--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-12

魔裟斗vs川尻に思うこと

スイミングアイさんから

川尻さんにとってはボロ負けさえしなければ名前と顔を売るチャンスですね。一方、魔裟斗さんからしたら旨味のあんまりない対戦ですね、きっちりKOして「やっぱ魔裟斗強いなー」って思わせるぐらいしかメリットないんじゃないでしょうか。

 って言うのが一般的な見方だと思うのですが

 自分の得意なルールじゃない相手の土俵で、しかもトップの相手と対戦するって怖いですよね。その辺りの恐怖心とかを観る側は考慮しないのが残酷なところですね。「だってプロの格闘家だから」の一言で済む問題でもあるんですけどね。

目からウロコというと大袈裟でしょうか。
見るだけでなく、やる側の佐野さんだからこそ出てくる意見だと思います。
確かに「勝てばオイシイ」、「負けても名前に傷がつかない」とか、ファンは星勘定しか見ないですからね。
青木のウェルター級GP挑戦もそうですが、強い相手と戦う以上リスクのない戦いなんて無いのではないでしょうか?
負けても評価下がらないっつっても身体的ダメージは残るわけですし、ましてや川尻は他ジャンルのトップとやるわけで一方的にやられてしまう可能性も高い。

総合で長年かけて培ってきたものをぶつけて戦うのではなく、付け焼刃でK-1最強の相手と戦わなければならない恐怖はあるでしょう。
もちろん川尻が選んだことなので全ては川尻の責任になりますが。
そして、美味しくない相手との対戦を飲み、さらに盛り上げようと口撃してくる魔裟斗の姿勢にも頭が下がります。

普通にやれば普通に負ける相手なので、川尻には普通でない作戦でいってくれることを願います。
「実力差は正直、かなりあると思います。それでもオレは前に出ます!」
正直かなり厳しい戦いになるでしょうけど、この言葉を真に受けて川尻を応援したいと思います。

スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

確かにその通りですけど
怖いかもしれませんが
だからこそ、得るものもある(負けても)
と思うんですよね。

それは名声とか知名度とかじゃなくて
打撃に強くなるっていうのか、
打撃TOPとガチ勝負をしたからこそ
なにかを得るって事があると
思うんですよ。

だから川尻にしたら負けてもKOされても
ただダメージが残るとか怪我するとかより

これからのMMA戦にも生かせる
すばらしい経験が出来るっていう
ポジティブな見方もありますよ。

名声だけのためにやるわけじゃ
ないと思います。

川尻は総合の中でも、グラップラーであり
ストライカーではないですよね
五味ならわかりますが、なぜ川尻が……
っていう人も多いでしょう。

でもグラップラー川尻だからこそ
この経験が後にも生かせる気がします。
MMAでね。

初めてコメントさせていただきます。
川尻不利なのは明らか。その中で勝つ可能性はヨーイ・ドンでバチバチに打ち合うだけしかありません。
前にインタビューで大晦日の相手が佐藤みたいにロー中心の足技でこられたら絶対に勝てないからと山田トレーナーに言われたと言ってました。
ジダ対ブアカーオを見る限りMMAファイターもやり方次第でトップと戦えそうなので是非頑張ってほしいです。

ん~、でもまあアルバレスともう一回やる方が怖いでしょう。
廣田や光岡などMMA強豪日本人とやるのも怖いでしょう。
負ければ、どうしても3段論法で実力査定になってしまいますから。
佐野氏の言う恐怖が、本業の試合の恐怖より特別大きいとは思いません。

青木がシャオリンに抱く恐怖の方が遥かに大きいと思います。
もし技術に差があってシャオリンの柔術地獄に嵌ったりしたら、青木自身の寝業幻想は完全に崩壊しますからね。
寝業を避け続けてもきっと逃げたと言われます。
何やってもどんな負け方でもマイナスにはならない川尻とは雲泥の差でしょう。

今回、青木という男を初めて尊敬しましたね。
川尻は、魔裟斗が今まで戦ったボクサーとかKID、須藤、カルバン辺りと比べても、恐怖や勇気という点で特別差があるとは思いませんね。

川尻にはそろそろ青木に喧嘩売って欲しいですね。
交流絶つ覚悟でそれが出来たら「勇気ある」って褒めます。

長文すまそ

113さん
仰る通り、川尻が魔裟斗戦で得るものは多いですよね。
もちろん僕自身も川尻対魔裟斗はポジティブに受け止めています(^^
ただ、川尻はオイシイだけで全くリスクも無いという意見に対するアンチテーゼとして、この記事を書きました。


ミッチーさん
はじめまして、コメントありがとうございます(^^

まともにやり合ったら川尻は勝てないですよね。
仮にノーガードで打ち合ったとしても魔裟斗が上だと思います。
でも、今の川尻には何かしら期待してしまいます。


おさん
青木のシャオリン戦はまさに勇気のチカラ、賞賛に値すると思います。

青木は得意分野で敗れた時の恐怖。
川尻は不得意分野でトップと戦わなければならない恐さ、といったところでしょうか。


>何やってもどんな負け方でもマイナスにはならない川尻

もし川尻がみっともない惨敗をすれば、川尻自身とDREAMのイメージを落とすことになるんじゃないでしょうか。
大晦日の意趣返しというか。

あと川尻vs青木は僕も見たいです!
大晦日にタイトルマッチで実現することを希望します。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。