--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-30

ヒョードルvsジョシュが正式決定

8.1『アフリクション』でヒョードルvsジョシュが正式決定!!

来たか、大一番。

ジョシュにどれほどの勝機があるか。
グラウンドで上になれれば充分チャンスがありますが、タックル切られそうなんだよなー(^^;
あとはスタンド勝負で優位に立てれば。
いやあドキドキしますねえ、これは。
(日本的な価値観における)重量級で久々のビッグマッチ、こいつは見逃せない。
あー日本でやってほしかった。


アフリクションだけに飛んじゃう可能性も否めませんが(^^;
スポンサーサイト
2009-05-28

DREAM×視聴率×川尻vs魔裟斗

『DREAM.9』平均視聴率16.2パーセントに笹原EPが勝利宣言

内藤との抱き合わせだとか、ハルクトーナメントとかは置いといて・・・どんなもんじゃーい!
DREAMのKIDさん、所さんは数字持ってるやろ!! うちとこの選手やでー。


そんな冗談はともかく、内藤戦からさほど数字を落とさなかったのは凄いんじゃないでしょうか。
やっぱKIDって数字持ってるんだなー。

今まで視聴率では肩身の狭い思いをしてきたDREAMですから、笹原さんじゃなくても勝利宣言はしたくなるでしょう(^^;
瞬間最高がハルクじゃなかったのも嬉しいですね。



魔裟斗vs.川尻 来週中にも正式発表へ、谷川氏がGOサイン

これももう動き出した以上、川尻には頑張ってほしい。
僕はどちらかというと魔裟斗vs五味の方が見たかったけど、カルバン戦をクリアした今は川尻がやるほうが自然な流れだと思います。

技術面で圧倒されるのは仕方ないんで、気持ちで飲まれないようにだけしてくれれば。
ある意味、魔裟斗戦に漕ぎ着けただけで勝ちみたいなところはありますからね。
あとは無様な試合にならないことを祈るのみ(^^;
2009-05-28

D.9観戦記 フェザー級GP&ミドル級タイトルマッチ

休憩後にカード発表。
まずは菊野vsジダ。
菊野が初参戦にも関わらず歓声が上がる。
DREAM初戦でジダは厳しい相手だけど、ここを突破すれば期待感が一気に高まりますね。

続いてマヌーフvsフィリオ。
帰ってきたBTT爆撃機に会場からも大歓声。
海外での不調を伝えられるフィリオだけど、日本で復活してくれることを祈ってます。


そして、シャオリンvs青木!
トップコンテンダーでタイトル挑戦権も充分あるにも関わらず、シャオリン戦を受けるとは。
青木の姿勢は素晴らしすぎる。
2連敗しちゃったらタイトルも遠のくのに向こう見ずにも程がある。

この出し惜しみないカードの連発、二ヶ月目のカード発表。
DREAMどうしちゃったの(笑)


[フェザー級GP2回戦]
高谷裕之 vs 前田吉朗

前田って、トータルで戦えるいい選手ですね。
なんでベネットに負けたんだろ(^^;
スタンドでも打ち負けてなかったし、グラウンドでも上取り続けて完全にペースを握ってた・・・のに勿体無い!
カウンター一発でひっくり返っちゃった。
高谷の勝負強さと前田の勝負弱さが出てしまった感があります。

逆に高谷は過大評価してたかもしれません。
個人的には日沖より強いと思ってたんですが、今日の内容ではちょっと。
一発のパンチは持ってるんで何とかビビアーノを潰してくれないものか。


[フェザー級GP2回戦]
今成正和vsビビアーノ・フェルナンデス

これはまあ、ブーイングされても仕方ない。
途中から左ミドルをあんまり出さなくなったのは怪我したからか?

今成は青木や北岡と違って、自らテイクダウンを取ることが出来ないのがネック。
それを改善できないのか、する気がないのかはわかりませんが、柔術家に手堅く来られたら膠着しますよね。

マッチメイクも悪かったとはいえ、こんな試合やっちゃった以上しばらくDREAMに呼ばれることはないでしょう。

で、勝ったビビアーノ。
あの内容で大喜びするのは如何なものか。
この選手だけは優勝させたらダメだな(^^;
誰か止めてくれー。


[フェザー級GP2回戦]
ジョー・ウォーレン vs 山本“KID”徳郁

ウォーレンってパワーとスタミナと根性で勝ったか。
ブランクあったとは言っても、KIDがあんなにポンポンと倒されるとは思いませんでした。
スタンドでも離れたらKIDが優勢でしたが、組み付いてからは膝、クリンチアッパーなどをヒットさせて、いかにもチームクエストらしい。
これでWEC、HERO’Sの王者を連破、恐ろしや。
トーナメントでの天敵はビビアーノか。

KIDはそう悪くない内容でしたから悲観する必要はないでしょう。
次は9月のゴールデン放送で再起戦かな。

あと判定について。
なんか公式サイト等を見てたら、「接戦だったからKIDの勝ちにした方がよかった」とか「いまさら公平なジャッジを下すな」などの意見が少数ながらもありますね。
でも、あれはKIDの負けでしょう。
会場で見てて一票入っただけでも謎でしたし。
今さらDREAMが「うちは競技化を目指してますから看板選手でも贔屓判定はしませんよ、えっへん」なんて言う気もないでしょう(笑)

まあ僅差だったんで興行的にはKID勝たせた方がいいという意見もわかります(^^;

次はワンマッチでKIDのKO勝ちを望みます。


それと、KIDの嫁は眼ヂカラ強すぎ!
カリスマホストの頼朝さんかい。


[DREAMミドル級王座決定戦]
ホナウド・ジャカレイ vs ジェイソン“メイヘム”ミラー

煽りVはユウザロックの曲に乗せて「CRAZY MMA2」。
二人とも格闘技ファンが愛したたくなる愛嬌があるなー。
煽りにいい感じで観客も乗せられて、タイトルマッチへの期待感も高まる。

その期待が高まった分、結果は残念。
あれはメイヘムの反則負けにならないんですかね。
膝蹴りいったところで勢い余ってサッカーボールキックになったという判断か。
でも、故意じゃなかったら反則されてもノーコンテストというのはジャカレイが少々かわいそう。

ヒョードルVSノゲイラ2と青木カルバン初戦を思い出しますね。
個人的には、前者はノーコンテストは妥当、後者はカルバン反則負けじゃないかと思ってますが、今回の件はDREAM・青木カルバンの例に倣ったことになります。
ある意味で矛盾がない裁定とも言えますが。

いずれにせよ、早く再戦させないと。
楽しい「CRAZY MMA」に因縁も加わってますます見逃せない!


 総評

前田と高谷の試合までは凄くいい感じで来てたんですが、今成ビビアーノで滑って、KID苦戦、メインのノーコンテストでちょっと残念な大会になりました。
でも、大会後は結構さわやかに帰れましたよ。
やっぱり「あのDREAM.1」を経験してたら、ねえ(笑)

前半の貯金があるので興行全体としては85~90点くらいの出来に感じました。


次回はウェルター級GPに青木シャオリン、菊野ジダ、フィリオマヌーフでしょ、ヤバイっすねー。
これにミルコやジャカレイVSメイヘムも加わったら・・・どんだけ豪華なんだよ。

カンセコも消えたし、ハルクトーナメントも力を抜いて楽しめそうです(^^
2009-05-28

D.9観戦記 ハルクトーナメント面白かったです。

ハルクトーナメント、18時になる前に全選手入場なしでいきなりスタート。
あのハルクメンバーのイラストはかっこいいなー。

オープニング映像のナレーターはあらびき団でおなじみのとろサーモン村田。
そうか、カンセコたちはあらびきパフォーマーだったのか。だったら許せる(笑)

[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ミノワマン vs ボブ・サップ

観客はすでに出来上がってて、サップの入場で盛り上がってる(^^;
ミノワマンの入場なら尚のこと盛り上がる。
僕もハルクを楽しもうと思ってましたが、他のお客さんもポジティブに楽しむ気マンマン(^^

試合の方はサクッと終わって、久々にSRF8回やって気持ちよかったです。
この時点でやばいくらい楽しくなってました。


[スーパーハルクトーナメント1回戦]
チェ・ホンマン vs ホセ・カンセコ

うーん、なんていうんですかねえ。
カンセコは金が無くてリングに上がったのがミエミエだし、試合内容もお粗末で、リング上で逃げ惑う姿は哀れですらありました。
でも、なんか憎めないですねえ。
やっぱ「巨人のクリーンアップはクロマティ、原、吉村」、「江川は渾身のストレートを小早川に打たれて引退を決意したんだよなー」な世代にとっては、海の向こうのスーパースターだったわけですよ。
それがろくに準備できないままMMAやるとなったら・・・とりあえず無事に終わってよかった。

一方ホンマンはカンセコ相手では復調してんのかどうかも測定できません。
なだぎ武みたいな髪型で迫力ないし。


[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ソクジュ vs ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ

テイクダウンするのに少々手こずったものの、倒してからは圧勝。
その後の乱闘も「おお地上波向きだ!」と興奮しましたが、地上波ではカットされたようで(^^;


[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ゲガール・ムサシ vs マーク・ハント

ハントは練習してきたそうですが、あっさりでしたね。


ハルクトーナメント決勝に残ったのは、ミノワマン、ホンマン、ソクジュ、ムサシ。
これはムサシ優勝かなあ。



DREAM.9オープニング映像

ここで真のDREAM開幕。
KIDを背中から映して着てるTシャツがDREAM.1から9まで模様替えする映像。
やっぱかっこいい。
全選手入場は川尻カルバンは登場せず、KIDウォーレン、メイヘム、ジャカレイがリング上から登場。


[ライト級ワンマッチ]
川尻達也 vs J.Z.カルバン

これはドキドキしましたねえ。
最近はマッハ青木、五味中蔵と緊張感のあるカードが日本でも見れてますが、このカードも緊張感が半端じゃなかった。
前半の打撃の交換とギロチンは危なかったですが、それ以外は打撃、スタンドレスリング、寝技と全局面で川尻がリード!
判定にこそなったもののカルバン相手であの内容なら快挙といって差し支えないのでは。

本人も言及している通り、総合的に戦えるようになってますね。
以前なら打撃を打ち合いに夢中になったり、まっすぐ下がったりしてましたが、今回はパンチを当てつつタックルとか上手かった。

ここ一番で負けてるイメージを払拭することが出来てメデタシ。

魔裟斗戦はそれほど見たいと思ってなかったけど、ここまで来たらDREAM代表としてMAXに乗り込んで暴れて欲しい。

この勝利で川尻vs青木、そして川尻vs五味が見たくなりました。


敗れたカルバンはブランク明けとはいえ2連敗。
試合後のコメントを見てもナイスガイなのはよく分かるし、まだまだ見たい選手。
次の叩き2走目で頑張って。


あと島田のレフェリングがうざいです。
なんでグラウンドで川尻が上になってるだけで「ギブアップ?JZ?」なんだよバカヤロー。
ゴールデンだからって目立とうと必死すぎ(^^;


もう一つ、秋山の被ってた麦藁帽はまさにMR.ハイファッション。


[フェザー級GP2回戦]
所英男 vs エイブル・カラム

所よくやった!
面白い試合をしつつ一本という最高の結果を出す。素晴らしい!
ウィッキー戦が無ければ、カラムはよく動くだけの選手に見えてしまう。
それくらい所が強かった。
カラムもよく動いて試合にハズレがないので、またDREAMに呼んで欲しいもの。


3連敗からの大復活劇にちょいと感動してたら、所のマイクがぼそぼそしゃべってて何言ってるかわからなかった。
こんなところで前田イズムを継承せんでいい(笑)

それはともかく、優勝して大晦日にKIDを指名するくらいのことをしてくれたら、更に盛り上がりそうですねー。

前半戦はほぼ満点。
会場はハルクで温まって、川尻カルバンで緊張感が最高潮、所の一本で爆発という感じでした。

2009-05-26

青木VSシャオリン決定!

休憩明けにDREAM10のカード発表がありました。

菊野対ジダ、マヌーフ対フィリオ、そして青木対シャオリンが発表されました!

やべえ! 青木やばい、DREAMやばい、楽しみ過ぎる!
2009-05-26

ミルコがDREAM10に参戦か

20090526174611
横浜アリーナに来ましたよ。

会場入口で次回DREAM10の先行予約ハガキをもらいました。

そこには出場予定選手として、青木、シャオリン、ジダ、菊野、マヌーフ、パウロ・フィリオ、そしてミルコ・クロコップが掲載されてます。

ミルコはUFCじゃなかったのか?
それとも、これがカミプロ携帯サイトで匂わせていた「UFCとしては異例な形での出場」ということでしょうか?

あと何気に噂になってた菊野も楽しみだし、フィリオやシャオリンも出るなら、DREAM10もやばいことになりそうですね!
2009-05-26

DREAM.9勝敗予想

明日のDREAM、ハルクトーナメントも含め楽しむ気マンマンです(withoutカンセコ)

[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ミノワマン vs ボブ・サップ


ミンスに負け、ズールに負け、柴田に負けたミノワマンがサップに勝てるのか。
足関とか極まるサイズじゃないですよねえ(^^;
サップKO勝ち。


[スーパーハルクトーナメント1回戦]
チェ・ホンマン vs ホセ・カンセコ

これはカンセコの身に不幸が起こらないことを祈るのみ。
でも、カンセコが華のあるスターということは前日の始打式でよくわかりました。
入場でバット振り回して、注射を打ってもらうとか、グローブにコルク仕込むとかのパフォーマンスをしたりするのはアリじゃないでしょうか。
ホンマンKO勝ち。


[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ソクジュ vs ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ

なんとか寝かせればソクジュが勝てるでしょう。
ジャングル大帝のブレイク希望。
ソクジュ一本勝ち。


[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ゲガール・ムサシ vs マーク・ハント

ハントはどれくらい練習してきてるんでしょうね。
ムサシ一本勝ち。


[ライト級ワンマッチ]
川尻達也 vs J.Z.カルバン

これは予想が難しい。
ひょっとしたら川尻が全局面で劣勢に立たされる危険性もありますね。
カルバンの方が川尻よりも臨機応変に対応できる印象があるし。
うーん、がんばれ川尻。

と言いつつ、カルバン判定勝ち。


[フェザー級GP2回戦]
所英男 vs エイブル・カラム

カラムは寝技上手いしパワーも所よりはありそう。
所に勝機があるとすれば打撃か。
でも、寝技で勝負にいってほしいなー。
カラム判定勝ち。


[フェザー級GP2回戦]
高谷裕之 vs 前田吉朗

体格差で高谷有利でしょうか。
高谷KO勝ち。


[フェザー級GP2回戦]
今成正和vsビビアーノ・フェルナンデス

グラウンドではもちろんスタンドでも圧倒される危険がありますね。
判定まで持ち込むのが精一杯かな。
ビビアーノ判定勝ち。


[フェザー級GP2回戦]
ジョー・ウォーレン vs 山本“KID”徳郁

KIDのブランクが気になりますが、ウォーレンの一発に気をつければ問題ないかと。
KID判定勝ち。


[DREAMミドル級王座決定戦]
ホナウド・ジャカレイ vs ジェイソン“メイヘム”ミラー

 前回メイヘムは怪我してたとはいえ、1Rは完全に取られてました。
その差がどこまで埋まるのか。
個人的には両者いい選手なんでどっちが勝ってもいいんですが、ジャカレイの判定勝ちを予想。

2009-05-25

UFC98の感想

○吉田善行(日本)
(1R2分24秒 ギロチンチョーク)
●ブランドン・ウォルフ(米国)  

やっぱり吉田は強い。
菊地に勝ってるのは伊達じゃない。
この階級で勝ち星が先行するのは立派ですね。


●ショーン・シャーク(米国)
(3R終了判定 0-3※27-30、27-30、27-30)
○フランク・エドガー(米国) 

まさかシャークが負けるとは驚き。
エドガーって、あんなにレスリング強かったんだ。
僅差でしたが、全局面でエドガーが上回っていたように見えました。
シャークは一発のパワーがあるので緊張感あったなー。
この猛者たちの中に五味が混じったとして、どこまで通用するのか。
見てみたいけど怖い。


○チェール・ソネン(米国)
(3R終了判定 3-0※30-27、30-27、30-27)
●ダン・ミラー(米国)

決め付けはよくないけど、岡見が出てても勝ってたのではないでしょうか。
ソネンはブーイング浴びてたけど、急なオファーでよく頑張った。


○マット・ヒューズ(米国)  
(3R終了判定 3-0※29-28、29-28、29-28)
●マット・セラ(米国)

最初のヒューズのダウンはバッティングだったようですね。
そこから巻き返したのは凄いけど、GSPやアウベスにリベンジ出来るかというと厳しそう。
相変わらず強いのは間違いないんですが。


●ラシャド・エヴァンス(米国)
(2R3分57秒 TKO
○リョート・マチダ(ブラジル)

リョート強すぎ!
しかもここ最近は試合も面白いし、文句のつけようのない戴冠劇。
これはアンデウソンと並ぶ絶対王者の誕生か。

試合中のマチダ・コールには笑った。
エヴァンスどんだけ人気無いんだよ(笑)

試合後インタビューでのリョートの喜びっぷりも微笑ましい。
これからは応援しようかな(笑)
2009-05-24

DREAMの悪夢

中国側と折り合わず!内藤「上海防衛戦」中止

マジかいやマジかいや、シバイタロカー!
せっかく内藤効果でDREAMの視聴率も上がると思ったのに台無しやないか、シバイタロカー!シバイタロカー!!・・・・・っと思ったら

 内藤、上海での防衛戦中止 26日に東京で代替開催=差替

なんとか日本で同日に開催できるようですね、一安心。

あとは出来るだけ長丁場に持ち込んでもらえれば(^^


 ホセ・カンセコがついに来日! ホンマン戦は打撃とグラウンド勝負!?

ドタキャンせずに来日したのはいいんですが、あまりMMAの練習は出来てないようで不安です。
カミプロ読んだらボクシングでの試合内容もろくでもないものだったようですし、相当弱いのではないかと(^^;
本当にカンセコが死なないことを祈ってます。

2009-05-23

戦極とDREAMでは次元が違うのか?

8.2『戦極』カード決定、王者・北岡は上から目線で廣田に舌戦!!

字面だけ見たら、北岡なかなか言うなあと感心しましたが、実際喋ってるとこ見たら相当キモイんでしょうね(笑)
北岡の言ってることは誇張はあれど正論ではあるんで、これくらいのビッグマウスはありでしょう。

でも、北岡にとって廣田は「次元が違う」ほど楽な相手ではないと思いますけどね。

三崎さんと中村カズもいいカード。
体格差とテイクダウン能力でカズの判定勝ちかと予想しますが、接戦になることは間違いなさそう。



金原、日沖の発言に怒り爆発!! 小見川は猫百烈拳で必勝宣言!!

フェザー級は噂通りの組み合わせで、どちらも楽しみです。
金原が怒るのもわかりますが、吠える選手、寡黙な選手、面白い選手、朴訥とした選手、キモイ選手、しょっぱくて言い訳ばかりするナルシスト、など色々な選手の個性があるので、全員が全員ビッグマウスになる必要はないんじゃないでしょうか。




カミプロで国保さんが石田VS廣田は「あれが現実、実力どおりです。何度やっても同じ結果でしょう。今後DREAM戦極の対抗戦の予定はありません」とキラーな発言をしていました。
DREAMと戦極どちらが上かは置いておくとして、なんか国保さんの言葉には血が通ってないような冷たさがありますね。
バラ代表からユーモアセンスと興行論を抜いたような人物というか、そういう印象です。
逆に考えれば、一広報の立場でこれだけの存在感を示すのは大したことなのかもしれませんね。

theme : 徳島ヴォルティス
genre : スポーツ

2009-05-23

ジョシュ対ヒョードル実現か

GAME AND MMAさんより

ヒョードルvsジョシュが公式発表へ

ついにというか、ようやくというか、ヒョードル戦が実現しそうですね。
アフリクションなんで大会ごと飛ぶ危険性がありますが(笑)、大一番が来ました。

アフリクションはヒョードルvsシルビア、アルロフスキー、ジョシュを行ったことだけで充分に存在意義がありましたね。もう思い残すことはないな。

このカード、アメリカのファンはどう思ってるんだろう?
どうもジョシュは現地でリデルやクートゥアはもちろん、アルロフスキーよりも人気なさそうじゃないですか(^^;
ヒョードルはアメリカでも会場人気が高いし、まさかジョシュのアウェー的空気にならないとも言い切れない。

まあ、それらは正式決定してから考えればいいですよね(^^;

2009-05-20

DREAM試合順決定

5.26『DREAM.9』前日に新宿で全選手参加の公開記者会見を開催!!

[日時]5月25日(月)17:30開始
[場所]新宿ステーションスクエア
(東京都新宿区新宿3-900-1新宿駅東口すぐ)
[出席者]松田幸雄TBSテレビ事業局担当局長、笹原圭一DREAMイベントプロデューサー、出場全選手

今回も前日会見やるんですね。
新宿だと凄い数の人が来そうですね、通りすがりも含めて。



5.26『DREAM.9』全対戦カード
神奈川・横浜アリーナ
17:00開場/18:00開始

1.[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ミノワマン vs ボブ・サップ

2.[スーパーハルクトーナメント1回戦]
チェ・ホンマン vs ホセ・カンセコ

3.[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ソクジュ vs ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ

4.[スーパーハルクトーナメント1回戦]
ゲガール・ムサシ vs マーク・ハント

5.[ライト級ワンマッチ]
川尻達也 vs J.Z.カルバン

6.[フェザー級GP2回戦]
所英男 vs エイブル・カラム

【休憩】

7.[フェザー級GP2回戦]
高谷裕之 vs 前田吉朗

8.[フェザー級GP2回戦]
今成正和 vs ビビアーノ・フェルナンデス

9.[フェザー級GP2回戦]
ジョー・ウォーレン vs 山本“KID”徳郁

10.[DREAMミドル級王座決定戦]
ホナウド・ジャカレイ vs ジェイソン“メイヘム”ミラー

カード発表が早いと、試合順決定も早い。

KIDはセミで放送時間内に間に合うか?
18時開始でルール説明やオープニングで20分。
全試合判定だとしても、25~30分×8試合で3時間半から4時間。
プラス休憩20分。
22時半頃にはKIDの試合が始まる計算になるから大丈夫か。

まあジャカレイ×メイヘムは地上波は無いでしょうね、間に合ったとしても。

なんかハルクトーナメントもジワジワ楽しみになってきてる自分がいます(^^;
2009-05-19

DREAM.10でサプライズ!

2ヶ月前にカードが決まるとは正にサプライズ(笑)

7.20『DREAM.10』対戦カード発表

■決定対戦カード
[DREAMウェルター級GP準決勝]
桜井“マッハ”速人 vs マリウス・ザロムスキー
ジェイソン・ハイ vs アンドレ・ガウヴァオン

マッハの相手はザロムスキーですか。
打撃は要注意だけど、それでもマッハなら大丈夫かなぁと楽観視しちゃいますね。
ハイとガウヴァオンも結構楽しみ。
これでハイの寝技がどれくらいか測れるかな。

リザーバーは一回戦出場選手から出るということなんで、池本は堅いところでしょう。

それにしても、カード決定が早いのはいいことだ(笑)

2009-05-18

ジョシュの次戦は?

バーネット、次戦8月か…団体は未定

ジョシュ・バーネット(31)=米国=が16日、都内で次戦について「8月にはやりたい。だけど契約はまだです」と話した。交渉先としてIGF、戦極、米アフリクション、パンクラスを挙げた


去年の3、5、7月、今年の1月と順調に試合をこなしてましたが、ここへきて試合ペースが落ちそうですね。
アフリクションならヒョードル戦かアルロフスキー戦、戦極ならアントニオ・シウバ戦が見たい。

アフリクションは不安定な状態だし、戦極は堅実な経営に切り替えているようなのでジョシュは呼べないかな?
出来れば日本で見たいけど、アメリカでやるならせめてテレビで放送してほしいところ。

でも、ヒョードル戦を除けばUFCで戦って欲しい気持ちが一番強いなー(^^;
2009-05-16

行ってよかった修斗伝承FINAL

<第7試合 ウェルター級 5分3R>
●遠藤雄介(日本/GOKITA GYM/同級環太平洋王者)
(1R5分00秒 チョークスリーパー)
○ヴィリアミー・チケリム(ブラジル/ノックアウチ・ファイト/同級南米王者)

遠藤ってホフディランの小宮山雄飛に似てますね。
そんなことはどうでもいいんですが、次から次へと強い選手が出てきますねー。
まだ未知数な部分はありますが、21歳ということを考えると末恐ろしい。
まさか遠藤が負けるとは思いませんでした。
これでチケリムは世界ランク1位になるだろうから、次はタイトルマッチでしょう。
中蔵との対戦が楽しみです。


<セミファイナル 第8試合 ウェルター級 5分3R>
●中蔵隆志(日本/シューティングジム大阪/同級世界王者)
(2R4分42秒 TKO ※レフェリーストップ)
○五味隆典(日本/久我山ラスカルジム/第5代同級世界王者)


五味中蔵

五味中蔵 2
この試合は緊張感が半端じゃなかった!
さすがに中蔵がアウェイというほどではなかったけど、五味への声援が圧倒的に多かったですねー。
基本的には五味応援でしたが、中蔵もやっぱり強い。
僕は中蔵について詳しく知ってるわけではないですが、中蔵を選手として意識するようになったのはレイ・クーパー戦から。
当時のレイ・クーパーはジェイク・シールズとミドル級タイトルを争ったほどの選手。
階級を下げてきた中蔵戦は普通にクーパーが勝つんだろうなーと思ってたら、中蔵が勝って驚いたのを憶えています。
石田戦の負けを挟んで、廣田、天突、遠藤ら強豪に勝って王座に付いたものの・・・
強いけど派手な勝ちが少ないんで、感情移入できる選手ではなかった。

いやらしい言い方だけど、この五味戦を経て中蔵の人気は上がるのではないでしょうか。
修斗ファン以外にも知ってもらえたのは大きいし、修斗ファンも中蔵に乗れると思います。

あとは、ダイナマイト関西で勝つくらいのお笑いセンスをどこかで披露してほしいですね(^^


五味中蔵 3

五味中蔵 4
そして五味。
今回の勝利を持って完全復活とは言い切れませんが、久々のスカ勝ちは喜ばしいこと。
五味が勝った瞬間の会場爆発はメチャクチャ気持ちよかった。
先月のマッハ青木戦と同等以上の盛り上がりでしたね。

今後、五味にはDREAMに上がってほしいですけど、五味自身が誰と戦いたいのかが知りたいですね。
魔裟斗戦については、リングで向かい合う姿が見たい変態ども(含むオレ)の願望はともかくとして、この日の試合ぶりを見ると勝ち目ないから止めた方がいいですね(^^;
実現したとしても、見せ場を作れるかどうか。

個人的には、青木、カルバン、川尻、アルバレス、ジダ、戦極なら廣田などとの試合を見てみたい。
あと宇野戦も。


五味中蔵5
ベルトを置く中蔵。
返上は出来なかったようだけど、ベルトは保持したままでいいと思う。
次はチケリムとタイトルマッチをやってほしい。



<メーンイベント 第9試合 世界ライト級チャンピオンシップ 5分3R>
[王者]○リオン武(日本/シューティングジム横浜)
(1R4分41秒 TKO ※レフェリーストップ)
[挑戦者]●佐藤ルミナ(日本/roots)


ルミナ1

ルミナ2
国旗掲揚・・・ってビジョンかい!

ルミナ3
ルミナ惜しかった!
惜しかった・・・んですがー、結局は善戦止まりが限界なのかな。
最後も首相撲に固執してパンチ貰いまくってましたね。

アベアニ相手でさえ名勝負を演じてしまうリオンなんで、苦戦も想定の範囲内ではありました。

ルミナはベスト体重は62~3キロと言ってるようですが、フェザーには落とさないのかな。
上田正勝には勝てないだろうけど、現役続行するならライト級よりは通用するんじゃないかと。




五味01
やっぱり五味は笑顔がいいね(^^



石田廣田戦はショックでしたが、五味のスカ勝ち、ルミナの奮戦、新鋭チケリムなど盛りだくさんな内容で楽しむことができました。
朴の試合もよかったですね。
本当に行ってよかったと心から思います。

2009-05-13

僕らが修斗に行く理由

行ってきましたJCBホール。
とても綺麗でリングも近くて良い会場でした。
多分アリーナよりも二階、三階席の方が高さがあって見やすいのではないでしょうか。
音響はちょっとうるかったかな。

昼過ぎに水道橋に到着して、JCBのあるミーツポートの叙々苑でランチを頂く。
エンジョジョには初めて行きましたが、美味しゅうございました。

それから、ウインズ後楽園でNHKマイルの馬券を購入してから会場へ。

献花
会場入り口には各方面から贈られてきた花が。

物販に行くと、佐伯さんとサステインの坂本さんが談笑中。
携帯いじるフリをして、聞き耳を立てるも何にも聞き取れず。

自分の席に行こうと思ったら、まだ準備が出来てないので客席は開放されてないとのこと。
一旦外に出ようにも再入場はダメと言われたので、物販コーナー周辺で立ち往生。
じゃあ開場するなよという話です。

ほどなくして客席も開放されて入ってみると、ちょうどルミナがリングチェック中。
リングチェック

リングチェック2
近くで見るとやっぱりデカく感じます。



関根さん
サムライTVの収録前に談笑する関根さん。
三次元編集長相手に終始ご機嫌な様子で話し込んでいました。

DSC02720.jpg
写ってませんが、矢野さんも当然いましたよ。
いつも通り「ようこそプロフェッショナル修斗へ」と言うとりました。


客席が埋まってくるにつれ、リングサイドにも國保総統を始め、菊田、三崎、中村カズ、小見川など戦極軍団の姿が。
他にもALIVE鈴木社長、日沖発、木口会長、シーザー会長に緒方健一や柔道の泉もいましたね。

菊田さんや三崎さんには写真をせがむファンが多く見受けられ、三崎さん人気のアップぶりを目の当たりに。
もうミスター○○円とは言わせねーよー。


DSC02724.jpg
リオン、中蔵
全選手入場で一番歓声がデカかった五味、次いでルミナ。
あとは中蔵、リオン、石田、廣田も人気がありましたね。


<第1試合 78・4キロ契約 5分2R>
久米鷹介(日本/ALIVE)
(計量不合格で失格→試合中止)
×ソル・ポ・ギョン(韓国/パラエストラ大邸)

これは直前オファーだったんで仕方ないんですけど、久米は可哀相でしたね。
大舞台で注目してもらえるチャンスだったのに。


<第2試合 フライ級 5分2R>
○藤井 惠(日本/AACC)
(1R0分52秒 V1アームロック)
●チェ・ウンブン(韓国/ジョング・パイト・ジム)

女子格アピールのためだろうけど、フジメグが強すぎて全く面白味がない。
青木がガードナーやムーアとやってるのを見てるような感覚で、どうもフジメグが光れないマッチメイク。

久々にピロウズを聴けたのはよかった。



<第3試合 ライト級 5分2R>
○西浦“ウィッキー”聡生(日本/STGY)
(2R判定3-0)
●太田拓己(日本/SHOOTO JAM WATER)

大田はAIRの「KIDS ARE ALRIGHT」で入場、早歩きでサビの前にリングイン。
そこはもうちょっと引っ張らないと、佐野さんみたいにね(^^
ウィッキーのセコンドには不死身夜とリオン。
仲間思いなんでしょうが、リオン余裕ですね。
昔PRIDEでシウバが自分の試合前にショーグンの試合をリングサイドで見てたのを思い出した。

こうしてみると、やっぱりウィッキーてかっこいいし華がある。
この相手だと一枚上手だったのは流石だけど、後半はテイクダウンされてたから弱点は相変わらずのようで。
ウィッキーがメジャーで活躍するためには65キロとか63キロとかの体重以前にレスリングが大事なんでしょうね。


で、2試合やったところで休憩。
いろいろ段取りあったんだろうけど、もうちょっと臨機応変にできないんかい(^^;


<第4試合 ウェルター級 5分3R>
●ウエタ ユウ(日本/PUREBRED京都)
(1R4分56秒 TKO ※レフェリーストップ)
○朴 光哲(日本/KRAZY BEE/初代環太平洋同級王者)

前回の遠藤戦で寝技の進化も見せた朴が、スタンドが得意な相手を捻じ伏せて完勝。
ハンセンには負けちゃったけど、やっぱり朴は強い。
伊達にエルメス・フランカに勝ってないですね。
ウィッキーの判定試合でやや醒めかけた会場を温めてくれた朴。
朴の言葉を借りるなら、「格闘技を知らない人が見ても面白い」試合が出来たのではないでしょうか。


<第5試合 ウェルター級 5分3R>
○冨樫健一郎(日本/パラエストラ広島)
(3R判定2-0)
●加藤鉄史(日本/TRENCH TECH)

冨樫はアウトボクシングが上手いけど、このままでは中蔵や遠藤には勝てないんじゃないかな。
判定は妥当だと思いましたが、あとでスカパーで見直してみたらかなりの接戦でしたね。

あと冨樫の入場曲は何ですか?(^^;


<第6試合 ウェルター級 5分3R>
○廣田瑞人(日本/GUTSMAN・修斗道場)
(1R1分33秒 TKO ※レフェリーストップ)
●石田光洋(日本/T-BLOOD/第2代同級環太平洋王者)


石田

石田2

DSC02739.jpg

石田3

石田4

DSC02746.jpg

DSC02747.jpg

僕らが修斗に行った理由、それはこのカードを見るためです。
戦極vs.DREAMの好カードだから見に来た・・・わけではありません。
ぶっちゃけ石田の応援です。
嫁が先日のDREAM名古屋イベントで石田くんに笑顔で握手してもらい、それで石田くんに大ハマリしたからです(笑)
今まで何試合も石田の試合を生観戦してきたのに今更だよなあ(^^;
そんな理由でファンになり、東京まで行く人もいるんです。
選手・スタッフの皆さん、ファンイベントでは笑顔やサービスを心掛けつづければ、チケットの売上げにキッチリ繋がりますよー。
今回の大入りは五味効果が大きいですが、石田くんが連れてきた客がここに2人はいますからねー!

ま、そんなわけですから、この結末は呆然自失ですわな(^^;
隣の嫁は、悲鳴→呆然(無言)→落胆(溜息)
そして、「止めるの早いわー!(`д´)」という結論に至ったようです(笑)
確かに朴ウエタやウィッキー太田と比べると早いですね。
でも、この試合単体で見れば止められても仕方ないかなとも思います。

うーん、やっぱり悔しい。
このカードを「戦極vs.DREAM」として見てた人は多くないかもしれませんが、私は見てましたよ、思いっ切り対抗戦の目線で。

タックルに行く前にKO負け・・・・五味戦と被りますねー。
ローキックを連発してサークリング・・・五味戦と被りますねー(五味戦はミドルでしたが)。
マイケミの入場曲をイントロからきっちり流して入場・・・・五味戦と被りますねー。

この敗北は重いなあ。
石田が落ち込みすぎて引きこもったりしないといいんですが(^^;
DREAMで使いづらくなったでしょうね。
こうなったら廣田の首を狙って戦極かケージフォースに乗り込むか、ストライクフォースのベルトを取るとかしないと、失地回復は難しいのでは。


廣田はS4の中では一番華があって面白い試合をしますね。
マイクはまだそこらの兄ちゃんですが、昔の五味っぽい感じもします。
石田にKO勝ちしたことで、戦極での北岡戦もほぼ内定だろうし、そのカードは純粋に楽しみ。
北岡と横田の再戦よりは百倍見たいカードですから。
今度の戦極は面白くなりそう、本当に「全カードがメイン級!」になるかもしれませんね。

2009-05-10

修斗を見に来ました

20090510155732
JCBホールに来ました。
リングが近くていいっすね。

さっき矢野さん、三次さん、宇野、関根さんの四人でサムライ用の収録やってました。
やっぱり関根さんは根っからの格闘技好きですね。

第一試合の久米の対戦相手が体重を落とせずに失格になり、全8試合になりました。
最近こういうの多いなf^_^;
2009-05-09

明日は修斗JCB大会

いよいよ明日に迫りました。
まさか修斗を見に行くことになるとは思いませんでしたが、めちゃくちゃ楽しみです。

五味は勝てるんですかねえ。
中蔵は世界レベルの相手とは戦ってないんで比較しづらいんですけど、強いのは間違いない。
中蔵が勝ったら北岡とやるのもいいかもしれませんね。
まあ中蔵は興味ないでしょうが、横田と北岡よりは1万倍見たい(笑)

ここで五味が負けたら3連敗。
「格闘ジャングル2」で「最後は修斗で〆たい」って言ってったけど、引退するわけじゃないですよね?


石田VS廣田は、気持ちとしては石田に圧倒してほしい。
腰が強くてパンチもある廣田を15分押さえ込み続けるのは大変ですが、充分に勝てる相手だと思います。
って判定勝ち前提かよ(^^;


あと気になるのが冨樫VS加藤。
冨樫はボクシングと石田を極めかけたほどの寝技の持ち主だけど、グラウンドで押さえ込まれるとどうなんでしょ。
加藤は階級落としてからもシャオリンやメレンデスに負けてるから、70キロでもトップではないけど冨樫をテイクダウンすることくらいは出来るのでは。

押さえ込まれる展開になるとブライアン・コッブ程度にも負けてしまう冨樫だけに、その辺が不安です。


メインに関しては何だかんだ言いつつも、ルミナ応援します。


2009-05-04

明日はアウトサイダーです!

明日はブロガーの星、スイミングアイ佐野さんの試合があります。


「THE OUTSIDER 第6戦」直前!前田日明インタビュー

OUSIDERでは65キロから70キロくらいが1番層が厚いよ。「OUTSIDER 第4戦(12月20日・D有明)」のセミファイナル(吉永啓之助対佐野哲也)見た?

──はい、拝見させていただきました。

 あれは、日本人絡みの試合でこの数年でプロを含め1番のベストバウトだよ。

前田日明も相変わらず絶賛してますが、その分ハードルが上がっちゃって大変だなあ(^^;
キャッチコピーが「リアル神代ユウ」になっててウケましたが、今回も勝って欲しいなあ。


──そういえば松本さんのパンチはおっしゃられたようなフォームでした。

 ああいうパンチにはプロのボクサーなんかも、やられてしまう可能性があるよ。
 でも、対戦相手の佐野くんはしっかりした選手。体もよくできているよね。松本くんはグラウンドでもしっかりした技術を持っているみたいだけど、これまでの試合を見る限り佐野くんが有利かな。でもこればかりはやってみないと分からない。

佐野さん有利の下馬評ですが、前田の言うとおりやってみないとわかりません。
会場には怖くて行けませんが(笑)、佐野さんの勝利を祈っております。



「THE OUTSIDER 第6戦」直前!佐野哲也さんインタビュー

そして、スポナビに単独インタビューが。
いやあ佐野さんが遠くに行っちゃったなーヽ(´▽`)

まあ元から近くねーだろって話もありますが、遠くから佐野さんの活躍を見守りたいと思います(^^
2009-05-04

おとといは戦極でした

金原が日沖に挑戦状=戦極一夜明け会見

やっぱり日沖×金原、サンドロ×小見川の組み合わせでしょうか。
この4人ならどのカードでも文句はないんで、どれでも良いです。
日沖とサンドロは見たいですけどね。

ここまでの戦いっぷりを見ると、本命・サンドロ、対抗・日沖、単穴・小見川といったところでしょうか。
日沖はサンドロはもちろん小見川や金原にも勝てるかどうか(^^;
それくらい恵まれたブロックで勝ち上がってきてるのも事実なわけで、この優遇っぷりを無駄にせずに優勝してほしいところ。



戦極がTVマッチ開催 新プロジェクト「ゴールドラッシュ」始動

こういう企画はなかなか良いですね。
身内の若手が出ることになるんでしょうが、グラバカや吉田道場の若手なら全然OK。

戦極はけっこう堅実なこともやってて好感が持てます。
あとは戦極に張り付いたマイナーイメージを無くすことが出来れば(^^;

2009-05-02

きょうは戦極でした

いやあ小見川強かったですねー。
日沖、サンドロも圧勝したし、フェザー級GPは主催者の目論見通りに勝つべき者が勝った。


しょっぱい判定で勝っときながら、北岡戦をアピールする横田も相変わらずですねf^_^;
でも、このまま言い訳しょっぱいキャラを貫いていけば味になっていく気もします。


次は八月なんで間隔が開きますね。

日沖は優勝するのは厳しそうかな。
2009-05-01

DREAM「本当のサプライズ」

拝啓、森下直人様

あなたがこの世から去り随分経ちますが、
まだまだ格闘技界は色物に溢れ、競技ではありません。

僕があなたを知ったときは、ブルーザー・ブロディと同じように
この世にあなたはいませんでしたね。
20代中頃でPRIDEファンになってから
1番かぶれていた三十路のころ


と、いきなり真心ブラザーズのパクリから始めましたが、昨日のDREAM会見には本当にビックリ。

驚きましたねえ、まさかDREAMがこんなに早くカードを揃えてくるなんて!
これこそ超ド級の驚天動地では。
明日の戦極と開催日を間違えてたんじゃないか(笑)

さあ、あとは誰が直前に負傷するか、ドタキャンするかですね。
カミプロ携帯サイトでフェザー級GPの勝敗予想が始まりましたが、DREAMのドタキャン選手予想もやったらいいのに(´▽`;)


さて、昨日はカンセコ参戦に度肝を抜かれたものの、「スーパーハルクトーナメント自体は別にいいんじゃね?」と思ってます。
笹原さんも「谷川さんの趣味ではありません!」なんて言わずに全部谷川さんのせいにしとけばいいんですよ(笑)
黒魔術ということにしておけば、谷川さんは喜んで泥を被ってくれるはず。

やっぱり去年1年間、DREAMはほぼ色物抜きでやってきて、視聴率が惨憺たる結果だったわけですし、テコ入れも仕方ない部分があります。
もうなりふり構っていては生き残れないところまで追い詰められているということでしょう。

幹根としてフェザー級GPや川尻カルバン、ジャカレイVSメイヘムなどの好カードがあって、枝葉としてのモンスター路線なら許容範囲です。
もちろん安全面には充分に配慮してもらうことが最低条件ですが。

ただ参戦メンバーに少々不満があります。
まあカンセコはとりあえず置いといて(^^;
ムサシ、ソクジュよりもボビーやキン肉万太郎の方が数字取れるし、こっちも割り切れるんだけどなあ。
何で出さないんだろう、怪我したんでしょうか。

ソクジュにとっては最近ライトヘビーで不振だし、いい気分転換にはなるかも。
想像するにKO勝ちしてキングコングのように雄叫びを上げるソクジュの姿は、まさに超人ハルク(笑)
ひょっとしたらソクジュ再ブレイクの好機なのかもしれません。


置いといたカンセコの話に戻すと、こいつはまさにアキレス腱。
いくらボクシングなどの経験があるといっても、総合素人。
そんな選手のデビュー戦に体格差があるホンマンをぶつけるのは如何なものか。

怪我だけで済めばいいけど、リング禍なんてことになったら洒落にならんです。
契約問題でも揉めそうな気もするし、またギャラ未払い云々となったらDREAMのイメージはさらに失墜します。本当に怖いなー。

そんなリスクを冒してまで登用したカンセコ、ハルクトーナメントで視聴率を獲れるんでしょうか?
カンセコの日本における知名度なんて知れてるし、大コケもありえますよ。
視聴者も馬鹿じゃないし、曙らのモンスターは普通に一般の人も笑ってましたからね。
はたして視聴率は取れるのか?

今回もし視聴率を取れたとしてわれわれファンは喜んでいいのか?

視聴率とっても同じことの繰り返しにならないか?

ハルクトーナメントは劇薬、数字を取るために次も劇薬を投与しなければならない。

本筋としてはモンスターGPで引き付けて、フェザーGPやカルバン川尻、ジャカレ×メイヘムを見て貰うことだけど、限られた放送時間でどこまで放映されるものやら。
あくまでハルクトーナメントはライトファンの「入り口」としての機能に収まっていてほしいものです。


と、ここまで悲観的なことも書いてきましたが、人生は楽しんだもん勝ち。
ルール、選手の安全面さえ確保してくれれば、こっちは楽しく観戦する気マンマンです(^^

何だかんだで面白くなる可能性を秘めてると思うんですけどねえ(期待してなければ)


あとディレイのPPVは値下げしやがれ!!
2009-05-01

あしたは戦極です

勝敗予想をば一つ。

<第1試合 戦極ライト級ワンマッチ 5分3R>
真騎士(戦極育成選手)
毛利昭彦(毛利道場)

毛利は毛利元就の子孫なんですか、武者震いがするのう。
真騎士KO勝ち。


<第2試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R>
トラビス・ビュー(エリート・パフォーマンス)
スタニスラブ・ネドコフ(ブルガリアン・ブシドー・フェデレーション)

経験差でビューKO勝ち。
でも、ビューって日本系の大会ではよく秒殺されてるからなー(^^;


<第3試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R>
瀧本 誠(吉田道場)
マイケル・コスタ(シュート・ボクセ・アカデミー)

瀧本はコスタの打撃を掻い潜れば何とかなるか。
小見川みたいに階級下げて覚醒なるか。
瀧本一本勝ち。


<第4試合 フェザー級グランプリ2回戦 5分3R>
マルロン・サンドロ(ノヴァ・ウニオン)
ニック・デニス(Ronin MMA)

サンドロ判定勝ち。


<第5試合 フェザー級グランプリ2回戦 5分3R>
金原正徳(パラエストラ八王子/チームZST)
ジョン・チャンソン(CMAコリア/KTT)

これは難しいですね。
金原は打撃も寝技もそつなくこなすので、判定まで持ち込めば勝てるのでは。
チャンソンがKOしそうな気がしますが、キム・ジョンマン戦みたいに上手く立ち回れるか。
金原判定勝ち。


<第6試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R>
シャンジ・ヒベイロ(ユニバーシティ・オブ・ジュウジュツ)
KEI山宮(GRABAKA)

これはキャリアに差がありすぎ、山宮KO勝ち。


<第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R>
横田一則(GRABAKA)
レオ・サントス(ノヴァ・ウニオン)

横田の判定勝ち。



<第8試合 フェザー級グランプリ2回戦 5分3R>
小見川道大(吉田道場)
ナム・ファン(Ma Du アカデミー)

小見川判定勝ち。
テイクダウンを取れれば大丈夫なんじゃないでしょうか。


<第9試合 フェザー級グランプリ2回戦 5分3R>
日沖 発(ALIVE)
ロニー・牛若(チーム・トロージャン)

ここは日沖に無難に勝ってほしい。
スタンドでもグラウンドでもどっちでもいいですが、圧倒したいところ。
日沖の一本勝ち。

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。