--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-25

青木のグッドゲーム理論に思うこと

ゴング格闘技最新号の青木真也インタビューより

「関係者もファンも含めて日本人は、お互いに攻めて守って、守って攻めて、それで最後にどちらかが勝つという試合が好きじゃないですか。要はリスクを背負って戦う=グッドゲームという発想ですよね。
でも僕はそれは違うと思うんです。野球に例えて言うと10-8じゃなくて1-0で勝つ。
僕の中でのグッドゲームはそれなんです。最初から最後まで相手を完封することを前提にしてきっちりと結果を残す。僕は格闘技において8点取られたけど10点取れば勝ちという発想は出来ません」

日本に居ながらにして、世界と戦っていこうとする高い志を感じます。
でも観客からすると、これが面白いかというと非常に微妙ですね。
やっぱり中村VS所とか、ノゲイラVSミルコみたいな試合は興奮するし分かりやすい。
青木の試合は緊張感はあるけど、ベストバウトと呼べるほどの試合は少なく感じます。

グッドゲーム=ベストバウトには非ず、ということですかね。
なかなかお茶の間には伝わらないでしょう。

例えば野球ならイチローから三振を取ったら、単純に「スゲエ」となりますが、シャオリンをパスガードして「スゲエ」となるのは一部の格闘技ファンだけですからね。

格闘技ファンにとっても、相手がカルバンであったり、アルバレスのような強豪であるから「それらを寝技で完封する青木スゲエ」と我々に伝わるわけです。
ムーアやガードナーでは青木が強すぎてお茶濁しに見えてしまう。

だからDREAMで青木の対戦相手は、強さが十分に知られている選手を選んでいくのがベターではないかと。
つまりカルバン、川尻、ハンセンなどですよね。
初参戦の選手は石田や中村と戦って、勝ったら青木戦の流れでいいんじゃないでしょうか。
そうでないと、青木がリアルで純粋に強い初物選手に一本勝ちしても、ともすれば雑魚とやってるだけのように見えてしまいます。
その辺は主催者が青木を売り出すために上手くリードしていって欲しい。

あと青木VSシャオリンも見たいですね。
シャオリンがDREAMで1,2戦こなしたら実現して欲しいですね。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[格闘技][DREAM][読書][ブログ]青木真也が考える「いい試合」とは

立て続けに二本、「青木真也」と「いい試合」に関するエントリーを読みました。 ■青木のグッドゲーム理論に思うこと http://tsudureya.blog51.fc2.com/blog-entry-1057.html 孫引きします。 ゴング格闘技最新号の青木真也インタビューより 「関係者もファンも含めて日本人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。

僕も同じ競技者側なので彼の意見もわかるけど、興行として見ると難しいところですね。選手としてはダメージ受けずに完勝した方が選手寿命も長くなるし理想の勝ち方ですし。
青木との試合中に強い相手の実力が見てる人に分かる前に、完封して勝ってしまうから青木の強さが引き立たないのかもしれませんね。
なので仰るように最初は石田選手とかと当てると言うのは良い案だと思います。

シャオリンは確かにDREAMに来てほしいですね!
今石田選手や川尻選手ああたりと再戦したらどうなるでしょうね。

大黒柱

青木の考えはそれでもいいけど、それなら大黒柱などとは名乗らないでほしい。
魔娑斗も2,3年ほど前にMAXを引っ張っていくという言葉とともに
フットワークと手数で判定勝ちするスタイルから、かつてのKOを狙い打ち合うスタイルに戻して感動を与える試合をしています。
バダ・ハリやアリスターは堅実スタイルのレミーをつまらないと批判していますし、
佐藤もお客さんが盛り上がる試合をしないとテレビでやる意味がないと言っています。
マニアが満足するだけの大会とは別次元のテレビのある大きなイベントということを理解して
そこで何が求められているのかをよく考えて大黒柱発言をしてほしいですね。
負けるくらいなら固く勝つじゃ大黒柱として失格です。
派手で積極的な試合をして、それでいて絶対に負けない。
それが大黒柱に求められることです。
大黒柱、エースに求められるものはそれくらい高いハードルであり、
それを全うできるからこその大黒柱なのですから。

滑稽ですね。今の日本のリングで戦い続けるにも関わらず、世界を連呼すること自体が。私には、グッドゲーム理論なるもののエクスキューズとして世界を引き合い出しているとしか思えません。
UFCで通用しそうなスタイルならリアリティもあるんですがね(苦笑)

読んで、「自覚してるんだ」と思いましたね。
ならやっぱり、青木を主役でプッシュしていくのは無茶だと思いますね。
ベルトを獲ってしまえば、ある程度軸にしていかざるを得ませんが、それまでは普通の強豪扱いで良いと思います。

今のやり方だとDREAMの人気も青木の人気も両方落ちるような気がしますね。
私もカーリーさんの意見に大方同意です。

確かに青木選手は強いんですが、格闘技ファン以外には伝わりにくいと思います
勝ち方としては、打撃ではなく寝技でと、桜庭選手と大して変わらないと思うんですが、桜庭選手の時のようなストーリーを感じにくいですね
現状、海外でも活躍している強豪を当て続けるしか青木選手を活かす方法は無いんですかねー?
あるいは桜庭×シウバのように、ハンセンやカルバンをライバルとして何度か当てるか・・・

だいたい同感ですね

圧倒

10対0で勝つぐらい圧倒してほしい。
突き抜けてしまえば誰も文句いわないんじゃないかな

こんにちは!
青木コメントは
UFCの影響等  打撃が主体になりつつあるMMAで 超 関節狙いに特化したスタンスで
一発でも もらうとヤバイ打撃を かいくぐって
極めるという展開を強いられてきたからこそ出たコメントのような気も少ししますね。
常に 自分が次の瞬間KOされるか隙を付いて極めるか、という意識があるのではないでしょうか。
なので関節の取り合いであればある程度は魅せる試合も意識するのではないでしょうか。今機会が少なそうですが。

プロレスの血が少しでも入っていればまた違う発想になるかと。これでは桜庭にはなれません。

C.Oさん
おお!C.Oさんは柔術か総合をやってらっしゃる方でしょうか?
確かに選手生命を考えると安全策が一番ですよね。
シャオリンは早く見たいです(^^
石田には勝てると思いますが、川尻に勝つのは相性的に厳しいと思ってます。


カーリーさん
仰る通り、魔娑斗のような選手が真の大黒柱ですね。
青木自身もBJ対GSPが(一般的には)つまらなかったと発言してるわけですから、今回のグッドゲーム理論も地上波放送のある興行に沿わないことに気付いているとは思います。
桜庭、KID、五味、シウバ、ヒョードル、ノゲイラ、ミルコらは誰が見ても凄いと思える試合をしてましたからね。


BLSさん
「UFCで勝つための戦い方―グッドゲーム理論のためのエクスキューズ」というのはあるかもしれませんね。
でも、だからこそ青木はUFCでも通用するんじゃないですか?
というか青木でさえ通用しなかったら、わたしゃ泣きますよ(^^;


ごんたさん
うーん、例えば五味のようなエースがいて、青木はそれを潰そうとするライバル、みたいな図式なら良かったんですかねー。
ここは川尻に台頭してもらわないと。
DREAMにはいい選手が揃ってるけど、絶対的な赤レンジャーがいないのかなー。

きっちょむさん
「1-0」試合では伝わらないですよね(^^;
桜庭のグレイシー狩りのようなシュチュエーションを作るのはかなり難しいですし。
しかも桜庭の試合はライトファンが見ても面白いものが多かったですもんね。
でも、青木には世間的にもブレイクして欲しいです。


カエリストさん
>10対0で勝つぐらい圧倒
そういう考え方もありましたか、目からウロコです!
それなら文句もないですよ!
こういう前向きな考え方は素晴らしい(^^


サクラスシさん
なるほど、確かに打撃はいいの一発もらったら終わりですから、その分慎重になっているのかも。
それなら中村大介とやらせてみれば答えがハッキリしそうですね。
多分青木が中村の光を消して完封しそうな気がしますが(^^;


BJCペンさん
確かに青木はプロレスを全く通過せずに格闘技を見始めた世代だから、そういう観客論が本質的にはないように見えます。
当時とは競技レベルが違うので一概には比べられませんが、今の意識では青木が桜庭のような存在にはなれないですよね。
ただ、勝ち続けることによって周りの見方を変えていくことはできるのではないでしょうか。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。