--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-28

DREAM.7に川尻が参戦!

川尻が緊急参戦! 相手はBJペンの刺客「圧倒したい」=DREAM.7

ロス・エバネスって誰よ?って感じで盛り上がらないカードです(^^;

ただロス・エバネスの戦績を見ると、勝てる相手には勝つが、強豪には負けるという中堅タイプのように読み取れます。
決して弱い選手ではないようですが、川尻にとっては負けられないところですね。
せっかく大晦日にブレイクしたんだから、ここでもスカ勝ちしてほしい。
これで全カード決定だとしたら、どれをメインにするかがなかなかに悩ましい。
フェザー級GP中心だから今成vs山本篤かな?


「僕らは正直言って甘やかしてた」谷川EPが秋山に辛口エール

「知りませんでした。どこの世界も大変なので頑張ってください。ダナ・ホワイト(UFC代表)さんが上手く育ててくれればいいですけど、いきなり潰される可能性もありますよ」と、まず谷川EPは競争の過酷なUFCのマッチメイクを心配した。

「韓国のテレビ局が交渉してたという話を聞きましたけど……まあ、いい勉強になると思いますよ。(秋山は)僕らしか知らないから。僕らは正直言って甘やかしてたんで。これでたくましくなって日本に帰ってきてくれれば。頑張ってください」と淡々とコメントした。

確かにDREAMでのお茶濁しはもちろんのこと、HERO’Sでのデビューからの金魚マッチ、三崎戦でのノーコンテストなど甘やかしすぎでした。
秋山はFEGが育てた怪物なんで責任の一端は谷川さんにあると思いますが、今さら言っても遅いですよね。
これからは秋山抜きでDREAMを切り盛りしていくわけですから、お茶濁しなしの真っ向勝負のカードを提供し続けてほしいですね。
今のところ、DREAM7も8も楽しみなカードが多いので、その調子でお願いしたいです。

スポンサーサイト
2009-02-27

秋山UFC参戦、kamiproの見解

kamipro携帯サイト「kamiブログ」にて、堀江ガンツ氏が今回の秋山のUFC参戦理由を推察する記事を書いていました。
要約すると、

秋山は選手としてのギャラよりも、韓国でのCM出演料や様々なロイヤリティなどの収入の方が多い。
ところが、昨年の一連のお茶濁しにより韓国での人気が下がってきた。
そこで韓国市場での自身の商品価値を上げるために「メジャーリーグ」UFC参戦となった。


一連のカミプロにおけるお茶濁し報道について、特に謝罪めいた言葉はありませんでしたが、それで構わないでしょう。
実際、去年秋山が戦ったのは柴田と外岡ですからね。
今回の見解もそう的外れではないと思います。

秋山がUFCでどこまで通用するのか。
同kamiブログで「ある日本人大物選手は、秋山はUFCで成功すると見ている。パンチが重くワンツーを入れて、足を使って距離を取る秋山のスタイルはオクタゴンにピッタリ」と評されてました。
オクタゴンはリングより広いので、打撃でダメージを与えてもバックステップで逃げられてしまうことがよく見られます。
秋山はミドル級ではリーチが長くないし、オクタゴンにも不慣れなので苦戦しそうな気がしますけど。
この前カーンに勝ったアラン・ベルチャーあたりとやれば今後の試金石となるのでは。


ちなみに秋山が同様の契約とは限りませんが、以前カミプロ携帯サイトで郷野が自分とUFCとの契約について書いていたので、要約して紹介します。

・オファーが来るのはだいたい三ヶ月前くらい。
・対戦相手を選べない。
・怪我や病気でないかぎり、オファーを断れない。
・昨年10月の復帰戦もコンディション的にはもう一ヶ月先がよかったが、UFCのスケジュールはかなり先まで決まっていて、延期してもらうと次戦がいつになるか分からないので試合をした。


やはり一番改善してないといけないのは早めのオファー。三ヶ月前とは言いませんが、せめて一ヶ月前にはカードを決めて欲しいですね。

郷野は日本の興行は選手のわがままを聞きすぎるからカード決定が遅くなったり、お茶濁しカードをやってしまうと批判してました。
逆にUFCは看板選手のGSPにペン、アウベス、フィッチらの超強豪をぶつけてます。

秋山にも王者ほどではなくとも、強豪をぶつけられるでしょう。

そこでどこまで食い込んでいけるか非常に興味深いです。
2009-02-27

UFC95感想

前半は試合が退屈なわけではないんだけど、馴染みの無い選手ばかりで少々眠気が・・コスチェックが出てくるまではきつかった。
勝てた試合だけに勿体かったけど、最後のストップは妥当だったと思います。
パウロ・チアゴのそばでイズマイウらしき人物を発見(笑)、元気そうで何よりです。

ブライアン・コッブは全然通用しませんでしたね。
富樫に勝ったといっても十字を取られかけてましたし、たいしたことはなかったか。


デミアン・マイアは素晴らしい。フィリオに勝ってるサネンに完勝。
投げからすぐマウントを取って三角の流れは鮮やかで、グラウンドに持ち込んでから極めるまで僅か15秒。
ダンヘンVSビスピンの勝者なんかよりマイアとやらせるべきでしょう。
ターレス某なんかよりもよっぽど良いのに。
それにしてもUFCはミドル級も層が分厚い。マイア、岡見、マーコート、トッキーニョ、ダンヘン、フランクリンと挑戦者には事欠きません。
なのにターレスとかパトリック・コーテにタイトル挑戦させるんですかf^_^;


サンチェスとスティーブンソンのグラウンド時は目まぐるしく動いて面白かったんですが、いかんせんスタンドの時間が長すぎた。
これでスティーブンソンはトップどころに全敗。そろそろUFCを抜けて日本で戦うのもアリなんじゃないでしょうか。
青木や北岡との対戦を見てみたい!

今回はタイトルマッチがなしで、あまり期待してなかった分、面白く感じました。


2009-02-25

秋山ナメてました、すいませんでした(土下座)

秋山成勲のUFC参戦が正式に決定

この選択は驚きです。
人伝いに「秋山はUFC」という話は聞いていましたが、それがマジだったとは!
青木に対戦要求されてる時も
「DREAMの大黒柱?なるがいいさ、俺のいないDREAMでな!年が明けたら俺はUFC(アメリカ)だ」
と思ってたことでしょう。

今まで散々お茶濁しだなんだと非難したことを深く反省しております。
自分は本当に悪意をもって批判したわけではありませんが、
僕の秋山選手に対する認識のなさから、いい加減な批判をしてしまいました。
秋山選手の目を見て謝りたいです。
そして、リング上の秋山選手を笑って応援できたらなと思っています。


でも、グリフォンさんが言う

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20090225
UFC参戦に際して「外岡・柴田レベルの選手とやれれば満足だ、強豪とは戦う必要は無い」みたいな逆提案をして、ダナたちがそれを「どうせ彼は韓国進出用の限定ヒーローだし」みたいなノリでのんだかもしれない…

という可能性もありそうですね。

UFCでもお茶濁しするようなら叩きに走りますy(^ー^)y


ufc99 に宇野薫出場


そして、宇野のUFC参戦も正式に決まったようです。
宇野もきっと青木と対戦した時に「DREAMライト級王者? なるがいいさ、俺の(ry」

今のUFCで宇野がどこまで通用するのか。
一勝できればお慰みか。
日本の舞台を袖にして挑戦する以上は頑張って結果を出してほしい。

2009-02-21

DEEPからDREAMへ

池本が門馬に快勝! DREAMウェルター級GPへ=DEEP

青木vs.ガードナー、石田vs.中村が決定=DREAM

青木ガードナー、谷川さんも「今は誰々が出るからではチケットは売れない、求心力のあるカードを組まないとダメ」みたいなこと言ってたのに。
ガードナーはライト級の選手だから、青木の調整試合以外は何の意味もないカード。
怪我しないことを祈ります。
ウェルター級GPを見据えた上での調整だから、秋山のお茶濁しよりは若干マシなんですが、それでも何だかなあ。

石田VS中村は好カード。
中村は破竹の勢いとはいえ、勝ってきた相手は70キロ級の強豪ではない。
ここは真価を問われる試合。
石田も久々の日本での試合で気合い入ってるはず。
DREAMでは宇野に負けて以来だし、今回は負けられないところ。

お互いがノンストップで動き回る試合が見たいです。
この両者なら出来るはず。
石田くん次第かなf^_^;


池本門馬は池本が勝つとは少々以外でした。
以前勝ってるのと、体格差で門馬が有利かと思ってました。

これでウェルター級GPはマッハ、青木、池本に噂のガルシア、ガヴァオンで5人。
あとは弘中かK太郎くらいでしょうか。

2009-02-20

KID、お前男だよ!

フェザー級GP1回戦組み合わせ決定、KIDは2回戦から=DREAM

3月8日「DREAM.7」(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で開幕するフェザー級GPの1回戦全試合の組み合わせが19日に発表された。
 今成正和vs.山本篤の日本人対決をはじめ、6試合が「DREAM.7」で行われることが決定。新たに日本からパンクラス初代フェザー級王者・前田吉朗の参戦も決定した。なお、所英男vs.DJ taikiの試合は4月5日の「DREAM.8」で行われる。

 また、出否に関しての動向が注目されていた山本“KID”徳郁のフェザー級GP出場も正式に決定。KIDは昨年7月に負傷した右ひざ前十字じん帯断裂の回復が間に合わないことから、これまでの実績を考慮されて主催者推薦によるシード選出となり、5月開催の「DREAM.9」で行われる2回戦からの出場となる。

戦極と違って見知ったメンバーばかり。テンションも上がります(^_^)
体重リミットは63キロ、KIDはナチュラルで63キロしか無いのによくぞ出てきた。
その男気は立派。ブランクもあるのでKIDが勝ち抜くのは厳しいでしょう。

今成VS山本篤は今成が負けるのでは?
今成には青木のようなテイクダウン能力もないし、北岡ほどのパワーもない。
スライディングして足関を狙うしかないかと。
噛み合わないかもしれませんねえ。
主催者の思惑通りに篤を極めてKID戦へと繋ぐことが出来るか。


前田ミカ・ミラーは身長差があるんで、前田が負けちゃうのではf^_^;
せっかくWECで男を上げての日本凱旋なんで良い結果がついてくるといいんですが。
ジョー・ピアソン戦の悪夢が。

ビービとウォーレンをぶつけたのはよくわからない。
他のカードがいいだけにちょっと勿体ない。

高谷とウィッキーは対戦相手以上に減量との戦いになりそうですね。
減量さえ上手くいけば高谷が優勝候補、あとはビビアーノあたりか。

所VSDJが名古屋で見れるとは超ラッキー!
名古屋でもヒムロック入場が見たい(笑)

DJは四月なら間に合うということでしょうか。
所も骨折明けなんで、開幕をスライドさせたのは結果的によかったのでは。
お互い万全の状態で出てきて欲しいものです。
眼窩底損傷って大丈夫なんでしょうか?

イコール・コンディションならDJが勝ちそう。
所は腰の強いストライカーは苦手ですしね。


ドンウォンやウォーレンを出すなら、最初から昇侍とDJを出してやればいいのに。
あと宮田が完全スルーされてますが、実力的には申し分ないと思うんですけどね。
昇侍やDJが死闘を演じてるのを横目に宮田が涼しい顔してGP参戦したら選手から反発を喰らいそうだから仕方ないか。


出場するメンツの団体は、
DEEP4人
ZST2人
パンクラス3人
修斗4人
HERO4人
WEC4人
前田、山本篤、DJなんてパンクラスフェザーですよ。
引退した志田も戦極、DREAMどちらかに出場していてもおかしくなかっただけに惜しい。
まさに軽量級ファイターのごった煮。バランスのとれた個性的な好メンバーが揃いました。

2009-02-20

戦極フェザー級GP門脇参戦

前修斗ライト級王者・門脇がフェザー級GP参戦=戦極
【参戦決定選手】

門脇英基(和術慧舟會東京本部)
ナム・ファン(ベトナム/米国/Ma Du アカデミー)
マット・ジャガーズ(米国/Team Wolfpack)
L.C.デイビス(米国/アメリカン柔術アカデミー)

【フェザー級グランプリ参戦選手】

日沖 発(ALIVE)
金原正徳(パラエストラ八王子/チームZST)
山田哲也(しんわトータルコンバット/チームZST)
マルロン・サンドロ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
ロニー・牛若(英国/チーム・トロージャン)
クリス・マニュエル(米国・アメリカン・トップチーム)
ニック・デニス(カナダ/Ronin MMA)
ジャン・チャンソン(韓国/CMA KOREA/KTT)
小見川道大(吉田道場)
石渡伸太郎(GUTSMAN・修斗道場)
川原誠也(パンクラスP's LAB横浜)

すいません、半分は知らない選手です(´Д`)
試合を見たことある選手はその半分・・・きっと強いんでしょうけど、かなり地味強トーナメントですね。
2006年PRIDEウェルター級GPも地味な印象がありましたが、それを遥かに上回る地味ーなメンバーですな。

門脇に関しては、日沖に一本負けしたイメージを未だに引きずってるので、あまり強いという印象はないですね。
とはいえ、ルミナ、田村に勝ってるわけですから65キロ級屈指の強豪なのは間違いない。
サンドロとの対戦は少々興味あります。

しかし、これでPRIDEと同じチケット価格なんだから凄いですよね。
三崎さんじゃなくても糞高いと言いたくなるf^_^;
2009-02-17

DREAM?ちゃんちゃらオカシイよ!(水上学の形相で)

やっぱ凄いなーDREAMは。
大会まで三週間を切ってるのにカード発表もフェザー級GPの体重リミット
も発表してないとは流石です。
去年のDREAM旗揚げの時もバタバタしていて、ズンドコと言われるに相応しいものでした。

2/13 DREAM公開発表記者会見
発表カード
青木vsカルバン

2/26(18日前)
発表カード
川尻達也vsブラックマンバ
宮田和幸vsルイス・ブスカペ
ヨアキム・ハンセンvs朴光哲


3/7 (8日前)
発表カード
アンドレ・ジダvsエディ・アルバレス
永田克彦vsアルトゥール・ウマハノフ
石田光洋vsチョン・ブギョン
桜井“マッハ”速人vs門馬秀貴

3/11(4日前)
ミルコvs水野竜也、公募により決定。
DREAMオフィシャルルール発表
(四点膝あり、サッカーボール・キック、踏み付け禁止など)


3/14(前日)
ミノワマンvsイ・グァンボム発表

今振り返っても酷い。
4日前にルール発表って何だよ。
今回も体重リミットをまだ発表してないし、DREAMスタッフ進歩なさすぎ!

UFCが当たり前のように二ヶ月、三ヶ月前にカード発表しているのに、
日本の興行はいつまで経っても・・・
とにかくDREAMフェザー級GP、期待してるんですからカード発表諸々
その辺をビシッと決めて下さいよ。

あとDJ.taikiの怪我は大丈夫なんでしょうか?
もし出れないようならリザーバーに回すなりして、救済措置を取って欲しいですね。

2009-02-13

DREAM.8の予約ハガキが届いたけれども

DREAMウェルター級GPにマッハ、青木の参戦が決定=DREAM.8

「DREAM.8~ウェルター級グランプリ2009 開幕戦~」(4月5日、愛知・日本ガイシホール)の記者会見が12日、都内ホテルで行われ、ウェルター級グランプリに桜井“マッハ”速人、青木真也、また2.20「DEEP40」で行われる池本誠知vs.門馬秀貴の勝者が出場することが発表された。

やはり出ますか、青木真也。
しかし、三月は出なくてもいいでしょう!
お茶を濁した相手とやるくらいならGP一本に絞った方がいいですよ。
主催者に言わされてるんですかねー。

ぶっちゃけDREAMウェルター級のレベルなら青木が優勝しちゃいそうではあります。
3年半前にマッハと戦った時も判定負けしてますが、見ていた印象では青木の勝ち、悪くても引き分けでしたし、今の青木はあの時より成長してます。
問題は青木がライト級の身体になってしまってることか。

対してDREAMウェルター級エースのマッハは年齢的にも横這いがいいところ。
デビッド・バロンに一本負けするなどムラッ気が心配です。

他のメンバーはどうなるんでしょう。
池本や門馬もいいんですが、中村K太郎や弘中の方が出場資格があると思いますし、見たいです。

外国人選手はディアスが出れそうにないけど、誰が出るんでしょうか。
昨日届いたDREAM8の先行予約ハガキには青木、マッハ、ミノワマンに石田、ジャカレイ、弁慶、ハントの写真が載ってました。
まさか石田くんが増量して参戦・・・は無いですよね。
もしくはジャカレイ、弁慶が減量して参戦・・・も無いですよね。

まさかまさかハントが・・・って人ひとり分減量しないといかんですねf^_^;


あまり好メンバーは期待出来ませんが、地元近くで青木やマッハの試合が見られるだけでも良しとしないといかんかな。


あとウェルター級GPもいいけど、フェザー級のカードを早く決めて下さいね!

2009-02-13

戦極フェザー級GP 追加参戦選手

戦極フェザー級GPに小見川、川原、石渡の出場が決定=3.20第七陣

「戦極~第七陣~」(3月20日、東京・国立代々木競技場第二体育館)に関する会見が12日に都内で行なわれ、同大会からスタートする戦極フェザー級グランプリに小見川道大(吉田道場)、石渡伸太郎(GUTSMAN・修斗道場)、川原誠也(パンクラスP's LAB横浜)の3選手の追加参戦が発表となった

戦極フェザー級GPの出場メンバーも揃ってきましたね。小見川は戦績こそ奮わないものの試合が面白いので出場はアリですあまり打撃に傾倒しすぎず寝技にも行って欲しいです。

石渡の試合は見たことがありませんが、不死身夜に勝ってるなら資格は十分あるでしょう。

川原は完全に階級下ですね。
試合はアグレッシブなので、会場の暖め役としてはいいかも。


なんと言いますか、DREAMに比べると地味というか、いい意味でも悪い意味でも戦極らしいメンバーになってますねf^_^;

2009-02-11

フェザー級GPへの道

DEEP&CMA感謝祭でDJ.taikiが勝利!

格闘技ファンから注目を浴びたのは、DJ.taiki vs 昇侍の一戦。この試合に勝てば3.8『DREAM.7』で開幕するフェザー級GP出場が決定する。試合が決定した会見では、元同僚の昇侍に対し、「寝技のスパーリングでは5分に3回は極められてます」と、自信のなさを吐露していたDJ.taikiだったが、試合では破壊力のある獰猛なパンチで昇侍にカウンターを決め、試合を優位に進めた。

昇侍もグラウンド勝負にはいかず、真っ向からDJ.taikiとの打ち合いに応じ、拮抗した打撃戦が展開されたが、1R終了間際にDJ.taikiのパンチが昇侍の顔面に炸裂し、KO寸前まで追い込むと、流れをつかんだDJ.taikiは自らも大量の鼻血を流しながら打撃で優勢を保ち、判定で勝利している。熾烈な打撃戦を制してDREAMフェザー級GP出場権を手にしたDJ.taikiは、試合後に「自分はストライカー。ぜひ高谷(裕之)選手との試合を組んでほしい」と早くもDREAMでの対戦相手の希望までアピールしていた。

これは熱い試合だったようで、元同門の二人がDREAM出場を賭けて戦うというのも、ある意味ドラマですね。試合後の昇侍のマイク、文面で読んだだけなのに目から汗が出そうに・・・

正直メジャーで頭打ちの昇侍よりも誰と当たっても新鮮味のあるDJの方がDREAMで見たかったので、フェザー級GPでどこまで行けるか楽しみです。

一回戦でDJが希望してる高谷戦は見てみたい。
高谷はレミーガ戦ではマウントでボコっていたので、DJ相手ならグラウンドに持ち込んでくるかもしれませんね。
純粋なスタンド勝負を望むなら「逃げるための寝技、逃げるためのレスリングが出来ればいい」とまで言ってるウィッキーの方が噛み合いそうな気がします。

DJ、高谷、ウィッキー。これに今成、所が絡んでくるんだからワクワクしてきます(^_^)

フェザー級GPめちゃめちゃ楽しみになってきました。

だから、さっさと体重を決めようや!


2009-02-07

63キロの「3キロ」って何なんですかね?

DREAMフェザー級GPに所、今成、海外からビービら11人発表

3月8日の「DREAM.7」(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で開幕するフェザー級GPの出場メンバー11人(16人出場)が決定。今成正和、所英男、山本篤、高谷裕之、ウィッキー聡生、大塚隆史、海外からビビアーノ・フェルナンデス、ミカ・ミラー、チェイス・ビービ、ジョー・ウォーレン、キム・ジョンウォンの出場が決まった。
 また、2月10日の「新春! DEEP&CMAファン感謝祭 2009」(東京・後楽園ホール)で戦うDJ taikivs.昇侍の勝者が、12人目の選手としてトーナメントに出場することも正式に発表された。

なかなかの好メンバーが揃いましたが、体重設定をさっさと決めやがれ。

所はまだリハビリ中なのに大丈夫なんでしょうか。
なんか大晦日の桜庭と被りますね。
手負いの所が勝てるほど甘い相手はいないのでは。


KIDの出否については来週中と笹原さんが言ってるんで、来月頭までには明らかになるでしょう。

個人的にはKIDは出場せずにROAD TO KIDトーナメントにするのもアリです。
視聴率云々はゴールデンの5月と9月にKIDがワンマッチで試合すればいいんじゃないかと。
大晦日にGP王者とタイトルマッチの流れでもいいと思います。

ただ体重設定63キロではKIDが嫌がりそうですね。
でも、それはKIDのわがままではなく主催者がルーズなだけです。61キロと65キロの各八人のトーナメントでもいいし。

結局は61キロ近辺にすると、65キロの選手が戦極に取られてしまうから中間の体重にしたんでしょう。
一回コッキリのトーナメントならこういう体重設定もいいんですが、ベルトを作ってずっと継続していくなら選手は大変ですね。

パンクラスやDEEPみたいな早めに階級をネバダ基準に合わせて欲しいです。
僕的にはアスレチック・コミッションがナンボのもんじゃいですが、選手のことを考えるとそうなったほうがいいですよね。


ところで、谷川さんに直談判した宮田はスルーですか?(笑)


2009-02-05

こ~こ~、さんねんせ~♪

現役高校生が戦極フェザー級GP参戦! ZSTから金原、18歳の山田が出場

総合格闘技「戦極」の2009年第1弾大会「戦極~第七陣~」(3月20日、東京・国立代々木競技場第二体育館)の会見が4日、都内のワールビクトリーロード事務所で開かれ、フェザー級GPの出場選手として、チームZSTから金原正徳と山田哲也、韓国からジャン・チャンソンの参戦が発表された。

山田くんはカミプロでも話題になってた高校生コンビの片割れですね。
高校生を今回のGPに出すことも驚きですが、ZSTルールとはいえ、総合で試合してたのも驚きです。
顔面パウンドなしと言ってもスタンドでは顔面パンチがあるわけですから危険だったのではf^_^;
てっきり寝技ルールでの試合経験のみかと思ってました。
まあ金子賢よりはよっぽどプロで戦う資格はありますかね。

強豪ひしめく戦極フェザー級でどこまで通用するのか。
楽しみなような、怖いような。
勝ってしまえば周囲のノイズも掻き消すことが出来るでしょう。

ただ安全面に関して「競技性を追求している」戦極の国保代表はどのようにお考えなんでしょうか?


2009-02-02

UFC94感想

UFC見ました。

GSPは強すぎですよ。
BJペンをグラウンドでボコるなんて化け物か!
あんな簡単にパスされるペンは初めて見た気がします。

この試合は世界最高峰どころか天上の神々の戦いですよ。
レベルが高すぎる!

GSPは天才というだけでなく、練習量も半端じゃないんでしょうね。

GSPが強すぎるだけで、ジョン・フィッチも化け物みたいに強いですね。
郷野が完敗するんだから、フィッチに勝てる日本人はいないのでは?
矢島美容室の入場は意表をつかれましたが、スベッてたようなf^_^;
連敗したんでUFCクビになるかもしれませんね。
そうなると戦極行きかな。

とにかくUFCの凄さには溜息が出るばかりです。

あとリョートの試合、今回は目茶苦茶面白かったです。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。