--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-31

Dynamite!!地上波を見ちゃった

結局、最後まで見てしまいました。
TBS地上波にしては面白かった!
各試合の感想はまた後日。

それでは、よいお年を(^_^
スポンサーサイト
2008-12-31

Dynamite!!地上波

とりあえずK-1甲子園やミノワマン、キン肉マンは地上波で見ます。

やっぱ福澤さん凄いわ(´Д`)

桜庭田村の実況じゃなくてよかった!
2008-12-31

Dynamite!!当日

いよいよ今日はDynamite!!ですね。

なんやかやと文句をつけてきましたが、やっぱり楽しみなんですよね。

もはや競技レベルではUFCに及びませんが、それでもアメリカに一矢報いるような大会を期待してます。

今回は地上波は見ずにPPVを録画して元旦に見たいと思います。
大晦日はハッスル見ます(^_^;
2008-12-29

UFC92感想

WOWOWで見ました。
今更ながら再確認したのは、UFCは世界最高峰の舞台だということ(本当に今更だな)。

やっぱり凄いし面白いしレベル高い。

そりゃ石井も憧れるわ。
あとはグラウンドの展開がもう少しあると言うこと無しなんですが。

赤いパンツに違和感があったノゲイラですが、全くいいところなく完敗。
明らかに打たれ弱くなってますね。

シウバも前半はいい感じだったもののKO負け。
この両者の敗北は残念ですが、そこまで深刻なショックを受けてないのは海の向こうの出来事だからか。
ノゲイラ、シウバのセコンドにBTTやシュートボクセがいないのは少し寂しい。

あとWOWOWではダナではなく、「デイナ」・ホワイトなんですね。高島学に言わせたらディナ・ワイッ! なんかもしれませんが。
2008-12-26

Dynamite!!にバダ・ハリ参戦

こんなにすぐ出場させていいんでしょうか。
形だけでもしばらく干したほうがいいのでは?
試合さえ面白いなら何でもやってOKな空気にはしないで欲しいですね。

それとバダ・ハリはこの間、試合中にダウンしてたけど、ダメージは大丈夫かいなf^_^;
2008-12-23

kamipro&ゴン格/1975年産のわがまま

kamiproとゴン格の最新号を買いました。
まだ全部は読んでませんが、今月のkamiproはかなり面白かった。
UWFのことは全然見たことないですが、UWF特集はかなり読み応えがありました。

それ以外で目についたのはkamipro谷川さんインタビューとゴン格の宇野インタビュー。

谷川さん並びにkamiproの秋山バッシングは如何なものかと思わないでもないですが、よほど腹に据えかねていたんでしょう。
そもそも谷川さんが選手個人を悪く言うことは滅多にないですからね。
悪く言ったのはヒカルド・アローナくらいでしょう(笑)
あとは所に「顔が0点」って言ったくらいか。
まあ、これはハッパをかけてたようなものだし。
これらの例は秋山のこととは次元が違う話で、ここまでボロクソに言うのは初めて見た気がします。



もう一つの宇野インタビューは「NHBnews PRO」から引用させていただきまして、

 宇野薫が、 UFC を目指す理由(ゴング格闘技)

Q:なんでUFCを希望するの?
「レベルの高さをあらためて感じた。もう一度あそこで戦い、自分が世界基準でどの程度なのか知りたい」

Q:青木真也に負けたままでいいの?
「負けたままというなら、それこそUFCは負けたままで終わった。あそこに”忘れ物”がある」

Q:家族の意向は?
「UFCに行ったら最初は収入が減る。そのへんで妻は即賛成じゃなかった(笑)でも、それで逆に『自分はUFCに行きたい』という気持ちを確認できた」

宇野のわがままの通し方は、一本筋が通っててカッコイイからズルいですよね(^^;
自己申告で「好きなことをやりたい、自分らしく」「批判されても仕方ない」なんて予防線を張られたら、批判したら理解のない人間みたいに思われそうでやりづらいなあ。

まずDREAMやHERO'Sでトップになれない人間がUFC行ってどうするの?
宇野はもともとUFCにプライオリティを置く発言をしてましたし、本人がUFCでしかモチベーションが上がらないなら仕方ないなと思います。
が、果たしてどこまで通用するのか。
なんかUFCに死に場所を求めてるようにも少し感じます。
どうせ散るならDREAMよりもUFCで、少なくとも日本のリングに魅力を感じなかったということでしょう。
本当に残念。

UFCが宇野を欲しがるとは限らないし、ギャラは下がる、相手は強くなる、しかも無名の選手が多い。
それを承知で挑戦するということは相当な覚悟があるんでしょう、そりゃ奥さんは呆れるでしょうけど。

いやあ宇野の決断はなかなか出来ることじゃない、日本にいたら地位は安泰なんだから。
本当にかっこいい・・・んですがぁー!
DREAM及び日本の格闘技ファンとしては少々ムカついてます(笑)
せめて川尻と決着をつけてから行って欲しかったなー、というのが本音です。

やっぱりDREAMにはUFCやPRIDEのようなブランド力、求心力が無いのが問題。
DREAMも戦極もライト級の選手は世界に誇れるものがあるんだから、地道に続けて定着させていってほしいです。
ギャラの払いを遅延したりせずにね(^^;

話を戻しまして、宇野もここまで我を通してUFCに行く以上はそれに見合う結果を残してほしい。
宇野のUFCでの戦いをしっかり見ていきたいと思います。
2008-12-22

『Dynamite!!』DJ OZMAプロデュース

キン肉万太郎がDynamite!!参戦 DJ OZMAプロデュースでサップと激突

これはあれですかね、佐山のタイガーマスクみたいな路線を狙ってるんでしょうか。
レスリングの全日本選手権を勝ってる選手というと、FEGと契約してる田中ナントカって人かな。

当日は試合用のマスクで戦うようですが、ドスカラスJr状態になりそうですね(^^;
2008-12-21

アウトサイダーMVP

08年のケンカ納め MVPは第24試合の佐野哲也

大会ベストバウトとなったのは第24試合の[アマ最強戦士 アウトサイダー殴り込み]佐野哲也vs.[第3回大会MVP 格闘彫師]吉永啓之輔の一戦。
 高いグラウンドスキルを持つ吉永が引き込みを仕掛けグラウンドに誘っても、佐野は応じずスタンド戦を要求する。吉永が左ミドルから左右のフックを振るえば、佐野も右ストレートを返して応戦。2Rには渾身の右ストレートを互いに当て合う超アマチュアレベルの攻防が展開され、場内からは自然に拍手と歓声が沸き起こる。試合はタイムアップで判定決着かと思われたが、終了間際にマットへ倒れた吉永に佐野が鉄槌(てっつい)を集中してまとめ上げ、なんと終了1秒前となるTKO決着。両者死力を尽くしての激闘に、観客から勝者と敗者の別なく温かい拍手が送られた。前田代表も「第24試合はプロの試合も含めて、この5年ぐらい見た中で一番いい試合だった」と激賞し、佐野はベストバウトとあわせて角川春樹ベストファイター賞、ならびに大会MVPを受賞した。 MVPはハイレベルの第24試合を制した佐野

佐野さん凄い!
あつかましい話ですが、我がことのように嬉しいですy(^ー^)y

今日は仕事だったんですが、家に帰ったら徐庶さんからネタバレっぽいメールが(笑)
それにしても、アウトサイダー初参戦でセミファイナル、しかも相手はアウトサイダーMVP。
それに勝って自分がMVPなんだもんなあ、かっこよすぎ!
映像を見るのが本当に楽しみです!

3月にはクローズZEROとのコラボイベントもあるそうで、当然MVP男の佐野さんも出ますよね?

そうなると、
3月のイベントでも勝利→クローズZEROから出演オファー来る→静岡の小栗旬→ブルーリボン賞ノミネート・・・・これはモテますね( ̄∇ ̄)


佐野さん、本当におめでとうございます&お疲れ様でした!
2008-12-19

意外と楽しみ、ミルコVSホンマン

左ハイキック炸裂は「無理デス」、ミルコ vs ホンマンのMMAマッチが決定!!


ヒョードルさえもテイクダウンするホンマンなら、ミルコを苦しめることが出来るのではないでしょうか。
最近のミルコの弱弱しいイメージを払拭してKO勝ちしてほしくもあり、ホンマンに新たな可能性を見せて欲しくもある。
ホンマンがグラウンドで上になれたら勝てるのでは。
いくらミルコがグラウンド技術が向上してるとはいえ、規格外の体格のホンマンを極めるのは容易ではないはず。
ヒョードルはあっさり極めてたけど(^^;
現時点ではワクワクはしませんが、いざ試合になったら盛り上がるカードだと思います。
リングで向き合う二人は絵になりそうですね。

2008-12-19

ハッスル泰葉劇場

泰葉、またもブチギレ!! マネージャーは『ハッスル・マニア』出場回避も示唆

ハッスル劇場は活字で見る分には面白い。
空気読まずに食い下がる芸能レポーターさんはナイス。
いい意味でも悪い意味でも注目を集めてますね。
久々に世間を巻き込んでる感をビンビン感じます。
これを上手く視聴率、集客等等につなげて欲しいものです。

これでガチでハッスルマニアを出ないのも、それはそれで面白いかもしれませんね。
2008-12-17

石井はどこでデビューするべきなのか

デビューは全米!石井、UFCに一本化

ええっ!マジですか?!
いきなりでUFCは厳しすぎるんじゃないですか?
それとも、ギャラを吊り上げるための交渉術か。
現時点で進路を一本化することは無いのに・・・(^^;
まずはアマの大会に出て、そこからリングか金網かを考えていけばいいのに。
いきなりUFCでは潰されるのでは。
ただ純粋に最強を目指してるということでしょうか。


谷川FEG代表、石井のUFC挑戦にガッカリ「もっと大きな使命がある」

今回ばかりは谷川さんに全面的に賛成。
最強を目指すならUFCですが、日本の格闘技界はこのままではジリ貧です。

これは日本の一格闘技ファンとしてのエゴなんですが、アメリカの格闘技が盛り上がろうがどうでもいいな、と最近は思ってます。
UFCがなんぼ凄かろうが、所詮は海の向こうの出来事。
ワールドシリーズでどこが優勝しようが、スーパーボウルでどこが勝とうが、どうでもいいです。

石井がUFC王者になったとしても、それは一個人のこと。
日本の格闘技界がインディー化していたら、沈む船から脱出したに過ぎないのではないでしょうか。
我ながら勝手な意見だと思います(^^;

日本のプロ野球ファンがメジャーリーグに行く日本人選手を見送る気持ちが少し分かった気がします(^^;
でも、石井の場合はいきなりUFCではなく、日本でしっかり地盤を固めてから行った方がいいと思うんですけどねえ。
谷川さんが頑張って、石井が翻意してくれることを願います。

2008-12-17

『Dynamite!!』アレコレ

  大晦日に、桜庭 vs 田村に続く“もうひとつのU対決”所英男vs中村大介決定!!

おそらく田村のバーターだろうけど中村は面白い試合するから良し!
武士道挑戦試合のVS池本戦はその日のベストバウトでした。

でも、体格差がちょっと気になりますね。
所が2連敗したら、さすがに商品価値が下落するのではないかと余計な心配をしてしまいます。


  シュルトvsモーは総合ルールで激突! 魔裟斗の出場は絶望的? 
  K-1 MAXの2位決定戦が実現! 魔裟斗の首を狙うのは佐藤か? キシェンコか?

全部で20試合は多すぎるなあ(^^;
ただスター不在ゆえの苦肉の策とはいえ、正統派カードを多く組んでくれるのはいい傾向です。
これで前のK-1 WORLD GPみたいにいい視聴率を取ってくれたらいいんですけどね。

今回の『Dynamite!!』は男祭りと比べると見劣りしますが、普段の『Dynamite!!』に比べたら雲泥の差でしょう。
どっちかというと国立の『Dynamite!!』に近い感じもします。
あの時もドン・フライがK-1ルールでバンナとやったりしてましたし。


  夢の対決か、因縁の決戦か? 両者に聞いた桜庭和志vs田村潔司という一戦の意味。

このインタビューは素晴らしい。
さすが桜庭番の井上崇宏。
桜庭が言うからこそ、説得力、重みもあるというもの。

やっぱり桜庭に勝って欲しいよなあ。
でも、腕の調子はどうなんでしょうか。膝は? 不安だらけだ。
やっぱり田村が勝つのかなあ・・・世の中うまく立ち回ったものが勝つということになるのか。

まあ、でも桜庭に関しては勝った負けた、強い弱いではないんでですね、大晦日は思いっきり桜庭を応援することになるでしょう。

2008-12-16

戦極の乱アレコレ

  いざ、『戦極』!? 秋山成勲について國保広報が注目発言!!

なんか秋山参戦が既定路線のような気さえしてきます。
ファイトマネーは戦極の方がよさそうですが、問題は対戦相手です。
DREAMでは色気のあるマッチメイク、対戦相手はいませんでした(いても秋山が受けなかったでしょうが)
確かに三崎VS秋山は見たいんですよねえ。
それ以外はDREAMとそう大差ないんだけど、三崎の存在だけで戦極参戦の方がやや面白そうではあります。


  1.4『戦極』に光岡映二が参戦、相手は五味に勝った男!!

光岡、怪我は大丈夫なのかな?
それでも、オイシイ試合なんでここはキッチリ勝っておきたいところでしょう。
これは時期挑戦者決定戦になりそうですが、それに横田を選ばなかったのもグッジョブ!



  来年、『戦極』が16名参加のフェザー級トーナメントを開催!!

16人は多すぎでしょう(^^;
それにしてもDREAMも来年フェザー級GPやるんですよね?
今年のライト、ミドルのトーナメントといい、どうしてこうも被せてくるんでしょうね。
話し合ってどっちかズラせばいいのに、と素人は考えてしまいますが。


なんだかんだで五味VS北岡、三崎VSサンチアゴの2大タイトルマッチがあるんで『戦極の乱2009』はかなり楽しみです。
特に三崎は最強のチャレンジャーを迎えてピンチなのではないでしょうか。
PPVを買うか、都合がつけば見に行くか。
2008-12-12

青木×アルバレス×PPV

青木が『Dynamite!!』でアルバレスと激突!! 

というわけで、ファンも青木も気持ちを切り替えてアルバレス戦に臨みたいところですね。
これは掛け値なしに素晴らしいカード。
桜庭VS田村、カルバンVSハンセン、そして、この青木アルバレスで『Dynamite!!』の柱は出来たといってもいいでしょう!
青木アルバレス、どっちが勝つんだろ。
青木があっさり極めそうな気もするし、アルバレスがKOで勝つ姿も目に浮かびます。
試合中はドキドキしながら見れる本当にいいカード、楽しみだ(^^


でも、PPVはディレイで24時からですか。
3150円ですか。
ファンを舐めてるんですか。
やっぱTBSはダメなのか、PPVでやるだけ感謝しろよ、というありがたーい措置なのか。

これは大晦日はハッスルを見て、ダイナマイトはPPV録画したやつを正月に見る事になりそうです。

2008-12-12

グッドバイさよなら再見アディオス、また会う日まで

大晦日欠場宣言の秋山に、谷川代表も失望感を表明! 


なんだろう、夏くらいまでは秋山のヒールっぷりを面白がれたんですがね。
さすがに最近の秋山には言葉がないです。

なんというか、秋山の行動を見てると単純に「嫌な気分になる」だけです。
彼自身の強烈なエゴが透けて見える・・・というよりエゴしか感じられない。
リスクある相手とは絶対にやらない、格闘技を盛り上げようという気持ちが見事なくらい全くなく、あるのは自己愛のみ。
これは本当に凄い。

口では「ハリトーノフとやってもいい」と言ってますが、ほとんどの人に嘘だと見抜かれてるし、実際にやってる相手は柴田と外岡なわけで。

これは青木が正義漢ぶってるとかカミプロの印象操作だとかの問題でなく、秋山の今年やってきたことを見れば酷いのは一目瞭然。

視聴率最高つったって、22時またぎで13%なんだから威張れるほどのことではない。
打率2割台の首位打者みたいなもんです。

秋山がここまで強気に出れるのも、CMだなんだで稼げる韓国での人気があってこそ。
しっかし、韓国での秋山人気は格闘家を辞めたあとも維持できるほど磐石なものなんでしょうか?
少なくとも秋山自身はそう捉えているのなら、ここ最近の格闘家としての堕落っぷりも納得がいきます。
ブームなんていつか去るものなんですがねえ。

もしくは韓国で秋山をエースにした新団体が立ち上がるとか?

いずれにせよ、こうやって秋山のことを考えてるとまた嫌な気分になってくるので、この辺でやめときます(^^;
2008-12-10

ハッスル、アリかナシか?

12.30『ハッスル・マニア』に“大物隠し玉”泰葉参戦決定!!

12月9日(火)、都内・ホテルにおいてハッスル・エンターテインメントが12月30日に有明コロシアムで開催される『ハッスル・マニア』に出場する、超大物の“隠し玉”を発表! その人物とは、今年、春風亭小朝との離婚騒動や、「金髪豚野郎」などの暴言で世間を騒がせた泰葉だった。

この方はプロレスできるんですか?

泰葉参戦というのもベタすぎて笑えないですねー。

このアングルを上手く転がすことができんのか。

今年停滞していたハッスル、こんなんでいいんでしょうか?











イイーんです!!

なんせ話題になってますから(^^

ワイドショーでも取り上げられてますし、注目させたもん勝ちです。

これでハッスルは大晦日に戦えるスタートラインにつけたと言えるのではないでしょうか。

ここまで発表が遅れたのも、間隔が空いて飽きられるよりは良かったかも。

久々にハッスルが世間に注目されて(正確には泰葉ですが)、嬉しいです(^^

あとは興行の中身、これが大事ですよ。


2008-12-09

ハッスル・マニアに向けて

9日早朝、ついにハッスル・マニアに参戦する“逆境有名人”が明らかに


ようやく発表ですか。
これをハッスル再浮上の狼煙として、ガンガン大晦日まで煽ってほしい。

“逆境有名人”さんに強い興味はないですが、マニア自体が面白い大会になってくれれば。
でも、視聴率も獲らないと次はないですよね。
2008-12-07

猪木祭り、再び?

福澤アナDynamite!!で吠える

フリーの福澤朗アナウンサー(45)が、大みそかにTBS・MBS系で放送される格闘技の祭典「FieLDS Dynamite!! ~勇気のチカラ 2008~」(後7・00)で12年ぶりにスポーツ実況に挑戦することが4日、分かった。

ゲェーッ! 福澤!
マジですかい、こりゃ。
全日はともかくとして、「猪木祭り2003」を思い出してしまうのは・・・不吉だ。

実況担当は2試合ということなので桜庭VS田村にジャストミートしないように祈ってます。
K-1甲子園とかでいいんじゃないでしょうか(^^;
秒殺に終わった安田VSレネ・ローゼの「もう終わっちゃったのぉ?!」と言った実況は本当に酷かったです。
2008-12-03

さらば「kamipro Hand」!

【重要なお知らせ】kamiproの新携帯サイト【kamipro Move】開始にあたり「kamipro Hand」にもご登録されているお客様へ

なんか携帯サイトの運営会社が変わるみたいですが、急な話でユーザー置いてけぼりの感がありあり。
11月末にカミプロハンドが閉鎖する旨を11月30日夜に告知というのは・・・
僕自身は先月末でハンドを退会していたので12月分の料金を取られることはないんですが、逃げ遅れた人は「kamipro Move」に入ったら、ハンドとの二重課金になります。
これにはさすがにユーザーも非難轟々で、結局12月末までハンドは情報更新し、ムーブに加入する人にはクオカードを配るということになったようです。
今回のカミプロの不手際にはカチンと来ていたので同情する気にはなりません。
お金の大小の問題ではないんですよねえ、この憤りは。

ただ冷静になって考えればカミプロ編集部がこんな詐欺まがいのことを好き好んでするわけはないなと。
とはいえ、長年「紙プロ」やHANDを愛読してきた身としては寂しいかぎり、ムーブに加入するかどうかはもう少し様子を見てからに決めたいと思います。

思えば「kamipro Hand」に加入して早5年、当時は大晦日興行をテレビ3局で放送するという時期でした。
ヒョードルが猪木祭りに出たり、カードが全然決まらなかったり(それは今もですが)、リング外がとてつもなく騒がしかった!
PRIDEファンとしては、ヤキモキしながらハンドの情報を読んでいたことを憶えてます。
他にも吉田豪が高田に呼び出されてカミプロ追放になるまでコラム連載してたり、何故かランデルマンが連載を持ってたりして面白かったなあ。
ランデルマンのコラムはかなりゴースト臭かったですが、イズマイウのことを「イズさん」と呼んでいたのが個人的にツボでした。

最近の連載コラムに関しては、タイトル名は出しませんが、火曜木曜の連載は手抜き・怠慢を感じるほどにつまらなかった。
格闘技熱が冷めてきた時期にこのサイト移管騒動。
ムーブに加入する気も失せるというものです・・・なんて言いながら2,3日したら我慢できずに契約してたりして(^^;

とにかく(今回の一件は、kamiproファックな気持ちですが)、さようなら、カミプロハンド! 長い間ありがとう!

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。