--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-30

戦極~第九陣~郷野の対戦相手が決定

郷野、新兵器は辰吉級ジャブ!? 内藤トレーナーも太鼓判=8.2戦極

■戦極~第九陣~
8月2日(日) さいたまスーパーアリーナ 開場14:00 開始16:00

【追加対戦カード】

郷野聡寛(日本/GRABAKA)
ダン・ホーンバックル(McVicker’s Martial Arts Academy)

ホーンバックルは人間ユンボさんのことでしょうか。

勝ったマイク・パイルを呼べなかったのかな。

ここは入場含めて華やかな試合が求められますね。

スポンサーサイト
2009-06-30

一転、五味がアフリクション出場か?

昨日、五味のアフリクション参戦は無くなった記事を紹介したばかりだったのですが、、「GAME AND MMA」さんにこんな記事が

五味についてはどうですか?アフリクションに来るのに進展はありましたか?
 「ああ、いま取り組んでいる所だよ。今は全ての仕上げの段階だけど、なんとかまとまりそうだね。100パーセントではないけど、今やっているのは確かだ。」

試合までの期間が迫ってきてるんで、早めに決めないと。

アフリクションは本当にスカパーで放送するんでしょうか。

次回アフリクションはヒョードルとジョシュはもちろん、ムサシ、ババル、ビクトー、サンチアゴと豪華だからスカパーさんには頑張ってもらわないと!

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-30

笹原EPがDREAMの今後を語る

笹原さんがゲストのkamiproポッドキャストが非常に面白かったです。
これは一聴の価値あり。

・青木にとってシャオリン戦はオイシクないし危険だと思う。普通なら受けない。
・一番理想的なは大晦日に青木VS川尻。

・ヨアキム・ハンセンは徐々に回復しているので、早ければ9月に試合する。
ハンセンはDREAMラブなのでUFCに行くことはない。

・ミルコは単純にリングが似合う。入院してるみたいだけど、多分D.10に出てくれると思う。

・ジャカレイVSメイヘムは出来るだけ早く組みたい。7月は見送り濃厚で9月にやりたいが、決定ではない。

他にも魔裟斗vs川尻や格闘技の競技性、石井、郷野の戦極参戦などについて語っています。
あと笹原さんは五味と会ったりはしてないそうで、やはりDREAM行きは無さそう。
ただ五味は日本で戦ったほうがいいとも言ってました。

笹原さんはカミプロ編集者とは話が噛み合って面白いですね。

前回は北岡がゲストだったようですが、是非とも國保さんも呼んでほしい(笑)

2009-06-29

五味のアメリカ行きはギャラ次第?/五味の今後をシュミレート

カミプロムーブのkamiブログに五味の去就についての情報と推測が書かれていました。

今のカミプロと五味サイドの関係を考えれば鵜呑みにすることは出来ませんが、新しい情報もあったので参考までに。

・五味が交渉しているのはUFC、アフリクション、ストライクフォースの3団体だろう。

・五味は11月のVTJに出たい意向を示しているので、独占契約のUFCはないと見ていい。

・アフリクションはトム・アテンシオが五味の出場を否定。交渉が決裂したと見られる。

・ストライクフォースは、五味に対してジョシュ・トムソンVSメレンデスの勝者に、2戦目で挑戦権を与える好条件を提示したが、交渉は難航している。

・米MMA関係者によるとアフリクション、ストライクフォースともに交渉難航の要因はファイトマネー。
団体の提示額と五味サイドの要求額にかなりの開きがあるためと見られている。
・アメリカでは基本給は安く、勝った場合に勝利ボーナスでファイトマネーが倍額になるのが一般的。

・ダナ・ホワイトも一昨年、五味の獲得に動きながら、金銭面での合意に達しなかったため、獲得を断念したと明言している。

・それでもストライクフォースは勝利ボーナス、タイトル挑戦、大手ケーブルTV局ショータイムでの放映によるスポンサーフィーの獲得機会という、基本給以外で最大限の条件を提示しているようだが、合意に達していない。

・ストライクフォースに参戦するとしたら、8.15のサンノゼ大会か9月のプレイボーイマンション大会だろう。

へー、バリジャパは11月予定なんだ。
五味がVTJ出るなら川尻とやってほしいな。

ファイトマネーで少々揉めているようで、今の五味のMMAにおける世界でのランキングを考えると、ギャラに文句言えるほど立場ではないと思います。
現状トップとは言えない実力でギャラでごねるのはティトと若干被るような。

とはいえ、安売りしてまでアメリカに行ってほしいとは思いません。
五味が決断してアメリカに行くなら勿論応援しますが、海外の興行で淡々と負ける五味はあんまり見たくはないですし。

何度も書いたようにDREAMに来れば、青木、川尻、カルバン、ハンセン、シャオリン、ジダ、菊野と新鮮かつエキサイティングな対戦相手に事欠かないので是非ともDREAMに来てもらいたい。
でも、谷川さんetcのインタビューを読んでるとどうも無理くさいようで(^^;

だったら戦極に戻って北岡や廣田とやるか、ストライクフォースに行くしかないでしょう。

五味はすぐに目先を変えてやらないとすぐにモチベーションが下がってしまうので(これもプロとしてどうかと思いますが)、アメリカに行くこと自体は悪くない。

でも、ストライクフォースだと観れないから、UFCのがいいんですよねー(^^;


それらを踏まえて五味の今後をシュミレーション。

・ストライクフォースに行く
メリット:新天地で五味のモチベーションも上がりそう。
デメリット:ファンはテレビで見る事が出来ない。

・戦極に戻る
メリット:日本で五味の試合が日本で見られる。
デメリット:五味のモチベーションが上がりそうにない(但し地上波が付けばやる気出るかも)

・UFCへ行く
メリット:メジャーへの挑戦なのでファンも乗れる。WOWOWで見られる。
デメリット:五味にやる気があろうがなかろうが、通用しない可能性が低くない。

どれも一長一短があって難しい。

DREAMに来るのが一番収まりがいいと思うんですけどね。

誰か格闘技界の坂本龍馬はいないものか。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-28

高瀬大樹のマイク炸裂、試合は不発

“カリスマブロガー”高瀬はどうなった!? 弘中vs永田の行方は!?

いろいろと話題を振りまいてた高瀬さんがスプリット判定で無事勝ったようです。
ニュートン戦以来の勝利になるのかな。
でも、森川って誰ですか状態なんで判定勝ちだと微妙な気がします。
その判定にも不服があるようで、この人はニュートン戦で喜んでた頃から大して成長してないなあと感じました。
まあでも、ここまで注目を集めただけでも高瀬の勝ちみたいなところがありますからね。

だから、他の選手に言うことは厳しく自分には甘いとか、ポジティブと言いつつ悪口ばかり言いやがってとか、つまらない試合しといてマイク持つなとか、そのマイクで判定に文句つけるなとか言わないように!


本格的にライト級に転向した弘中が永田にTKO勝利。
ウェルターでも日本屈指の実力者だっただけにライトにも適応できれば、かなりいい線いきそう。
青木との再戦を観てみたいですね。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-27

ナメくさりやがって・・・

『ドラゴンクエストIX』セーブできる数は1つだけと判明「ゲーム性を信じよう」

このことについて元ファミ通女性編集者のX氏に取材をしたところ、「スクエニさんの
言い訳があるとすれば、ひとりで遊ぶことで楽しみを見出せるゲーム内容だから、
ひとつのソフトで複数人が遊ぶことは推奨しないといったところではないでしょうか。
つまり、『ドラクエIX』はソフトを持った人たちが集まって遊ぶことを前提として作られた
ものであり、そのゲーム性を生かすにはひとり1本がベストということなのでしょう。
セーブがひとつだけでも事足りるゲーム、ひとり1本だから楽しめるゲーム。
そのゲーム性を信じるしかありませんね。好きな時点のセーブデータを残しておけない
のはつらいですけれども……」とのこと。

いやゲーム性とか知ったこっちゃないから。
1人のプレイヤーでも複数セーブしたいんですけど。
セーブ一個だけって、世界樹の雫かーい!

今までのドラクエは何だったでしょうか。
一家に2本もいらんわ、クリアしたあと邪魔なだけですよ。

しかも多くの人に予約させといて、発売直前までセーブ1つの情報を出さないとは酷い。

何年も待たせた挙句にこれですか・・・残念。

theme : ドラゴンクエスト
genre : ゲーム

2009-06-27

三崎和雄の謝罪会見全文に少々の矛盾あり

有罪判決を受けた三崎が謝罪会見。國保広報も複雑な胸中を吐露【会見全文】


気になったところから突っ込みを。

『中村選手との対戦が決定した記者会見に出席していなかったのは、なぜなんだろう?』というようなことも言われておりますが、三崎選手はじつは昨年より体調不良を訴えておりまして、1月4日のジョルジ・サンチアゴ選手との試合後、2~3ヵ月ぐらいは完全に休養したいと言っておりました。そして、今年になってから、まだGRABAKAでも練習していないという状態の中、いろんなことが重なり、記者会見にも出席できない状況であったと。今回の一連のこととは一切関係がございません。

でも、5月18日時点で逮捕されてたのなら、会見に出席出来なかったのに関係ありまくりなのでは。
多分、國保さんのいうように知ってたのなら会見を中止にするでしょうから、5月22日の会見時には戦極サイドは知らなかった可能性が高いでしょうね。

さすがに昨日まで逮捕されてたのを知らなかったってことは無いでしょうが。

まあ過ぎてしまったことは仕方ないですけど、逃げたのはやっぱ不味かったよなー。
犯した罪もそこまで重くはないんでしょうが、それを主催者側が言うなやと思いますし。


──國保さんとしては8月の試合に関しては出てもらいたいということですか?
國保「僕一人の判断というわけにはいかないですから、なんとも言えないんですけど、時間もまだ1ヵ月以上あるところですし、本人も5月18日から、いままで約1ヵ月という中で、充分に反省もしてきてると思いますし、もう1回どこかで自分自身を取り戻して練習をして、リング上で三崎和雄のファイトスタイルをみんなに見せることが何よりもの償いじゃないかとは思ってます。コミッショナー等がどういう判断をするかっていうのはこれからになると思いますが、僕個人としては(リングに)上がるべきだと思ってます。公務を妨害したということでは、非常に重い罪だとは思いますけども、警察官をブン殴ってしまったとかいうようなこととも少し違うと思うので。

・・・・何故・・・・スポーツマンシップもなければ、武道精神もないような男を・・・・何故、リングに上げるのか戦極は・・・・

というのは冗談としても、國保さんがこう言ってる以上、周囲やファンから大バッシングされないかぎりは出場することになりそうですね。
國保さんなら、ファンの反対があっても「ノイズ」と斬り捨てそうですが(^^;


三崎さん、免許取り消しになるのかな。
教習所に行って『ハンコくれよ』と舘ひろしばりに奮闘する三崎も見てみたい気もします。


最近ちょっと格闘技界で不祥事が多いような気がしますが、これによってスポンサーが離れたりとかしないといいなー。
こういう嫌なニュースを吹き飛ばす熱い試合が早く観たい!

三崎も熱血説教キャラで売っときながら、こういう行動は戴けませんが、いい試合を見せて迷惑かけた人に多少なりとも返していかないと。

僕はいろんな意味で三崎には楽しませてもらってたんで、これ以上は文句はないです。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-26

さよなら、高田総統

衝撃! 7.26両国で高田総統がハッスル離脱か!?

えーマジですか!
高田総統がいなくなったらハッスル終了ですよ。

代わりに高田将軍が出てきたりして(笑)

どういう形で「さよなら」するかはわかりませんが、久々にハッスルのPPVを買わないといかんですね。

theme : プロレス
genre : スポーツ

2009-06-26

三崎が逮捕されていたとは!

<公務執行妨害>総合格闘家の三崎和雄被告に有罪判決

ウソォォ、漢・三崎さんが!ウソォォォォ!
何これ三崎さんが・・・ウソォォォォ!
だってお前、日本人は強いって・・・・ウソォォォォォ!

裁判には負けたが、喧嘩には勝ったのでしょうか。

やってることは、ほぼ稲垣メンバーと同じじゃないですか。

お前は多くの人の心を裏切った!絶対に許さない!

といいつつ、不謹慎ながらもちょっと笑えるのは三崎さんのキャラのせいか。

シャレになってない事態なんですが(^^;


でも、本当にどうなるんだろ中村戦。
自粛する可能性もありますね。

修斗JCB大会の時は中村カズと隣で仲良く観戦してたんですけどねえ・・・・
あの時は逮捕前だったんでしょうね。

ようさんじゃないけど、國保さんがどう対応するのか。

これが格闘技界に悪影響がないと良いんですが。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-25

戦極の世界観

中尾KISS vs.チェ・ムベ、光岡vs.フレンチ決定=8.2戦極

8月2日に開催される総合格闘技「戦極~第九陣~」の追加対戦カードが24日、東京都内のホテルで発表され、中尾“KISS”芳広vs.チェ・ムベのヘビー級ワンマッチ、光岡映二vs.クレイ・フレンチのライト級ワンマッチが正式決定した。

ムベさまは中尾の復帰戦としては丁度いいレベルですね。

クレイ・フレンチは青木戦や北岡戦では全く実力を出せずに負けてますが、光岡相手ならさすがに秒殺されることはないでしょう。

両方とも悪くないカードですけど、ちょっと弱いか。
でも、他に好カードが揃ってるんで問題はなし。
石井の参戦見送りも想定の範囲内だし、第九陣は普通に楽しみですね。

あとはこう燃えられるような試合というか、熱い世界観になってくれるともっと乗れる。

その辺は期待しすぎずに、フラットな気持ちで応援していくのがいいかもしれませんね。
戦極はあくまで競技化を目指しているそうですし、DREAMとは違ったカラーで頑張っていけばいいと思います。
2009-06-23

本当に格闘技を愛してるファンに出来ること

DREAM公式サイトに書かれているブログ「☆凡才SURF通信3」さんより

格闘技ファンができること。

7月のDREAM.10ですが!!

私は勝負に出ます!!!!!!

格闘技離れが叫ばれる昨今、勝手に「このジャンルを支えなきゃ!」という使命感にかられた私は、

ファンである自分が出来る何か、ということで考えた挙句、

一世一代の大勝負に出ました!!

それは…


『格闘技を知らない人たちを会場に呼ぶ』 です!!!!

(中略)

とゆーわけで!!!!
当日を120%楽しんでもらうため!!!
事前にSURF的解説を行ない、準備を念入りに行った上で臨もうとしております。

まず、ちょうど今日なんですが、格闘技の歴史について講義を行いました(笑)

プロレス、総合、K-1、ボクシングの違いから始まり、プロレスからどのように総合になったか。

団体とは?階級とは?

素人でもわかるようにお手製の資料を作成し、授業のようにお話をさせていただきました!!


ただいま各対戦カードの見どころ解説資料を鋭意作成中☆

オフィシャルパンフレットよりわかりやすい、初めて見に行く人がどのように楽しめば良いかを網羅する、

SURF特製ガイドを手作りですよ(エクセルじゃい)!!

全カードが発表され次第、仲間たちに配ります!!

何も知らずに見に行くより、100倍の違いがあるはずです☆


笹原さんがスーパーハルクで勝負かけたように、私たちもどんどん仕掛けていかないと(^ー^)

DREAM.10よ盛り上がれ!!!!

格闘技を知らない同僚を誘い、チケットを買ってもらう。
これだけでも骨が折れるだろうに、そのうえ格闘技のことを啓蒙するために自作で資料を作成する。
このバイタリティ、この熱さは本当に素晴らしい!
感心、感嘆、感動を禁じえません。
人を動かすのは人の情熱。
ARONA☆SURFさんの情熱が伝わったからこそ、同僚の方々はクソ高い22000円のRRS席を買ってくれたのでしょう。
ハズレ興行だった時のリスクはでかいし、ARONA☆SURFさんは大変だ(^^;

ネット動画をタダ見して文句ばっかり言ってるよりも、こっちの方がずっと建設的でかっこいいですよね(^^

2009-06-23

ブッカーKと笹原さんとクラッシャーと

ちょっと古いネタですが、ブッカーKさんのブログから


思えば、2005年の7月、「HEROS」初参戦の所選手がペケーニョにTKO勝利した後、翌週開催の「PRIDE武士道8」名古屋レインボーホールに来場しました。
しかし「HEROS」出場選手というだけで門前払いになりました。 



と、昨日のblog にコメントを頂きました。


当時のDSEの専務をしていた、現DREAMの運営にあったって居る彼が、当時DSEの広報で

現在DREAMのEP(一応) の笹原に指示をし

練習仲間の応援に駆けつけただけなのに

大勢のファンに取り囲まれた所君にジェラシーを感じ

会場に入れる所々か、外に連れ出したのです。

なんとケツの穴の小さい事をしたことか。 全く情けない。

あまりにも幼稚な行為なので「ホンマかい?」と思ってしまいますが、


笹原さんのカミプロスペシャルでのインタビューで。

―――秋山(成勲)選手が会場に来てましたよね。
笹原 来てましたね。
―――あれは本人が「観に来たい」っていうことで?
笹原 そうですね。本人が来たいっていうことでそれを僕らとしては拒む理由もとくにないですから。
「観に来たいんならどうぞ」と。むしろ、そういうのは受け入れないとダメだと思います。
そんなところで、「この選手はOKだけど、あの選手はダメ」とかやってる場合じゃないですよ。
懐深く選手を受け入れて、皆で盛り上げていく姿勢を主催者から見せていかなきゃいけないでしょう。
―――なんか、ホントに変わりましたね(笑)

この二つの記事で辻褄が合うというか。
図らずもブッカーKの証言を裏付けるようなインタビューになってるとも取れます。

これが事実ならDSEは下らないことしてたんだなーと思うし、そりゃ恨みも買うし敵も増えますよ。
改善してしかるべき汚点ですね。

あと今頃になって暴露するブッカーKもカッコ悪い。
PRIDE時代はシュートボクセ諸々の選手をPRIDEに送り込んでたから事を荒立てず、DREAMとの付き合いが希薄になった状況でこれを言い出すとは如何なものか。

今現在はその旧DSEスタッフと所は一緒に仕事してるわけですから、今さら過去の傷を晒すのはどうなのかなー。

ブッカーKがDREAMに糞を「ぶっかーけー」た話でした(うん、うまくないね)。


で、この話で思い出した話題が一つ。

昨年、国内の某金網興行で某クラッシャーが顔パスで入ろうとしたら、某大物社長に呼び出されて説教を喰らったなんていう話がありました。

その話を聞いた時は「顔パスで入ろうなんて、それはK尻が傲慢だったな」と思ったものです。

でも、よくよく考えてみると、その金網興行にはK尻のチームメイトとも言える選手が常連になっているので、その選手のセコンドもしくは応援に来ていたことが推測されます。

だとすると、ちょっと可哀相な気がします。

前述の所英男がチケットなしで入ろうとして門前払いされたのなら、この件とほぼ同じ状況なのでは?(最終的にK尻が入れてもらえたのなら話が違ってきますが)

K尻が将来落ちぶれるようなことがあったら、「格闘技の光と影」として書籍に記してほしいところ。
2009-06-21

kamipro最新号の気になるところ

kamipro最新号の宣伝から

真夏に激化! 戦極vs DREAMの仁義なき戦い!!

☆石井慧、郷野聡寛獲得で怪気炎!
國保尊弘ワールドビクトリーロード取締役
「DREAMさんとはやりたいことが違います」

☆「やりたいことが違う」國保発言にDREAM戦士が返答!
青木真也/川尻達也/桜井“マッハ”速人/高谷裕之/ミノワマン/DJ.taiki

相変わらずな國保さんですけど、このままでいいでしょう。
青木たちの返答やいかに。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-19

KIDのK-1参戦は大いにアリ

KID「KOじゃないとね」、原点回帰の殴り合いへ闘志=7.13K-1MAX


ザンビデス戦以来のK-1ルールかな?
DREAMではなく、MAXに駆り出されたのはゴールデン放送だからでしょうね。

KIDと渡辺との対戦もおもしろいなーと思ってましたけど、相手は後輩の山本篤になりました。
ここで渡辺が勝てばKID戦も見えてくるし、前評判はともかく試合自体は盛り上がりそう。

そして、KIDと渡辺の試合が決まったら、これもコアなキックファンには受けないでしょうが、試合内容自体は面白いものになるのではないでしょうか。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-19

郷野が格闘技マスコミに物申す。それに少し乗っかる

郷野がカミプロのコラムで格闘技マスコミに対して苦言を呈していました。
先日の戦極参戦会見で非常に態度がよろしくない記者さんがいらっしゃったようで、
要点をまとめると

・記者会見で質問に答えているのに、その質問をした記者本人が聞いてないような態度を取っていて、答えたあとのリアクションや礼もない。
・郷野自身、選手はもっとおもしろいこと言えよと思ってるが、今回の記者会見のようなお葬式みたいな雰囲気で、話していて虚しささえ感じてしまう空気の中では面白いことを言うのはなかなかハードルが高い。
・最近は記者の数は増えたが、中には挨拶や言葉遣い、態度などがよろしくない記者がいる。
・熱意ある記者の質問や取材は受けるほうも楽しいし、選手の言葉を引き出すのは記者の力量。

確かに何度かPRIDEやDREAMの公開記者会見を見させてもらって思ったのは、選手に質問する記者が少なすぎること。
学級委員の立候補を募ってるわけじゃないんだから、もっと手を挙げろよと言いたくなります。
そして、その数少ない質問も当たり障りの無いつまらないものが多い。
いい質問してるのはクマクマンボとかのベテラン。

四月にDREAMの公開記者会見に行った時もマスコミから熱意は感じ取れませんでした。

あと取材マスコミには喝っ!
選手に対する質問コーナーで手を挙げたのはスポーツ紙一社だけで、あとは誰も質問せず。
あんたら興味なし? 盛り上げる気なし?
おかげでファンが2,3の質問をすることができましたが。

このあとにファンが聞いた「ウェルター級GPはマッハ選手が主役のはずだったのに青木選手にオイシイところ持っていかれてますが、どう思いますか?」という意の質問の方がよっぽど真っ直ぐでよかった。

なんか格闘技ブームが下火とか言われてますけど、マスコミの皆さんの興味も薄れちゃったのかなーと邪推したくなります。

もちろん熱意あるマスコミの方々もたくさん居られると思うので、そういう方々に選手から熱い、面白い言葉を引き出してもらい、我々ファンを煽っていただけたら幸いです。
そして、僕らはチケットやPPVにお金を落としていくことで、少しでも貢献していきたいです。


少なくともマスコミには情熱を持って伝えてほしいし、僕自身も金を落とさずに文句だけ言うファンには成りたくないですから。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-18

やっぱり佐藤大輔は素晴らしい

サムライTVで「キン肉マニア2009」見ました。
串田アキラは遠目に見ると、田中ケロみたいでした(^^;

最初のベストバウト・トップ5の煽りVは素晴らしかった!
佐藤大輔のセルフパロディなんですけど、本当にいい出来で泣かせる。
「マッスル・ブラザーズという生き方」
「完璧タッグ、ヘル・ミッショネルズ」
「悲劇の超人ロビンマスク」
今までの名シーンをフラッシュバックさせて、こっちの感情が大きく揺さぶられる。

子どもたちがロビンに「先生はいつも正義こそが――云々」「キン肉マンさんを助けに行ってください」
のシーンはキましたねー涙腺に。
そんな泣けるとこでもないはずなのにキタ。
あとグレートの「友情は必ず取り返せる」も良かったなー。
ジーミソ過ぎると涙腺が弱くなっていかん。

このベストバウトの煽りV、オープニング映像、キン肉マンVS美濃輪の煽りだけでも一見の価値ありです。
さきほどセルフパロディといったようにPRIDEの使いまわしは多々ありますが、それをキン肉マンファイターで表現しているので、メチャクチャ新鮮でグッド。
キン肉マンを全く知らないウチの嫁も「全然知らんけど、この映像見てたら試合がめっちゃ見たくなった」とのめり込む。
佐藤大輔はやはり天才だ。


で、試合の方は・・・まあ面白かった方でしょうか。
超人タッグトーナメントは試合間の小ネタといい、優勝したタッグチームといい、いかにもマッスル、いかにもインディー臭い展開。
まあ、このイベント自体がキン肉マン好きがニヤニヤする程度の大会だったので仕方ない。
あとモンゴルマン小っちゃ! ていうか、おまえ趙雲だろ!

繰り返しますが、あくまでキン肉マンファンに向けたイベントであるので、キン肉マンを知らない人にはさすがに厳しい(佐藤大輔の煽りVは除く)。
メイン終わってからニコニコしてる宇野の横で、ポカーンとしてる青木の表情が印象的でした(笑)


余談として
イベント終了後に選手がリング上からキン消しを客席に投げるサービスをしたんですが、青木のところにキン肉マングレートかなんかのキン消しが飛んできたそうです。
青木はキン肉マンにあまり詳しくないのでそんなに喜んでなかったんですが、
隣の宇野が「・・・ああ、グレートいいなー」と言うと
「よくわからないけど、いいヤツなら貰っときます」と言って宇野にはあげなかったそうです(笑)

theme : プロレス
genre : スポーツ

2009-06-15

UFC99 WOWOW観戦記

○ミルコ・クロコップ(クロアチア)
(1R 3分06秒 TKO)
●ムスターファ・アルトゥルク(英国)

相手のレベルがよくわかりませんが、久々にミルコ快勝でよかった。
と思ってたらサミングじゃないですか。
それが無くても勝ったでしょうけど、ちょっと残念な決着でしたね。

怪我は無かったようなのでDREAM.10に出てくることになりそう。


○スペンシャー・フィッシャー(米国)
(3R判定 3-0)
●宇野 薫(日本)

宇野負けたかー。
うーん、2,3Rは取ったような気もしたんですが、微妙なところなんですよね。
3Rの最後以外はフィッシャーの打撃もらってましたから、この判定でも仕方ないのかな。


●ジーク・コンゴ(フランス)
(3R判定 0-3)
○ケイン・ベラスケス(米国)

ベラスケスは石田くんも真っ青のエンドレスタックル&パウンド。
ポジションをキープしつつ、攻撃し続けるスタミナが凄い。
あれをやられたら相手は心が折れる(^^;


●ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)
(3R判定 0-3)
○リッチ・フランクリン(米国)

最初はシウバを応援する気だったんですけど、よくよく考えると

ここでシウバが負けたらUFC1勝3敗となり、リリースされる可能性が高い。
   ↓
ということは日本で見られるかもしれない。
   ↓
ウェルカム、ヴァンダレイ。

それならシウバ負けるのもアリだなーという邪心が(笑)


それでもシウバ応援で見てたんですが、やっぱりシウバはぶん回しのフックしかないんですね。
ボクシングでフランクリンに負けてるし、怪我をしたのかダメージの蓄積か、試合途中からフラついてて危なっかしかった。
充分に試合間隔を取った上でこの内容だから今後も厳しいでしょうね。


興行全体としてUFCって勝利至上主義だからなのか、どうしても退屈な試合が多いですね、やっぱり。
ベラスケスみたいな動き続けてるなら見れるんですが、宇野フィッシャーの1,2Rみたいな試合を知らない選手同士でやられたら相当キツイです。

今回は宇野もシウバも負けて残念でした。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-14

三沢さん急逝

三沢さん死す…試合で頭を強打、帰らぬ人に

・・・なんてあっけないんだろう。
訃報を聞いた時はさすがに呆然としました。

ノアを見なくなって何年も経つ僕が偉そうに語れることはないんですが・・・・

やっぱり川田との三冠戦が一番熱く記憶に残っています。

三沢さんのご冥福をお祈り致します。
2009-06-13

納得できないっすよ、筋を通して下さい。な「修斗LEGEND」

カルバンを破り、魔裟斗戦も決まって乗りに乗っている川尻達也。
そんな川尻の修斗時代をプレイバックする『修斗LEGEND#3「川尻達也特集」 』がファイティングTVサムライで放送されています(ちなみに来月の#4は五味特集です)。

今が旬の川尻特集だけに楽しみにしてたんですが・・・
放送された試合はデビューのタクミ戦に始まり、新人王、山崎戦、シャオリンとの初対決、タクミとのリベンジマッチ、リトアニアっぽい選手との調整試合、ヤニ・ラックス、エクルンド戦でした。

なんと川尻最大の武勲といえるシャオリンとのタイトルマッチが放送されなかった!そんなバカな!!
わざわざシャオリンに負けたところを流して、何でリベンジ戦をやらないんだろう。

他にも宇野戦、雷暗暴戦、イーブス・エドワーズ戦などビッグネームとの試合も全てカット。

サムライさんに言いたいことが原稿用紙10枚分くらいありますよ。

一体どういう基準で放送する試合を決めてるのかと膝詰めで説教ですよ。

おかげであんまり面白くなかったし(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-12

魔裟斗vs川尻に思うこと

スイミングアイさんから

川尻さんにとってはボロ負けさえしなければ名前と顔を売るチャンスですね。一方、魔裟斗さんからしたら旨味のあんまりない対戦ですね、きっちりKOして「やっぱ魔裟斗強いなー」って思わせるぐらいしかメリットないんじゃないでしょうか。

 って言うのが一般的な見方だと思うのですが

 自分の得意なルールじゃない相手の土俵で、しかもトップの相手と対戦するって怖いですよね。その辺りの恐怖心とかを観る側は考慮しないのが残酷なところですね。「だってプロの格闘家だから」の一言で済む問題でもあるんですけどね。

目からウロコというと大袈裟でしょうか。
見るだけでなく、やる側の佐野さんだからこそ出てくる意見だと思います。
確かに「勝てばオイシイ」、「負けても名前に傷がつかない」とか、ファンは星勘定しか見ないですからね。
青木のウェルター級GP挑戦もそうですが、強い相手と戦う以上リスクのない戦いなんて無いのではないでしょうか?
負けても評価下がらないっつっても身体的ダメージは残るわけですし、ましてや川尻は他ジャンルのトップとやるわけで一方的にやられてしまう可能性も高い。

総合で長年かけて培ってきたものをぶつけて戦うのではなく、付け焼刃でK-1最強の相手と戦わなければならない恐怖はあるでしょう。
もちろん川尻が選んだことなので全ては川尻の責任になりますが。
そして、美味しくない相手との対戦を飲み、さらに盛り上げようと口撃してくる魔裟斗の姿勢にも頭が下がります。

普通にやれば普通に負ける相手なので、川尻には普通でない作戦でいってくれることを願います。
「実力差は正直、かなりあると思います。それでもオレは前に出ます!」
正直かなり厳しい戦いになるでしょうけど、この言葉を真に受けて川尻を応援したいと思います。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-12

五味隆典の行方

GAME AND MMAさんから五味関連の記事を二つ。

五味隆典がアフリクションに登場の噂


アフリ代表が五味vsクーパー戦を否定

このカードが流れて本当によかった。
アフリクションという選択肢はともかく、このような微妙な相手とキャッチウェイトで試合されてもなー。
アフリにはライト級でいい選手はいないんですかね?

こういうファン不在のカードを交渉してる時点で五味の代理人には好感を持てないです。
ストライク・フォースなどとも交渉してるとは思うんですが、アフリが一番ギャラが高いのかな。


もし五味がアフリクションに出るなら、ヒョードルvsジョシュ、ビクトーvsサンチアゴ、ムサシvsババルなど超豪華。
これを日本で放送しないのは勿体無さすぎる!
PPVあったら絶対買いますから、是非放送してください!

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-11

魔裟斗vs川尻が正式決定!

川尻殴り合い宣言、魔裟斗負ければ即引退!? 両者が激しく挑発合戦

変態ようさんの願いも叶わず五味の乱入はなしで、既定路線通り川尻で決定。
事前の期待感はさほど無かったんですが、こういう公開記者会見があるとテンションが上がってきますね。
両者の舌戦はプロ意識の高さが表れてて好感度高し。
魔裟斗はやっぱりスターのオーラを醸し出してるし、川尻もいろんな意味で口が達者なのがいい方向に出てます。

特に

「(魔裟斗が)さっきMMAファイターとはケンカだと言ってましたけど、僕の知るかぎりケンカのわりにはいつも判定決着なんで、僕は頑張って勝っても負けてもKOで終わらせたいと思います」

この辺はなかなか頓智がきいてるじゃないですか。
え?川尻も判定が多い?
いやいや畑違いの相手なら川尻はスカ勝ちしますよ。

二人とも舌戦では互いに譲らず、まさに喧嘩の様相を呈してきました。

しかし喧嘩といえば三崎さん。
三崎さんがいないところで喧嘩№1を決めないでほしいですが、ここは川尻を応援します。

どうか秒殺負けとかはしませんように(^^;

川尻は試合に負けても喧嘩に勝てばOKよ(笑)
2009-06-09

郷野が選んだのは戦極

郷野が戦極に“就職” 8.2「第九陣」で2年半ぶり日本復帰

郷野は戦極でしたか。
PPV解説もやってたし既定路線ではあるんですが、某社長がDって言ってたので・・・ちょっと残念。

郷野はUFC1勝2敗といっても、ダン・ハーディー戦は互角以上の内容でしたし、もう1敗はジョン・フィッチ。
しかもハーディー戦は骨折明けで練習期間も短かったので仕方ない。
吉田善行を除けばウェルター最強の日本人の1人でしょう。

最近は充実した練習が出来ているようなので期待してよいと思います。
シールズとかを連れてこない限りは郷野が戦極のチャンピオンになれるのではないでしょうか。


泉も戦極に行きそうだし、ここのところニューカマーを取られっぱなしのDREAM。
これから巻き返しはあるのか。
長南も戦極なんでしょうかね。


今回は国保さんがどんな風にDREAMをディスるのか楽しみです(笑)
2009-06-08

魔裟斗の対戦相手は誰だ

ついに魔裟斗の対戦相手決定! 6.10公開記者会見で発表=7.13K-1 MAX

これは大方の予想通りに川尻に納まるのか。
それとも一部の変態がストーリーを無視して望む五味になるのか。
まあ、カミプロ他の谷川さん発言を聞くかぎり川尻で堅いのかな。

でも、ここで五味というサプライズもちょっと期待したくなる。
巨人のドラフトで清原でなく桑田を指名、みたいな。
もしくは、元木と思わせて大森かよ、とか・・・・って例えが古いな(笑)

万が一、五味が出てき時の興奮を考えると変態の方々は公開記者会見に行った方がいいかもしれませんよ。
最悪でも川尻が出てくるわけですから(笑)


ここで空気読まずに小比類巻とかが出てきたら、逆に笑いますが(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-07

ついでにゴン格&格通の法則があるのかも調べてみよう

どうも暇でモテないヘンタイ格闘セレブです。

昨日の続きで、カミプロだけ調べるのは不公平なので、ゴング格闘技の表紙選手も調べてみました。

とりあえず表紙を飾ってから三~四ヶ月以内のMMA試合に限定で。

こちらなどを参考に2007年4月から二年間のデータです。

五味&ルミナ(2009.4) 五味→○中蔵戦、ルミナ●リオン戦

YBT、人多すぎ(2009.3)

宇野(2009.2) スペンサー・フィッシャー戦→?

青木&北岡(2009.1) 青木→●マッハ戦

五味(2008.9)●ゴリアエフ戦

青木(2008.7)○トッド・ムーア戦

五味&シウバ(2008.5) 五味→○ハン・スーファン戦。

吉田&三崎&五味(2008.2)吉田●ジョシュ戦、三崎○シアー戦、五味○ラドウィック戦

ヒョードル(2007.12)○ホンマン戦

秋山(2007.11) 三崎戦ノーコンテスト

KID(2007.9)○ヤヒーラ戦

KID(2007.7)○ビビアーノ戦

ミルコ(2007.5)●コンゴ戦

8勝(3KO・3S)5敗

勝率はあんまkamiproと変わりませんね。
むしろ2007年4月以降で比べるとゴン格の方が勝率が悪いです。


さらについでに格通も調べてしまいました(笑)
格通バックナンバー

KID(2009.3&4) ●ジョー・ウォーレン戦

青木&川尻(2009.1) 青木→●マッハ戦、川尻→○エバネス戦

田村&立嶋(2008.12) 田村○桜庭戦

桜庭(2008.10&11)●田村戦

吉田&五味(2008.9) 吉田→●菊田戦、五味→●ゴリアエフ戦

三崎&五味(2008.8) 三崎○ジョー・リグス戦

青木&宇野&ハンセン(2008.7)○トッド・ムーア戦

KID(2008.6)長期戦線離脱

宇野(2008.5) ●青木戦。

桜庭(2008.4)○アンドリュース・ナカハラ

五味(2008.3)○ハン・スーファン戦

五味(2008.2)○ラドウィック戦

三崎(2008.1)○シアー戦

桜庭(2007.12)○船木戦

ヒョードル(2007.12)○ホンマン戦」

秋山(2007.11) 三崎戦ノーコンテスト

KID(2007.11)○ヤヒーラ戦

桜庭(2007.9)○柴田戦

KID(2007.8)○ビビアーノ戦

桜庭&田村(2007.4)桜庭→●ホイス戦、田村→●金戦

13勝8敗

すいません、最後の方めんどくさくなってきちゃって・・・
直近の半年が2勝5敗だった時は「おっ!」と思ったんですが、結局どこも変わりません。

もともとケチを付けられていたのがカミプロだけなんだから当たり前か(^^;

というわけで、結論。
kamiproの法則など無いんじゃね? ゴン格も格通の法則も勿論ない。

皆さんも迷信は信じないように気をつけましょう。
そんなんは少年ジャンプの次週予告くらい当てになりません。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-06

検証 kamiproの法則は本当にあるのか?

表紙は……魔裟斗を倒せ! 川尻達也!!

☆カルバン撃破! いよいよ魔裟斗戦出陣へ!!
川尻達也 インタビュー
「MAXの会場をDREAMファンの野太い声で埋めつくす!」

僕はまだ買ってないです(^^;
早く読みたい。
昨日も書きましたが、表紙は川尻。
大一番を前にKamiproが川尻をプッシュし始めましたね(正確には大晦日からですが)。

・・・うーん、これはどうなんだろう(笑)
まあ、迷信の類だと思うのでシャレとして読んでいただきたいんですが、Kamiproにプッシュされるとその後が芳しくないというか・・・ぶっちゃけ呪い?
以前DREAMライト級ベスト4がKamipro表紙を飾って、リザーバーのハンセンが優勝するということがありましたし、そういうイメージが少々あります(^^;

そんなイメージが本当かどうか、単なる都市伝説的ものなのか検証するため、そして、DREAMファンの一抹の不安を払拭するために、Kamiproで表紙を飾った選手とその直後の試合戦績を調べてみました(ヒマだね)。

こちらのkamiproバックナンバーを参考に。
()内は雑誌の発売日と、直近の勝敗。

北岡(2009.3月末) 坂口戦→?

KID(2009.3月)●ジョー・ウォーレンに判定負け

川尻&青木 (2009.1月) 川尻○エバネス戦、青木●マッハ戦

青木(2008.12月) ○アルバレス戦

秋山(2008.9月) UFC行き

所英男(2008.8月) ●山本篤戦

ヒョードル(2008.7月) ○アルロフスキー戦

青木&宇野&川尻&アルバレス(2008.7月) DREAMライト級GPハンセン優勝

青木&須藤元気 (2008.5月)○永田戦

秋山イラスト(2008.4月)○柴田勝頼戦

青木(2008.3月)○カルバン戦(判定勝ち)

五味(2008.3月)○ハン・スーファン戦(判定勝ち)

ミルコ(2008.2月)○水野竜也戦

三崎(2008.1月)○シアー戦

秋山(2007.12月) 三崎戦ノーコンテスト

青木(2007.11月)○チョン・ブギョン戦

ヒョードル(2007.11月)○チェ・ホンマン

坂田亘&小池栄子(2007.9月)○ザ・エスペランサー戦、愛と奇跡の・・・ラブ&ハッスルで大勝利

ミルコ(2007.8月)●ジーク・コンゴ戦

青木&所(2007.6月) 所●ブラックマンバ戦

田村(2007.4月)●金泰泳戦

ミルコ(2007.2月)●ガブリエル・ゴンザガ戦

五味(2007.1月) ニック・ディアス戦ノーコンテスト

ヒョードル(2006.12月)○マーク・ハント戦

ジョシュ・バーネット(2006.12月)●ノゲイラ戦

ザ・エスペランサー(2006.11)○レイザーラモンHG戦

ヒョードル(2006.9月)○マーク・コールマン戦

ジョシュ(2006.8月)○ノゲイラ戦(GP準決勝)→●ミルコ(決勝)

ヴァンダレイ・シウバ(2006.7月)●ミルコ戦

桜庭イラスト(2006.5月)○スミルノヴァス戦

ノゲイラ(2006.3月)○ズール戦

五味(2006.3月)●マーカス・アウレリオ戦

藤田和之(2006.2月)○ジェームス・トンプソン戦

小川直也(2005.12)●吉田秀彦戦

17勝(3KO・10S)12敗(もちろんハッスルの勝敗は除いてます)

2007年上半期は酷かったものの、それ以外はそれなりに順当な結果ではないでしょうか。

これを見るかぎりはkamiproの呪いとか、あんま関係なさそうですね。あーよかった。
大事なのは選手自身、って当たり前ですよね。
ちなみに田村VS桜庭は両者が表紙になってるため割愛しました。


そもそも魔裟斗も前回のKamiproの表紙になってるから、川尻VS魔裟斗に関しては意味ないか(^^;


あとKamiproがプッシュしてる団体が云々という話はスルーで。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-06-05

川尻達也と五味隆典、それでいいのかK-1ファン

表紙は……魔裟斗を倒せ! 川尻達也!!

はたして魔裟斗の相手には川尻、五味のいずれが相応しいのか。
ストーリーの流れとしては川尻、格オタ的には五味といったところですが、事ここに至っては川尻で仕方ないでしょう。

でも、K-1ファンはこれでいいのだろうか。
そもそも貴重な魔裟斗の残り2試合なのに選択肢が総合の選手しかないのは如何なものか。
例えば逆の立場でヒョードルが引退試合をするとして、その相手がバダ・ハリとかだったら嫌ですからね。
MAXファンは誰との対戦を見たいんだろうか。

でも、K-1公式サイトの投票で川尻が1位になってます。
ミスターシービーばりの末脚だ(^^;
上位は総合選手ばかりだけど、いいのかK-1ファン。


で、上の投票結果やカルバン戦などもあって、ほぼ内定と言われている川尻。
今までの川尻の試合やカルバンを戦を見て、川尻では物足りないと思う人もいるでしょう。
あの試合がつまらないと思う人がいるのはしょうがないかもしれない。

五味ならパンチでグラつかせた後に詰めてKOしてた可能性があるし。
確かにスカ勝ちできる五味の方が魅力的で華がある。

対照的に泥臭くても勝つのが川尻。
無理に五味の真似して打ち合って玉砕してたら、成長がない。
カルバンをパスしたり、マウント取ったりするのは凄いこと(サウロ・ヒベイロをパスする方が凄いけどね)。充分だと思うんですけどね。

大会終了後にファンに囲まれている川尻が言ってました。
「盛り上げていくんでDREAMを宜しくお願いします、もっと強くなるから」と、以前のような自己愛だけでない責任感も生まれてきてるようです。


さて魔裟斗との試合ですが。
魔裟斗は今まで多くのMMAファイターを返り討ちにしてます。

素人からすると、川尻が完封される図しか浮かばないんですが、それでもひょっとしたらという僅かな期待感はあります。
今まで魔裟斗が戦ったMMAファイターの中では一番フィジカルが強いから。
うーん、でも厳しいよなー。アリスターみたいな膝もないしな。




あとカミプロ最新号の見出しで気になったのは、

☆自称・川尻ファンが語る『DREAM.9』から見えてきたもの
谷川貞治 FEG代表
「大晦日に青木vs五味ができる環境なら、魔裟斗vs五味もありえた」

くーっ、やっぱり五味のDREAM行きはないのか。
いや変態ネバーギブアップ(笑)
カモン五味隆典。

2009-06-02

アンドレ・ジダ、本当はDREAM.10に出る予定では無かった?/菊野克紀という男

DREAM.10で決定している菊野vsアンドレ・ジダ。
実はアンドレ・ジダは次のMAX出場が内定していたのを変更させて今回のカードが決まったそうです。
カミプロ携帯サイトより一部引用。

そこでちょっとした裏話なのだが、このジダはじつは7月のK-1MAXに出場が決定していたという。
さらに言えば、対戦カードも決まっていたという噂だ。
しかし、DREAMサイドからどうしても菊野の相手として「DREAM.10」に参戦させてほしいという要請があり、ほぼ決まっていたMAXのカードを崩してまで、菊野と対戦させることが決定したというのだ。

 DREAM陣営はそれほど菊野に期待しているし、K-1サイドも菊野vsジダが間違いなく熱いカードだと判断したのだろうと推測されています。
MAXで誰と戦う予定だったのか気になりますが、この二人なら噛みあいそうなんで変更は大いにアリです。

菊野の師匠TKは「今までの相手とはフィジカルが違うんで、今までと同じつもりで戦ってたらやられる」と言ってたんで、本番でどこまで修正してくるか。
菊野はまだメジャーのビッグネームとやっておらず、実力未知数の部分が多いけど楽しみです。
相性的には厳しい相手ですが、ここを突破すれば一気にトップ戦線に躍り出ますね。


その菊野克紀。
ゴング格闘技の最新号でSBの吉鷹さんと対談してるんですが、

――今回の対談は菊野選手の方から、吉鷹さんとお話をしたいという希望があって実現しました。まずはその理由から。
菊野 打撃のことを凄く分析されているのを拝見して、直にお話して客観的に僕のことをどういう風に見ているのか、僕のどこがいいのか、相手の選手が僕のどういう所が嫌だと思っているのかというお話をちゃんと聞きたいなと思ったからです。

って自分の修正する点とかじゃなしに長所だけ聞きたいの?
どんだけ自分大好きなのよ?!(笑)

まっすぐな好青年であり、地方出身でありながら300人以上の応援団を呼べるほどの社交性。
マザー・テレサの心とマイケル・ジャクソンの影響力を持ちたい若き野心家でありナルシスト。

菊野克紀の折り目正しい野心家ぶりに「将来の県議選出馬」を妄想

グリフォンさんが言うように選挙に出馬してもおかしくない人物ですね(^^;

ファイトスタイルも独特で、川尻あたりよりは自己プロデュースも上手そうだし、結果さえ出せばすぐ人気が出るのではないでしょうか。

2009-06-01

石井慧が戦極参戦へ!

石井慧が総合格闘技イベント「戦極」と契約

マジかいやマジかいや、戦極凄い!
今の状況を考えたら、いきなりUFCに行くよりも最初は日本で戦った方が絶対いい!

戦極には大事に育ててもらわないと。
くれぐれもアントニオ・シウバとかをぶつけないように(^^;
そして、近い将来で切れる最高のカード、石井VS吉田も実現するか。
これなら視聴率も取れますからね、是非とも年末年始ころまでには実現してほしいもの。
あとは藤田や菊田もやりたがるでしょうね。

今日の会見で石井がどんな発言をするのか注目。
ジョーク好きの石井のことだから食べ物を頬張りながら「馬鹿みたいな顔してスイマセン」「こんばんはホセ・カンセコです」くらいのギャグをかましてくれることでしょう。


一方、同じ日本でありながら袖にされてしまったDREAMは痛恨の極みでしょう。
僕も正直ハルク軍団VS石井はちょっと見てみたかったかも(笑)

でも、これで戦極もゴールデンタイム放送されれば、また2大メジャーとして盛り上がっていくかもしれないし、いいことなのは間違いない。
つか戦極Gも全国で放送しやがれ。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。