--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-14

ジョシュ・バーネットはハントと名勝負ができるのか?

いやあ、ここんところPRIDEの存続問題で気を揉んでたもんで、無差別級GPの二回戦のカードを吟味する余裕がありませんでしたよ。

このまま何もなければPPVは何とかなりそうなんで会場に行かなくてもいいかな?

さて無差別級二回戦で注目のカードはジョシュVSハントです。

最初はジョシュがあっさり勝つと思ってたんですが、ひょっとしたらクロスファイトになるかも。
まあ、あまりにもワンサイドで終わってしまうと味気ないので名勝負を期待してるだけなんですがね。

まずスタンドでの展開なんですが、ハントが圧倒的有利というほどではないのでは。
リーチ差があるし、タックルと見せてのパンチや組み付いてから身長差を活かした膝蹴りが有効でしょう。

あとはジョシュがハントをテイクダウンできるかどうか。
ミルコ戦でのハントを見るとスタンドレスリングが上手くなってように見えたので、差し合いではジョシュに勝つかもしれませんね。
そうなってもジョシュは首相撲から膝蹴りを入れる→怯んだところを引き倒しなどでグラウンドに持ち込む、と。

それとジョシュ得意の押し込んでからの尻を持ち上げてのテイクダウンが通用するかどうか。
まあ、ハントのケツのデカさを考えると難しそうですが(笑)、これは片足タックルに切り替えれば倒せるんじゃないですかね。

あとはジョシュがハントから一本取れるかどうか?
ハントのガードワークならあっさりパスできる。
一本取るのに技術的には何の問題もないのですが、どの技で仕留めるか。
チョークは高阪曰く「首がない」そうですから難しい、手足も太く短いから腕十字や足関も極まりづらいかな。
やはりアームロックが無難ですね。

と拙い展開予想を書き連ねてきましたが、結局ジョシュの圧勝予想しかしてないんですよね(^_^;)

まあ最初はスタンドで始まるわけで、そこでハントが見せ場を作れるかどうかが鍵になりそうですね。

とにかくリング外の騒乱など気にせずにジョシュには大暴れして欲しいです。
頑張れジョシュ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こうゆう時こそ
世紀末救世主

徐庶さん、今こそ新世紀オタク伝説が始まりますね。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。