--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-07

DREAM.7 フェザー級GP予想

<第1試合 フェザー級GP1回戦>
大塚隆史(日本/AACC)
ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル/レボリューション・ファイトチーム)

大塚は若くてレスリングが強いですが、テイクダウンした先はビビアーノの庭。
ビビアーノ一本勝ち。


<第2試合 フェザー級GP1回戦>
チェイス・ビービ(米国/HITスクワッド)
ジョー・ウォーレン(米国/チーム・クエスト)

キング・モーの活躍で密かな期待感のあるウォーレン。
ただエルダリ・クルタニーゼみたいに打撃で顔を背けてしまう可能性もあります。
ビービはWECで2連敗したとはいえ、今のWEC軽量級のレベルはとんでもなく高いので、このメンバーでは上位なのではないでしょうか。
まだ23歳なので伸びしろも充分。
ビービKO勝ち。


<第3試合 フェザー級GP1回戦>
西浦“ウィッキー”聡生(日本/STGY)
エイブル・カラム(米国/Cullum Ground Fighting)

ウィッキーの減量が順調なら体格差があるので大丈夫かな。
ウィッキー判定勝ち。
それにしても今回アメリカから来る選手は、このカラムといい、ミカ・ミラー、ビービといい若いですね!
カラム21歳にミラー22歳とビービ23歳ですよ!
末恐ろしいなあ。


<第4試合 ライト級ワンマッチ>
石田光洋(日本/T-BLOOD)
中村大介(日本/Uファイルキャンプ)

中村の真価が問われる一戦。
石田は冨樫やマルセロに十字を極めかけられたイメージが強いですが、実際に一本取られたのは宇野戦のみ。
中村の戦績を振り返ると勝利の大半が腕十字なんですね。
改めて見ても、この十字の山はすごい。
微妙な相手に判定までもつれることもあったので、石田戦でも一本取れずにグラウンドで下になったまま時間切れになると苦しい。

石田判定勝ち。


<第5試合 ウェルター級ワンマッチ(74キロ)>
青木真也(日本/パラエストラ東京)
デイビッド・ガードナー(米国/チームクエスト)

青木がサクッと一本。


<第6試合 ライト級ワンマッチ>
川尻達也(日本/T-BLOOD)
ロス・エバネス(米国/BJペンズMMA)

結局、BJペンは来日しなかったのかな。
エバネスは戦績だけ見てみるとまずまず強い選手なんじゃないでしょうか。
元々は一階級上の選手だし、川尻は苦戦するかもしれませんね。

期待を込めて川尻KO勝ち。


<第7試合 フェザー級GP1回戦>
前田吉朗(日本/パンクラス稲垣組)
ミカ・ミラー(米国/アメリカン・トップチーム)

リーチ差がかなりあるし、前田が苦戦しそうですね。
手足が長くて寝技が上手いミラー。
武士道で勝てなかったせいか、国内メジャーではダメなイメージがありますが、それを払拭できるか。
とりあえずイエモンのレインボウマンをサビまで聴きたいので美濃輪ばりに引っ張った入場をしてくれるといいな(^^;

ミラー一本勝ち。


<第8試合 フェザー級GP1回戦>
高谷裕之(日本/高谷軍団)
キム・ジョンウォン(韓国/Team Yoon)

ウィッキー同様に減量さえ問題なければ高谷の勝利は堅いかと。
高谷KO勝ち。


<第9試合 フェザー級GP1回戦>
今成正和(日本/Team ROKEN)
山本篤(日本/KRAZY BEE)

今成って65キロ以下では三島とパイシャオンにしか負けてないんですか。
柔術家は苦手なようだけど、山本のようなレスリングベースの選手相手ならイケるか。
寝技に一切付き合わずにスタンドに徹せられたら判定で負けるもではないかと。

今成の一本勝ちに期待しつつも、予想は篤の判定勝ちで。


こうして全カードを通してみてみると、やや小粒ながらも好カードが揃いました。
DEEPレベルなら「全てメイン級!」と言えますね(笑)

DREAMは久々の生PPV放送なんで楽しみにしてます(^^

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。