--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-30

VALE TUDO JAPAN 09 感想

オープニング映像

海岸にルミナと息子らしき子供。
いかにも佐藤大輔っぽい映像。
最後に立木文彦が一言ナレーション。


マモル(日本/シューティングジム横浜/同級6位)
ジェシー・タイタノ(米国/スパイク22/同級9位)

もっと競った試合になるかと思ったんですが、マモルが完勝。
これでマモルはタイトル戦線に再浮上か。


<第4試合 修斗公式戦 世界ウェルター級チャンピオン決定戦 5分3R>
ヴィラミー・シケリム(ブラジル/ノヴァ・ウニオン/同級1位)
冨樫健一郎(日本/パラエストラ広島/同級3位)

冨樫残念。
鼻折られたあとすぐダウン取ったんですけどねえ。
あれだけ鼻が曲がってちゃあ止められるのも仕方ない。

シケリムは粗削りだけど、まだ若いし、もっと強くなりそう。
次は遠藤との再戦を是非。
すぐ戦極に行ったりして(^^;


<第5試合 VTJルール 67キロ契約 5分3R>
不死身夜 天慶(日本/シューティングジム横浜)
ティト・ジョーンズ(米国/MMA Inc)

1Rジョーンズ、2、3R不死身夜で不死身夜の勝利かと思ったんですが。
うーん、ローよりもパンチのポイントを取ったということなんでしょうか。
ちょっとショーグンvsリョートっぽかったですね。

不死身夜はロー以外でポイント取れなかったのが痛かった。


<第6試合 VTJルール 63キロ契約 5分3R>
佐藤ルミナ(日本/ルーツ/初代修斗環太平洋ライト級王者)
コーリー・グラント(米国/チーム・クエスト)

ルミナが勝った!
本人も言ってましたが、ここまで完勝、一本・KO勝ちは久々じゃないでしょうか。
2年以上勝ってませんでしたからね。

そこまでルミナファンではないですけど、やっぱルミナが勝つと空気が変わりますね。


<第7試合 VTJルール 65キロ契約 5分5R>
リオン武(日本/STG横浜/第5代、第8代修斗世界ライト級王者)
アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ(ブラジル/クラブ・デ・ルタ/第4代修斗世界ライト級王者p>

リオンは逆転勝ちが定番になりつつありますね。
それだけメンタルが強い立派な王者ということでしょう。

なんだかんだ言ってもペケーニョは強い、パワーありますね。
スタンドとか下になったときのガードワークは大したことなかったんでメジャー団体でトップに立つのは難しそう。

リオンには日沖とのタイトルマッチをやってほしいですね。
日沖が圧勝しちゃう可能性もありますが(^^;


<第8試合 VTJルール 71キロ契約 5分5R>
五味隆典(日本/久我山ラスカルジム/第5代修斗世界ウェルター級王者)
トニー・ハービー(米国/マッシュファイトチーム)

煽りVの最後でちょろっと立木文彦がナレーション。
五味の入場曲は「SCARY」。
PRIDEファンとしては喜びたいところだけど・・・うーん。
なんか北岡戦の時やプライドTシャツを着て入場したミルコを思い出して少々いやな予感が。

内容は3Rまでは五味が圧倒してたんですが、案の定スタミナがなあ。
4Rは止められてもおかしくなかった。
ドントムーブとか修斗にしては珍しく恣意的なレフェリングでしたね。

意識が朦朧とするなかタックルしたり、マウント取ったりと感じ入るところもあったんですけど・・・・スッキリしねえな!

「練習不足でした」って、またかよ!
桜庭やルミナがボロボロになりながら頑張ってる姿を見た後だと、五味はまだまだ若くて身体的にも故障を抱えてるわけでもないのに。
もちろん五味がどういう生活を送ろうが本人の勝手なんですが、ファンとしては歯がゆい。



今日は五味がギリギリだったものの勝ち、ルミナ、リオンらがいい試合で勝ったんでよかったと思います。
いい大会でした!
ベストバウトはリオンvsノゲイラ。
MVPは未知強相手とはいえ、久々に快勝したルミナかな。

スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-29

VTJ09 希望込みの勝敗予想

マモル(日本/シューティングジム横浜/同級6位)
ジェシー・タイタノ(米国/スパイク22/同級9位)

タイタノはBJ相手に押し気味のドローの選手でしたっけ?
メルカ・バラちゃんと同じスパイク22だったんだ。
マモルともいい勝負になりそうですね。

マモル判定勝ち。

<第4試合 修斗公式戦 世界ウェルター級チャンピオン決定戦 5分3R>
ヴィラミー・シケリム(ブラジル/ノヴァ・ウニオン/同級1位)
冨樫健一郎(日本/パラエストラ広島/同級3位)

スタンドをキープできれば冨樫にも勝機ありだけど、テイクダウン耐性がそれほどでもないんでどうだろう。
シケリムはまだ未知数なところがあるけど、ノヴァウニオンだから寝技が強いんでしょうね。

シケリム判定勝ち。


<第5試合 VTJルール 67キロ契約 5分3R>
不死身夜 天慶(日本/シューティングジム横浜)
ティト・ジョーンズ(米国/MMA Inc)

不死身夜そろそろ復活してほしい。
希望込みで不死身夜KO勝ち。


<第6試合 VTJルール 63キロ契約 5分3R>
佐藤ルミナ(日本/ルーツ/初代修斗環太平洋ライト級王者)
コーリー・グラント(米国/チーム・クエスト)

相手がウォーレンじゃない以上ルミナに取りこぼしは許されない。
でも、コーリー身体がデカイし怖いっすね。

ルミナ一本勝ち。

<第7試合 VTJルール 65キロ契約 5分5R>
リオン武(日本/STG横浜/第5代、第8代修斗世界ライト級王者)
アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ(ブラジル/クラブ・デ・ルタ/第4代修斗世界ライト級王者p>

最近の精彩を欠くペケーニョならリオンでも勝てるか。
スタンドならリオン優勢のはず。
リオンKO勝ち。


<第8試合 VTJルール 71キロ契約 5分5R>
五味隆典(日本/久我山ラスカルジム/第5代修斗世界ウェルター級王者)
トニー・ハービー(米国/マッシュファイトチーム)

本当に国内最後の試合になるんでしょうか。
とにかく今回は何としても勝ってほしいもの。
ハービーは身体能力は高そうですね、一発貰ったらヤバそうっすね。


五味KO勝ち。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-29

VTJ09前日

五味、日本ラストマッチへ「必ずKOで締める」=10.30VTJ

ルミナ、リオン2人そろって「KO・一本」を公約
気付けば明日に迫っていたVTJ09。
PPVではオープニングファイトは見れないっぽいですね。
ということは開会式後に6試合か。
2時間くらいで終わるかもしれませんね(^^;

未知強との対戦になる五味、ルミナは勝てるのか。
とくに五味、追い込んだ練習できてるのかなあ。


ルミナvsウォーレンが消えて少々テンションが下がったけど、PPV買うと思います。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-28

UFC104感想 吉田善行の相手に喝!

岡見vsソネン

岡見完敗。
ここまでレスリングが強い相手とやるのは初めてだったかな。

ブランクがあったとはいえ、ここまでいいところなく負けるてタイトル戦線から大きく後退してしまいましたね。


吉田vsアンソニー・ジョンソン

内容はともかく、6ポンドも体重リミットを超えた選手と試合させるのはいかがなものか。
これを認めちゃったら、やったもん勝ちじゃないですか。
しかも1キロとかならともかく6ポンドって、計量時でも80キロくらいまでしか落とさなかったってことでしょ?
怪我して絞れなかったなんて言い訳にすぎないし、それで試合をしようなんて舐めてるとしか思えない。プロ失格ですよ。

吉田も受けなければいいんでしょうけど、以前にも直前でカードが消えたことがあったんで、どうしても試合がしたかったんでしょうね。


ジョー・スティーブンソンvsスペンサー・フィッシャー

スティーブンソン強い!
1Rはフィッシャーもいい感じで戦ってたんですが、2Rからは圧倒的でしたね。

(三段論法云々はおいといて)宇野に勝ったフィッシャーに勝ったステーブンソンに勝ったケンフロに勝ったBJペンって、どんだけー!
UFCのライト級の層の厚さ、いかほどー!


ちなみにスティーブンソンはケンフロ戦では怪我してたとかなんとか。


ケイン・ベラスケスvsベン・ロズウェル

ベラスケス相変わらず超アグレッシブでいいなー。
ストップのタイミングに関しては完全に戦意喪失には追い込めなかったものの、あれだけ一方的に殴られれば止められても仕方ない。

レスナーvsベラスケス、ノゲイラvsベラスケスなんか見たい。


リョートvsショーグン

どっちが勝ってたか、判定は微妙でしたが、ショーグンが復調してたことが嬉しい。
スタミナも切れてなかったし、完全復活といっても差支えないのでは。

なんせ相手はリョートですからね、あそこまで渡り合っただけでも凄いと思ってしまう。
これならショーグンはUFCトップ戦線で充分に戦っていけるでしょう!



今回はショーグンの復調や岡見の完敗、スティーブンソンの強さなど見所は多かった大会ですが、吉田ジョンソンはモヤモヤしましたね。
契約体重から3キロ近い超過、僕が吉田ファンだったらブチ切れてますけどね。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-28

DREAM.12観戦記その2

<第7試合 ウェルター級ワンマッチ>
マリウス・ザロムスキー(リトアニア/ LONDON SHOOT FIGHTERS)
ペ・ミョンホ(韓国/CMA Korea)

すげえ! フライ・ザロム・フライ。
ペ・ミョンホって、そんな弱い選手じゃないんですよね?

春先に池本とドッコイだった選手だとはとても思えません(まあ池本もいい選手ですけど)

左ハイのあとにフォローの左ストレートも出してるところも恐ろしい。

レベル的にUFCで通用するかは微妙ですけど、ザロムスキーのDREAMでも試合ぶりは外れがない銭の取れるもの。
特に今回の試合は痺れた。

<第8試合 ライト級ワンマッチ>
エディ・アルバレス(米国/エリートXC・ファイトファクトリー)
菊野克紀(日本/ALLIANCE)

菊野が選手コール時にやる空手の型。
関根さんの千葉真一ものまねを連想してしまい、ついつい笑ってしまいそうになる。

結果は残念でしたが、菊野はやはり強い。
1Rはタックルを切ってペースを握ってたように見えました。
フルネルソンでアルバレスがふらついた時に仕留められればよかったんですが。

菊野幻想は萎んだものの評価が下がる内容ではなかったですし、菊野のキャリアを考えればまだまだ強くなるでしょう。

そして、アルバレス。
相変わらずメンタル、フィジカルともに強いっすね。
劣勢になってからの巻き返しは毎度頭が下がります。

また日本でアルバレスを見たい。
ハンセンや川尻との再戦もいいし、どこのリングでもいいんで五味vsアルバレスもいい!


<第9試合 ヘビー級ワンマッチ>
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)
ジェームス・トンプソン(イギリス/LONDON SHOOT FIGHTERS)

とりあえずトンプソンが(フェイクを入れてから)ゴング&ダッシュをしてくれたんでOK。
そういえばアリスターはギロチンが得意でしたね。

須藤元気はアリスターの対抗馬にジミー・アンブリッツを挙げてたけど、どんだけアンブリッツ好きなんだよ(笑)
実力的にはトンプソンvsアンブリッツの方がハルクな香りがしてよさそう。



集合D12
今大会は、カード発表が遅い、直前欠場などの毎度おさわがせしますな展開に加え、パウロ・フィリオ失踪なんていう笑えないズンドコ満載。
でも、終わってみれば良い興行でした。

前も言ったことですが、DREAMは当日の大会は面白いのが多い。
だけんどもしかし、リング内のドタバタのせいで事前の期待感がない。
PRIDEの時は何日も前からドキドキわくわくしてたもんですよ。
それがDREAMの場合はチケットを買ってても「そういえば明日か」くらいになってきてる。

これじゃあチケットもPPVも売れませんよ。
その辺はマジで改善してほしい。


最後にホワイトケージについて。
会場で見る分には見やすかったし、ドントムーブがないのも見ててストレスがない。
これからも継続してほしいな。


theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-27

DREAM.12観戦記その一 桜庭にもらった勇気のチカラ

ホワイトケージ
まずDREAM初のケージについて。
S席からの観戦で高さがあったせいか、かなり見やすかったです!
リングだとグラウンド状態になるとモニター見てたんですが、今回はほとんどモニター見ずにすみました。
逆にケージから近い席の方が見づらくなるかもしれませんね。

マトリックスとかいう網は、通常の金網と比べて弾力性があるようで
菊野アルバレス
押しつけられると、このように若干のめり込みがありました。
背中が合掌ひねりをくらったキューブマンのようになってますな。

ドントムーブがないなどレフリーの介入も少なくストレスなく見ることが出来ました。

実際に戦った選手からは好評のようですし、見てる側も快適に見れたんで是非継続してケージ開催してほしいところ。


<フェザー級ワンマッチ>
藤原敬典(日本/秋本道場ジャングルジャンクション/チームZST)
宮下トモヤ(日本/パワーオブドリーム)

酷な言い方をすれば無名の二人が地味な試合をした、ただそれだけのことでしょう。
マッチメイクする主催者も悪いし、戦った選手も現時点ではDREAMに継続参戦するほどのレベルではない。

藤原は下からも積極的に極めを狙ってて、いかにもZSTらしい選手。
ですが、いかんせんテイクダウンされすぎた。

宮下はDREAMのオープニングマッチでひたすら抑え込んで、たまに膝蹴りしてただけ。
競技的にはOKなんでしょうが、興行的には落第点。

残念ながら事前の「DEEPでやればいいのに」という気持ちを払しょくすることはできませんでした。

このあたりは結構ムカムカしてましたね。
あんだけズンドコズンドコしといて、実際の試合までつまらんのかい! みたいな。


<第2試合 ライト級ワンマッチ>
弘中邦佳(日本/マスタージャパン)
パーキー(韓国/CMAコリア)

弘中、DREAMではなかなか良いところ見せれませんね。
パーキーは敗れたものの価値を落とす内容ではなかったのは幸いか。

不完全燃焼で終わったものの、この試合はさほど悪い印象はなし。
弘中、次は石田、中村あたりと見てみたい。

パーキーはDEEPでタイトルマッチもあるんじゃないですか。


<第3試合 フェザー級ワンマッチ>
前田吉朗(日本/パンクラス稲垣組)
チェイス・ビービ(米国/HITスクワッド)

前田お見事!
鮮やかな勝利でしたねえ。
連敗中とはいえビービにスカ勝ちはなかなか出来ることじゃありません。

この試合で会場の雰囲気もパッと明るくなったのではないでしょうか。

大晦日参戦をアピールしてましたが、可能性は五分五分くらいか。
vs所とか面白くなりそうだけど、テレビ的には微妙かなあ。
でも、去年は中村vs所やったくらいだから可能性はあるかな。


<第4試合 ミドル級ワンマッチ>
ユン・ドンシク(韓国/チーム・ユン)
タレック・サフィジーヌ(ベルギー/チーム・クエスト)

ユンは怪我が治ったばかりで練習不足だったようですね。
そんな状態でフィリオとやるつもりだったのか。
年齢も年齢だし、しっかりコンディションを整えてから試合してほしい。
まあ、オファーを断ってチャンスを逃すが怖いのもわかりますが。

判定については、正直どっちでもいいよという感じ。
まあDREAMはラウンド毎ではなく全体通しての判定なんでユンの勝ちでもおかしくはない。


<第5試合 ミドル級ワンマッチ>
柴田勝頼(日本/LAUGHTER7)
石澤常光(日本/フリー)

オープニングの全選手入場で石澤にけっこう歓声がありました。
未だに会場ではプロレスラーって人気なんですね。
なんだかんだで需要がないわけではないんだ。



<第6試合 ミドル級ワンマッチ>
桜庭和志(日本/LAUGHTER7)
ゼルグ“弁慶”ガレシック(クロアチア/ LONDON SHOOT FIGHTERS)

桜庭がパウンドを貰いまくった時は「止めろー!」と絶叫してました。
PPVで見直したら、数はかなり貰っていたものの「絶対に止めないと駄目というほどではないか」とも見えます。
もちろん止めた方がよかったんだけど、スミルノヴァスの時よりはマシだったかな。

まあ僕も勝手なもんで、最初に足関が入った時は「よっしゃ極めろ!」→パウンド入れられたら「止めろ!」→また足関が極まりそうになったら「よし、いけー!」ですからね(^^;

会場ではよく見えませんでしたけど、ヒール→アンクル→膝十字と極めてたんですね。
勝つにはこの形しかなかったかも。
獏山先生も「これしかないわー」というくらいの見事な勝利。

極まった瞬間は会場は大爆発!・・・した、と思います。
というのも僕が大噴火してたんで、会場の爆発がどれくらいの規模か確認する余裕がなかった(笑)
嬉しすぎてしょうがない、泣いて喜んじゃいましたよ。

桜庭ベンケイ
思えば弁慶も、マヌーフから桜庭に急に相手が変更になって気の毒でしたね。
足の怪我も重傷ではないらしいので、それだけが不幸中の幸い。


桜庭肩車
こういう試合があるから格闘技観戦はやめられない。
試合後のマイクを含めて桜庭の良さが出まくった試合だったんじゃないでしょうか。
なんか生きていく勇気というか元気を与えてもらえた気がします。

この試合こそ勇気のチカラじゃないですか。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-26

いろいろ言いたいことはあるけれど、見ててよかった格闘技

大阪から帰ってきて、UFCも見終わりました。
さすがに疲れたので、D.12やUFCの感想はまた明日書きます。

でも、これだけは言いたい。
桜庭、本当に本当にありがとう!!

格闘技を見ていて泣いたのは、初めてだったかも。

僕は桜庭の身体を心配する傍らで、桜庭のことを舐めていました。
タカをくくっていた、弁慶に勝てるはずがないと。


あー嬉しい!最高!
会場に行って本当によかった。
格闘技を見てて本当によかった。

なんか書いてるうちにテンションが上がってきそうなんで、このへんにしときます(笑)


ただ気になったことが。
桜庭は試合後にインタビューせずに病院直行したそうです。
大したダメージが無いことを祈ってます。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-25

D12行ってみれば最高でした

前半は少々モタツキましたが、後半は最高!

PPVも買うべし!

行ってよかった(^^
2009-10-24

何はともあれ開催前日、DREAM.12勝敗予想

<フェザー級ワンマッチ>
藤原敬典(日本/秋本道場ジャングルジャンクション/チームZST)
宮下トモヤ(日本/パワーオブドリーム)

恥ずかしながら藤原の試合を見たことないです。
宮下もDEEPの試合を2,3試合見てますが、ほとんど記憶にございません(^^;

そんな二人の戦いを感情移入して見るのは難しいですが、二人ともルックスが良くて試合内容も面白いらしいので、内容で魅せてくれることに期待。

宮下が一本勝ち。


<第2試合 ライト級ワンマッチ>
弘中邦佳(日本/マスタージャパン)
パーキー(韓国/CMAコリア)

ケージだし、弘中が実力を出せば無難に勝つのではないでしょうか。
総合力で上回ってるだろうし、寝技でも弘中でしょう。
弘中一本勝ち。



<第3試合 フェザー級ワンマッチ>
前田吉朗(日本/パンクラス稲垣組)
チェイス・ビービ(米国/HITスクワッド)

これは難しい。
ビービにとって前田はそれほど苦手なタイプじゃないような気がします。
それは前田にも言えることなんであとはテイクダウンが勝敗を分けるか。

希望込みで前田判定勝ち。


<第4試合 ミドル級ワンマッチ>
ユン・ドンシク(韓国/チーム・ユン)
タレック・サフィジーヌ(ベルギー/チーム・クエスト)

まあサフィジーヌなら代打としては悪くない。
でも、ただの消化試合ですよね。
最近のユンは怪我もあって精彩を欠くが階級下のサフィジーヌならいけるか。

ユン判定勝ち。


<第5試合 ミドル級ワンマッチ>
柴田勝頼(日本/LAUGHTER7)
石澤常光(日本/フリー)

柴田KO勝ち。



<第6試合 ミドル級ワンマッチ>
桜庭和志(日本/LAUGHTER7)
ゼルグ“弁慶”ガレシック(クロアチア/ LONDON SHOOT FIGHTERS)

これは本当にドキドキする。
寝かせれば桜庭にも多少チャンスはあるけど厳しいかな。

弁慶KO勝ち。


<第7試合 ウェルター級ワンマッチ>
マリウス・ザロムスキー(リトアニア/ LONDON SHOOT FIGHTERS)
ペ・ミョンホ(韓国/CMA Korea)

ザロムスキーKO勝ち。
してほしい。


<第8試合 ライト級ワンマッチ>
エディ・アルバレス(米国/エリートXC・ファイトファクトリー)
菊野克紀(日本/ALLIANCE)

菊野幻想がどこまで高まるのか。
僕も菊野に幻想を持っちゃってるんで勝つんじゃないかと思います。
アルバレスって相手の打撃けっこう喰らいますしね。

菊野KO勝ち。

<第9試合 ヘビー級ワンマッチ>
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)
ジェームス・トンプソン(イギリス/LONDON SHOOT FIGHTERS)

これがメインかー?
桜庭vs弁慶だと思ってたのに。

トンプソンと弁慶がまた同じチームになったんですね。
とりあえずゴング&ダッシュを生で見せてくれればOK.

アリスターKO勝ち。


いつにも増して直前がゴタゴタしすぎですね。
これまでも不信感が募ってるところにこれですから、ファン離れが加速しないか心配です。

今後もこのようなことが続くようなら考えものですね。

兎にも角にもカード自体は悪くないので、熱い試合連発で大会が盛り上がってくれることを願います。

って最近のDREAMはこんなこと言ってばっかだ(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-24

パウロ・フィリオ欠場・・・

行方不明のフィリオに「心配しています」と笹原EP=10.25DREAM

これは・・・ただのドタキャンならいいんですが、警察沙汰とかリアル行方不明なんてことじゃないでしょうね?
以前パンクラスでアルボーシャス・タイガーも似たようなことやってましたね。

DREAMもズンドコとか言われてるうちは可愛いもんで、今はもう呪われてるとしか思えない。


いろいろと不運も重なったのもありますが、全ては運営の不徳の致すところと思ってしまう。

DREAM、今後もやってくならマジでお祓いとかした方がいいんじゃないですか。


ともかく単なる契約の不備でもいいから、フィリオの無事を祈ります。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-23

田村vsメレンデスが噂になった理由

昨日の堀江ガンツKamiブログより

一部海外で田村vsメレンデス戦が「DREAM12」で予定されている記事があったが、メレンデスサイドも含めた関係者に確認したところ、これは全くの誤報。
どうやら「DREAM12」にメレンデス出場が案として挙がった際、その対戦相手として“田村の弟子”中村大介が候補に挙がったのが、なぜか“弟子”が取れて、田村vsメレンデスになってしまったようだ。

そんなこったろうよ(^^;
結局、中村の参戦まで消えそうです。
つか何で中村vsメレンデス実現しなかったんだろう?
このカードが決まってれば先日の追加カード会見も随分マシなものになったのに。

一方で同記事には「田村はD.12に参戦濃厚だったけど流れた。ウェルター級転向、桜庭ガレシックに劣らぬ刺激的カードが噂に上がっていた」と書いてあったわけですが、やっぱり田村vsザロムスキーの話があったのか?
ガンツ氏はカミプロの田村番なんだから、直接その噂の真相を聞いたらいいのでは。
メレンデスの関係者よりはよっぽどコンタクト取りやすいだろうに。


はたして田村は大晦日に出てくるのか。
戦極に行くんじゃないかという憶測まで出てますし、どうなることやら。

そして階級を下げるのか。
ウェルターでやるなら、大晦日はマッハvs田村が見てみたいですね。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-23

[VTJ09]ジョー・ウォーレン負傷欠場

ウォーレン負傷欠場、ルミナの対戦相手が変更に=10.30VTJ

あいたたた。
今大会で数少ないバリジャパっぽいカードだったのに残念。
代打は同じチームクエストの選手ですか、こういうの多いなチームクエスト(^^;

こうなってくると5月のJCBホールと比べちゃうと見劣りしちゃいますね。

PPV買おうと思ってましたが、ちょっと迷ってきたな。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-22

Dynamite!!の先行予約ハガキが届きました

大会名は『FieLDS Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~』!!!!

TBSはお年寄りからお子さんまで楽しんでもらえるように敷居を低くするためにわざとダサいタイトルを付けたんでしょう。

そうでなければ優秀な人材が揃うはずのマスコミ、しかもテレビ局様がこんな芸のない副題をつけるはずがない。はずがないさ。

まあサブタイトルなんてどうでもいいんで大事なのは試合ですよ、試合。

もうチケット先行発売が始まるようで、先行ハガキが届きました。
魔裟斗を全面的に押し出した感じではなく、K-1,DREAMの選手28人の写真を並べた図になってまして、左から順に。

田村潔司、ザロムスキー、所、マッハ、魔裟斗、桜庭、川尻、KID、青木、アリスター、美濃輪、ハンセン、ゲガール・ムサシ、マヌーフ
ガウヴァオン、ジダ、サップ、柴田、カルバン、ソクジュ、菊野、高谷、ホンマン、ハント、中村大介、パウロ・フィリオ、シャオリン、石田

わーい超豪華じゃん、やりい。
(※写真と出場選手は異なる場合があります)

こういうポスターなどの選手出場率には定評のある(悪い意味で)DREAMですが、素人目に見てもザロムスキー、ムサシ、ガウヴァオン、カルバン、フィリオ、シャオリンなどは怪我や他団体との兼ね合い、視聴率などの理由から出場は難しいのでは?

ぶっちゃけ写真の7割も出ないと思います。
それでも「巨人の勝率より高いよ、チミ」と言われたら返す言葉もありませんが(^^;


とか言いつつもダイナマイト結構楽しみにしてます。

戦極が昼にやってくれればハシゴも考えたんだけどなあ。
なんでこの不況時にぶつけるかねえ。

戦極は生PPVやるだろうから、その後ダイナマイトをディレイで見るのも手かもしれませんね。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-22

戦極『Fight of the Soul』と郷野の対戦相手

郷野、原点回帰の再起戦へ「全身全霊を傾けて勝つ!」=11.7戦極

ら、ラーメン?
あー、白井とDREAM出場を懸けて戦った選手でしたか。
それなら、そこまで酷いカードではないし、KO負け直後の郷野にはほどよい相手ではないでしょうか。
勝負論のある試合は他にたくさんありますしね。


でも、どうせなら「美来斗利偉・拉麺男(ビクトリー・ラーメンマン)」に改名の方がよかったな。



戦極が新企画 休憩時間中に「魂の戦い」を開催

これはどうだろう。
ただでさえクソ長い戦極興行がさらに延びてしまいそう。

観戦する方も疲れるんで休憩時間は休ませて下さい(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-19

×××なカード盛りだくさんのDREAM.12カード発表

桜庭が金網参戦、柴田vs.石澤のプロレスラー対決=DREAM

おいおいおい、ナカハラはー?中村はー?
いろいろと突っ込みたいところはたくさんありますが、一つ一つ洗っていこう。

<ウェルター級ワンマッチ>
マリウス・ザロムスキー(リトアニア/ LONDON SHOOT FIGHTERS)
ペ・ミョンホ(韓国/CMA Korea)

まあ、これはね、金魚マッチというほどではないし許容範囲内ではある。
だが、vsナカハラとか田村とかの期待は脆くも崩れました。


<ミドル級ワンマッチ>
桜庭和志(日本/LAUGHTER7)
ゼルグ“弁慶”ガレシック(クロアチア/ LONDON SHOOT FIGHTERS)

おい、桜庭を殺す気ですか!
そりゃあ桜庭にも勝ち目がないわけじゃないよ。
でも、中3周でマヌーフ代打の急オファー、そりゃないっすよ。


<ミドル級ワンマッチ>
柴田勝頼(日本/LAUGHTER7)
石澤常光(日本/フリー)

で、桜庭のバーターで柴田ですかい。
カシンなんて誰が見たいんですか。
どうせなら弁慶戦を柴田にやらせればよかったのに。


<フェザー級ワンマッチ>
藤原敬典(日本/秋本道場ジャングルジャンクション/チームZST)
宮下トモヤ(日本/パワーオブドリーム)

うん、まあ、ね。
ボクシングとかでも前座で4回戦、6回戦があってメインに10回戦やタイトルマッチがあるわけですから、こういうチャレンジマッチ的試合も必要ですよね。
でも、DEEPでやれや。

へー、藤原はZST王者なんですか、ふーん。
じゃあZSTでやれや。


いやいやいや、テンションだだ下がりのカード発表でしたが、その上に中村大介も欠場が濃厚だとか。
DREAMに出たい70キロ級の日本人なら腐るほどいそうですけどね、少なくともカシンよりずっとマシな選手が。


まあ今回のカード発表は組み合わせといい、開催直前という時期といい糞ですが、大会全体がウ○コというわけではないんで、とりあえずは見放さずにいたいと思います。


冷静になって見てみれば、酷すぎるカードは柴田vs石澤くらいなのにD.12のイメージがガタ落ち。
カード発表する順番って大事ですね。
そこんところ上手くやってほしいんですが、まあ無理なんでしょうね(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-19

VTJ09 ウォーレン戦におけるルミナの勝機は?

佐藤ルミナ、DREAMフェザー級GPベスト4のジョー・ウォーレンと対戦決定=VTJ

ちょっと決まるのが遅くなったものの、ようやくVTJっぽいカードが決まりましたね。
ビビアーノ戦での秒殺負けのイメージが強いんでルミナにもチャンスはありそうに思えますが、ウォーレンはビービやKIDの寝技は凌いでるわけで。
打撃もルミナが上だと思いますけど、ウォーレン打たれ強いしなー。

勝つとしたら足関とかか。

ルミナにとって厳しい戦いなのは間違いない。
でも、無名で強い外人とやるよりはDREAMで名を上げたウォーレンは旨味のある相手なんでモチベーションは高いのでは。
なんとか頑張って久々に勝って欲しい。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-15

「Dynamite!!」もいいけど、まずD.12のカードを決めて/海外修業アレコレ

今年の大みそかDynamite!!は4万人規模スタジアムで

スタジアムバージョンで埋まりますかねえ?
魔裟斗の引退試合なんで多くのファンがチケット買うのかな。

集客はともかくとして、スタジアムバージョンではA席ではリングから相当遠いな(^^;




DREAM海外武者修業シリーズがスタート 第1弾は水野、ウィッキー

修業先のAMCパンクレーションはPRIDE時代もオーディション合格者が練習したりしてましたね。
それにしても何故にウィッキーと水野?
もっとDREAM常連ファイターを送り込めばいいと思うんですが、どうなんでしょ。
まあ水野は日本人重量級で数少ない有望な選手なんで、伸び悩んでる今アメリカに行くのはアリかもしれませんね。

ウィッキーも課題のレスリング強化にはいいかも。
ただAMCでレスリングが強いイメージはありませんけど(^^;

DREAMに多くのファイターを送り込んでるチーム・クエストとかも修業先にいいと思います。


ところでKIDはいつ海外に行くんですか?(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-15

宇野薫の対戦相手は日本でも馴染みのある・・・

宇野、岡見、LYOTO、レスナー…ビッグマッチ連発、見どころ満載のUFC

秋山成勲vs.ヴァンダレイ・シウバ決定、UFCの2010年2月大会で実現

UFCは本当にカード決定が早いすなー。
日本も見習ってほしい。

まず秋山vsシウバ。
多くの人が思ってるように、秋山が勝っちゃいそうですね。
ボクテクは秋山が上だろうし、腰も強いからシウバは相当苦戦しそうな気がします。


そして、宇野の次戦も決まりました。
対戦相手のファブリシオ・カモエスは10勝4敗のブラジリアン。
ルイス・アゼレード、ルシアノ・アゼベド、ジーン・シウバなどの日本でも馴染みのあるファイターと戦っています。
あとはUFCの常連グレイソン・チバウに判定負けやウィッキーと引き分けたジョー・カマチョにKO勝ち。

戦績で判断するかぎりは中堅の域を出ない選手のようなので、宇野は負けられないですね。


theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-13

北岡悟の復帰戦の相手は戦極最強外国人

北岡悟が復活宣言、11.7両国でマスヴィダル戦=戦極

北岡VSマスヴィダルはいいカードだ。

今度の戦極はフェザーの2つとライトの2つで、好カードが揃いましたね。

マスヴィダルはおそらく戦極外人最強、北岡の復帰戦にしてはかなり厳しい相手。
寝技に穴がありそうなんで北岡が勝つとは思いますが。


D.12と戦極十一陣は硬派なカードが多くていいっすね(^^

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-13

VTJ09 五味の対戦相手が決定

五味隆典の対戦相手は米国金網王者に=VTJ

五味の相手はトニー・ハービー。
誰?って感じですが、KOTC王者ですか。
時間が無いから贅沢は言ってられないっすかね。


五味、対戦相手は「苦手」 海外で活動するなら「UFCで」

本当にUFC行く気あるんですかねえ?
高額ギャラやワンマッチ契約を求めてる限りはUFC行きはないと思います。

それともストライクフォースは駄目でもUFCなら複数契約OKということでしょうか。

UFCならWOWOWで見られるんでストライクフォースやベラトールで戦うよりはいいですね。

あと気になったのは

なお、このVTJ以後については「海外でチャレンジの気持ちがある」と告白。「自虐的だけど、国内は上がるリングがないんだよね(笑)」と笑いながら語りつつ

そんな悲しいこと言うなよ(^^;
何があったって言うんですか、五味さん。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-11

これは凄い!

THE OUTSIDER 第8戦
65-70キロトーナメント開幕!
吉永、武井、佐野、野村がベスト4へ

佐野さんが12月の決勝トーナメントに勝ち進みました。
しかも二回戦の相手は一回戦不戦勝で、佐野さんは一回戦はスプリット判定。
これはハンデありすぎだろうと思いましたが、見事なKO勝利!
凄すぎる。


佐野さん、練習・減量・試合もろもろ本当にお疲れ様でした!

いやあ、めでたい(^^

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-10

大晦日に川尻vs菊野はアリやナシや

菊野がアルバレス戦に自信、大晦日の川尻戦を熱望=DREAM

おお、既定路線に割って入った。
この対戦は見たい!・・・・んですがー。

今年の大晦日というタイミングはいいのか悪いのか。

まずは青木vs川尻が見たいんですよね。
この二人はもともと練習仲間なんで、タイトルマッチとかじゃないと対戦する可能性が低そうだし。

そうすると菊野は余るんでハンセンとやるのも面白そうじゃないですか?
多分青木vs川尻はつまらない試合になる可能性が高いけど(笑)、ハンセン菊野ならエキサイティングな試合になるのは間違いない。

いやあ菊野が一枚加わることによってDREAMライト級戦線がさらに盛り上がる。

あとはアルバレスに勝てるかどうかだな(^^;
かなりの強敵なんで厳しいのは間違いないんですけど、菊野ならあっさり越えそうな気もします。

アルバレスを豪快にKOしようものなら、むしろ青木vs菊野を大晦日にやっちゃってもいいかも。


大晦日のテレビマッチということもあるので、戦績だけでなくテレビ的露出・貢献度も大事になってきます。
そうなると、やはり川尻ということになるでしょう。

まあ菊野は焦ることはない。
結果さえ残せば来年にもチャンスは回ってくるはず。

菊野のようなファイトスタイルの選手はなかなかいないので、今後どこまで強くなるのか楽しみです。

アルバレス戦もめちゃくちゃ楽しみになってきた!

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-10

明日はアウトサイダーです

OUTSIDER史上“最狂”の喧嘩祭り開幕! 全国制覇に燃える16人の猛者たち4/4

いよいよ明日はスイミングアイ佐野さんの出るアウトサイダーでございます。
今回は勝ってももう1試合やらなければいけない過酷なトーナメント。
佐野さんはサバイブすることができるか。


主催者推薦でトーナメントに出る佐野さん。
DREAMでいうと山本KID的ポジションなわけですね( ̄∇ ̄)


でも、真面目な話

「THE OUTSIDER 第8戦」直前!前田日明インタビュー

前田 リングスの時もそうだったんですけど、俺は基本的に選手を育てるマッチメークをするんですよね。トーナメントっていうのは結局つぶし合いになるけど、それで考えたのが1回戦は大体同じレベルの対戦にして、ブロック毎のレベルもそれぞれそろえるようにしようと。そうすると同じレベルでつぶし合いになってくるんで、上がってきた時も同じぐらいでヘタってる(疲れてる)じゃないですか。そういうようにして組みました。

ということで、MVP男・佐野さんのブロックは強い選手で固められているそうです。
逆に言えば、ここを勝ち抜ければ優勝の可能性も高まると言えますね。

まあ我々外野が無責任にどうこう言うことは出来ませんが、佐野さんの健闘と無事息災を願っております。

大幅な減量をしてたことですし、試合を怪我なく終えて甘いもの等々を美味しく食べられるといいですね(^^


theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-09

パウロ・フィリオ参戦! DREAM.12追加カード発表

10・25『DREAM.12』大阪城ホール大会追加対戦カード発表!!

マヌーフvs弁慶は両者の持ち味が活きそうで悪くないカード。
そして、フィリオが再びDREAMに参戦!

が、相手がユン・ドンシクかー。
ユンは3連敗中だし、期待感が無いなあ。
怪我が治っていればいいんですが。
どうせなら福田力とかナカハラとかの方がよかった。

たぶんフィリオが極めきれずに判定勝ちといったところじゃないですか。


とはいえ、D.12は今のところ捨てカードは無いのは喜ばしいこと。
まあ、何度も言いますが、ここからアレなカードが出てきたり、ドタキャンがあるのがDREAMクオリティなので油断せずに追加カード待ちます(^^


で、これも何度も言ってきたことですが、戦極とDREAM。
いいかげんカード発表を被せるのはやめーや(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-09

戦極~第十一陣~ 光岡vs.横田が決定

パワーの光岡vs.スピードの横田、王座挑戦権を懸けて激突=戦極

うん、なかなかの好カード。

打撃でペースを握って横田が判定勝ちすると予想。
最近は光岡より横田の方がキツイ相手と戦ってる印象が強いですしね。


第十一陣はフェザーの2カードといい、粒揃いで良いじゃないですか。
第十陣とはエライ違いですね(^^;

これで三崎さんが下手こかずにサンチアゴと再戦が組まれてたらバッチリだったのにな。

でも、もちろんPPV買う価値は大いにありそう。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-07

DREAM視聴率

「DREAM.11」の視聴率は12・7%、瞬間最高はホンマンvs.ミノワマン

まあ、KIDがいなければこんなもんでしょう。
KIDがいたら15%いったくらいかな。

視聴率が大事なのはわかるんですが、生PPVだけはマジでお願いしたい。
PPVやったって0.1%も変わらんだろうに。


「DREAM.12」追加カードを週内発表予定

はいはい、来週末くらいに2~3カード発表くらいに気持ちで待てばいいんだろ。



なお、DREAM.11からの連続出場がうわさされる桜庭和志は会見欠席であったが、笹原EPは「(昨日の試合で)けがもなさそうでしたし、問題なければ出場してもらいたい」と話していた。

やめれ。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-07

DREAM.11観戦記

会場で観戦してきましたDREAM.11。
客入りは開始前はガラガラでしたが、中盤には7~8割と言った感じで埋まってました。
平日のわりには入ってましたね。

<第1試合 フェザー級GP リザーブファイト>
×DJ.taiki(日本/フリー)
○宮田和幸(日本/フリー)

宮田の入場曲がボン・ジョヴィの「イッツ・マイ・ライフ」
これは中山きんにくんがよく使ってる曲。
本人選曲かスタッフの仕込みか分かりませんが、間違いなく意識してるな(笑)

対するDJも寒いエア氷室が堂に入ってきてますな。

スタンドでもDJは優勢に立ったとは言い切れませんでしたね。
やっぱりタックルを警戒すると相手のパンチをもらっちゃうのか。
DJも寝かされてもすぐ立てればよかったんですが、序盤は抑え込まれちゃいました。
立ってもすぐテイクダウンされての繰り返しでショッパイながらも宮田の完勝。

宮田はこの階級なら大概の相手に勝てそうですが、大概はこんな試合内容になりそうですね(^^;



<第2試合 フェザー級GP 準決勝戦>
○高谷裕之(日本/高谷軍団)
×所 英男(日本/チームZST)

今大会のベストバウト。
これは煽りV、試合ともに素晴らしかった!
特に煽りは秀逸、まさかBGMオザケンであそこまで試合前に盛り上がれるとは!
家族と仲間ってテーマはベタながらも所も高谷もさわやかにカッコよく描かれててよかったなー。

で、試合の方は全体的には高谷ペースで進んだように見えました。
ただ所がパンチ当ててグラつかせたところは惜しかったですね。
あそこで上取るかバックにつくか出来ていれば結果も変わってきたのに、いきなり三角に行こうとして下になったのは勿体ない。
僕も「もったいねー!もったいねー!」と叫んでしまいましたよ。
ZST時代からのすぐ極めにいく癖が抜けないのか、魅せるのも大事ですけど、青木みたいにコスっからく勝ちにいく術も身に付けないと。

1R最後のパウンドは時間切れのゴングなのはわかってましたが、遠藤シケリムみたいに「5分0秒で一本」みたいな例があったんで、ストップかどっちか分からなかった。
勝ったと思った高谷軍団が興奮して乱入しそうになってました(^^;

いずれにせよ、あのパウンドのダメージで勝負はついてましたね。


<第3試合 フェザー級GP 準決勝戦>
×ジョー・ウォーレン(米国/チーム・クエスト)
○ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル/レボリューション・ファイトチーム)

まあウォーレンのキャリアを考えたら寝技に難があるのは仕方ない。
ウォーレンは宮田とのテイクダウン世界一決定戦とやらで戦ってくださいや。


<第4試合 スーパーハルクトーナメント 準決勝>
×チェ・ホンマン(韓国/フリー)
○ミノワマン(日本/フリー)

まさかまさかのミノワマン勝利。
ホンマンが情けなさすぎたのも事実だけど、美濃輪が勝って会場は盛り上がったんで、それはそれでよし。
三日前にぬるぬる相撲でホンマンと戦った次課長河本のアシストも大きかったか(笑)


あととろサーモン村田さん、本編あらびき団のナレーションはクビになったけど、ハルクでは残留できてよかったですね。


<第5試合 スーパーハルクトーナメント 準決勝>
○ソクジュ(カメルーン/チーム・クエスト)
×ボブ・サップ(米国/チーム・ビースト)

まあサップ、お勤め御苦労さんと言った感じでしょうか。
最初だけはやる気見せたのはよかったと思います。


<第6試合 ライト級ワンマッチ>
○川尻達也(日本/T-BLOOD)
×メルカ・バラクーダ(米国/Purebred Spike22)

この顔見せ試合はいらなかったけど、ここで川尻がコケなくてよかった。
バラちゃんは次からは65キロ級での試合を望んでるみたいなんでフェザーで使ってやったらどうですか、笹原さん。


<第7試合 ミドル級ワンマッチ>
○桜庭和志(日本/ラフター7)
×ルビン“Mr.ハリウッド”ウィリアムズ

いやあ、やっぱり万が一にもパンチ喰らわないか心配でしたよ。
怪我無く終わってよかった。
桜庭の場合はお茶濁しマッチというよりは消化試合といった感があります。
でも、桜庭はそこに居てくれるだけでありがたいというか・・・そういうのはファンの甘やかしか。
クートゥアやダンヘンとは違うんですから。


ところで、あのEVAサクマスク欲しいなー。


<第8試合 DREAMライト級タイトルマッチ>
[王者]ヨアキム・ハンセン×
[挑戦者]青木真也○

金的→蹴り上げで中断した時はイヤーな空気でしたね。
青木が悪いわけではないんですが、カルバン一戦目を含め、ここぞで運がない。

試合もつまらなかったし、このまま判定でいくかと思ったところで腕十字で一本。
低空飛行してたテンションが一気に急上昇!青木すげええ!
よくぞ仕留めた。
極めるまではつまらなかったけど、一本取ったのは立派。

試合後のマイクの「つまらない試合してスイマセン」はただの優等生発言ですが、シャオリン戦を経由しての発言ですからね。
試合前には「勝ちたい」だけでベルトに対する執着を見せず、勝ったあとに「このベルト欲しかったです」というツンデレぶりも、単純な僕にはグッとくるものがあった。
青木おめでとう!

試合後の川尻の対戦アピールを宇野ばり「検討します」にスカしてたのも青木らしい。
でも、王者になって即UFCには行くなよ?頼むから。


最後にブランクがありながら、ここまで健闘したハンセンも立派。
パスされてもガードに戻してたし、相変わらずのオールラウンダー。
あとはレスリングだなー(^^;
負けて引き返す時もファンへのサインに応じてて人格者ぶりに拍手を送りたくなった。

それに引きかえ、くそったれなレフェリングをする島田は消えやがれ!


<第9試合 フェザー級GP 決勝戦>×高谷vsビビアーノ○

ハンデある中で高谷がんばりましたね。
会場で見てる分には高谷が勝ったかなーと感じたんですけどね。

KIDvsウォーレンは会場で見てる分にはウォーレンでしたが、今回は高谷が勝ってるように見えたんですよ。
まあ高谷はバック取られたり、フラッシュ気味とはいえダウン取られてたんで仕方ないか。

これも熱戦だったし、準決勝で落とした両者の株も持ち直したといったところでしょうか。
いい試合でした。


  総評

フェザーGPとタイトルマッチとそれ以外の落差が大きい。
中だるみがあった感は否めないっす。
オープニングをハルクで気楽に温めて、フェザーGPの熱戦だった方が順序としてはよかった。
ワンデイトーナメントの都合上この試合順は仕方ないんですが。

フェザー決勝、準決勝の3試合は面白かったので大会自体はまずまず楽しめました。

次の大阪大会こそ爆発することを期待してます!

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-06

本日DREAM.11勝敗予想

<第1試合 フェザー級GP リザーブファイト>
DJ.taiki(日本/フリー)
宮田和幸(日本/フリー)

減量苦かと思いきやラムネ4本飲めるほど余裕だった宮田さん。
スタミナさえ持てば15分抑え込んで勝てると思います。
山崎戦は3R動けてたんで今回も大丈夫かもしんない。

DJはテイクダウンされるのは仕方ないから、その後にすぐ立ち上がれるかどうか。

でも、宮田がスタミナ切れることに期待してDJのKO勝ち予想で。



<第2試合 フェザー級GP 準決勝戦>
高谷裕之(日本/高谷軍団)
所 英男(日本/チームZST)

高谷は所にとって相性の悪い相手。
高谷判定勝ち。


<第3試合 フェザー級GP 準決勝戦>
ジョー・ウォーレン(米国/チーム・クエスト)
ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル/レボリューション・ファイトチーム)

ヒョードルvsノゲイラみたいにスタンドと寝技に付き合いすぎずにテイクダウン&パウンドで攻められればウォーレンにも勝機はあるんじゃないでしょうか。

しかし、ビビアーノ相手にそうそう上手くは事が運ばないだろうから、ビビアーノの一本勝ち。


<第4試合 スーパーハルクトーナメント 準決勝>
チェ・ホンマン(韓国/フリー)
ミノワマン(日本/フリー)

チェ・ホンマンが足関に対応できない可能性はありますが、まあ難しいかと。

ホンマンKO勝ち。


<第5試合 スーパーハルクトーナメント 準決勝>
ソクジュ(カメルーン/チーム・クエスト)
ボブ・サップ(米国/チーム・ビースト)

ソクジュKO勝ち。


<第6試合 ライト級ワンマッチ>
川尻達也(日本/T-BLOOD)
メルカ・バラクーダ(米国/Purebred Spike22)

川尻KO勝ち。
というか頼むからこんなところでコケないでね(^^;



<第7試合 ミドル級ワンマッチ>
桜庭和志(日本/ラフター7)
ルビン“Mr.ハリウッド”ウィリアムズ

いやあ、やっぱり万が一にもパンチ喰らわないか心配ですよ。
怪我無くおわりますように。

桜庭一本勝ち。


<第8試合 DREAMライト級タイトルマッチ>
[王者]ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/フロントライン・アカデミー)
[挑戦者]青木真也(日本/パラエストラ東京)

ハンセン68キロか、軽いですね。
公武堂TVによると、青木はフィジカルトレーニングの成果で夕食後に75キロまで戻ってるそうです。

ハンセン頑張ってほしいけど、この体重差はキツイか?
今までも似たようなもんだったけど、今回は相手が青木ですからね。

青木一本勝ち。

青木真也ぁ、しっかりベルト取ってこいよぉ!(川尻達也風)


<第9試合 フェザー級GP 決勝戦>

決勝は高谷ビビアーノの組み合わせでビビアーノ判定勝ち。

ビビアーノ優勝しちゃったら会場がお通夜みたいになりそうですが、それが一番可能性高そう(^^;


とにかく面白い試合がたくさんありますように!

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-04

[DREAM.11] 桜庭IN、中村OUT

桜庭の対戦相手は現役米国人プロボクサー=DREAM

まあ今更金魚どうこう言うつもりは毛頭ないです。
桜庭が出ること自体は文句ありますが。

このレベルの相手であっても万が一のラッキーパンチを心配してしまいます。

もはやズンドコなんて表現が可愛く思えるほどバタバタなDREAMですが、せめて大会がいいものになることを期待しています。
けっこう面白くなるとは思いますけどね。
オープニングのDJvs宮田次第か。


あと中村大介はD.12にスライドしたんですね。
それだけはまあ悪くない判断でしょう。
桜庭を無理やり出したことは評価できませんが。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2009-10-03

DREAM.11 桜庭和志vsガイジン選手

【桜庭和志の緊急メッセージ】

あー、くだらねえ(笑)
でも、こういうの嫌いじゃないです(^^;

どうやらD.12から11にスライド(というか前倒し)で出場するんですね。

相手は「外人選手」とのことですが、ちゃんとハロージャパンみたいなエンターテインメント金魚を用意したんでしょうねえ?

おそらく視聴率対策のてこ入れなんでしょうが、桜庭単体でそこまで数字持ってないと思いますよ。
桜庭HERO'Sに初参戦した時の視聴率は一桁でしたし(他にも秋山、宇野、所あどHERO'Sオールスターが出てたにもかかわらず)

桜庭ももう40だし、無駄遣い、犬死だけは勘弁してほしいです。

桜庭の試合を会場で観戦するのは久しぶりなんで(PRIDEミドル級GP以来)精一杯、大声出して応援します。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。