して本当に申し訳ありませんでした。
この件に関しましては前田日明氏と早急に話し合いを持ち、適切な対応をしていきます。
HERO’S実行委員会としては、純粋な気持ちで、世界が注目してきた日本の格闘技の誇りを守る、また発展させて行くうえでも敵味方無く、選手、業界関係者、マスコミ、格闘技ファンの皆様とで一致団結して盛り上げていく体制作りを目指していきたいと考えています。
これには何より、皆様のご理解とご協力が不可欠です。HERO’S実行委員会はこの実現ため精一杯努力していく所存です。HERO’S並びに日本格闘技界を宜しくお願い致します。

HERO’S実行委員会 谷川貞治


さっそく火消しにかかりました。
谷川さんが「PRIDEっぽい」を連呼して、PRIDEファンの獲得を図っているときですからね。
まあ今回の件で「もうHERO’Sは見ない!」なんて人はいないでしょうけど、誠意を見せることは悪くないですね。


しかし、HERO’Sに前田SVは必要なんでしょうか?
実権を持たないお飾りで、高田と違って地上波では黙殺状態、山本KIDクラスの選手はいつまでたっても出ない。
HERO’S旗揚げ当初は元リングスファンやアンチPRIDEファンを糾合するためのシンボルとして有用だったとは思うんですが、今となっては、その必要もない。
今回のことが前田を解雇するいい口実になるような気もします。

なんて大袈裟に考えすぎかな(^^;


2007-10-05

PRIDE FC解散と新興行

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20071004-00000024-spnavi-fight.html

ドリームステージエンターテインメント(DSE)よりPRIDE事業を引き継いだ都内のPRIDE FCワールドワイド日本事務所が突如解散、都内の事務所は閉鎖されスタッフは同日付けで全員解雇となった。

 同社の元スタッフによると4日、ドリームステージエンターテインメントから転籍のかたちで新体制へ移行していたスタッフが召集され、国際電話で米国から会議に参加したジェイミー・ポラック社長よりスタッフに解雇が通知されたとのこと。


あらら、やはりPRIDEは死にましたか・・・真綿で首を締めるような殺しかたでしたね。
想定内とはいえ長くモヤモヤした末に、この結末。
DSEのスタッフの人たちはこれからどうするんでしょうねえ。
電話一本ではい解雇って、酷いですね(^^;


PRIDE FCワールドワイドの日本スタッフが4日付けで全員が解雇、事実上の解散となった事態について同社の元広報・笹原圭一氏は「ファン、関係者の方に何の説明もできないままこのような事態になってしまって申し訳ない。私たちを支えてくださった方々を突然裏切るような米国首脳陣のやり方に憤りを感じています」と語った。

「私たちは『いつかPRIDEを再開しよう』というロレンゾ(・フェティータ=新オーナー)の言葉を信じてこれまでやってきたし、お問い合わせをくださるファンの皆様にもそのように答えてきた。それが急にこのような事態になってしまって非常に悔しい」(笹原氏)


笹原さんのコメントにも白々しいものを感じてしまいますよ。
「急にこのような事態」って、半年以上もファンを待たせといて何を仰いますやら。

まあしかし、これだけ時間が経過してれば覚悟はできていたので左程ショックではないですね。
PRIDEに対する思いは色々ありますが、気持ちの整理がついたらまた書きたいと思います。

あとは噂のPRIDEの残党興行がどうなるのか。
加藤元専務が中心となって大晦日にさいたまで復活するんでしょうか。
「PRIDE残党」というと響きがよろしくないので
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/searchdiary?word=%ba%b4%c7%ec%c4%f3%c6%c4

榊原
 「ですが加藤提督。私は、あなたに楽をしていただこうとは思っていないのです。実は、もっと不埒なことを考えていまして、後日のためにPRIDEの一部を、それも最も濃いエッセンスを保存していただこうと思っているのですよ。つまり、大昔のロビン・フッドの伝説で言えば、動くシャーウッドの森を率いていただきたいのです・・・」


今頃思い出したように引用ですわ。

さあPRIDE「シャーウッドの森」興行は本当に行われるのか。

十周年の10月11日に何か発表があるのか!?
DSEのことだから何のアクションも起こさないかもなあ(^^;

2007-10-04

K-1MAX決勝戦

MAX見ました。
皆さん思ってることでしょうけど、凄かったですねえ。
魔裟斗は試合内容はもちろんなんですが、これだけキャリア積んでるのに、あれだけのモチベーションを保つのはスゲエなと。
今日ほど魔裟斗に感情移入して観戦したのは初めてではないでしょうか。

キシェンコはベビーフェイスというか、いいルックスしてますね。

佐藤は普段の闘い方の方が勝機はあったような・・・勿体なかった。
でも、試合内容は面白かったし、最後の気合は凄かった。
でも、いいかげん「愛を知る県から来ました」とか寒いこと言うのはやめてほしいです(^^;

最後の魔裟斗は無念だったでしょうね。
ブアカーオに勝った時点で優勝と同等の価値はありますが、やはり優勝してほしかった。
こういうことがあるとヘビー級のようにワンマッチのベルトを作って欲しいと思いますね。

今大会はキックをほとんど見ない僕も興奮するほど面白かったです!
あえて良くなかったところを挙げるなら、魔裟斗の試合が放送の初っ端だったので「ああ、魔裟斗が勝ったな」と結果が予想できてしまったことぐらいです。
僕自身、視聴率のために魔裟斗は10時またぎだろうと思ってたんですが、こんな穿った見方してたら楽しめませんね(笑)
まあ重箱の隅ですよ、はい。
試合内容には大満足です。
総合でもまた今日くらいのエキサイトしてみたい。

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。