--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-31

悪いのはキムタクか?DREAMツイてない!

カミプロ最新号の谷川さんインタビューより

――で、今回の『DREAM.5』の平均視聴率が10.0%という結果に終わりました。
谷川 裏番組が強力だったことを考慮しても喜べない数字ですよね。たぶん・・・同じような数字を獲ったら、9月以降の放送はなくなっちゃうなぁ。
――・・・・・・・・・・・鳥肌が立ちました!
谷川 いやホント、そのくらいの覚悟を持って臨まないとマズイ状況ですよ。いま格闘技に対する世間の評価やテレビ局のスタンスから考えても、もう結果を残すしか道はないんだよね。


んあー、これはマズイですね!
やっぱKIDがいないと視聴率はキツイですよねー。
しかも真裏に月9の初回一時間半スペシャルではなあ(^^;
谷川さんは織田裕二を見てる層とは被ってないと言ってたけど、若い女優さんもたくさん出てるから中高生の男の子とかは結構見てるんじゃないかなあ。
その「太陽と海の教室」初回の視聴率が20・5%、倍ですよ倍。
ダブルスコアのどこが大健闘ですか(赤木剛憲の形相で)

で、その織田裕二ドラマなんですが、これまでの傾向通りに第2回の視聴率は落ちてます。
14・4%で初回よりも6ポイント以上の下落。
その数字がまるまるDREAMに来るわけはないんですが、それでも今回の10%よりかはいい数字が獲れた思います。
そもそも7月21日前後の時期は月9ドラマは初回ではなく2回目、3回目の放送をしてるはずなんですよね。
それがキムタクドラマの放送開始の遅れによって、次クールのドラマの放送開始も遅れたわけです。
そのしわ寄せがDREAMの視聴率にきちゃいましたよ(^^;

9月のDREAM.6は視聴率を何としても獲ってほしいところですが、ミドル級の面子ではいい数字は無理でしょう。
そこで谷川さんがどんな飛び道具、マジックを仕掛けてくるのか。
テレビ放送を打ち切られてDREAM自体がなくなったら元も子もないですからね。
DREAMファンもある程度は清濁併せ呑むことをしないといけないのかな。

次は打倒「なんでも鑑定団」だ(笑)
スポンサーサイト
2008-07-31

東京パフォーマンスドール

ボクシング 内藤大逆転KO!大みそか興毅戦も

「WBC世界フライ級タイトルマッチ」(30日、代々木第一体育館)
 内藤VS興毅の大みそか決戦だ!王者・内藤大助(33)=宮田=が、挑戦者・清水智信(27)=金子=を10回57秒KOで下し3度目防衛に成功。序盤の劣勢をはね返し、10回に左フックをきっかけに2度のダウンを奪って逆転勝利した。試合直後、世界同級3位の亀田興毅(21)がリングに上がり、“亀田家の清算マッチ”として内藤への挑戦を表明。王者も前向きな姿勢を示し、今後両陣営の交渉がまとまれば、この日、興毅が熱望した今年大みそかの因縁マッチが実現する。
  ◇  ◇
 突然の出来事だった。劇的な逆転KO勝利を収めた内藤がリング上で勝者インタビューを受けている最中、観戦していたはずの興毅がいきなりリングイン。内藤の右腕を上げ勝利を称えた興毅は王者の耳元で「次は俺とやろう」とささやいた。内藤は「“やって下さい”だろ」と年上に対する言葉遣いを指導すると、興毅が「やって下さい」と言い直し、両雄はがっちり握手を交わした。
 因縁深い2人の“電撃合体”に会場は騒然となった。「本当にびっくりした」と最初は当惑の表情だった内藤は、落ち着きを取り戻すと「(興毅が)おいしいとこを持って行って。でもああいうパフォーマンスは大賛成。無名の外国人とやるよりはいい。しばらく考えたい」と興毅の行動を認めたうえで、対戦へ前向きな姿勢を見せた。

(中略)

両陣営の正式交渉は開始されていないが、当人同士が大筋で“合意”。興毅は「大みそかにやれば盛り上がる」とぶちあげ、内藤は「俺が兄弟2人を斬る」と“亀田狩り”に意気込んだ。昨年10月に日本中の関心を集めた内藤-大毅戦。大みそか決戦が実現すれば「敵討ち」VS「返り討ち」となる。国民的ヒーロー内藤と、リベンジに燃える亀田家の因縁の第二幕が上がろうとしている。


正直、僕はこの試合を見ていません。
見ていませんが、この亀田のパフォーマンスは大いにアリです。
むしろ、あそこでアピールしない方がダメ!
知名度が抜群で因縁もある二人が大晦日にやる、最高じゃないですか。
こういうのは熱のあるうちに組んどかないといかんでしょ。
当然「Dynamite!!」の枠は削られるでしょうが、その分内容が濃縮された放送になるのではないでしょうか。
しかも、視聴率的も「内藤×亀田」のおこぼれに預かれるかもしれませんよ(笑)


とはいえ、いろいろ障害はあるようで
“やらせじゃないか!”TBSに抗議続々

内藤の防衛後、亀田興がリングに上がったことをめぐり、中継したTBSには視聴者から電話などで抗議や問い合わせが寄せられた。TBSによると「どうして亀田(選手)がリングに上がるのか」「TBSが上げたのか」などの内容。同局広報部は「ハプニングで、最初から設定していたわけではない」と“やらせ疑惑”を否定した。

世の中の人はまだ亀田を許してないんですねえ。
秋山に比べたら亀田に怖さも腹黒さも感じないけどなあ。
それとも、こういうプロレス的パフォーマンス自体が世間では拒絶されるのか。
うーん、もったいない。
こういうナチュラルアングルは活かさないと勿体ないですよ!
PRIDEを見慣れた人ならそういう人も多いですよね?(^^;



防衛に水差した興毅 坂田陣営「不愉快」

金平会長が激怒した。WBAフライ級の王座防衛に成功した坂田の次戦の対戦相手としてWBA1位の亀田興にオファーを出す予定だったが、予想もしなかった内藤への対戦要求。「勝手にパフォーマンスをすることは不愉快。今までは同門だから黙ってたけど、亀田は1位でしょ。坂田とやるべきですよ。坂田から逃げてるとしか思えない」。坂田との指名試合ではなく、内藤への挑戦を希望した亀田興に怒りをぶちまけた。


まあ激ヤセするほど苦労させられたわけだから、文句の一つも言いたくなるのは判ります。
でも、亀田のパフォーマンスを「同門だから黙ってた」ってのはどうなんでしょう。
同門だからこそ諌めるべきなのでは?
まあプロレス的パフォーマンスだと理解したうえで黙認してたんでしょうから、今回もそれと同様にお願いしたいところ。
ひょっとして、この金平会長の発言もパフォーマンス?

とはいえ、順序でいえば坂田と亀田がやるのが筋なわけで、
そこで亀田が負けちゃったりすると微妙なわけで、
しかも、その可能性は高そうなわけで・・・
でも、チャンピオンが1位の選手を避けて他の選手と防衛戦をすることもあるわけだから、逆に1位がチャンピオンを袖にしてもいいんじゃないですか。
ダメなんですかね(^^;
2008-07-31

ライト級、歩のない将棋は負け将棋

ゴング格闘技最新号を読みました。
70kgライト級を「新・神の階級」として、その勢力分布を将棋の駒に例えていたのが面白かったです。将棋のルールはよくわかりませんが(「ハチワンダイバー」は大好きです)。
最初に「神の階級」と見たときは大袈裟かなと思いましたが、紹介されているライト級のラインナップを見たら、その選手層のまあ分厚いこと!

選手をUFC系、非UFC系、日本人に分類していて、将棋の駒に例えているのは敵陣に入った時に「成る」ことが出来るからだそうです(「歩」→「と金」、「飛」→「竜王」など)。
今は「歩」に例えられていても結果を残せば「金」に成ることもある、ということでしょう。

それぞれの選手に当てられた駒は、

ズッファ系(UFC&WEC)
玉将:BJ・ペン
飛車:ショーン・シャーク
角:ジョー・スティーブンソン
金:ロジャー・フェルタ、ケニー・フロリアン
銀:タイソン・グリフィン、ネイト・ディアズ
桂馬:クレイ・グイダ、グレイ・メイナード
香車:マック・ダンジグ、マニー・ガンバーリャン


さすがにUFCはレベルが高く、歩にフランク・エドガーやアウレリオなどが布陣する層の厚さ。
でも、UFCが放送を打ち切られてる間に台頭してきた選手の試合はほとんど見れてません(^^;


非ズッファ系
王将:JZ・カルバン
飛車:エディ・アルバレス
角:ジョシュ・トムソン
金:ヨアキム・ハンセン、KJ・ヌーン
銀:シャオリン、ギルバート・メレンデス
桂馬:ブラックマンバ、ルイス・ブスカペ
香車:ライアン・シュルツ、ホドリゴ・ダム

こちらは日本でおなじみの選手が多いですね。
青木に敗れたもののカルバンが王将に据えられています。
膝の負傷を治して、アルバレスや川尻との試合が見たい!

五味と対戦するハン・スーファンは歩の1人として入ってます。
五味に勝って「成金」となるのか。


日本
王将:五味隆典
飛車:青木真也
角:宇野薫
金:川尻達也、中蔵隆志
銀:石田光洋、廣田瑞人
桂馬:北岡悟、横田一則
香車:光岡映二、朴光哲

ここ一年ラドウィックとしか試合してないものの、五味が貫禄の王将。
そろそろ五味にはトップどころと戦ってほしいものです。
飛車はDREAMで優勝していれば王将配置もありえた青木真也。
まだまだ若い25歳、がんばって飛車から竜王に成ってください。
こうして見てみると、日本人は外人勢に比べて銀より下が弱いような気がします。
70キロなら日本人でも天下を取れる階級だとずっと思ってきましたが、それさえも難しくなってきたか。


んで、DREAMと戦極のライト級を比べてみますと

DREAMライト級GPメンバー
王将:JZカルバン
飛車:青木真也、エディ・アルバレス
角:宇野薫
金:川尻達也、ヨアキム・ハンセン
銀:石田光洋
桂馬:ルイス・ブスカペ、ブラックマンバ
香車:朴光哲
歩:アンドレ・ジダ、永田克彦、宮田和幸
圏外:チョン・ブギョン、アルトゥール・ウマハノフ

こちらの方はさすがに充実しておりますが、


戦極ライト級トーナメント
銀:廣田瑞人
桂馬:横田一則、北岡悟
香車:光岡映二、ライアン・シュルツ、ホドリゴ・ダム
圏外:クレイ・フレンチ、ボーヤン・コセドナー

こちらは王将はもちろん金なしの飛車角落ちでございます。
せめてメレンデスがいれば印象も違ってくるんだけどなあ。
DREAMも嫌がらせでブスカペあたりを送ってあげたらいいのに(笑)
現時点でDREAMが上なのは仕方がないので、このトーナメントでいい勝ち方をして五味との対戦が楽しみになるような選手が出てくるといいですねえ、アルバレスみたいなのが。

今回のトーナメントはPRIDEウェルター級GP2006ばりに渋い面子が揃いましたが、あの時もなんだかんだで盛り上がったので、今回も意外とイケるかもしれませんね。
この中から感情移入できる選手が生まれるといいなあ。
2008-07-28

K-1 VS 新日本(小ネタ)

テレビ東京の「キンコンヒルズ」でベルナール・アッカと中西学が相撲を取ってました。
アッカ93キロ、中西120キロ。
中西負けたらプゲラ出来るなあと思ってましたが、さすがに中西が勝利。
さすがはプロレスラー、腐っても五輪選手ということでしょうか。
ちなみに以前に同番組でアッカとボビーも相撲を取ってて、その時はアッカが勝ったそうです。

次は草野さんですね(^^

2008-07-26

DREAM・戦極・IGF PPV料金を考えてみよう

DREAM.5のPPVを見ました。
やっぱり佐藤大輔はいいっすねー、なオープニング。
会場でも見たけど、やっぱり気持ちが盛り上がる、地上波とは全然違います。
全選手入場でTBSアナウンサーが喋るのはどうにかなんないんですかね。
矢野さんの時はもちろん、フジテレビで放送してた時もオープニングでは黙ってたんですが、TBSアナの声は邪魔以外の何者でもないです。
地上波向けのアナウンスは別撮りでお願いしますm(._.)m

試合内容も素晴らしかったし、PPV料金3150円に悔いなし。
ハンセンの優勝も会場で見てたときは微妙でしたが、こうやって振り返るとハンセンならアリかなと思えるようになりました。

これは会場で見てて気付いたんですが、大会終了直後に谷川さんが(悪い意味で)渋い表情で
実況席に行き、テレビ局関係者らしき人と地上波の編成をどうするのか話していました(想像)
「んあー、ハンセン優勝しちゃってテレビ的にどうしよう」と苦悩してるのかなと勝手に思いました(^^;

と個人的には大満足のPPV放送でしたが、それは僕が会場観戦したからであって生PPVを見れなかった人にとっては23時から放送というのはキツかったのではないでしょうか。
放送が終わったのは夜中の3時半くらいで、リアルタイムでないのに3150円・・・
PPV生放送したって視聴率なんて0.1%も変わらんわい!
ただ今回の視聴率が10.0%だったことを考えると微妙なんですよねえ(^^;

で、次回のDREAM.6もPPVは23時からの放送なんですけど、それに3150円を払うのも釈然としません。
せめて2100円だったらいいんですが。

8月はプロレス・格闘技のPPVラッシュで、戦極、ハッスル、IGF、新日、全日などがあります。
それぞれの放送日と料金は

8/15 IGF両国大会 2625円
8/17 新日本プロレス G1 CLIMAX優勝決定戦 2625円
8/23 ハッスル大阪大会 2100円
8/24 戦極 第四陣 2625円
8/31 全日本プロレス 両国大会 2100円


戦極やDREAMは北米MMAブームによるギャラの高騰からPPV料金が上がってるということは納得はしてませんが、理解しています。

しかし、IGFが2625円なのは何故(笑)
やっぱり強豪ガイジンを多く呼んでるからなのかな(^^;
新日のG1も2625円になってるし、こういう便乗値上げには喝だよ、喝っ!
プロレスは関係ないでしょ!
それとも原油高のせいですか?

2008-07-25

五味とファンの希望との距離

五味隆典の対戦相手はDEEP王者ハン・スーファンに決定=8.24戦極

8月24日に開催される「戦極~第四陣~」(さいたまスーパーアリーナ)のメーンイベントを戦う五味隆典の対戦相手が、現DEEPライト級王者のハン・スーファン(韓国)に決定した。24日、東京都内のホテルで会見が開かれ、五味、スーファンがともに出席。それぞれ試合に向けての意気込みを語った。

 また、その五味とのライト級王座戦挑戦権がかかった「ライト級グランプリシリーズ2008」が今大会からスタート。1回戦4カードが発表され、トーナメントに出場する北岡悟、光岡映二、横田一則、この日新たに出場が発表された廣田瑞人が会見に出席。それぞれ海外団体チャンピオン級の外国人選手との試合となる1回戦へ向け抱負を語った。


■戦極~第四陣~
8月24日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ 開場14:30 開始16:00

【決定対戦カード】

<ライト級>
五味隆典(久我山ラスカルジム)
ハン・スーファン(CMA KOREA)

噂通り五味の相手はスーファンでしたか。
お互いストライカーなんで五味がスタンドで勝負すれば面白くなりそう。
たまアリのメインとしては弱いカードですが、なかなかの好カードではあります。
スーファンのパンチ力は半端ないから、スリリングな展開になりそうですね。

しかし、五味のDREAMライト級GPに対する物言いを聞くと、もう青木やアルバレス、カルバンといった強豪とやる気はないんだなあと感じてしまいます。
契約の問題があって難しいんでしょうが、五味が戦うべき相手はDREAMに多くいるのになあ。
VSアルバレス、青木、カルバン、ハンセン、ジダ、宇野・・・枚挙にいとまがありません。
んで、実際の相手はスーファン・・・五味とファンとの心の距離は近くはなさそうです。

戦極の選手は知名度の割に強いので、それはそれで美味しくないから大変ですが。


<ライト級グランプリシリーズ2008>
北岡 悟(パンクラスism)
クレイ・フレンチ(H.I.T.Squad)

<ライト級グランプリシリーズ2008>
光岡映二(和術慧舟會RJW)
ホドリゴ・ダム(アライアンスBJJ)

<ライト級グランプリシリーズ>
横田一則(GRABAKA)
ボーヤン・コセドナー(WFC)

<ライト級グランプリシリーズ>
廣田瑞人(GUTSMAN修斗道場)
ライアン・シュルツ(チーム・クエスト)


同時開催のライト級GPシリーズとやら。
ほぼ全員が団体王者なわけですが、地味な印象は否めませんね。
なんとか試合内容で魅せてほしいものです。
それにしてもグラップラーが多いなあ。
と文句を言いつつもPPVは買うんですが(^^;
2008-07-24

『バース・デイ』で青木真也特集

ライト級GPが終わり、DREAMも一息ついたのでそろそろ戦極の五味の対戦相手とかライト級GPのカードとかを発表してほしいですね。

と言いつつ、またDREAMの話題。
7月24日オンエアのTBS『バース・デイ』は青木真也特集!!

7月24日24時59分よりオンエアのTBS『バース・デイ』では、青木真也を大特集だ! 『DREAM.5』で行われたライト級グランプリ決勝ラウンドの舞台裏にも密着! DREAMファン必見の番組だ!!

番組で取り上げられる主人公が新しい自分に生まれ変わる瞬間を紹介していく、TBSの人気ドキュメント番組『バース・デイ』。その7月24日放送回で、ライト級グランプリ決勝ラウンドに臨んだ青木真也が特集される。個性的なファイトスタイルと異色の経歴を持つ総合格闘技界の新星、青木真也に訪れた千載一遇のチャンス、DREAMライト級グランプリ2008。その激闘の舞台裏に密着した番組だ。

TBS『バース・デイ』
◎放送日/7月24日(木)24:59~


おお、これはこっちでも放送するみたいなんで録画しないと。
宇野ではなく、青木というのが渋いような、そうでもないような。
できれば川尻の舞台裏も見てみたい。
間違っても秋山の情熱大陸などはやらないように!(^^;
2008-07-23

有言実行マイケル・ジャクソン

DREAM.5 最高視聴率男は秋山、瞬間13・7%

笹原EP
「大阪にもDREAMの熱を届けられたと思います。ハンセン選手はまさにドリームをつかんだのでは。防衛を重ねていって、絶対王者と呼ばれるような存在になってほしいし、ライト級はライバルがひしめいているので、しのぎを削っていい試合をしていってほしい。本当におめでとうございます。
 平均視聴率は10.0%で、もうちょっと欲しかったし、格闘技ブームのころと比べると物足りなさを感じました。瞬間最高視聴率は有言実行で秋山選手(13.7%)。まだまだ戦いも夢も続いていきます」

10%ですかー、まさに首の皮一枚といったところですね。
KIDが出てればもう少しあったんでしょうが。
秋山はあれだけ大口叩いたんだから、もっと半端ない視聴率、パねえ数字をとってくれないと!
単に10時またぎで数字を取りやすかっただけで、所でも遜色ない数字が取れてたような気もします。

最近の秋山は入場の時の不敵な笑いといい、微妙な道着のはだけ具合といい、開き直ったヒールキャラになっててイー感じにヤな感じだ(笑)
まあ「やれんのか!」の時も半笑いでしたけどね。
自分をマイケル・ジャクソンと喩えれる神経も素敵ですが、なんとかランドを作ったり顔を整形したりすることはないようです。
韓国のバラエティで「小さい目がコンプレックスで整形しようか考えた」と言ってた気がするので、後者の方はあるかもしれませんね(笑)


DREAM次回はもっと視聴率とれるといいですねー。

2008-07-22

DREAM会場観戦記

昨日の大阪は最高気温35度、めちゃくちゃ暑かったです!
それに比例するように試合内容もなかなか熱いものが多かったんじゃないでしょうか。

オープニング

DREAM.1の「最強胎動」とリンクさせた「最強誕生」のキャッチコピーで始まり、出場各選手紹介。
秋山のテロップはマイケル・ジャクソンと紹介されてました(笑)

ハントVSバンナの映像も出てたんですが、「映像提供フジテレビ様」ということらしいです。
これを見て、フジと和解したのかなと思いましたが、地上波のナレーションは相変わらず立木さんじゃなかったようで。


<第1試合 特別ルール 5分2R>
アンディ・オロゴン(チーム オロゴン)
中村大介(U-FILE CAMP)

この前のアンディのニュースをそのまま煽りに流用。
中村に至ってはほんの数十秒の紹介のみ。
地上波の方が煽りVは長かったと思います。
試合は予想通りの展開でしたが、アンディも最初の足関を凌いだだけでも頑張ったんじゃないでしょうか。
アンディは負けん気が強そうななところと身体能力の高さには好感を持ちました。


<第2試合 ライト級トーナメント準決勝 1R10分・2R5分>
青木真也(パラエストラ東京)
宇野 薫(和術慧舟會東京本部)

青木の三角締めの入りはめちゃ速いですねー。
宇野が全くいいところなく寝技で完封されました。
バックとられてから宇野逃げもほとんど出来ませんでしたね。
僕らの前にいたカオル子軍団も元気がなかったです。


<第3試合 ライト級トーナメント準決勝 1R10分・2R5分>
エディ・アルバレス(エリートXC/ファイト・ファクトリー)
川尻達也(T-BLOOD)

もっとアルバレスペースになると思ってたんですが、川尻惜しかった!
アルバレスは組み付いてからもボディへのパンチ、顔面にはフック、アッパーと打ち分けたり、パンチを当てたあとにタックルに行ったり、際(キワ)の強さは相変わらずですね。
左フックでダウンとってマウントまでいったのは良かったんですが、その後のアルバレスの巻き返しが凄かった!
最後の打ち合いも川尻がマンバ戦やアゼレード戦のように組み付きにいければ展開も変わってきたんでしょうが、たら・ればを言っても仕方ないですね。
川尻はまたしても負け試合がベストバウトとなってしまいました。
アルバレスの精神的タフさは凄まじいですね、あの劣勢からの巻き返しには頭が下がります。
でも、島田のストップは遅いよ!

アルバレスは勝ったもののダメージの大きさは明らかで、これは青木優勝だなと、この時は思ってました・・・・


<第4試合 ライト級トーナメント リザーブマッチ>
ヨアキム・ハンセン(フロントライン・アカデミー)
ブラックマンバ(フリー)

今日はダメなマンバさんでした。
というわけではないとしても、あっさり諦めましたね(^^;
この試合がキーポイントになるとは、この時の僕らには知る由もなかった・・・・


<第5試合 フェザー級 ワンマッチ>
ジョセフ・ベナビデス(アルティメット・フィットネスジム)
KODO(シューティングジム神戸)

ベナビデスなかなかの選手じゃないですか。
バスターとかパワフルでわかりやすい試合をしますし、ベナビデスのプロモーションとしてはまずまず良かったと思います。
このままDREAMの常連選手になっていってほしいですね。


<第6試合 ウェルター級 ワンマッチ>
宮澤元樹(和術慧舟會東京本部)
弘中邦佳(Academia AZ)

グラップラー同士が警戒しすぎてスタンドで殴りあうというよくあるパターンになりましたね。
弘中は試合後インタビューで客席が静かだったことについて「(日本の客は)バチバチ打ち合うのを好むのかなあ」と言ってましたが、得意の寝技で一本を取り続ければ盛り上がると思います。
次はストライカーと戦うのがいいのでは。


<第7試合 フェザー級 ワンマッチ>
所 英男(チームゼスト)
山崎 剛(GRABAKA)

所またもあと一歩でKOできず。
最初にパンチでダウンとった時に、すぐにパウンドにいかずポジションを取りにいったのが惜しまれます。ウエノヤマ戦でも似たようなことやってましたね。
さっきのカオルコさんたちが所にも黄色い声援を送ってる。
えーっ!Σ(゚□゚(゚□゚*)  いや別にいいんですけど(^^;

この試合はフレンドリーマッチだどうだとの批判がありましたが、金的蹴りやパンチで山崎も顔をボコボコにしたりとガチンコな試合になりましたね。


<第8試合 ミドル級 ワンマッチ>
秋山成勲(フリー)
柴田勝頼(ARMS)

柴田は新・闘魂三銃士のなかでは一番色気があって好きでした。
ですが、総合のリングでは色気はあってもただの弱い選手に過ぎない。
そんな柴田でさえ秋山相手なら大歓声で応援される。
やはり秋山は格闘技界の必要な存在か。
勝敗の見えたつまらないカードでも秋山なら、観客がヒートして相手に肩入れする。

柴田相手なら道着を着る秋山にはセコさを感じますが、試合は視聴率を取るために長引かせようとしてるのではないかと勘繰りたくなるくらい慎重に進めてましたね。
柴田は道着の袖を掴んで殴るなど、工夫を凝らしてましたね。
あれはホーリーランドでも使われてたテクですよ(笑)
寝技は相変わらずザルでしたが、それなりに見せ場を作ったのでOKです。


<第9試合 ヘビー級 ワンマッチ>
マーク・ハント(オシアナスーパーファイタージム)
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)


アリスターの心が折れる前にハントの腕が折れそうになってしまいましたとさ。
ハントはあのままスタンドで勝負すればよかったのにわざわざ寝技にいってパスしてんだもんなあ(^^;
自分の土俵で勝負してかないと。
ただミルコ対ハントよりアリスター対ミルコの方が見たいので、9月はそれでお願いしたいです。


決勝
青木VSハンセン


この組み合わせなら「失神させてハンセン、バキバキに折って青木」の潰し合い。
最初は青木ペースでしたが、下からの金的蹴り上げ後に逆転されましたね。
おそらく青木は2試合目で握力が落ちていてハンセンを固めきれなかったのではないかと。
ここまできたら青木に優勝して欲しかった。
というよりベスト4の誰かが報われて欲しかった!

それにしてもアリスターといいマンバといい、膝蹴りが得意な選手は空気を読みませんねえ(^^;
どうせならマンバさんが優勝した方が面白かったのに(笑)

リザーバーのハンセンの優勝は拍子抜けではありますが、実力的には文句なし。
これはハンセンとアルバレスの友情パワーの勝利ですね。
アルバレスが棄権のマイクで「自分の代わりはハンセンしかいない」と言い、ハンセン勝利後すぐにリング上で祝福する姿はなかなかにドラマチック。
次のタイトルマッチはハンセン対アルバレスでしょうか。
それに青木、川尻、宇野、カルバンが絡んできたらライト級はまだまだネタ切れはなさそうです。

最後の川尻の悔し涙もよかったし、DREAMはまだまだ続く! ということでしょう!
2008-07-21

DREAM6も23時からPPV放送開始

ただいま休憩中。
会場のビジョンにて、次回DREAM6のPPVの予告があり、「9月23日のDREAM6をノーカットで23時より放送」というありがたい宣伝がありました(´Д`)

TBSふざけんな!

ま、それは置いとくとして、大会の方は盛り上がってます。
客入りは7~8割といったところでしょうか。
2008-07-21

DREAM直前レポ(ネタバレなし)

20080721145901
ついに来ました大阪!
会場近くのレストランで休んでたら、シウバやミルコ、ダンヘンなどのTシャツを着てる人がいて嬉しくなりましたね(^^)

でも、それ以上に衝撃だったのが何万円もする秋山のスワロフスキーTシャツを着てる女性を発見(笑)
さすがは奴の地元、恐るべし。

会場入りする前にアメリカ放送の解説に来ていると思われるバス・ルッテンを見かけました。
クソ暑いなかスーツを着てファンサービスしてました。

いよいよ開演、フルさんにいただいたキャッチTシャツを着て観戦します!

とか言ってたら前の席にカオルコさんの集団が(笑)
2008-07-21

DREAM勝敗予想から大阪へGO!

おはようございます。
これから出発するところですが、その前に試合の予想を(^^

<第1試合 特別ルール 5分2R>
アンディ・オロゴン(チーム オロゴン)
中村大介(U-FILE CAMP)

アンディが本当に視聴率を持ってるかどうかは知りませんが、中村が空気を読んで3分くらいは持たせてあげてもいいんじゃないですかね。
中村一本勝ち。


<第2試合 ライト級トーナメント準決勝 1R10分・2R5分>
青木真也(パラエストラ東京)
宇野 薫(和術慧舟會東京本部)

年齢が近いせいか、注目度が上がってるせいか、最近宇野への思い入れが強くなってきたことに我ながら驚いてます。
カミプロハンドの三田佐代子さんの宇野へのエールが僕の心にも凄く響きましたね何故か。
ただ試合は厳しいものになると思います。
宇野の思いもキャリアも全てを打ち砕いて新世代の青木が勝つのではないかと。
宇野が勝つにはスタンドをキープすることが条件になりそうですが、青木相手にそれができるか。
青木のリーチも厄介だし、ミドルキックも相当うるさそう。
ローキックを当てていきたいところだろうけど、青木はローを掴んでのテイクダウンも上手いですからね。
宇野が勝つパターンとして、完全な妄想ですが、ローキックと思わせて青木が掬いに来たところをハイキックを青木の頭に当てるとか。
ウマハノフVS昇侍みたいな感じで。

予想は青木の一本勝ち。
(青木も好きな選手です)


<第3試合 ライト級トーナメント準決勝 1R10分・2R5分>
エディ・アルバレス(エリートXC/ファイト・ファクトリー)
川尻達也(T-BLOOD)

スタンドでアルバレスがペースを握って判定勝ち。
川尻はアルバレスをテイクダウンできないだろうし、寝かせても極められないと思います。
アルバレスって寝技のポジショニングも上手いですしね。
でも、熱い試合を期待してます。
ここで川尻が勝ったら大いに盛り上がるでしょうね。
楽しみだ(^^


<第4試合 ライト級トーナメント リザーブマッチ>
ヨアキム・ハンセン(フロントライン・アカデミー)
ブラックマンバ(フリー)

マンバの調子次第ですが、けっこう腰が強いし川尻戦でスタミナが切れることもなかったんでハンセンは苦戦するのでは?
まあ膝蹴りに気をつければ何とかなるか。
ハンセン一本勝ち。

<第5試合 フェザー級 ワンマッチ>
ジョセフ・ベナビデス(アルティメット・フィットネスジム)
KODO(シューティングジム神戸)

KIDの代わりはKODOということでKとDが一緒!
くだらないことは置いときまして、両者の実力がわからないので予想はパス!
といきたいところですが、一応ベナビデスのKO勝ちで(^^;


<第6試合 ウェルター級 ワンマッチ>
宮澤元樹(和術慧舟會東京本部)
弘中邦佳(Academia AZ)

KIDの欠場が決まるまでは、このカードが第一試合になると思ってました。
ここはベテランの弘中が判定勝ち。
戦ってきた相手が違います。


<第7試合 フェザー級 ワンマッチ>
所 英男(チームゼスト)
山崎 剛(GRABAKA)

所の体調が問題ないなら打撃でペースを取って勝てるはず。
所の判定勝ち。


<第8試合 ミドル級 ワンマッチ>
秋山成勲(フリー)
柴田勝頼(ARMS)

この試合はどういうスタンスで見ればいいか悩んでましたが、柴田が一発でも秋山の顔面にパンチを入れたら勝ちという脳内ルールで観戦したいと思います。
よって予想は(脳内ルールで)柴田は試合に勝って、喧嘩では秋山の勝ちということで(^^;
柴田は頑張ってワンパン入れてください。


<第9試合 ヘビー級 ワンマッチ>
マーク・ハント(オシアナスーパーファイタージム)
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)

オールラウンダーのアリスターがペースを握るでしょうが、終盤に心が折れるでしょうからハントのKO勝ち。


決勝(想定)
青木VSアルバレス


この組み合わせなら「失神させてエディ、バキバキに折って青木」の潰し合いが見られそうです。
んで青木が一本勝ちして涙の戴冠。
VS五味という目線で考えた場合、優勝する選手は青木かアルバレスであったほうが対決するときに盛り上がると思います(すぐには無いでしょうが)。
で、アルバレスはトーナメントのあとサッサとアメリカに帰って、さっさと結婚式を挙げて日本には二度と来ない可能性もあるので青木に優勝してもらうのが一番おさまりがいいかな、と。

ということで青木優勝で次は五味、BJペン戦を目指せ!

それでは会場へ向かいます(^^

2008-07-20

がんばったジョシュ・バーネット!

ヒョードル、元UFC王者シルビアを秒殺=米・アフリクション旗揚げ戦

米国の新格闘技イベント「アフリクション」の旗揚げ戦「Affliction Banned」が現地時間19日、米国・カリフォルニア州のホンダ・センターで開催された。メーンイベントではPRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルが元UFCヘビー級王者のティム・シルビアを1R36秒、チョークスリーパーで秒殺一本勝ち。セミファイナルでは元UFCヘビー級王者のアンドレイ・アルロフスキーがKO勝利、日本でもお馴染みのジョシュ・バーネットはペドロ・ヒーゾをKOで下し7年前のリベンジを果たした。


やはりDMM配信までは待ちきれずにネット動画で見てしまいました。
それにしてもヒョードル強すぎ!
あのティム・シルビア相手にズールを扱うかのごとく秒殺勝利。
これをPPVで生観戦してたら大興奮してたのは間違いないです!
久々にヒョードル幻想が高まった一戦でした。
最近のダナ・ホワイトの「ヒョードルはまともな相手とやったない、トップ5にも入らない」発言にそれなりに信憑性を感じていたところだったので、この圧勝ぶりには溜飲を大いに下げました。
ダナのコメントが楽しみです(^^

そして、我らがジョシュも見事なKO勝利でリベンジ達成です!
前蹴りを多用してスタンドでペースを握っていたように見えました。
バックスピンキックなんか使ってて格好よかったです(^^
次はヒョードルか、アルロフスキーか、重量級ウォーズは始まってます。
とにかくジョシュはIGFに出てる場合じゃないです!(笑)

アフリクションに望むことはヒョードルVSジョシュをやるまでは何とか持ちこたえてほしいことと、次は日本でPPVでも何でもいいんで放送してほしいということの二点です。
2008-07-20

夢のバカヤロー、再び

“盗撮犯を捕まえた男“アンディ・オロゴンが緊急参戦

「DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦」(大阪城ホール)を明日に控えた20日、大阪市内のホテルで前日会見が行われた。前日19日の会見で全9試合と発表された今大会だが、山本“KID”徳郁欠場の穴を埋めるべく、“盗撮犯逮捕”で一躍時の人となったアンディ・オロゴンの緊急参戦が決定。7月17日の「DEEP M-1チャレンジ」で試合したばかりの中村大介と、総合ルールで対戦することが発表された。

あー視聴率狙いなのは理解できるんですが・・・余計なカード増やさないでよ!
しかも中村大介は3日前に試合したばっかじゃないですか!
安全面への配慮とか考えたら中村以外にも人材はいたのでは?

まあ中村の気持ち一つで寝技で秒殺して終わるだろうから、あんまり視聴率は稼げないんじゃないですかね。

あとジョセフ・ベナビデスvs KODOが決まったようで。
直前オファーを受けて立派だとかの話はおいといて、こんな微妙なカードをわざわざ組む必要があったんでしょうか?

どうでもいいカードを2つも追加されまして少々ムカついてますが、内容でそれを覆していただければ幸いです。
会場に行く僕はやはり遅くに帰るようです(^^;

2008-07-20

DREAM5 ハント・所・ベナビデス

ハントの相手がアリスターに決定 バンナとの交渉も明かす

「DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦」(大阪城ホール)の開催まであと2日と迫った19日、大阪市内のホテルで囲み会見が行われた。

 まず会見にはマーク・ハントが出席し、同席した笹原圭一DREAMイベントプロデューサーが未定となっていた対戦相手を発表。6月の「DREAM.4」でイ・テヒョンを秒殺KOしたアリスター・オーフレイムが急きょ、ハントと対戦することになった。この対戦が決まった経緯について、笹原プロデューサーは以下のように説明。なお噂に挙がっていた通り、当初は対戦相手として「ジェロム・レ・バンナ選手を考えていた」ことも明かしている。

「最初はバンナ選手で考えていまして、両者ともから合意の返事はもらっていました。それで7月頭にも正式発表する予定だったんですけど、発表の前々日にバンナ選手が左ヒザをケガしてしまいまして残念ながら流れてしまいました」


バンナが発表の前々日に怪我って、それシュルト戦でしょうが!
負傷するリスクを考えて、代替選手をあらかじめ用意しとけよ。

でも、アリスター戦は直前に決まったにしてはいいカードですね。
ブランクのあるハントではアリスターに勝てないのでは?
ただオランダ人はすぐ心が折れる(byますだおかだ増田)ので、アリスターがスタミナ切れてから逆転勝ちならありそう。


所英男の出場が決定 追突事故の後遺症はなし

「お騒がせして申し訳ありませんでした」

「DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦」(大阪城ホール)を前に不運にも追突事故に遭遇してしまった所英男が会見場に姿を現し、開口一番、謝罪の言葉を口にした。所サイドには非のない事故だが、世間を騒がせたことに恐縮しきりのようで、コメントの最中に頭を下げる場面も。ただ、懸念されていた試合出場に関してはまったく問題がなく、予定通り山崎剛と拳を合わせることとなった。

 診断結果は全治1週間とされていたが、事故直後に感じた腰の違和感もすぐに取れたようで、事故翌日には技の確認レベルながら練習も再開。減量などにも影響はなく、万全の状態で当日を迎えられそうだという。表情も明るく「車もキレイになって返ってくるようなので心機一転、頑張ります」と、まるで他人事のような“ゆるい”発言も。事故直後に「渋滞中の信号待ちで止まっていたら後ろから追突されました。20キロくらいのスピードだったらしいですけど、20キロであの衝撃なら100キロとかだとすごいんだろうな」と考える余裕もあったとのことで、「これだけ騒ぎが大きくなってしまって、逆に申し訳ないです……」と、ひたすら苦笑いを浮かべていた。


所は被害者なんで謝ることはないわけですが、とりあえず大した怪我じゃなくてよかった。
あとはいい試合してくれれば言うことなしです(^^


なお、KIDの欠場で宙に浮いた形となったジョセフ・ベナビデスについては、笹原圭一DREAMイベントプロデューサーが「明日、代替カードを発表します。それに併せて試合順も発表します」と説明。波乱続きとなった大阪大会だが、最終的には全9試合で行われることが正式に決定した。

いやあ無理して組まなくてもいいんじゃないですか(^^;
ベナビデスもド直前に対戦相手が変わったら大変だし。
カード一つ減った方が早く帰れるし(笑)

どうしても組むならKIDのチームメイト山本篤とかなら面白いかもしれませんね。

2008-07-20

桜庭に復帰時期

左腕手術の桜庭、大みそか復帰へ

6月下旬に左腕を手術した桜庭の復帰が、大みそかの「Dynamite!!」になりそうだ。笹原圭一DREAMイベントプロデューサー=EP=(40)が19日、21日に大阪城ホールで行われるDREAM5を前に大阪市内で会見し、桜庭について「復帰は早くても年末」と話した。桜庭は6月15日のDREAM4ミドル級GP2回戦のメルヴィン・マヌーフ戦で左尺骨を骨折。骨をワイヤで固定する手術を受け、全治4カ月と診断された。現在は左腕をギプスで固定した状態で、笹原EPは「9月にワイヤを外してからコンディションをつくっていく」と大みそか復帰の見通しを説明した。現役復帰には前向きだそうで「無理せず、戻ってきてほしい」と話した。

いや本当に無理しないでほしいですね。
大晦日に復帰するなら、それこそ鈴木みのるクラスの相手を用意してあげててもいいと思う。
今度こそ怪我してないベストの状態で試合してほしいですね。
2008-07-20

がんばれジョシュ・バーネット

アフリクション始まってますね。
相手のヒーゾは腰の強いストライカーなんで相性はよくないと思いますが、なんとかリベンジしてほしいですね!
とりあえず結果は見ないようにして、DMMを25日に見るか今日の夜にでも動画を探してみます(^^;
2008-07-19

DREAMはお祓いをした方がいいよ!

山本“KID”徳郁が欠場、右ひざ前十字靱帯部分断裂で全治6カ月

7月21日に大阪城ホールで開催される「DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦」に出場を予定していた山本“KID”徳郁の欠場が18日、東京都内のホテルで発表された。KIDは練習中に右ひざ前十字靱帯を部分断裂し、現時点での医師の診断は全治6カ月の重傷。9月23日のDREAM.6はおろか、今年中の復帰も絶望的となった。また、これにより試合が流れた対戦相手のジョセフ・ベナビデスの代替カードなどについては、現在調整中とのことだ。


ダーッ! DREAMは呪われてる!
スタッフはお祓いしたほうがいいよ!
祓い給えー清めたまえー
臨・兵・闘・者・皆・陳・烈・財・前・直・美
ナウマクサンマンダー・ボダナン・マカキャラヤ・ソワカ
・・・すいません、取り乱してしまいました(。□。;)

KIDの欠場は会場組はともかく、視聴率を取る上では非常に痛い。KIDに関しては、試合直前に激しいスパーすんのはどうなんよ?と思いますが、こればっかりはしょうがないですな( ´△`)アァ-

格闘技ブームが去った現在において辛うじて数字を持ってるのがKIDだったのに。
HERO’S時代に秋山・桜庭・宇野・所が出てた大会で一桁の視聴率を取ったことがあるくらいですからね。
今回は裏に月9の第一回があるし、DREAMは窮地に立たされました。

それにしてもDREAMのズンドコを通り越した呪われっぷりはなんなんでしょう?
PRIDE時代はなんだかんだで最後は上手く興行が転がってましたが、DREAMにはPRIDEほどの場力はないってことか。


所の出否、対戦相手未定のハントに関しては19日に発表

7月21日に大阪城ホールで開催される「DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦」への出場を予定している所英男の出否、相手がいまだ決定していないマーク・ハントの試合に関して18日、笹原圭一DREAMイベントプロデューサーはあす19日にも発表できる旨を語った。

 所は16日午後、東京・町田市内で追突事故の被害に。メディカルチェックで乗用車で病院に向かう途中、後ろから追突されたということで、ZST広報によれば、病院で検査・治療を受けたが、深刻な状況ではないという。
 笹原プロデューサーは所の状況に関して「確認中ですが、おそらく大丈夫だと思います」としながらも、「ただ、事故ですからね。本心は出てもらいですが、無理はさせられない」と慎重に語った。
 問題がなければ、あす19日にも大阪入り。そこで所本人の口から説明があるという。

 また、対戦相手が未定のままのマーク・ハントに関しても、19日に会見が予定されており、そこで試合に関しての発表がされる見込みだ。

所は出場するか否かではなく、「本人の口から説明」という言い回しが欠場の弁解をする感じに聞こえますが、欠場しても仕方ないですね。
で、マーク・ハントについても対戦相手の発表ではなく、「試合に関しての発表がされる見込み」というのも既にカードが無くなったかのように感じ取れるんですが(^^;
あと3日切ってるのにどうなってんだ!


まあ会場に行けば思いっきり楽しめるとは思うんですが、こうも欠場続きだとどうもねえ(^^;
当日までには気持ちを切り替えて見に行きたいと思います。

2008-07-17

所が追突事故に遭う

カミプロハンドによると、所英男が16日に車の追突事故にあったとのこと。
所は腰に全治一週間の怪我を負ったとか。

ひゃー、DREAM直前にツイてない。
全治一週間なら全然たいした怪我ではないと思いますが、なんせ試合まであと4日ですからねf^_^;

このまま出場しそうな気がしますが、DREAMは開催直前までバタバタしますね。

とりあえずは大きな怪我をせずによかった。
2008-07-17

DREAM.5を心から楽しんできます

昨日の当ブログのコメント欄にて、「【U】の魂 T-STYLE Axis」管理人の武さんからDREAM5の開始時間に関する情報をいただきました。
http://tsudureya.blog51.fc2.com/blog-entry-895.html#comment1771

再度DREAM事務局に問い合わせたら、「15時で変更はありません。TVの告知が間違ってます。すみません。」との事でした。
「正式に発表した方が良いですよ」と伝えておきましたので、なんらかの発表があるかもしれません。



これを受けて、DREAM公式サイトでも
7月13日放送『格闘技新時代 7・21 DREAM.5 大阪直前 ~ライト級GP決勝ラウンドへの道~』に関するお知らせ

7月13日(日)深夜0:30から1:30、毎日放送(MBS)で放送されました『格闘技新時代 7・21 DREAM.5 大阪直前 ~ライト級GP決勝ラウンドへの道~』の放送中、7・21『DREAM.5』大阪城ホール大会の試合開始時間を16:00とお伝えいたしましたが、誤りがございましたので訂正させていただきます。


【『DREAM.5』正式スケジュール】
◎日時/7月21日(月・祝) 14時開場 15時開始
◎会場/大阪城ホール

すでにチケットを購入していただいた方には、大変なご迷惑をお掛け致しました。心よりお詫び申し上げます。


会場に行かない方やテレビで見る方にとっては、一時間くらいどうってことないと思いますが、遠方から行くものにとっては死活問題ですからね。
これで安心して、DREAMを楽しめます(^^

開催まであと5日、本当に楽しみです!
でも、ハントのカードは早く発表してくださいね!
2008-07-16

夢のバカヤロー!!

所英男vs.山崎剛の“イケメン対決”が決定=DREAM

「DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦」(大阪城ホール)の開催まで1週間を切った15日、都内・DEEPジムにて記者会見が行われ、新たに所英男vs.山崎剛のワンマッチ追加が発表された。所は「DREAM.4」からの連戦、山崎は「DREAM.3」以来の出場となる。

 会見には両選手と笹原圭一DREAMプロデューサーが出席し、笹原氏は「連勝をかけた戦いであり、“イケメン対決”になる。同階級の山本KID(徳郁)に向けた戦い模様が注目です」と、この一戦にかける期待を口にした。所は「(山崎とは)リバーサル(ジム)つながりで関係があり、やりづらいですが、いい試合をして勝ちたい」と意気込みを語った。対する山崎は「(所とは)普段から話しをしたりしていますが、いつかやるだろうと思っていた」と、ついに決まった対戦に気合をみなぎらせていた。


組み合わせ自体は悪くないと思いますが、直前の決定であること、所と山崎が多少の親交があったことで少々乗りづらくさせてるカードですね。
ただ山崎が言ってるように馴れ合う試合にはならないんじゃいかなと楽観的に考えてます。
山崎はDEEPの志田戦のイメージがあるので、打撃を織り交ぜた戦いが上手くできれば所の一本勝ちもあるかな、と予想します。
まあ判定が濃厚な試合だとは思いますが、好カードではあります。


対戦を望むKIDが所に対して「うち(KRAZY BEE)の若いので十分だ」という旨の発言をしたことに対してコメントを求められると、「十分じゃないですかね」と反論せず受け入れてみせる度量を示し、報道陣の笑いを誘っていた。ただし、何としてもKID戦にたどり着いてみせるという信念を崩すことはなかった。

いかにも所らしい受け答えですね。
KIDがこういう前振りをしてるんだから、DREAMスタッフも所VS山本篤とかを組めばいいのに。
所が勝てば自然と「次はKIDさんお願いします」となるし、KIDも仲間がやられてヒートアップすること間違いなしでしょう。
問題は所が山本に負ける可能性が結構あるということか(^^;
でも山本レベルに勝てないようじゃKID戦なんて、それこそ夢で終わりますよ。

あと所のキャラクターなんでしょうが、KID戦が目標ではなく、「KID選手に勝つ!」くらいの威勢のいいことを言ってもいいのでは。
無理にキャラにないことは言わなくてもいいですが、目標は高くということで。



さて、何だかんだとズンドコどっこいしょー、としながらも好カードの揃ったDREAM.5。
どうやら開始時間に変更がありそうとのこと。
【U】の魂 T-STYLE Axis」さんより

番組内容とは関係無いのですが、番組内の告知で、DREAM.5の開始時間が16:00となってました。
確か予定は15:00だったハズ。

先ほどDREAM事務局に問い合わせたら、「15:00です」と答えが返ってきたので、「昨日の特番は16:00になってましたよ」と告げると、「お待ち下さい」と1分程待たされ、「16:00開始に変更となりました。」と、答えてくれました(笑)。

うええーっ! これは困りますよ!
こっちは日帰りで行くつもりなのに、興行が長引いたら電車がなくなるかもしれないじゃないですか!
これは横浜アリーナで行われた武士道ウェルター級GP決勝(三崎さん優勝)の悪夢再び?!

もしこのまま16時開始になったとすると、DREAMはオープニング、選手入場は15~20分すぎてからだから
16:20~OP全選手入場
16:30~試合開始
全試合判定の場合を想定して(一試合30分で概算)
30分×9試合=270分(4時間半)
で休憩20分
ライト級GPの国歌斉唱や認定式で10分から15分。

とすると終了時間の最悪のケースは21時30分頃・・・これでは帰りに間に合わない。
今回は判定が結構多そうだし、やばいかも(^^;
次の日は平日なんだし、テレビ用の編集に時間もっかるだろうし、予定通りに15時開始にしましょうよ。
なによりその時間開始と言ってチケット売ってるわけですから。

これで本当に16時開始になろうものなら・・・・夢のバカヤロー!!(笑)

2008-07-15

選手育成、ビバ戦極!

8.24戦極で瀧本vs.トリッグ 9月からミドル級T開催へ

8月24日にさいたまスーパーアリーナで開催される「戦極~第四陣~」にシドニー五輪柔道81kg級金メダリスト・瀧本誠の参戦が決定。15日、都内のワールドビクトリーロード事務所で会見が行われ、フランク・トリッグとの対戦が発表された。
 


瀧本VSトリッグ、いいじゃないですか。
瀧本はサイボーグ戦でローキックを効かされ、足関で敗れるという失態を演じたあとだけに負けられない一戦。
トリッグはテイクダウン&パウンダーだけど、寝技もそれなりに出来るので瀧本が一本取るのは厳しいか。
岡見や近藤とも練習してるそうですが、岡見なんか仮想トリッグには持ってこいな気がしますがどうでしょう。むしろ強化版トリッグか。
ここで瀧本が負けたら9月からのトーナメントに出られないので頑張ってほしいところ。

ただトーナメント開催自体には乗れないですね、三崎も出ないし。
しかもわざわざDREAMと被る階級でトーナメントをしなくてもいいと思うんですよね。
DREAMの向こうを張るよりも隙間をついていった方が両サイドのためになるんじゃないでしょうか。


また、この日は山梨学院大学レスリング部の大澤茂樹(4年)とベネズエラから日本大学にレスリング留学しているマキシモ・ブランコを「育成選手」として迎い入れることも発表された。

(中略)

また國保広報によれば、この2人のほかにもアマチュア選手を育成選手として迎え入れる意向があり、練習場所や用具提供のほか、指導、海外修行、金銭的にもサポートしていくとのこと。「北京五輪出場選手でも10人以上候補がいる」とのことで、今後は育成選手のためにトライアル大会の開催も計画しているという。


こういうのはいいですね!
ブランコはくまページさんで紹介されてたのを憶えてます。
確かレスリングでは74キロ級で総合では83キロ近辺で戦う予定だったと思います。
戦極なら76キロ級になるのかな。
いずれにせよ、アマチュアから選手を育成していくのは素晴らしいこと。
ようやく戦極のカラーが見えてきたのではないでしょうか。
それにしても戦極は金持ってんなあ(^^;

2008-07-13

DREAM煽り番組、地方の嘆き

関西のDREAMファンに朗報! 『DREAM.5』前に絶対チェック!

『格闘技新時代 7・21DREAM.5大阪直前 〜ライト級GP決勝ラウンドへの道〜』
◎放送日/7月13日(日)24:30〜25:30
※関西ローカル

えー、関西ローカルなんでこっち(東海地区)では見れません。
TBSの「花よりDREAM」とやらも関東ローカルなんで見られません。
こっちでは中日ドラゴンズのデーゲームを放送ですよ(^^;
東海三県の人間が皆が皆ドラファンだと思ったら大きな間違いだぞ!

DREAMはすごく面白いんだけど、こういう宣伝番組が最近は見れてないのが残念。
昔はSRSやPRIDE王があったんでよかったんですが、今はSRSも格闘王も関東ローカルですからね。
こういう番組を見て、自分の気持ちを盛り上げていきたいけど、見れない以上は自力で高めていきますよ!
会場では声を出して観戦してきます。
そして、秋山にはブーイングを(笑)
2008-07-12

誰が為の“絶対王者”

「見えない道場本舗」さんでアルスラーン戦記の新刊が出ることを知ってビックリ、タイタニアがアニメ化されることを知ってもっとビックリ!

公式サイトなんて出来てるし!
TVアニメ『タイタニア』公式サイト
キャラがマクロスになってるし!
衛星第二じゃあ見れないし!

タイタニアは「銀英」にもそう劣らないスペースオペラの佳作なので視聴できる方は是非とも見てくださいませ。
唯一の欠点は、この作品は新刊が20年近く発売されないまま未完であるということくらいか(笑)
アニメやドラマでまだ終わってない原作を映像化させて適当に終わらせる、なんてことはよくあることなので後は脚本家などのスタッフのセンスに期待しますか。


さて表題の「絶対王者」について、

「見えない道場本舗」さんより

この村上氏、アナに「これはよくできた、という言葉(フレーズ)とかありますか?」と聞かれて

「ヴァンダレイ・シウバの『絶対王者』ですね。本当の日本語なら絶対的王者…とかですけど、語感なんかを考えて『絶対王者』にしたんです。でもこの前、日本テレビでサッカーのクラブ選手権でこの言葉がテロップに使われてましてね。パテントをとっておけばよかったかな(笑)」(大意)



そうだったのか。

私の記憶では小橋建太が当初「絶対王者」と呼ばれ、それが流用されてシウバもそう呼ばれるようになった・・・という展開だったと思ったのだが気のせいだったか。

いや、俺はホントは「小橋が最初だろーが!嘘つくんじゃねーよ!」ともっと強くツッコミたいのだが、何しろ相手があまりにも自信満々に断言するから「え・・・?小橋が最初だと思うんだけど…違うのかなあ…?」と弱気にさせられた(笑)。

「絶対王者」は小橋の方が先ですね。
2003~2004年は僕もNOAHを見ていたのでよく憶えています。
本田多聞とタッグを組んでGHCタッグを取ったり、真壁や永田さんがノアに乗り込んでた時代です。
当時「絶対王者って、小橋のパクリじゃん」と思った次第(笑)
シウバを絶対王者と呼ぶようになったのは2004年頃で、ランペイジ戦あたりのはず。
フジの三宅さんが入場で「絶対に負けない王者、だから絶対王者!」と力説してましたねー。
ビデオで確認したところ、ミドル級GP2003の時は「PRIDE無敗の王者」でした。
シウバが敗れるようになると、高田がヒョードルや五味を絶対王者と呼んだこともありました。

たまたま被ってしまった可能性もありますが、“絶対王者”の称号は小橋が先駆け、ということで(^^
2008-07-12

UFC日本で放送再開を祝して

kamipro.comより
WOWOWでUFC放送再開がついに発表!!

7月11日、ここ最近、噂に上がっていたWOWOWでのUFC放送再開がWOWOWからのリリースにより正式に発表となった。


リリースによると『UFC IS BACK!~UFC名勝負戦~』と題して、8月4日(月)から毎週月曜午後10時からスタート。この番組では昨年5月以降、WOWOWで放送されなかった71回大会~88回大会までの計18大会の模様を8~9月に計8回にわたりオンエア! 

さらに『UFC-究極格闘技-』と題して、現地時間10月18日(土)に開催される『UFC89』から毎大会、迫力のハイビジョンで放送再開となる!(※10月19日(日)放送予定)

ついに放送再開キター!!
佐野さんや僕がことあるごとに「ダナはUFCを日本でも放送しやがれ」と書いていたのが功を奏したのか(笑)
すいません、出だしの文をスイミングアイさんからまるまるパクってしまいました。
放送再開できたのはダナではなく、ロレンゾのおかげですね。
ロレンゾさんん、WOWOWも方々ありがとうございます。
ようやくテレビでUFCが見れますよ。
贅沢を言わせてもらえば18大会分をたった1時間・8回の放送では物足りない。
TUFやUFNはやはり無しですか、まあ欲を言えばキリがないですから仕方ないですね。

それにしても、日本で実績があるにも関わらず、放送予定に入ってない郷野がちょっと可哀相(^^;
レスナーの試合をわざわざ流すというのに・・・

ともかく今はUFCの放送再開を素直に喜びたいです、ヤッタ――ッ!

こうなったらアフリクションも放送しやがれ!

2008-07-11

花の秋山成勲、DREAMを背負えるか

秋山vs柴田決定! 意気込む柴田に、“魔王”は上から目線で余裕シャクシャク!

一方の秋山は、大きなサングラスをかけ、ピンクのネクタイにスーツ姿で登場、先日のDREAM煽り番組で現在放映中の映画『花より男子』の主演陣・F4に例えられたことに気をよくしたのか、
「格闘技界のF4の一人、秋山です」
とノリノリの挨拶。さらに、「初めてのDREAM参戦なので楽しみ。夏なので気分もいいし、柴田選手のような勢いのある選手とできるので楽しみです。ひさびさのゴールデンでKID君も出ますし、今回は数字をとります!」と、地上波放送を意識したコメント。

(中略)

する秋山は、「KID君を含めて僕も初参戦するので、『DREAM.5』は注目されていると評価している。視聴率? いままでの2倍ぐらいは取れるんじゃないですか?」とテレビを意識しまくり。「自分が一番注目されていると言うつもりはないが、みんなと一緒になってDREAMを引っ張っていければいいかな」と、余裕シャクシャクの魔王ぶり。


韓国でのVIP待遇っぷりに気をよくしたのか、秋山の発言が弾けてますね。
今までの優等生キャラよりはこういうオレ様キャラの方が好感を持てますね(僕は好感を持ってないですが)。
それにしてもF4(笑)
いくらテレビで言われたからって自分で言うな(笑)
F4のFはフラワーのF、花の四人組・フラワー4ですよ。
F4にあんなグラサンかけた黒い人はいません!
三崎さんとシャネルズでも歌っててください。

「視聴率を今までの2倍とる」発言は前回のゴールデン放送の8.9パーセントを意識してのものなら、
17~8%くらいを狙ってるということか。
さすがにそこまでは取れないでしょうけど、その意気やよし。
選手が視聴率のことを話すのは賛否両論あるでしょうが、僕は「是」です。

以前ヴァンダレイ・シウバが大晦日に「視聴率でもPRIDEが勝つ!」と宣言して実際に結果も伴ったことがありました。
魔裟斗などもよく視聴率を口にしてましたね。
現実問題、視聴率が取れなければ興行の継続は難しいわけで、魔裟斗やシウバには興行を盛り上げよう、背負おうという意気込みが感じられます。
秋山もDREAMを背負う、そういう心持ちなのではないかなあと思います。
ファンがエースとして認めてくれるかどうかはわかりませんが(笑)

どちらかというと競技志向で勝利優先主義だった秋山が韓国での大フィーバーを経て、このように興行主義に目覚めるというのもなかなかに興味深い。
まあ相手が柴田だからこその余裕とも言えますね。

2008-07-11

ミルコの言い訳 DREAM.5欠場編

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/text/200807100007-spnavi.html

【追加決定カード】

<ワンマッチ>
秋山成勲(フリー)
柴田勝頼(ARMS)

<ワンマッチ>
マーク・ハント(オシアナスーパーファイタージム)


<ライト級トーナメント リザーブマッチ>
ヨアキム・ハンセン(フロントライン・アカデミー)
ブラックマンバ(フリー)

<ワンマッチ>
宮澤元樹(和術慧舟會東京本部)
弘中邦佳(Academia AZ)


予想通りに秋山VS柴田、マンバVSハンセンが組まれましたね。
ウェルター級も弘中とこないだ山下志功に勝った選手ですか、まずまずの好カードではないでしょうか。

ハントの相手は超大物ということですが、
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20080710-00000029-spnavi-fight.html

10日に開かれた会見で、ハントの参戦は正式に発表されたものの、相手は「X」のまま。この対戦相手に関して笹原圭一DREAMイベントプロデューサーは「超大物の外国人です。ド級のカードを組みたい」とコメント。この超大物外国人「X」は、日本でもおなじみの有名選手で、「現在調整中で、週明けにでも発表できれば」と語った。


「大物X」ですかー、何か胡散臭いですね。
昔、格通あたりで男祭りの隠し玉に「昔からの格闘技ファンにとっての大物が参戦する」と煽っといて
出てきたのが安生だったりしたことがあったわけですが(^^; 
今回は「超大物外国人」ということで、K-1選手とかサップとかが思い浮かびます。
出来れば総合のバリバリの選手がいいですが、難しいかな。


それから、既報通り欠場を発表したミルコの言い訳はこちら(プロデュースBy今井)

「皆さん、こんにちは。
本来なら、今頃は7月21日に向けての抱負を、メディアを通じて発表しているはずでした。しかし、4月から6月にかけて痛めた右ヒジの回復が遅れ、その為にグラウンドの練習が出来ない焦りから、その時間をオランダからやってくるキックボクサーたちと激しい打撃のスパーリングに費やした結果、左足のすねとひざ頭にも裂傷を負う結果となってしまいました。
 とにかく試合がしたい為に、気持ちだけが前につんのめったような結果となってしまい、私の試合を楽しみにしてくれていた皆さんをがっかりさせてしまったかもしれません。結局、ここでこれ以上じたばたしても仕方が無いという事を悟り、中途半端な状態で試合に臨むよりも、心身ともに完全な状態で9月23日のDREAM.6でベストなパフォーマンスを見せようという決断にいたりました。心から試合に飢えている自分が、ここにいます。
 去年、Mr.高田にも言われました。「ミルコ、本当に試合に飢えるまで、試合をするな……」と。
 今、その通りになってきています。
 皆さん、待っていてください。

そうかー、グラウンドの練習が出来ないあせりから打撃の練習に熱が入りすぎましたかー、それじゃあ仕方ない。
まあ怪我してるときは大人しく休んでくださいね。
もうちょっと早く「じたばたしても仕方ない」心境に到達してくれてたら、今回の試合にも間に合ったんですけどね。
怪我だから仕方ないですけど、今回のは言い訳にすらなってない気がします。

2008-07-09

ミルコの欠場、日本メディアも報道

ミルコ左ひざ手術…DREAM5欠場

ミルコ・クロコップ(33=クロアチア)が古傷の左ひざを手術し、出場予定だったDREAM5(21日、大阪城ホール)を欠場することが8日、明らかになった。7日付の地元クロアチアのスポーツ紙「スポルツケ・ノボスティ」が報じた。

 同紙によると、6日に手術を受けたミルコは「これ以上治療を待っても仕方がなかった。どうせ、いつかはやらないといけなかった」と説明した。5月11日のDREAM4で予定していたジェロム・レ・バンナ戦が自身の右ひじの亜脱臼でドクターストップ。万全を期して参戦する予定だったDREAM5もセルゲイ・ハリトーノフ、マイティ・モーらが対戦に難色を示して相手が決まらなかったため、手術に踏み切ったようだ。

 今後についてミルコは「9月までに古傷を完治させて、DREAMで1番の選手たちと戦うために準備をする」と話し、ミドル級GP決勝戦が行われる9月23日のさいたまスーパーアリーナでの大会に出場する予定だという。ミルコ欠場についてDREAMは、10日にも会見を行う予定だ。


やはりミルコ欠場ですか・・・結構楽しみにしてたはずなのにショックを受けてないのはカード発表前だったからか、ミルコへの期待感が無いからか。
膝を手術したそうですが、9月の試合に間に合うんでしょうかね。
そして、9月にアリスターあたりとやって大晦日にヒョードルと戦う青写真だとしたら、かなりムシのいい話ではあります。

それにしても記事中の「5月11日のDREAM4で予定していたジェロム・レ・バンナ戦が自身の右ひじの亜脱臼でドクターストップ」、どこから突っ込んでよいのやら。
まずDREAM4は6月15日だし、予定してたのもハレックとのグラップリングマッチだと思ったんですが。

とりあえずDREAM公式サイトの出場予定選手からミルコの名前は外しといてください(^^;
2008-07-07

K-1MAX佐藤お見事!

佐藤がブアカーオをKOするとはびっくり!
佐藤が勝つには判定しかないと思ってたんで2R終わった時点で負けたかなあと思ってました。
三崎さんが秋山をKOした時以上のサプライズですよ(笑)

ローと膝が効いたのか、最後ブアカーオは棒立ちでしたね。
あそこまで諦めずに粘った佐藤の執念の勝利ですね、あっぱれ!

でも、マイクの「愛を知る県」は寒いから、いい加減やめれ(´Д`)
2008-07-07

長南亮はランペイジVSグリフィンの判定に異議あり?

壮絶タフマッチの果てに新王者グリフィン誕生!/UFC86
放送再開の噂はあるものの、まだ今日のUFCはまだ放送してないのでユー何とかチューブみたいなやつで観戦しました。
ジャクソン負けちゃいましたね、グリフィンはショーグンに勝ったのは伊達や酔狂ではなかった。
素人目線では妥当だと思われたグリフィン勝利の判定ですが、選手の立場ではまた違った見解があるようで、Kamiproハンドの長南亮の「ピラニア日記」では

  そして、メインはランペイジに賭けてたけど、激戦のうえ納得できない判定で負けてしまった。


長南と一緒に見ていたクエストのトレーナーも「あの判定はおかしい」と言ってたようです。
ほう、これから選手・関係者の声も聞こえてくるでしょうが、どちらに意見が傾いてくるのか。
まあ判定が覆ることはないでしょうけど気になりますな。


プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。