--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-31

KOTCとストライクフォースとDBエボリューション

朴がハービーに判定で勝利、KOできず「申し訳ない」

ハービーはこれで3連敗ですか。
格闘技に三段論法は通じないとはいえ、いかに3Rまでは圧倒してたとはいえ、ハービーに苦戦した五味の評価がますます下がりますね(^^;



ニック・ディアズが王座戴冠、女子頂上対決はサイボーグに軍配=Strikeforce

猛獣マヌーフ、ローラーの右フック一発で逆転KO負け=Strikeforce

やっぱ負けたか・・・
ザロムスキーは仕方ないとして、マヌーフは惜しかった。

SF対DREAMの対抗戦をやるのはいい事なんで、日本でもこういうカードを組んでいってほしいですね。



フラストレーションが溜まるこんな日には笑ってストレス解消を。

この間スイミングアイさんでR藤本の動画が紹介されてたんで、僕も乗っかります。

とってもアレな評判だった劇場版「ドラゴンボール・エボリューション」をベジータが解説しています。
鳥山明曰く「別次元のドラゴンボール」。
上の動画を見ていただければ、どれぐらい別次元かがよくわかります。
あまりにも素晴らしい突っ込みに、ちっとも映画版に興味がなかったワタクシもちょっと見たくなりました(笑)
レンタルはしませんが、テレビでやってたら録画して見ようかな。
スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-31

かもしれない興行でいけ

「見えない道場本舗」さんで何日か前に話題になってましたので、アトノリで少々

「興行で大きな借金をかかえた小規模団体を再建できるか?」というシチュエーションの小説があるらしい

新春早々に買ったのが、有川浩『シアター!』(メディアワークス文庫)。これを読んで考えさせられた。

 小劇団シアターフラッグの主宰をやっている春川巧(脚本の才能はあるけど実務的なスキルは壊滅状態)が300万円の借金を抱えてしまい、劇団は解散の危機に陥る。泣きつかれた兄の司(芝居のことはさっぱり分からないけど実務の才能は天才的)が、300万円を肩代わりし、劇団の再建に乗り出す……というストーリー。(略)

・・・この『シアター!』も、無駄な部分が徹底的に削ぎ落とされ、最初から最後まで面白い場面、面白いやりとりの連続。テンションが落ちる間がないのだ。

・・・(略)・・・登場人物の思惑の交錯が見事である。Aという人物はBから見るとこうで、そのAとBの関係をCから見るとこうで、でもAがこういうことを言うからCはこうせざるを得なくて……といった複数の視点からの描きわけが実に上手いのだ。

 この小説の中に、こんなくだりがある。

どんなジャンルであっても、客層を広げる可能性を持っているのは玄人好みの商品ではない。素人がカジュアルに楽しめる商品だ。カジュアルな商品こそそのジャンルの間口であって、それを軽んじる業界は廃れる。新規の客を弾くからだ。

(中略)

プロパーに評価される作品が悪いというわけではない。それは業界で確かに必要なものだろう。しかし、それとは別に新しい客を連れてくる商品を冷遇するような業界は、決して社会のメインストリームにはなれない。分かりやすいものを軽視する風潮には、商業的に成立するために不可欠な一般客への侮蔑がある。
 自分の気に入った商品がバカにされるような業界に一体誰が金を落としたいものか。

僕も「シアター」読んだときにグリフォンさん同様、格闘技界に置き換えて考えちゃいましたね。

グリフォンさんは作中の劇団とDREAMの類似を示唆してますが、僕が思い浮かべたのはHERO'Sの方。
ライト層を取り込む間口、多くの女性客を獲得したK-1MAXやHERO'Sはまさにそれ。
特に旗上げ初年度は面白かった。
2005年9月に行われたミドル級(70キロ)GPの2nd Roundはベスト8、ベスト4の計6試合だけをテレビで放送して色物や過去映像は一切なし。
この大会はテレビ格闘技の一つの理想型だったと思います。
あん時はPRIDEも全盛時でお互いにいいバランスが取れてましたね。
 
現時点でライト層の玄関たる役割は一応DREAMになるんでしょうけどパンチ不足は否めない。

安全面、競技面に留意しつつ「素人がカジュアルに楽しめる商品」を提供していって一般層の間口となってほしい。



あと「シアター!」にはこんな件もありました。
主人公の兄弟、劇団の経理を管轄する立場になった兄が遅筆の脚本家である弟に苦言を呈す場面。

「脚本は公演の三ヶ月前に書き上げろ」
「公演やるの十月だよ、まだまだ余裕――」
「脚本が遅いことが公演にどういう影響を及ぼすか、刮目して聞け!」
「稽古の時間が少なくなって役者に負担がかかること分かってるけど」
「脚本が遅いとその分金がかかるってことをわきまえろ!」

「よく覚えとけ、時間と金は反比例の関係にある。時間をかけたら金が節約できる、金をかけたら時間を節約できる」

「お前が客なら公演直前まで内容が分からないような芝居を観に行きたいと思うか?」

公演の内容が直前まで白紙ではセットも組めない、直前の突貫工事では余分に金がかかる。
チケットも売りづらい。
役者も稽古不足になる。

そうだそうだ、その通りだ。
何が言いたいかというと、日本の興行(主にDREAM)はカード発表を早くしやがれ!という超当たり前のことです、結局は。
よく使われる言い訳で「ファンの方に喜ばれるようなカードを組むためにギリギリまで交渉する」といった類の言葉、片腹痛いです。
資金が豊富とはいえない現状では大変だとは思いますけど、今年は早目に発表してくれそうな雰囲気もあるんで頑張ってほしいですね。


大晦日のダイナマイトを見てても思いましたが、魔裟斗の試合中継に合わせて、試合順を変えたり煽りVをカットしたり、バタバタしてて青木の中指ポーズをそのまま流したり、21時またぎで吉田vs石井を流したかったのに判定試合で後半にずれ込んだりしてチグハグな印象が強い。

どうも興行側が楽観的すぎるのではないでしょうか。

「試合数が多いけど、たぶん大丈夫だろう」「さすがに全部判定はないだろう」、「いざとなったら煽りVやマイクを省略すればいいだろう」、「試合順を変えればいいだろう」
そんな「だろう興行」ではいかん!

だろう興行ではなく、かもしれない興行でいかないと。

「判定試合が増えて進行が押してしまうかもしれない」、「試合後に相手に中指立ててしまうかもしれない」、「パウロ・フィリオが行方不明になるかもしれない」
このような気構えで大会運営をしておけば、いざと言う時も迅速に対応できるはず(本当か?)

あらゆる状況を想定して臨機応変な興行を心掛けて、とまでは言いませんが、少なくともテレビ放送に合わせた試合数の調整や青木に対する(イエローカード等の)迅速な対応は可能だったのではないかと思います。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-29

DREAM.13 初夢

いやあ朝青龍がエライことになってますねえ。
ニュースでも取り上げてて、このまま廃業になる可能性もありそうじゃないですか。
そうなったら総合に来い!
と思ってしまった人は僕だけではないはず。

「朝青龍が来たら、大晦日に石井戦だな」
「あたしも同じこと思った! 谷川さんがアップを始めてるはずだよ(笑)」
「相撲からの転向は大変だろうけど、朝青龍って運動神経抜群らしいじゃん」
「動きも速いよねー」
「どのスポーツをやっても成功するタイプなんじゃないかな」
「楽しみだよね」
「大晦日、石井が駄目ならK-1ファイターでデビューとか。バンナなんか面白いじゃん」
「いきなりバンナはキツイんじゃない? バダ・ハリとかどうよ?」
「おお、見たいねえ」
と、嫁とも久々にファンタジー溢れる会話を展開できました(^^
最近は総合も競技化されすぎて幻想が持てなくなっちゃって、業界全体が小さくまとまってる感がありましたからね。
昔は「井上康生が格闘技に転向したら」云々とか妄想を楽しんでたもんです。

実際に朝青龍がどうなるかはわかりませんが、妄想だけで楽しい一時を過ごせました。


DREAM13
さて、DREAM.13の先行予約ハガキが届きました。
ビビアーノ、ザロムスキー、ハンセン、田村、メイヘム、ナカハラ、青木、菊野が掲載されてます。
先日の会見では言及してなかったメイヘム、田村、青木が追加されてますね。
重複しているナカハラ、菊野あたりは出場確定かな?
青木とメイヘムは微妙なところ。

出場予定選手、全員揃わない方に5000点お願いします。
                                    2010-01-29 19:16 | ヒャッホー

そんなん賭けになりませんよ、僕だって揃わない方に10億ガバスはいきたい(^^;
候補選手全員が揃うか揃わないかではなく、どの選手が出て、どの選手が出ないのかを当てないと。

予想&願望として、
田村vsザリムスキー
長南vsナカハラ
メイヘムvsミノワマン
青木vs菊野
アルバレスvsカルバン

後半は少々現実味を無視して考えました。
青木と菊野はもっと機が熟してから見たいんで、今は組まなくてもいいですね。
メイヘムと美濃輪は意外といい組み合わせなんじゃないでしょうか。

笹原さんブログによれば来週早々にはカード発表があるそうなんで気長に待ちますか。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-28

DREAM.13 フェザー級タイトルマッチ&長南参戦決定!

長南亮、参戦! 3.22『DREAM.13』ビビアーノvsハンセンが王座戦

びっくりしたー、カード発表が早すぎて(笑)
昨日「チケット発売までに出場予定選手くらいは発表しないと」と書いたものの、まあ無理だろうなとタカを括っておりました、スイマセン。

とはいえ1カード発表しただけですから、全カード決定はどうせ3日前くらいになるんだろうなぁ。

まず長南参戦。
UFCでの試合は1勝3敗といっても内容的には悪くなかったので期待したいところですが、DEEPでの中尾戦がその期待を萎ませます。
DREAMで見たい相手はやっぱりマッハ。
二人とも最近は停滞しているのでお互い勝ち進んで機運が高まったところで組んでほしいです。


そして、ビビアーノvsハンセン!
いいじゃないですか、DREAMで本格派外人同士の好カードは久しぶり。

ハンセンの実績を考えれば、いきなりタイトルマッチでも文句なし。
あとは減量で失敗しなければ絶対王者になれるのでは。
ナチュラルで70キロあるかどうかも怪しいハンセンなら63に落とすのも問題ないでしょう。
マルロン・サンドロ辺りより体重は軽いだろうし、減量幅も6~7キロくらいなら大丈夫だと思います。
ただ生涯初の減量になるでしょうから、減量疲れが試合に影響する可能性はありますね。

フェザーでなら天下取れると思ってた宮田あたりは今ごろ苦虫を潰してるかも(^^;

対するビビアーノも一筋縄ではいかない相手、これはいいカードだ。

他にも出場予定選手は菊野、所、ミノワマン、ザロムスキー、アルバレス、ナカハラとのこと。
菊野、ミノワマン、ナカハラは問題ないとして、所は去年からダメージの残る試合が続いてたんで休ませた方がいいんじゃないですかね。
ザロムスキーはディアス戦を怪我なく乗り切れば、噂になってる田村戦が来るか。
アルバレスはベラトールが4月くらいにあるのでは?
参戦してくれるなら嬉しいけど、誰とやれば良いのやら。


フェザー級のタイトルマッチ、長南の参戦、その他予定選手のメンツを見ると否が応にも盛り上がってきます。

が! DREAM12大阪大会も期待感を高められつつ、フィリオ失踪騒ぎetcのズンドコぶりでしたから、過剰な期待は禁物。

でも、適度には期待させていただきます。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-27

DREAM3月大会と格闘三国志

2010年DREAM第一弾大会! 3・22『DREAM.13』横浜アリーナ大会開催決定!!

年間スケジュールは出てませんが、何とか今年一発目の大会が決まりました。
月曜日開催だから地上波ゴールデンタイムの可能性がありますね。
そうすっとまたPPVディレイか(^^;

てか修斗と同じ日じゃないですか!
DREAMがゴールデンで無ければ、生PPV→サムライの修斗にすんなり移行できるんですけど、まだわかんないっすねー。
てかゴールデンだろうが生PPVにしろや。
もしくは視聴料値下げ。


今週にチケット先行発売があるようなんで、それまでには出場予定選手くらいは発表しないと。


格闘三国志
こんなことやってるヒマがあるんだったら、今年のスケジュールを発表しろ!という声が聞こえてきますが

こんなことやってるヒマがあるんだったら、今度の大会のカード発表しろ!

笹原さんらしからぬテキトーなエントリーですね(^^;
選手や関係者を三国志の武将に例えてますが、どれもピンと来ない。

個人よりも国で例えるなら、
UFC=魏
ストライクフォース=呉
日本(DREAM/戦極)=蜀

圧倒的国力のUFCは魏、第二勢力のSFは呉、SF(呉)と同盟を結ぶDREAM(蜀)
といったイメージです。

蜀はかつての漢王朝の正当後継国を自認してますし、その辺もPRIDE王朝の残滓であるDREAMに当てはまるのでは(^^;

ということは、笹原さん=劉禅ってことでしょうか(笑)

まあ笹原さんは平成の信長の筈ですけどね。


theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-26

五味と宇野とUFN

「GAME AND MMA」さんにて五味のUFC関連の続報が

宇野の次戦が決定へ

ESPNの番組MMALIVEのtwitterで五味vsフロリアン戦が3月31日のUFC FIGHTNIGHT21に決定の情報あり。

またTATAMEのインタビューによると同じく3月31日に宇野薫vsグレイソン・チバウ戦が行われるとの事。

ゲェーッ! UFN―ッ(_□_;)!!
これWOWOWでやってくれんの?
しかも宇野も同じ大会だし、日本で放送してくれるんですよね?ね?

で、宇野の相手はチバウですか。
チバウというと、スティーブンソン相手に押し気味に試合してたけど逆転のギロチンで負けちゃったという印象です。
だいぶ前の試合ですが(^^;

宇野勝てるかなー?
UFCに来てから一番強い相手かもしれませんね。
ここで負けたら2敗1分け、ほぼリリースされるだろうから何とか勝って欲しいなあ。
そもそも前2戦とも宇野が勝ってたようにも見えたんですが、それは今更言っても仕方ないですからねえ。


そして五味はケンフロに勝てるのか?
最近の五味の試合ぶり、練習環境、海外での戦い、金網経験など不安材料は尽きません。
しかも相手はナンバー2のケンフロ。
あまり数字とか確率を出せる話ではないですが、99%勝てないんじゃないかなと感じちゃいます。

いくら今の五味に期待できないとはいっても海外でボロ雑巾のようにされる五味を見たら凹むでしょうね(^^;

でも、五味がKOで勝ったら大爆発ですよ。
わずかな可能性でも、歓呼の声を上げる心の準備はしときます(^^

そのために是非WOWOWで放送してくださいね!

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-25

修斗1月大会その他の感想

ルミナの仇討ち!土屋がデビュー2年で初戴冠

一番気になってたのは児山vsウエタ。
児山の完勝、やっぱり強かった。
ウエタは朴戦でも感じたことですが、上のランクの選手とはだいぶ差がありますね。

児山がウェルター級戦線に絡んでくるなら面白くなりそう。
シケリム、遠藤、朴、冨樫に中蔵が戻ってきたら層も厚くなってきて非常に熱い。


リオン勝利も調整ミス反省、5月の防衛戦相手に日沖を指名

リオンはムラッ気があるというか不安定というか、横綱相撲のできない王者ですね(^^;
怪我とか減量失敗も多いし、日沖戦に暗雲が垂れこめてきました。
今回は試合相手も直前まで決まらなかったんで情状酌量の余地はあえうものの、ちと頼りない。
たとえ絶好調でも日沖は厳しい相手なんで、さすがに5月は万全の調整をしてきてくれないと面白くない。



上田「防衛5回目指す」修斗3.23後楽園大会でフェザー級王座戦

勝村がいきなり挑戦ですか!
もう一戦くらいランカーに勝てばタイトルマッチもあるかと思ってましたけど、早くもチャンスが回ってきました。

それにしても上田はコンスタントに防衛戦をこなしますね。
絶対王者になりつつある中で最大の敵はモチベーションかもしれませんね。
そろそろ修斗外の選手とのマッチアップを見てみたいところですが、本人にはその気は無いのかな。


次回3月大会、5月大会ともにメインカードが見えてきて、早くも楽しみになってきました。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-23

笹原EPが語る今年のDREAMの展望

DREAM携帯サイト「笹原EPの夢で逢いましょう」で笹原さんが今年のDREAMについて語っています。

・青木vs川尻は両選手の状況を見てから、万全のいいタイミングで行いたい。
・フェザー級とウェルター級に階級を変えて参戦する大物選手は、一人は外国人でもう一人は日本人。
・ヘビー級の活性化は急務、アリスターを中心として回っていく。
・「誰がアリスターを止めるか?」をテーマに、大晦日に出場候補に上がっていたアルロフスキーやティム・シルビアらが絡んでくれば非常に楽しみ。
・ストライクフォースの選手でまだ日本に来たことのない選手は上げたい。逆にDREAMの日本人選手も向こうに上げたい。
・今年もGPをやるとしたら、まだGPを行ってない階級。

ちなみに2010年度のスケジュールは「近日中に発表できると思う」そうです(^^;

まず気になるのが、フェザーとウェルターに参戦する大物選手。
数日前のkamiブログで「ザロムスキーは3月のDREAMで、あの大物日本人ファイターとの対戦も噂されており」
という記事があったので、ウェルター級はやはり田村か。
どっちが日本人でどっちが外人か明言してませんが、ウェルターが田村ならフェザーは外人選手ということになりますね。
ハンセンあたりだと非常に楽しみ。
ただライト級外人の層がますます薄くなるのが心配(^^;

アルロフスキーやシルビアもぜひ上げてほしいですね。
相手はホンマンとかサップではなくアリスターでお願いしたい。


今年に行うGPについては、ゴング格闘技最新号の笹原さんインタビューで、ライトヘビー級トーナメントをやると言ってましたね。
8人か16人かで行うそうだけど、メンツ揃うんかな。
ムサシ、ソクジュ・・・・あと誰でしょう?
ストライクフォースとの兼ね合いもあるし、盛り上げるのはなかなか大変なんじゃないでしょうか。


あとストライクフォースとの連携を強調してましたけど、今年はいい加減にあちらさんからも日本に連れてきてくださいや、ほんまに。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-20

SRC12、サンチアゴと真騎士が参戦予定

3.7「SRC12」にサンチアゴ、真騎士が参戦

先日の会見から音沙汰なしでしたが、ようやく出場予定選手を一部発表。
といっても二人だけですが。
サンチアゴはそろそろタイトルマッチが望ましいけど、どうなるんでしょ。
本来なら三崎かハリドヴが挑戦者でやってほしいところ。
三崎はKO負け直後だから無いかな。

真騎士はS4かマスヴィダルあたりとの試合が見てみたい。
廣田は怪我、北岡は出場回避、マスヴィダルはベラトール、となると残りは横田か光岡。
横田は大晦日に惨敗したばかりなんで光岡の方がベターですね。
ただ光岡と真騎士は吉田道場で練習してたようなので、練習仲間なら対戦はないかもしれませんね。

戦極とパンクラスの王者が出ることで一応の核は出来たんで、次は早目にカード発表していってくれるといいな。


theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-19

リオン武の対戦相手が決定

公武堂TV経由で知りました。

【修斗】 1.23 リオン武の相手がジェラルド・ロバートに決定!

五日前でようやく決まりましたね。
9勝6敗という戦績から中堅選手と想像できます。

シャードッグの戦績を見ますと、ジェラルドが勝ってる選手は7勝14敗とかの微妙な選手ばかり。
WECならいざ知らず、ローカル大会で勝ったり負けたりでは単なる咬ませ犬と見て間違いないでしょう。

時間がなかったんで仕方ないんですが、もう少しマシな相手はいなかったんですかね。
これじゃあDREAMと変わらんじゃないですか(^^;

セバント・ヤングとのリベンジマッチとか無理だったのかな。

とりあえず日沖戦の機運を高めるためにも、スカッと勝ってもらわないと。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-17

DREAM、2010年の日程と階級変更する大物選手/トロとクロが銀河英雄伝説を語る

先日、ダイナマイト事務局からA3サイズくらいの封筒が届きました。
開けてみると大晦日のけやき広場イベントでの写真。

そういえばスタッフの人に「写真をお送りしますから住所を書いてください」と言われて書いてたわ。
いい記念になりました(^^


さてDREAM笹原EPのブログで、

今年の大会スケジュールがそろそろ気になってくる頃だと思いますが、早ければ来週には2010年度のざっくりとしたスケジュールを発表できればと思っております

とDREAMの今年の日程について言及がありましたね。

笹原さんの言うことなんで「来週中」というのは「来月中」くらいのニュアンスで受け取っておけば精神衛生上よろしいのではないでしょうか。
今年一発目の3月大会はゴールデンで放送されるなら平日開催、タイムシフトPPVを覚悟せにゃいかんですな。

フェザーとウェルターで階級変更して参戦してくる大物選手は誰なのか。
フェザー級はハンセンか石田あたりか?
もしハンセンが階級下げてくるなら、いきなりビビアーノとのタイトルマッチもありですね。
なんせ元ライト級王者ですから、実績は申し分ない。
初めての減量になるから調整試合を挟んだ方が無難か。
2階級制覇とかしたら凄いなー。

ウェルターは噂になってる田村ですかねー。
あるいはナカハラか。
ここでまさかの三崎さんが来たらビックリするけど無いですよね。

なんか妄想だけで先走ったこと書きましたが、今年こそは期待を裏切らないDREAMであってほしいものです。

まあ去年も楽しませてはもらいましたが。



下は某ソニーの人気キャラクターが「銀河英雄伝説」を紹介している動画です。

壮絶なネタバレがあるので、原作未読、アニメ未見の方はご注意を。

時間のない方はOP曲のオマージュだけでも見て癒されてくださいw


下はオリジナルOP曲との比較動画。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-16

リオンvs日沖が実現か?

元世界王者かルミナの弟子か―門脇vs.土屋ベルトかけ激突=修斗

世界王者リオン武、5.30防衛戦に日沖を指名=修斗

一月の修斗にリオン参戦するんだ、知らなかった。
でも、未だに対戦相手が決まらないのはDREAM並にやばいですよ(^^;
気になるのはウエタと児山ですかね。
経験の差で児山が勝つか、スタンドをキープ出来ればウエタにもチャンスあるかな?

そして、5月にリオンvs日沖のタイトルマッチ、いいじゃないですか!
リオンは簡単に下になることがあるんで、日沖相手だとグラウンドでいいように蹂躙されそうなイメージですが、
粘って最終ラウンドまで持ち込めれば定番になりつつある逆転勝ちもあるかも。

これは修斗ライト級で久々に楽しみなカード、ぜひ実現してほしい。

ところで日沖は一年以上修斗で試合してないんですけど、ランキング1位でいいんですか(^^;


theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-13

五味の試合、UFNよりUFCで!

「GAME AND MMA」さんより

五味vsフロリアン戦の日付が決定か
FightersOnlyが情報筋から聞いたという話によると、五味vsフロリアン戦は3月31日のUFC Fight Night 22で行われる可能性があるとの事。ただしまだ確定ではなく、試合の契約も済んでいないとの注釈が書かれています。

まず五味が本当にケンフロとやるなら、いきなりキツすぎる相手。
勝てば一気にBJペンとのタイトルマッチが見えてきますが、いきなり飛び級を狙い過ぎな気がします。
まあ宇野みたいに中堅相手に負けたら目も当てられないので、強豪との対戦の方がいいかもしれませんが。

そして、この試合がUFNで組まれるなら、WOWOWでは見れない!
お願いですから通常のUFCでやってください!

まだ正式に五味vsケンフロが決まったわけではないですし、UFNでやるとも限らないので騒ぐことはないと思いますが。

それにしてもUFCは早目早目にカードが決まっていいですね。
DREAMなんて3月大会の日程も決まってませんよ(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-12

『Dynamite!!』総括&ベストバウト&打ち上げ

2010-01-02 22-52-37_0191
まあー長かった! 長過ぎた。
K-1甲子園、ハルク、魔裟斗、対抗戦、吉田石井、まとまりがない。

K-1甲子園で君が代はいらないんじゃないですか?
それなら勝った方が校歌を唄うとかはどうでしょう?(笑)
もちろん雷電杯ごときで君が代も蛇足だと思いますよ(^^


試合後のマイクがなかったのも残念。
戦極みたいに全員にマイクを持たせろとは言いませんが、一本・KOで勝った選手くらいはしゃべらせて欲しかった。
まあ横田には持たせなくていいけど。

あと煽りVのカット。
別にムサシGGの煽りVが無いことはどうでもいい。
ただカットするくらいなら最初から多くの試合数を組むなよ。
吉田vs石井ももっと早い時間に放送したかったらしいけど、それなら全試合判定だった場合の計算をしてから
試合数を決めましょう。
地上波は魔裟斗の過去試合や石井吉田のリプレイをやってたんだから、他の試合がサクサク進んでも放送時間が
余ることはないでしょ。

と色々と文句行ってきましたが、記念のお祭り大会だったんで観戦できてよかったなと思ってます。


ベストバウトは事前の川尻ピンチの危機感と思い入れで川尻vs横田。
各誌インタビューでも言ってますが、川尻が負けてたらタイトル挑戦はフイになり、
今まで積み上げてきたものが崩れてしまうわけですから心情的にはキツかっただろう。
しかも勝ったところでコアなファンから評価されるだけ。
よくぞ受けた、ちょっと決断が遅れましたけど(^^;

どうでもいいことなんですが、カミプロでTKが解説してた1R最初の横田外掛けテイクダウン→かと思いきや、
川尻が倒れながらも上を取り返す、のシーンを何度もリプレイ(スロー再生もしつつ)して見ちゃってます。
川尻は本当テイクダウンされないよなー、あれで横田は試合プランが狂っただろうとTKが言ってましたね。

今年は青木と戦うことになるだろうけど、どっちが勝つか難しい。

対世界、対UFCでは青木の方が通用しそうですが、相性的には川尻も悪くないと思います。

出来るだけ多くの人が望み、多くの人が見られる形で実現するといいな。




んで大会後にくまさん、佐野さんと飲みにいくことに。

東京で飲むことになり、電車乗ってる間に新年を迎えました(^^;

飲みの途中からアウトサイダーに出てたキング・ミダラさんも参加。

いつもの大根コス(おばけのQ太郎みたいなやつ)で来たんで、
ギャワ―ッ!となりましたが、話してみたら超いい人(笑)


佐野さんとミダラさんが敬語でディスり合う姿を見ながら、「仲いいなー」とニヤニヤ。


そんな感じで3時くらいに解散。

その後に宿に着いたのが4時で、翌朝(というか既に明けてるが)新幹線で帰りました。

ほぼ24時間起きてたのでさすがに疲れました。

でも、初ダイナマイト、行って悔いなしです!

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-11

3.7『SRC』出場選手を予想する

『SRC』今年一発目は3.7両国! 地上波新番組『雷電』もスタート!!

『SRC』が吉田道場と絶縁宣言! 気になる石井、廣田の今後は!?

吉田道場勢が離脱ですか。
吉田、中村カズ、瀧本、小見川と各階級の中心選手が所属していただけに勿体ない。

となると、パンクラス、グラバカ、修斗あたりから選手が出てくることになるんでしょうか。

3月に出場出来そうなのが
金原、
光岡
グラバカ勢(菊田、郷野、横田)
泉、
あたりでしょうか。
三崎もSRCとの契約が残ってるか分かりませんね。

日沖は出るか微妙。

北岡も3月出場は無し。

本来なら金原vs小見川のフェザー級タイトルマッチだったんでしょうけど、吉田道場との関係で消滅。
vsサンドロでタイトルマッチするのもアリですね。

3月からトーナメントを行う構想があるようですが、何級でやるんでしょ?

チケット情報も今のところは無いし、本当に開催出来るんでしょうか(^^;

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-09

Dynamite!!会場観戦記後篇 魔裟斗引退セレモニー

アリスターvs藤田

あれ、煽りVがない。
さては放送時間が押してるなと邪推しましたが、実際そのようだったようで。
だったら余計な試合組むなよ!

試合結果・内容は大方の予想通り。
それより試合後の藤田が目を開けたまま意識を失っていたのが本当に怖かった。
青木の試合よりも、こっちの方が血の気が引く思いでしたよ。
あのあと無事に意識を取り戻したそうなんで一安心。


ムサシvsグッドリッジ

こちらも煽りV無し。
まあ時間短縮になっていいや。
青木廣田まで無かったら嫌だけど。

それにしてもムサシの無駄遣い。
M-1にムサシ出せと圧力でもかけられたのか。
でなければ、無理に出さなくてもよかったと思います。


青木vs廣田

コーナーに押し込んで足を刈ってテイクダウン。
右手を後ろから掴んで極めるのは菊池戦でも似たようなことやってましたね。
久々に青木らしいアメージングな寝技を見せてくれました。
それを戦極王者相手にやってのけるのが青木の凄いところ。

廣田はぐうの音も出ないほどの完敗。
体調不良や試合後のことで因縁が出来たので、早く怪我から復帰して青木とのリベンジ戦に辿りつけるといいですね。

久々に寝技の怖さを感じた試合でした。

魔裟斗vsサワー

魔裟斗については特に好きでも嫌いでもないです。
そういうのを超えた称えるべき存在だと思ってます。

魔裟斗携帯
魔裟斗入場、観客が一斉に写メを構える。
さすがに数が半端ない。

2010-01-02 22-52-28_0150
2010-01-02 22-52-28_0151
やっぱ素直にかっこいいよなー。

この日は客層が違うことと会場が広すぎることで、一体感が生まれることがなかった会場も魔裟斗戦だけは「魔裟斗の最後の試合を見守ろう」と一つになった気がします。

試合に関して判定がやや魔裟斗寄りな感がありましたが、ダウンを奪って文句なしの勝利。


2010-01-02 22-52-30_0162

2010-01-02 22-52-30_0163
試合後に魔裟斗の引退セレモニー。
「魔裟斗最高」の寄せ書き幕がぼくらの頭上を通過。


2010-01-02 22-52-31_0166
2010-01-02 22-52-33_0174
魔裟斗自身も言ってましたけど、非常にアットホームな雰囲気でしたね。


2010-01-02 22-52-33_0175
2010-01-02 22-52-35_0181
最後まで本当にかっこいい。
長い間おつかれさまでした。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-08

青木真也の処分はどれくらいが妥当なのか。

青木と関係者の処分求め戦極が抗議=Dynamite!!

外野の我々ファンが騒ぐよりは当事者の戦極サイドが正式に抗議するのはいいことだとは思います。
でも、青木だけでなく「関係者」まで処分の対象にするのはどうなんでしょ。
まさか笹原さんたちが本当に「相手を壊せ」なんて指示してたとは考えにくいし、
ましてや試合後に中指立てろなんて言うはずないと思うんですが。
青木だってもう大人なんだから自分の言動の責任は自分で取れるんだから、関係者云々言うのはどうかと。


当連盟傘下団体の主催する試合において、同じ陣営の選手が今回の青木選手と同様の行為を取るならば、選手資格の取り消しをも含む厳罰な処分が下されることは言うまでもありません。

例に出して申し訳ないですが、公務執行妨害で逮捕されてた三崎は結局5カ月程度の謹慎でしたよね。
まさか青木に三崎以上の処分を求めてるわけではないですよね?
格闘技連盟にとっては逮捕されることより試合後に中指立てることの方が悪質ということでしょうか?

僕個人の考えでは、以前に述べたように「イエローカードでギャラの何割かを没収」くらいが
妥当なところだと思ってます。
もちろん「関係者」とやらの処分はなし。

ただ戦極サイドの抗議文を読むと、どうもその程度では収まりがつかなさそう。

出場停止3カ月、ファイトマネー半額没収くらいが戦極、DREAM両陣営の落としどころか。

3か月程度の謹慎では意味ないと見る向きもあるでしょうが、これならDREAMの3月大会には
出場できません。
青木は「今年は7~10試合したい」と公言しており、DREAM3月大会にも出場する意思は
あったと思われます。

仮に4か月以上もしくは無期限出場停止処分をしては三崎の件との整合性がとれませんので、さすがにこれ以上重い処罰を与える必要はないでしょう。

青木は悔しいだろうけど、自分の軽はずみな行動が原因ですからね。
自分の周りの人々にも迷惑をかけてることを理解して、今回は泣いとくべきかもしれませんね。


抗議文も腕を折ったことに対する責めはないみたいだし、試合後の侮辱行為についても青木は謝罪したんですけどね。

まあ結局はガス抜きが必要ということでしょうか。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-07

Dynamite!!会場観戦記中篇 川尻vs横田!

所vsジョンマン

一本取れそうで取れない、たまにあるもどかしい所の試合。
3Rは危なかったなー、止められなくてよかった。

それにしてもジョンマンはタフ。
今思うとウィッキーはよくKO出来たもんです。

所ダイナマイト
ここで今日初めてのマイク。
しかも煽りVから仕込んでた内藤絡みのことだけ。



川尻vs横田

この試合は緊張しましたよー!
以前から川尻は横田には負けるんじゃないかという思いがあったので、危機感が半端じゃなかった!
個人的には一番楽しみであり、不安なカードでした。

なんせ横田さんはショッパくて言い訳ばかりの男とはいえ、実力はピカイチ。
腰が強くて、スタンドも横田が上かなという印象。

会見で川尻のモチベーションが上がってない様子だったのも不安を煽られましたねえ。
でも、前日会見では「殴りすぎちゃうからレフェリーしっかり止めてね」みたいないつもの川尻節だったんで、
ちょっと笑っちまったけど。


川尻勝てるかなーと、あまりに不安だったんで佐野さんに「川尻勝てますかねえ?」と聞いてみたところ
「川尻さん勝ちますよ、フィジカルが全然違うんで。横田さんはフェザーでもいいくらいですよ」
と自信ありげ。
そんなもんかと安心しつつも、やっぱりドキドキする。

煽りVで横田が「誰でもいいじゃねえかよ。対抗戦なんだから言われた相手とやりゃいいんだよ」
と言ったところには「まあ、そうだよな」と納得。僕もタイトルマッチより対抗戦が見たかった。

試合の方は「ここまで差があるのか!」というほどの完勝。
川尻ってやっぱ滅茶苦茶強いんじゃん!
マウント、安定感あるわ。
最初は「横田、ロープ掴むな!」とピリピリしてたのが、
途中からは「ピコピコパウンドで殴りすぎちゃうよ、レフェリー早く止めてー(笑)」
なんて思う余裕さえあった。


川尻はつまらない試合と言ってるけど、あの横田をここまで圧倒するなんて本当に凄い。
これなら青木へのタイトル挑戦も文句なしでしょう。
大晦日にタイトルマッチやらずに対抗戦に打って出て本当によかった。


川尻「つまらない試合になっちゃいました」

試合前はお互いにいろいろ言ったり無視したりしましたけれど、間違いなく強いし、日本にいてライト級で横田選手が見えてないわけないので、オレも相当警戒してやったし、そういう意味ではファンにとってつまらない試合になってしまったのかもしれないけれど、お互いにもうひとつ上のポジションで対戦できたらいいなと思います。

試合前は「ゴネてた」だの「俺なら魔裟斗といい勝負できる」だの挑発されましたが、きちんと横田を持ち上げて大人な対応ですね。

一方、そのころ横田は――?

横田「もっとスタンドで勝負したかった」

スタンドでは勝っていたと思います。

あまり言いたくないんですけれど、寝技の練習が試合前に1回もできなかったことですね。寝技の練習はできなかったですけど、川尻選手のパワーはすごかったですよ。スタンドならもっといけると思ったんですけどね。そこが悔しいですね。もっとスタンドで勝負したかったですけど。

打撃だったら絶対にオレの方がいい試合ができると思います。打撃だったら勝っていたと思うので、向こうは打撃を嫌がってタックルにきたと思うので。

あはははは、横田最高(笑)

腰を痛めてたって事は、おそらくカード決定会見時にはあまり練習が出来てなかったということですよね?
そんな厳しいコンディションの中、対抗戦を盛り上げるために川尻をこき下ろし自分を追い詰めるとは・・・横田のプロ根性は素晴らしい・・・・なんて思えるかー!


ともかく円高と横田のマイクだけは防がなければ駄目、川尻グッジョブ!
どちらにせよ勝者にマイクは無かったわけですが(^^;


KIDvs金原

KID
これはKIDが復調してないとかの問題以前に、身体のサイズが違いすぎましたね。
会場で見てても一回り以上KIDが小さく見えました。

こりゃもうKIDは63キロでも無理、60キロ、下手したら56キロ級くらい作ってあげないと厳しいのではないでしょうか。

あと金原はやっぱり強いですね。
器用貧乏なんて言って申し訳なかったです。


吉田vs石井

jump
石井、えらい酷評されてますね(^^;
デビュー戦なんだし、もう少し長い目で見てあげたいです。
だから石井は諦めずにMMAを続けていってほしい。
もうちょっとテイクダウン出来るようになってほしいな。

吉田はスタミナ切れるのが早かったですけど、意地を見せてくれたと思います。
金的への膝も相当しんどかったろうに、よく続行したよなー。

2010-01-02 22-52-24_0135

あと一試合で引退するなら、最後は吉田自身がやりたい相手、上がりたいリングで戦ってくれればと思います。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-06

Dynamite!!会場観戦記前篇

会場に入ると、すでにK-1甲子園のリザーブマッチは終わっていた模様。

2010-01-02 22-52-08_0062
スタジアムバージョンでの観戦は男祭り以来3年ぶり。
S席での観戦だったんですが、リングサイドもスタンド席もぎっしり埋まってました。
これだけ集客したのも男祭り以来だったのではないでしょうか。


2010-01-02 22-52-09_0066
オープニングは桜庭のスピーチと「翼をください」の英語バージョンで始まる。
だいぶ後になって、これがエヴァのオマージュだということに気付いた。
壇上で大勢で歌いながら今年一年を振り返る演出は「男祭り2006」と同じですね。

全選手入場ではスタンド席の出入口からも各選手が登場。
僕らの席の近くからは廣田と横田が出てきました。チッ(笑)

yokota
その横田さん。
けっこう可愛らしく撮れたぜ。

ちなみに佐野さん達の席は三崎さんが出てきたところのすぐ近く。
PPVで確認するとフルさんとコールさんがちらっと映ってる!

最後は魔裟斗がカッコよくリングインしてオープニングが終了。
このオープニングだけで30分近く時間を使ってて、長時間興行の予感をヒシヒシと感じました。


K-1甲子園決勝


野杁くん強かったですね。
あんまヒロヤ贔屓のレフェリング、ジャッジは本人のためにも良くない。
ダウンしたら、ちゃんと取ってあげましょう。

少年たちが一生懸命に頑張る姿は素直に微笑ましいし、みんな強い。

でも、リザーブマッチ含め4試合はちょっと多いっす(^^;


ミノワマンvsソクジュ

まさかミノワマンが勝つとはビックリ。
解説の須藤元気も「ぶっちゃけ勝てない」って、ぶっちゃけすぎてたし(^^;

サップ、ホンマン、ソクジュ、内容的には絶賛出来るものではないのですが、全て一本・KOで勝利したのはお見事。

ハルクトーナメントが始まった時は美濃輪のためのトーナメントだけど、絶対に美濃輪の優勝はないなと思ったのは僕だけではないはず。
ムサシ欠場の幸運があったとはいえ、本当によくやったと思います。

対するソクジュは膝のテーピングなど怪我の状態がひどかったのか?
消極的な試合ぶりでしたね。
でも、それを持って八百長とか言う人はどうかと思いますよ。
ミノワマンは翌日会見でもダメージが残るほどパウンドを喰らってましたし、最後のパンチもストップが早いだけで不正にはとても見えない。

まあド素人の僕の見る目なんてたかが知れてますんで、僕の頭がおめでたいだけかもしれませんが(^^;
普通に楽しんだもん勝ちではないかと。


西島vsセフォー

相変わらず全く進歩してない西島。
結局、地上波でも放送しなかったし、カードの無駄、時間の無駄、ギャラの無駄。
何一つ得るものがなかったような。

あ、でも、閉会式でのセフォーはかっこよかったっす。
2010-01-02 22-52-36_0187


泉vs柴田

泉って手が短いから相手をクラッチ出来ない→投げられないということなんでしょうか?
だとしたら致命的だと思うんですが、今後も期待できないか。
ヒョードルみたいにスピードがあったら別なんでしょうけど、それを求めるのは酷ですよね。

そんな泉に柴田は敗れてしまったわけで、「マグロマグロうるせえよ」と言ってましたが、柴田も前日会見でマグロマグロ言ってたわけで。
でも、けっこう盛り上げてくれた柴田はいかにもプロレスラーらしくて(当たり前ですが)けっこう好きです。



小見川vs高谷

小見川の左が入りまくってましたね、強い。
PRIDE武士道でデビューした頃とは全くの別人、本当に強くなりました。
小見川は一月の石渡戦に始まり、LCデイビス→ナム・ファン→サンドロ→金原→日沖と強豪と連戦で高谷戦で今年7戦目、そろそろ休まないと死にますよ。

高谷は完敗。この試合内容を見ると、ちょっと差があったように感じます。
高谷も小見川同様ずっと連戦続きだったのでそろそろ休んだ方がよさそうですね。



マッハvs郷野

郷野ってブログやカミプロコラムを読んでわかるように、とても人間臭くて魅力ある人ですよね。
自分の弱さや駄目なところを認めたうえで、それを笑いに変えたり、強くなろうと努力する姿は見ていて好感が持てます。

氣志団
今回は入場も大受けで、試合もほぼ完封に近い内容での一本勝ち。
郷野にとっては最高の大晦日になったのではないでしょうか。

対するマッハは精彩を欠いていたというか、あまりに淡白な負け方でしたね。
言い訳にもならないけど、やっぱ仲良い郷野相手ではモチベーション上がらなかったのは想像に難くない。
これで連敗ですからねえ、次は負けられませんよ。



2010-01-02 22-52-17_0103
途中、試合を終えたソクジュが通りました。
カメルーンの服なんでしょうか。
なんか婦人服みたいですね。レストローズというブランドに似てるような(笑)


三崎vsマヌーフ


2010-01-02 22-52-17_0104
待ってました!
文字通り日の丸を背負う三崎さんの背中入場。
これが俺にとっての初日の出じゃい。
この時点でほぼ満足。

試合の方は三崎のエンジンがかかる前にダウンして止められちゃいましたね。
スローで見ると、確かに三崎の目は生きていたんで早いといえば早い。
でも、止められても仕方ないかな。
これをミスレフェリングとは言えない。

一旦は出場を見合わせながら、説得されて直前に出ることになったのは可哀相ではあるし自己責任でもある。
ろくにマヌーフ対策なんてやってなかったでしょうね。
場内放送でわざわざ抗議したことを告げる必要があったかはわかりませんが、ノ―コンテストとかにする必要はないと思います。
両者が望むなら再戦というのもアリ。

それよりも気になるのが三崎の練習場所。
グラバカを離れてからはパワーオブドリームで練習してると言ってたけど、寝技の練習はどうしてるんでしょ。
数少ないミドル級の日本人だけにしっかりとした練習環境を整えてほしい。


あと入場時にいつもビジョンに出てたグラバカの「」の文字が出なかったのがチョッピリ寂しかったっす。

とにかく今年もがんばれ三崎。




theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-05

五味のUFC参戦について

五味隆典、ついにアメリカ進出!! UFCと正式契約

正直、この報に心躍るものはありませんが、UFCという世界最高の舞台で五味のモチベーションが本当に上がるのなら喜ばしいこと。
日本で五味の試合が見られるのがベストですけど、SFと違ってWOWOWで見られるから素直にうれしい。

今の五味では3連敗してリリースされる可能性も高いだけにこの決断は勇気あるものだと思います。

仮に五味が一念発起して真剣に練習に取り組んだとしても、PRIDE後の3年間サボってた(という言い方は酷ですが)ツケは大きい。
BJペンに辿り着くのはことも、UFCで勝ち越すことも相当難しいのではないでしょうか。

ここまで悲観的に書いてきましたが、もちろん五味を応援する気バリバリです。


theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-04

Dynamite!!さいたま旅行記2009 場外イベント編

当初は15時開始なので14時半くらいに現地到着の予定でした。
ところが石田選手がけやき広場のイベントに出ることが決まると、相方の強い希望によりイベントに参加することに。
家を出発したのは朝の6時50分・・・修学旅行か(笑)


11時前にたまアリに到着し、桜庭ホイスの握手会の整理券をゲット。

メイヘム長南
いつも通り佐伯さんとお宮の松さんの司会で11時からイベントスタート。
最初のゲストはメイヘムと通訳で長南。

マイクの音が小さくてあまり聞こえませんでしたが、日本のどこで遊ぶとか格闘技と関係ない話が多かったと思います。

続いて11時半からは石田と菊野の技体験コーナー。
石田はレスリング、菊野は三日月蹴りをキックミットで受けるというもの。

握手会で石田くんと話せて嫁はご満悦。

2010-01-02 22-52-03_0043


その後、昼食をとってから戻ると丁度ホイス桜庭のトークショーが始まるところでした。
ホイス笑顔が素敵。
桜庭の著書にも書いてあったが、試合を離れると超いい人のようだ。
ここでスイミングアイ佐野さんと合流。
この前はおつかれさまでしたー、と挨拶しつつ雑談。

「サクとホイスの握手会の整理券取ったんですよー」と話してる時に整理券の裏に「0039」と番号があることに気付く。
「あっ、0039、サクですねー」なんて言ってたら、なんと桜庭の技体験コーナーに当選し、桜庭の技を受けることに!

気持ちフワフワしながら壇上に上がる僕。
バックチョークでも掛けてもらえるのかと思いきや、さそり固めを喰らうことになるとは(笑)

技を解かれたあとに隣のホイスが満面の笑顔で握手してくれて、やっぱいい人だ。
いやあ、いい記念になりました!ありがとうございました!

フワフワしながら佐野さんの所に戻ると、今度は近くに菊野がいる!

佐野さんが写真をお願いしに行くと、以前TK学会に出た佐野さんのことを覚えていたようで
「この間は(アウトサイダーの試合)惜しかったですねー!」
と佐野さんに声をかけてくれました。
佐野さんもすごく喜んでて、僕も「菊野すげえなあ、マジで将来選挙に出るんじゃないか」と思っちゃいました。
多分、前田日明さんよりはいい政治家になりますよ(笑)


14時過ぎにくまさんも合流。
僕が桜庭に技をかけてもらったことを話すと、
「何でそこで佐野さんを代わりに行かせないんですか。
ファンイベントでヒョードルとスパーしたチェ・ムベみたいに『あの力の強い男は誰だ?』みたいな騒ぎになって、
佐野さんがDREAMでデビュー出来るかもしれないじゃないですか(笑)」(うろ覚え)
みたいな事を言われ、「その手があったか!」と膝を打つも遅かりし、すいません(^^;


物販コーナーでパンフレットを買おうと思ったら、魔裟斗の写真集(30ページ程度)が無理矢理くっ付いて2冊セットで3000円!
ふずあけんなくおら。


その後フルさん、コールさんも到着したので会場に入ることになりました。


今回は事前イベントでかなり満足できて、これだけでも元を取れたような感覚です(^^

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-03

青木真也の反省文

カミプロムーブの青木コラムにて、廣田戦について触れています。

大晦日の試合後の挑発行為の件で笹原EPより厳重注意を受け真摯に受け止め反省しています。まったくもって子どもな自分に我ながら呆れるというか自分に残念。本当に深く反省しています。

(中略)

関節技については、タップを待つ余裕は自分にはありません。

関節技は躊躇していたら極まらないし、試合では瞬時の判断が重要です。パンチでダメージを与えないように殴る選手はいないのと同じです。相手がタップをしないならば、折れるまで極めるしかないし、落とすまで絞めるしかないのです。

今回の件は非紳士的行為として、試合後すぐに青木にイエローカードを出してほしかった。
それで全て解決するわけはないんですが、運営側はそういう毅然とした態度(というか当たり前のこと)を取るべきだと思います。


上記の文を読んで「一応、形としては謝罪したわけだから」と矛を収める人もいれば、「どう考えても反省しているはずがない、ふざけんな!」とか「お前は去年、多くの格闘技ファンの心を裏切った!お前を絶対に許さない!」と怒りの静まらない方もいらっしゃるでしょう。

僕は格闘技ファン同士が見解の相違をなじり合ったり罵倒しあう姿を見るのに疲れました。
一部には青木の人格を攻撃するのに、自身のレベルを下げて言葉を選ばずに批判してる方もいらっしゃるようで、それは残念な部分です。

僕自身の見解は昨日書いたとおりですが、青木を批判する人が間違ってるとは思いませんし、フォローする人がいるのも良いと思います。
PRIDEが無くなって、一年の雌伏を経てようやくDREAMが立ち上がり、それから身体を張って命を削って頑張ってきた青木を見てきただけに、去年の最後に青木自身でミソつけちゃったことは本当に残念なことでした。

青木は自己責任でこれらの批判を受け止めて反省し、廣田が復帰して青木戦をもし望むなら正々堂々受けるのもいいのではないでしょうか。

廣田が出来るだけ早く復帰できることを願っております。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-03

「Dynamite!!」etc大晦日視聴率の明暗

大みそか視聴率、Dynamite!!が民放1位

TBS「Dynamite!!」1部:11.8%、2部:16.7%、3部:10.6%

NHK「紅白歌合戦」1部:37.1%、2部:40.8%

日テレ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」1部:15.4%、2部:16.4%

フジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」1部8.9%、2部6.4%

テレビ朝日「ドラえもん」7.0%、「痛快!ビッグダディ」6.6%

テレビ東京「年忘れにっぽんの歌」7.6%、「ルビコンの決断」1.9%

5時間通しの平均ではガキ使に負けてますが、それでも民放1位返り咲きはめでたい。
今年はサップとか万太郎とかホンマンなどの色物がほとんど居ないなかでの高視聴率なんで素直に喜びたいと思います。
ただ石井のデビューと魔裟斗の引退試合があった割には伸びなかったのも事実。
今年の大晦日は彼ら抜きで戦っていかなければならないわけで、決して楽観できるような状況でもなさそうですね。

それにしてもテレビ東京は1.9%か。
やはりハッスルは優良コンテンツだった(^^;

でも、「ルビコンの決断」はたまに見ますけど、いい番組です。
いかんせん全く大晦日向きのコンテンツではなかった。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

2010-01-02

青木真也の行為についてグダグダと書いてみました。

あけましておめでとうございます。
スタジアムバージョンでギッチギチのダイナマイト見てきました。
とにかく長かった。
K-1甲子園、魔裟斗、吉田石井、対抗戦etcとゴッタ煮すぎて纏まりがない。
15時にスタートして終わったのが23時過ぎ、だるいです。
ダイナマイトはオープニングからメインまで全部見るパッケージ興行ではなく、ロックフェスのようにお気に入りのアーティスト・選手・試合だけ見る方が身体にはよさそうですね。

今回の大みそかはいろいろな事がありすぎて、書きたいことはたくさんあるんですが、まずは青木と廣田の試合について。
これについても思うことが多すぎるし、何を書いても軽率というか不用意な発言になってしまいそうで怖い。
とても纏まりそうにありませんが、思ったことをつらつらと。


会場では折れたとか、中指立てたとかがよく見えなかったので、青木が勝って大喜びしてました。
会場でも歓声が大きかったと思います。

まさかここまで物議を醸すことになるとは!

とりあえず録画した地上波を見直してみた。

青木真也っちゅうのはなんでこう問題行動を起こすのか(汗)
あの流れでは青木が批判されるのは仕方ない。

折ったことと中指ポーズのどちらかだけでも批判の対象なのに、それ両方やっちゃーねえ(^^;


腕を壊した試合がストップされたあとに中指立てる。
島田がそれを払いのけ、「タップしなきゃ駄目だよ!」
セコンドの八隅が興奮状態の青木を「やめろやめろ」と抑える。
とても誉められることの出来ない行為、青木の怖さ、狂気が出た試合。
試合前の宣言通り「刺しにいった」ということでしょう。
「刺しにいく」という言葉が良くも悪くも本気だった。

修斗でデビューした頃の青木を思い出しました。
そうでした、青木はこういう状況になれば躊躇なく相手を破壊する選手。
今思えば残り4秒でハンセンがすぐタップしたのは大正解。


ただ不謹慎な話ですけど、こういう選手がいてもいいと思ってしまう。
青木は反則を犯したわけじゃないですからね。
タップしてたり、レフェリーが止めてるのに折ったら大問題ですが。
これが青木の本来の姿であり、魅力となりうるのではないかと。
相手の腕を折っときながら、観客にアピールする姿は圧巻ですらあった。

石田くん風に言うなら「どういう神経してんだろ?」ってところです。


廣田はタップ出来なかったのかなー。
逃げられないのにタップしないことは根性があるんじゃなくて、負けを認める勇気がないだけな気がします。

レフェリーストップもタイミング難しいだろうけど、止めてほしかった。
仮に止めてたら「止めるの早い」と批判されてただろうし、レフェリーにアピールしても叩く奴はいただろうけど、そっちの方が廣田が重傷を負うよりはずっとマシだった。

セコンドもタオル投げられなかったのか。

そして、青木には出来れば折ってほしくなかった。あくまで出来ればですよ。
あそこで技を弛めちゃうほうが選手として駄目だと思うし。

試合後の中指については「行儀悪いね、まあ青木だし」って感じです。
基本的には試合終了後はノーサイドで称え合うのがベターですが、全員が全員、所vs宇野の試合後みたいな爽やかすぎる笑顔で握手されても微妙。


よくも悪くも久々に青木幻想が膨らんだことも確かです。
青木と試合するの嫌だなあって多くの選手は思うでしょ。
そこを乗り越えて青木を倒した選手が英雄になれるのかもしれませんね。


なんとかまとめ。
僕個人の考えとしては
①まず廣田がタップするべき
②セコンドかレフェリーに止めてほしかった。
③可能なら青木は折らずにレフェリーにアピールする。
④試合後の挑発はイエローもしくはレッドカード(ってありましたっけ?)でギャラ一部カットの処分を

といったところです。

それにしても、今回の青木にはベビーとかヒールとかの類の言葉で区切れない恐ろしさがあった。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。