--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-31

DREAMフェザー未だ羽ばたかず

カミプロ・ムーブによると、佐藤大輔はアフリクションを見に行ってたみたいですね。
KIDや宇野が行ってたのは各媒体で報じられているので知ってましたが、佐藤大輔まで観戦していたとは以外です。

さて本題に入りますが・・・・・DREAMフェザー級GPの会見はまだですか?
確か今週中に出場選手等を発表すると言ってませんでした?

「今週中」が「来週末」であったり、お盆明けが8月末だったりするDREAMカード発表にこんなことを言うのも今更ですねf^_^;

とはいえ、改善されるまでは文句を言い続けたいと思います。

唯一いい話は所がGPに間に合いそうなことくらいか。
それでも骨折明けだから厳しいですが。

なんだかんだ言いながらもDREAMフェザー級GPは盛り上がると思うんで、あとは直前のドタバタ無しで開催して欲しいものです。
スポンサーサイト
2009-01-28

戦極フェザー級GP発動篇

新エース候補・日沖、『名古屋から世界へ』実現だ!=戦極

■戦極~第七陣~
3月20日(金・祝) 東京・国立代々木競技場第二体育館 開場15:00 開始17:00

【参戦決定選手】

<戦極フェザー級グランプリ>
日沖 発(ALIVE)
マルロン・サンドロ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
ロニー・牛若(英国/チーム・トロージャン)
クリス・マニュエル(米国・アメリカン・トップチーム)
ニック・デニス(カナダ/Ronin MMA)

日沖は戦極ですか!
修斗のタイトルマッチをやるかと思ってたんですが、こっちに来ましたか。
PRIDE武士道で一試合してますが、本格的にメジャーデビューですね。
パンチで圧力を掛けてくる相手が苦手な印象がありますが、立ってよし寝てよしのトータルファイターですから優勝候補なのは間違いないところでしょう。

サンドロは強敵だし、他にも強豪が参戦するんでしょうが、日沖に頑張って欲しいですね。


2009-01-26

さあ、次はヒョードル対ジョシュ

ヒョードル、元UFC王者を一撃KO ヘビー級王座防衛=アフリクション

ヒョードルは苦戦したようですが、見事な完全KO勝利。

実際にユーなんとかチューブで見ましたが、思ってたよりは苦戦してないように見えました。

飛び膝でアルロフスキーが上昇しきる前にフックを貰って失神させるとは恐るべし。

そして、ジョシュも貫禄のTKO勝ち。
アイブル相手に3Rまでかかったのは印象はよくないですが、内容自体は危なげなかったようなので、まずは重畳。

次はヒョードル対ジョシュですね!

で、次の大会はいつですか?


2009-01-24

今年もがんばれジョシュ!

もうすぐアフリクションですね。
ジョシュの対戦相手アイブルは打撃があるので、ちょっとだけ心配してます。
でもまあ、順当に行けばジョシュの勝利は堅いでしょう。

メインのヒョードル対アルロフスキーもかなりの好カードですが、日本じゃ見れねーですよ。

何とかヒョードルが勝ってジョシュとの最終決戦を行ってほしいです。
そうしたらアフリクションは終わってもいいんじゃないでしょうか(笑)
2009-01-24

さーて今年のDREAMは?

超重大発表は不発!? DREAMが年間スケジュールを発表!!

3月8日(日)『DREAM.7』さいたまスーパーアリーナ
4月5日(日)『DREAM.8』名古屋・日本ガイシホール(旧レインボーホール)
5月『DREAM.9』関東圏
7月『DREAM.10』関東圏
9月『DREAM.11』関東圏
10月『DREAM.12』地方大会
大晦日『Dynamite!!』さいたまスーパーアリーナ

うひょーっ! 名古屋にDREAMが来ますよ!
もちろん見に行きます。

多分ウェルターGPがメインになるだろうから面子はしょぼいかもしれませんが、少しでも好カードがあるといいな。

まあズンドコDREAMのことなんで期待値を下げて待ちたいと思います。


まずは3月のフェザー級GP開幕戦。
昨日、チケット先行予約のハガキが届きました。

DREAM7
フェザー=羽 ということでエヴァンゲリオンっぽい絵になってます。
多分KID、所は出れないけど、どれだけ盛り上がるのか。
この二人はトーナメントで見たいのでシードでもいいのではないでしょうか。


あと体重リミットを早く設定しやがれ。

個人的には「ネバダ基準がナンボのもんじゃい」とも思いますが、選手にしてみたら体重合わすのは大変ですよね。

62~64キロと中途半端な体重設定になりますが、その分選手層を厚くして盛り上がってくれれば。

しかし、この体重設定は武士道の悪習をを受け継いでますね(^_^;


2009-01-22

kamipro石井慧インタビューさわり

表紙は……UFC至上主義宣言、石井慧のスタジオ特写!

☆放言王がついに本音で語った!!
石井慧 ロングインタビュー
「DREAM、戦極は『TUF』みたいなもんですから」

そうそう!DREAM・戦極はTUFレベルなんだよ、肩慣らしなんだよ。
だから、その肩慣らしを日本でやって日本の格闘技界に貢献してからUFCに行ってくださいよ!

ミルコや石井が尊敬する秋山はプロレスラーやK-1ファイターと戦いながら総合に慣れていったんだから、石井もその例に倣ってもよかった気はします。

そう思ってる格闘技ファンも結構いるのではないでしょうか。

ただ練習環境はアメリカの方がいいでしょうね。
言葉が通じないところで精神的にどこまで頑張れるか。

一年二年では結果は出ないかもしれませんが、まだ若いんですから5年10年先にトップファイターになっていれば良いと思います。

やっぱ頑張って欲しいですねー。

2009-01-22

続・K-1対MMA

五味を倒したゴリアエフがMAX上陸 K-1復権へ佐藤が迎撃=2.23K-1MAX

K-1MAXの09年第1弾大会「K-1 WORLD MAX2009~日本代表決定トーナメント~」(2月23日 代々木第一体育館)の追加対戦カードとして佐藤嘉洋vs.セルゲイ・ゴリアエフのスーパーファイトが決定した。ゴリアエフはムエタイをベースとした総合ファイターで昨年11月の戦極では五味隆典と対戦。スタンドでの打撃戦を制し判定勝ちを収めている。

ゴリアエフ参戦は契約的には問題ないんでしょうが、戦極と仲の悪さが見えて嫌な感じです。
まさか、ゴリアエフが夢の掛橋ではないですよね(笑)

ただ大晦日の流れを継いでK-1対MMAをやるのはいいかもしれません。
川尻たちにK-1に専念されても困りますが、一種のカンフル剤としてはあり。


2009-01-20

ああデニス・・・UFC93

WOWOWでUFC見ました。
デニス・カーン・・・また負けた。
韓国では勝ってるとはいえ、これでメジャー団体では三連敗。

相手のアラン・ベルチャーというと岡見に負けてるイメージしかなかったのでカーンの楽勝かと思ってましたが、サンチアゴに勝ってるんですね。

パンチも当ててタックル決めて、サイド取ってアームロック狙ってと完全にカーンのペースだったのに勿体ない!
ミドルキックをまともに喰らってあからさまに怯んだのがいただなけなかったですね。

最近のカーンはこんな試合ばっか、秋山戦しかりムサシ戦しかり逆転負けが多い。

やっぱ打たれ弱いのか、メンタルが弱いのか。
腕、肩を負傷しながらも郷野、三崎とフルラウンド戦い抜いた勝負根性はどこへやら。
技術面ではUFCでも通用すると思うんで何とか巻き返して欲しいです。


コールマンとショーグンはグダグダでしたね。
愚直にタックルに行くコールマンはよかったんですが、案の定スタミナが切れるのが早い。
こりゃ撲殺かと思ったらショーグンもスタミナ切れてるしf^_^;

お互いブランクがあることを差し引いても残念な試合でした。
特にショーグン!
ショーグンがきっちり仕留めてたら印象も全然違ったのに。

ただKOされて倒れながらもコールマンが最後までタックルに行く姿はよかったです。


そして、メインねダンヘンVSフランクリン。
やっぱりダンヘンって強いんだなと再認識しました。

だって38歳ですよ?
桜庭、吉田、藤田ら同世代の現状を鑑みてもフランクリンと互角以上に戦って勝つのは立派。
バッティングとサミングは残念ですが、それ込みでもダンヘンの勝ちで問題ないかと。
どっちも偶発的なものですし、ダンヘンはバッティングが多いですけどf^_^;
あとダンヘンが後半に息が上がるのは毎度の事とはいえ、今回は特に失速具合が顕著だったような。
いつもは口が開きつつも動きはあまり落ちないのに、今回の3Rではフラフラしてたように感じました。
ちょっと冷や冷やしましたよ。

それでも30対27でフランクリンはないでしょうが。


今大会はタイトルマッチや目玉カードがなく期待してなかったんですが、日本に馴染みのある選手が多く出場していたので充分に楽しめました。

これでデニスが勝ってたらなあ・・・
あとトキーニョ強いですね!

2009-01-10

続・Dynamite!!勇気のチカラ感想

坂口征夫VSアンディ・オロゴン

75キロ契約というのが謎でしたね。坂口は下の階級だし、実際リミットを大きく下回る70・8キロ。
それなりに見せ場もあったし勝っていればフェザー級GP出場が確約されていたのでしょうが。

後付けですが、同じ打撃系のアンディよりも所英男の方が噛み合ったかもしれませんね。


キン肉マン太郎VSサップ
サップもこういう時に練習したり、根性見せたりするんだもんなあ。
結局は茶番に終わりましたが、入場時に自らを鼓舞する姿は嫌いじゃないです。
数少ない日本人ヘビー級ファイターとして頑張って欲しいですね。
あとミート君の顔が長すぎですf^_^;


セーム・シュルトVSマイティ・モー
ジブリ・テイストの煽りVはなかなかよかったですし、シュルトへの感情移入も出来ました。

試合自体は普通に可もなく不可もなく、柔道銀メダリストにも極めたシュルト必殺の三角締めで勝利。
試合後にK-1に戻りたい意向を示したそうで、シュルトさんの明日はどっちだ?


マッハVS柴田勝頼
相変わらずマッハの煽りは奥田民生(ユニコーン)。
相変わらずグラウンドで下になったら何も出来ない柴田。

もう寝技になったら毎回撲殺ショーで見てられないです。
ちゃんと柔術を習ってるんでしょうか。


川尻VS武田幸三

これは本当に予想外。
武田のコンディション諸々がよくないのは戦前から囁かれていましたが、川尻だって打撃が上手いわけではないので負けると思ってましたから。
川尻お見事!まだスターになる運を持っているのかもしれませんね。


バダ・ハリVSアリスター

武田の敗戦は怪我・体調であり、ピークを過ぎたというエクスキューズがありましたが、バダ・ハリはバリバリのトップ。
対するアリスターは昔グラウベに負けたイメージしかないので、ここはハリの勝ちで堅いだろうと平凡な予想をしてましたが・・・

これほど歓声を受けるアリスターを初めて見ました(笑)

アリスターがダウンを取ってから、そそくさとコーナーに戻る姿が好印象。
あの左ヒザからの左フックは速かったですねー。
このコンビネーションをアウトサイダーMVP男・佐野さんはすでに練習してるそうです。さすがはアウトロースター(By徐庶さん)(゜▽゜)


ミルコVSホンマン

両者ともあまり覇気がない試合でした。
あれだけ体格差があるので、ミルコが距離を取ってローを蹴るのは仕方ないんですが、来るとわかってるローを捌けずに立てなくなるホンマンが情けない。まあミルコのローは死ぬほど痛いんでしょうが(^_^;

どちらの株も上がることはありませんでしたね。


武蔵VSムサシ

武田の敗戦は怪我・体調であり、ピークを過ぎていた、バダ・ハリは三週間前に試合でダウンしていたというエクスキューズがありましたが、武蔵にはそれがない。

しかも体重差もあって武蔵優位は動かない・・・と平凡な予想をしてたんですが・・・

そういえばムサシってボクシングやってたんですもんね。綺麗な右ストレート打つなー。

しかし、心ない元フジテレビPRIDEディレクターも酷いですが、会場にいる心ない元PRIDEファンも酷いですねえ(笑)

武蔵が入場するだけでブーイング、ラッシュされてる時にクリンチに行ってもブーイング・・・さすがに可哀相かと。

お約束的なブーイングではなさそうだし、KOされそうなのにクリンチしたら駄目って、どないせえっちゅー話ですよ。

武蔵の「アウェーだったから次はホームでやりたい」という言い訳は情けないですが、実際アウェーでしたねf^_^;
2009-01-08

戦極観戦記

オープニングマッチの入江の試合が始まりましたが、特に興味がないのでパンフレットを読む。

マキシモの試合は面白そうだったので観戦。
エキサイティングな試合でしたが、踏み付けなしのルールだったら危なかったのではないでしょうか。

第一試合 ムベ対ハーマン
前半ボコボコにされながらも、最後は相手が根負け、スタミナ切れでムベ様の逆転勝ち。
PRIDEでのソア・パラレイ戦を思い出しました。
マイクの「アナタガ好キダカラー!」はパンクラスでも言ってましたが、旬が過ぎてるよ(笑)
面白かったのでOKですが。


第二試合 光岡対ゴリアエフ
光岡は無難に勝利して、すぐにではないにしろベルト挑戦に近付きましたね。
それにしても光岡のマイクはグダグダすぎ!


第三試合 中尾Kiss対アントニオ・シウバ
一緒に見てた彼女いわく「中尾はハリウッド・ザコシショ-に似てる」そうです。確かにちょっと似てるような(笑)

シウバは動きも速いし、強いんだろうけど、同体格の相手との試合を見てみたいですね。
ジョシュとの試合が組まれたら見てみたい。

DREAMと戦極が協力すれば凄いヘビー級GPが開催出来ると思うんだけどなあ。
ヒョードル、ジョシュ、アントニオ・シウバ、ハリトーノフ、ミルコ、アリスター、サップ、ムベ、キン肉マン太郎(笑)と求心力、遠心力のあるメンバーが揃って面白そう。
フェザー級GPもそうですし、日本国内でいがみ合ってる場合ではないと思います。

第四試合 キング・モー対内藤

この内藤はプレPRIDE出身で東海TVの「PRIDE王」に出ていたので、それなりに気になる選手でした。ちなみにPRIDE王でのニックネームは「和製ミルコ」f^_^;

しかし、試合はモーがあっさりKOで決めてしまいました。強い!
モーは入場よし、試合よし、マイクよしの素晴らしいファイターですね。
木村サミオとの掛け合いは笑わせていただきました。

ここで休憩ですが、さくさく進行しすぎてて物足りない感がありました。



休憩明け
戦極トライアウトの説明と所属するジムの紹介。
岡見カッコイイなー。
川村もハキハキしててイイ感じ。
横田は噛みまくりだったけど、いつもの寒いビッグマウスを封印してたのでOK!


その後、石井慧がUFCのTシャツを着てリングイン。
キン肉マン太郎は自分でないとアピールするのを見て、ああ戦極とDREAMは仲悪いんだなと暗い気持ちになりました。
石井が帰ってくる頃に日本にメジャー団体が残っているといいんですがf^_^;



第五試合 吉田対菊田
煽りVが始まってるのに石井と朝青龍をフラッシュ撮影しまくる報道陣にちょっとイラッ☆

対戦相手をえり好みする両者ですが、今回は吉田には全く旨味のない試合。よくぞ受けた。

試合は予想外に白熱したものになりました。
吉田の打撃もかなり当たってたんですけど惜しかった。
最後マウント取った状態で極めにいかないのが、いかにも菊田らしいですねf^_^;
こういうジムのボス同士の戦い、ジム同士の総力戦のようで面白かった。


第六試合 三崎対サンチアゴ
これは三崎さん、サンチアゴ両者の良さが出た素晴らしい試合でした。
まず花道の構造上、三崎さんの背中入場は難しいと思ってたんですが、それでも期待に応えてくれる三崎はやっぱりいい!
彼女と二人でキャッキャッ言いながら大喜びしてましたよ。

試合の方もフィジカルでは劣る相手に距離を取ってサークリングしながらヒット&アウェイ戦法。
2Rにダウンしましたが、ほぼ互角か若干三崎のペースだったと思います。
判定までいってたら勝敗は分からなかったですよね。
そんな中で最終ラウンドできっちり仕留めるサンチアゴの精神力も相当なもの。
佐々木戦も逆転勝ちでしたしね。
そして三崎もやっぱり強い。
秋山戦以降もキツイ相手とやり続けて本当に頭が下がります。
これからも頑張って欲しいですが、最近は毎回ダウンしてるんで後年にドランカー症状にならないかが少々心配です。


第七試合 五味対北岡
煽りVの出来が良くて、いい感じで気持ちが高ぶりました。北岡のヤバすぎる表情にざわつく会場。
何回見ても慣れないもんです。

五味が入場曲をマッドカプセルマーケッツに戻したのでテンション上がりました。やっぱ五味はこうでないと!

試合結果は・・・でしたが、これは北岡を褒めるべきでしょうね。
戦極に参戦してからの北岡は強すぎる!
それにしても五味・・・もう輝くことはないのかなあ。
戦極には燃えられるものが無いんでしょうね。
後になって思うのが、入場曲を戻したこともPRIDE時代の強い自分に戻ろうとあがいてたようにも感じます。

どんどん進化していこうとする北岡と過去を向いていた五味との姿勢の差。
それが勝敗に出たのかもしれませんね。


見終わった直後は五味の呆気ない敗戦に脱力状態でしたが、こうやって振り返ってみれば良い興行だった気がしてきました(´Д`)

佐藤大輔の呪縛もだいぶ薄らいできましたし、こういうアッサリ風味の大会も大いにアリ。
三崎さんの試合は熱かったですしね。

2009-01-08

1.4 さいたま旅行記

1月4日、アマ最強戦士・佐野さんのアウトサイダー祝勝会&戦極観戦のため埼玉へ遠征。
朝8時に近鉄電車に乗り、名古屋から新幹線で東京へGO!

埼玉に着いたのは12時前。

くまさんやバースピの皆さんと合流し、さっそくジンギスカン屋で祝勝会。
ここのお肉がヤバイくらいの美味さでご飯が進む進む。

んでPCでアウトサイダーの佐野さんの試合を見せてもらいました。
こりゃ熱い!
打撃の佐野、寝技の吉永の下馬評でしたが、スタンドでも吉永さん大健闘。
僕らは大興奮で、佐野さんが勝った瞬間にもう一度乾杯し直しました(^_^)

他にも徐庶さんの土産の草餅みたいなやつが目茶苦茶美味かったり、コールさんにお宝写真や映像を見せていただいたりして、本当に楽しい祝勝会でした。


そして、さいたまスーパーアリーナへ移動。
会場外に戦極で使用されたリングが設置されてました。

そこでくまさんと佐野さんがスパーを開始(笑)
佐野さんはもちろん、それなりに渡り合えてるくまさんもスゲーなと。
なんて考えてたら「佐野さんですか?」と声を掛けてくる女性が!

おお! ついに神聖サノモテ王国 の始まりかと思いきや、
「手合わせお願いします」とその女性(笑)
そこは握手して下さいとかさーf^_^;
そして、その要求に応えてスパーする佐野さんw アンタやりすぎやww

そんな爽やかな時を過ごしてから、会場入り。

戦極観戦記に続きます。
2009-01-07

後の祭りのネット・プロレス大賞

ネット・プロレス大賞もう締め切られちゃったんですね・・・orz

投票は出来ませんでしたが、一応書いておきます。

MVP
一位・青木真也
昨年1年キツイ相手とばかりやって結果を残したのは立派の一言。
二位・エディ・アルバレス
青木と同じ理由で選出。
試合内容ではアルバレスの方が面白かったです。

三位・北岡悟
これはもう好きとか嫌いとかではなく、ここ一年の活躍は圧巻。
せっかく五味に勝ったんだから、是非ともブレイクして欲しいですね。

ベストバウト
一位 川尻VSアルバレス(DREAM.5)
二位 アルバレスVSハンセン(DREAM.3)

三位 佐野哲也VS吉永(ジ・アウトサイダー4)

アルバレスの試合がワンツーフィニッシュ、この2試合は熱かった。
そして、熱いといえばアウトサイダーの佐野さんの試合。
DMMの動画で見せてもらっただけなんですが、二人とも動きが速い!
いいものを見せていただきました(^_^)

ベスト興行
一位 Dynamite!!勇気のチカラ2008

二位 DREAM.5

三位 DREAM.3

どうやら三重のPRIDEオタクはDREAMに流れたっぽいです。
今年はズンドコをもう少し減らしてくれるといいんですがf^_^;

最優秀団体
一位 DREAM

選手のドタキャンやギャラ払いの遅延、秋山、石井、宇野に逃げられるなど、とてもベストと言える団体ではないのですが、他にめぼしいのがないので繰り上がりで一位です。
まあ興行自体は文句なく良かったですよね。

第二位 ジ・アウトサイダー

佐野さんきっかけで興味を持つようになりました。
アマチュアなのでほぼノーギャラ、でもチケットは売切れ状態と上手い商売を考えたものだと思います。
アマなのにスポナビなどで取り上げられるなど注目度も高いのも凄いですね。

新人賞
一位 佐野哲也(アウトサイダー)
身内贔屓だけでなく、前田日明も「プロ・アマ通じて、ここ五年で1番の試合」と言ってるわけですから大いにアリでしょう。

二位 キング・モー(戦極)
総合転向したばかりなのに対応力が半端ないですね。
あの入場もGOOD。

三位 ゼウス(ハッスル)
ハッスルに来た当初は会場を白けさせてたのに最後はゼウスコールを浴びるほどに成長したのは素晴らしい。

というわけで、こんな感じで書いてみました。
所々に抜けてる項目がありますが、投票するわけではないんで割愛します。
2009-01-04

戦極初観戦

スイミングアイ佐野さんの祝勝会に行ったついでに戦極の乱を見てきました。

前者は後日書くとして、戦極の感想を簡単に。
五味、三崎が負けたのは残念でしたが、三崎さんの背中入場と熱い試合が見れたので善しとします。
なかなか良い試合が多かったんですが、ズシンと心に残るような興行ではなかったです。
サクサク進行してたのはよかったんですけどねf^_^;

くまさん、徐庶さん、フルさん、コールさん、佐野さん、今日は楽しかったです、ありがとうございました!
お疲れ様でした(^^
2009-01-03

「Dynamite!!~勇気のチカラ2008~ 」感想

オープニングV

期待を上回りはしないが、下回りもしない佐藤大輔の映像。
あの選手を止め絵でマンガキャラにデフォルメするのはいい感じですね。
ハンセン体調不良で試合中止のテロップが。全く情報が出てこないんですが、大丈夫なんでしょうか?

全選手入場
この前のDREAMで無くなったTBSアナの選手紹介が復活。
アナがしゃべってる間に次の選手のテロップが出てまっせ。
邪魔以外の何者でもないですが、まあ我慢すればいいか。
スブタの中のパイナップルみたいな感じです、僕にとって。


第一試合

福澤さんの実況は凄いですね。
生ダラっぽくなりますねー。
SRF8回を知ってただけで勉強したんだな、と感心してしまうくらいのハードルの低さ。

試合自体はいつも通りにミノワマンの足関で極めましたが、体格差と最近の戦績を鑑みて少々ヒヤヒヤしました。


K-1甲子園

こういう企画自体はいいと思います。
総合ではなかなか出来ない企画ですしね。


佐藤VSキシェンコ

青木と同様に大晦日にシビアなカードでババ引いた感のある佐藤。ここで勝てばMAXでのポジションも良くなったんでしょうが、キシェンコは強かった。

それにしてもキシェンコは超ハンサム。谷川さんにはキシェンコこそスターにして欲しいものです。


中村大介VS所英男

煽りVの音楽がホフディランでびっくり、佐藤大輔は本当に守備範囲が広いっすね。

試合内容はこの二人が戦えば外れはないだろうといい期待に応える熱い寝技合戦。
所が骨折したようですが、早く復帰して活躍することを願っています。
フェザー級GPはどうすんでしょf^_^;


2009-01-02

ハッスルマニア感想

あけましておめでとうございます。

今回の大晦日「ハッスル・マニア」、去年とは比べようもないくらい地上波の構成がよかったです。
目玉がなく散漫な印象だった昨年と違い、今年は賛否両論あれど泰葉という軸がありましたからね。
ムタとエスペランサーとの絡みもよかったし、泰葉のマネージャー乱入もゲラゲラ笑ってましたよ。
今年のマニアはよかったー!

と思ってたら、

 『Dynamite!!』の視聴率12.9パーセント! 紅白、ガキの使い、そして『ハッスル』は!?


ぎゃふんっ!
しかもフジテレビに負けてるし(笑)

Dynamite!!も民放一位から落ちちゃいましたし・・・この結果は残念。


でも両興行とも内容はよかったですよ。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。