--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-23

青木シャオリン戦の皆さんの意見について

青木シャオリン戦に対し、いろいろとコメントして頂きありがとうございます。
それぞれの方に様々な意見があり大変に興味深く読まさせていただきました。

青木シャオリン戦に対する期待が高かった人ほど裏切られたという憤りを感じているのではないでしょうか。

青木はDREAMの大黒柱を名乗る以上(最近はあまり言ってないですが)、会場の客、テレビの前の視聴者を引き付ける試合をしつつ結果を残さなければならない。

確かにその通りですし、僕自身も青木シャオリン戦は期待していたものとは違いました。

ですが、連敗は許されない状況であり、ハンセン、川尻らとのタイトル争いが規定路線となっており、負けられない一戦。

DREAMライト級のストーリー、シャオリン戦での勝利、エンターテイメントな試合。
全てを得ることが出来ればベストですが、現実問題として困難な状況であります。

そこで自身もう負けたくない気持ちとライト級の物語を紡ぐためにシャオリン戦で勝利に徹したのではないでしょうか。

カルバン戦、宇野戦、アルバレス戦等々
今まで青木には凄い試合をいくつも見せてもらったので、一回ショッパい試合したからといって評価を下げる気にはなれません。

公式BBSで「もうDREAMに金を落とさない」とか「青木が次戦でタイトルを取っても評価できない」とか言ってるファンの方にはひとまず落ち着いていただきたい。

桜庭だってミルコだって五味だってスベッた試合をやったことはある。
青木はここ数年で一試合じゃないですか。
だからもう少し広い心で見ていただければなあ、と思ったり思わなかったり。

もちろんつまらない試合に対して、チケットやPPVを買った方々がブーイングするのも正当な権利があると思いますが。



あと青木が贔屓されてるという意見について。
明らかに負けてるのに判定で勝たせてもらったり、不可解なレフェリング、強豪に勝ってないのにタイトルマッチ組んでもらえたり、そういう贔屓は僕も嫌いです。

でも、今回の試合は僅差ながら青木勝利で問題ないわけですし、タイトル挑戦資格が充分あるのにシャオリンをぶつけられるんだから贔屓とは言えないのではないでしょうか。


青木がシャオリン戦を受けたことを褒める人はあまり多くはありませんでしたが、勝利至上主義な試合を叩く人は多いですね(^^;
もし青木が寝技勝負して負けてたら、どう叩かれてたんですかね。


こうやって青木はファンやアンチを巻き込みつつ突っ走っていけばいいんじゃないかと思います。

でも、今回みたいな試合は出来れば勘弁な(^^;

スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私はシャオリン戦を受けた青木を青木史上最大、DREAM史上最大級に評価しましたよ。
ただ、誰であれ倒す気の無いファイトをする選手は許せません。

普通のプロの選手はお客さんを楽しませられなかった時、マイクを握れば反省の弁を述べますし、インタビューでも自画自賛するなんて事はありません。
しかし、青木のあの態度はどうでしょう?
なんだか判定勝ちでガッツポーズしてバラちゃんに嫌われた某ポジティブ格闘家とだぶります。
ブーイングを想定していたという発言は本音かどうかは知りませんが、あまりに酷い発言だと思います。

そもそも基本的に青木はああいうKYでややひねくれ者なところがあるので、周りの人間がフォローしてあげないと駄目だろうと思います。
それなのに周りの大人が「もっと馬鹿になれ」って煽ってるように見えますよね。
批判の種のひとつでもあるあの煽りVも、責任を負うべきは映像監督であり、スタッフや中井師匠も「こんなタチの悪いのは批判されかねないから」と、何故助言しないのか。
結果煽りVの件でも批判を受けるのは青木本人です。
選手にキャラ付けするのは結構ですが、それが批判の的になるようでは、演出側の視点がずれてるんじゃないかと思います。
あの映像が佐藤さんによるものなら、客を盛り上げるのが大分下手になったなあと思います。

青木への批判は全てが青木本人のせいではないと思いますが、本人が糞高いチケットを買ってくれた人を馬鹿にするような発言をしてしまったので、救いようがないと言いますか‥ちょっと路線変更を考えた方がいいと思います。
本人もスタッフも。
私は親父狩りに関しては怒りは覚えませんでしたが、あれに怒った人も結構いそうですし。

タイトル挑戦の流れとしても、マッハに秒殺負けしたのに「階級挑戦だったから」と何事も無かったように言うのは言い訳だと思います。マッハの背負ったリスクと対等ではありません。
青木も修斗現王者ですし川尻のMAX挑戦とは違います。
その他は、今年はハロージャパン戦と今回の差の無い塩試合しかしてない訳ですから、青木が挑戦して当たり前とは思いません。

元王者でもないのに、1年で再戦・再挑戦というのは早いですし、間に川尻かアルバレスを挟んだ方がしっくりきますね。
ハンセンが病気明けなら、ノンタイトルを挟む配慮も欲しいですし、それならやるはずだったカルバンとやればいいと思います。
病み上がりのハンセンと、定期的に試合をしていて調整バチバチの青木がやるのは、シャオリン戦の件を差し引いてもあまり乗れないです。
病気じゃなくても去年の大晦日にノンタイトル組んだのに何故?って感じですね。
流れが欲しいなら、とりあえず川尻と青木で暫定王者戦でもやればいいと思います。


また長文でスンマセン
私の意見としましては青木の格闘技にひたむきな部分や実力は非常に評価しております。
アメリカなんかで画一化されつつある中、個性溢れるファイトスタイルで強いというのは貴重な存在だと思います。
ただ、DREAMはあまりにもスタッフと身内選手のつながりが深く、私物化しているように見える事があります。
だから逆に青木だ川尻だという流れに乗りたくなくなります。
PRIDE、戦極、UFC、修斗、どの団体と比べてもすっきり見れないと言いますか、一部選手を無理矢理応援させるような演出の仕方が目立ちます。
今回のOPなどでのベスト4ファイターの放置っぷりにはびっくりしました。
演出やストーリーラインというのはファンに押し付けるものではないと思います。
地上波で見ているだけなら文句は言いません。
「金を落とさない」というのもその人にとっては本音かも知れませんよ。
私も含め、そういう人に限って文句言いながら金を落とし続ける気もしますが。(苦笑)

青木が今回だめだったのはよくわかる。上の方が書かれてることももっともだ。なら、ほかの選手にもそんな感じで厳しく評価してほしいですね。合格できるやつはいないと思うけど。

こんにちは。
私は以前 青木選手のスタンスが、常にいつもKOされるリスクと隣り合わせであるから、「魅せる試合に拘らない」等の発言に繋がるのではないか、というようなコメントをさせていただいた覚えがあるのですが、 
恐らく青木は 誰に対しても今回のように総合的に相手の良い部分を潰して完封して判定勝ちに持っていく自信を持っているのだと思うのです。
それはすごいことだと思いますし誰にでも出来る事ではありません。青木に毎回リスクを侵して堅い判定勝ちを捨てて 一本勝ちを狙えというのも酷な気がします。
もしそれをやってしまうと、恐らく青木は毎回面白い試合をするけれど勝ったり負けたりの
「関節に特化したDREAMの一選手」に見られてしまうと思うのです。
青木は過去になんとかりスクをかいくぐって勝利を重ね、今の評価に上り詰めましたが、マッハ戦の一敗で海外でのランキングが一気に落ちたり やはり 勝利を重ねるという事の重要さは本人が一番感じていると思うのです。
DREAMという団体に、誰を当ててもうまい事完封してしまう、誰も倒すことの出来ない芯のある凪のような選手がいてもいいのではないでしょうか。そういう意味で私は強豪相手に全てリスクをもってぶつかるよりも、DREAMの
「無敗」に近い存在を目指していけばそれでいいのではないかと思います。
アンチ青木の方が 誰かあいつを倒してくれと
いう存在になっていっても良いと思います。

チョン・ブギョンのときは、しょっぱかったし、やられそうだった

おいおい、ブギョン戦は直前にカルバンが欠場、モチベーションをかいたまま情報も何もない中で戦ったわけで。しかも大会途中にメインに変更。叩きたいのはわかるけどちゃんと振り返って批評してほしいな

また見直してみたのですが、シャオリンの打撃には全く怖さがない。
これならわざわざリスクのあるグラウンドに行くわけはないなーと感じてしまいました。

青木の本質はかなりのビビリ。
でも、臆病者ほど慎重に相手と自分を研究し、作戦を練り上げ試合に臨む。
それが青木の強さではないでしょうか。



おさん
早速の熱いコメントありがとうございます!
青木のあの試合内容であのマイクだと怒る人が多いのも無理からぬこと(^^;
いっそヒールキャラでいった方が素養がありそうな気がします。
「青木を潰せ!」と観戦するのもアリですね。


ハンセンについては、おっしゃる通りワンマッチを挟んでほしいですよね。そのワンマッチでハンセンが負けるとややこしいことになるんで、ハロージャパン級の選手を用意しないと(笑)
UFCだとブランクがあっても王者にはタイトルマッチしかやらせないんで、いきなりタイトルマッチなのもいいんですが。


僕もDREAMが面白いと思えるうちは、おさんと一緒に金を落とし続けます(笑)

saさん
人間だれしも完璧ではないですから当然ですよね。

青木の場合は前後の言動に問題があって叩かれてる部分がデカイような気がします(^^;

僕はそのままの人を食ったヒネた青木でいいと思ってますが(笑)


サクラスシさん
青木・グッドゲーム理論の時のサクラスシさんのコメントはよく覚えてます。

そのグッドゲーム理論と今回の試合を照らし合わせても、サクラスシさんが言うように青木は相手の光を消すタイプのファイターなんでしょうね。

マッハ戦の負けにより、青木にはタイトルマッチの資格なし! という意見が出るくらいですから、盛り上げて負けるより地味に勝つほうがいいと考えたとしてもおかしくないですね。


ひとさん
ブギョン戦は十字取られそうになったイメージが強いですが、後半は青木が圧倒してましたよ。

確かにあまりエキサイティングではありませんでしたが(^^;

逆に青木が寝技で勝負しようとしてシャオリンがビビアーノみたいに潰して何もしない(ポジションキープのみ)に徹していれば、シャオリンは勝ってももうオファーこないんでしょうね。
青木の試合はもう結果速報だけで試合を観なくてもいい気がします。
勝敗には興味ありますが、内容は眠いので。

Trielaさん
青木そんなに眠い試合やってましたっけ?
僕は相手次第でまだまだ見たいですよ(^^
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。