--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-27

DREAM.12観戦記その一 桜庭にもらった勇気のチカラ

ホワイトケージ
まずDREAM初のケージについて。
S席からの観戦で高さがあったせいか、かなり見やすかったです!
リングだとグラウンド状態になるとモニター見てたんですが、今回はほとんどモニター見ずにすみました。
逆にケージから近い席の方が見づらくなるかもしれませんね。

マトリックスとかいう網は、通常の金網と比べて弾力性があるようで
菊野アルバレス
押しつけられると、このように若干のめり込みがありました。
背中が合掌ひねりをくらったキューブマンのようになってますな。

ドントムーブがないなどレフリーの介入も少なくストレスなく見ることが出来ました。

実際に戦った選手からは好評のようですし、見てる側も快適に見れたんで是非継続してケージ開催してほしいところ。


<フェザー級ワンマッチ>
藤原敬典(日本/秋本道場ジャングルジャンクション/チームZST)
宮下トモヤ(日本/パワーオブドリーム)

酷な言い方をすれば無名の二人が地味な試合をした、ただそれだけのことでしょう。
マッチメイクする主催者も悪いし、戦った選手も現時点ではDREAMに継続参戦するほどのレベルではない。

藤原は下からも積極的に極めを狙ってて、いかにもZSTらしい選手。
ですが、いかんせんテイクダウンされすぎた。

宮下はDREAMのオープニングマッチでひたすら抑え込んで、たまに膝蹴りしてただけ。
競技的にはOKなんでしょうが、興行的には落第点。

残念ながら事前の「DEEPでやればいいのに」という気持ちを払しょくすることはできませんでした。

このあたりは結構ムカムカしてましたね。
あんだけズンドコズンドコしといて、実際の試合までつまらんのかい! みたいな。


<第2試合 ライト級ワンマッチ>
弘中邦佳(日本/マスタージャパン)
パーキー(韓国/CMAコリア)

弘中、DREAMではなかなか良いところ見せれませんね。
パーキーは敗れたものの価値を落とす内容ではなかったのは幸いか。

不完全燃焼で終わったものの、この試合はさほど悪い印象はなし。
弘中、次は石田、中村あたりと見てみたい。

パーキーはDEEPでタイトルマッチもあるんじゃないですか。


<第3試合 フェザー級ワンマッチ>
前田吉朗(日本/パンクラス稲垣組)
チェイス・ビービ(米国/HITスクワッド)

前田お見事!
鮮やかな勝利でしたねえ。
連敗中とはいえビービにスカ勝ちはなかなか出来ることじゃありません。

この試合で会場の雰囲気もパッと明るくなったのではないでしょうか。

大晦日参戦をアピールしてましたが、可能性は五分五分くらいか。
vs所とか面白くなりそうだけど、テレビ的には微妙かなあ。
でも、去年は中村vs所やったくらいだから可能性はあるかな。


<第4試合 ミドル級ワンマッチ>
ユン・ドンシク(韓国/チーム・ユン)
タレック・サフィジーヌ(ベルギー/チーム・クエスト)

ユンは怪我が治ったばかりで練習不足だったようですね。
そんな状態でフィリオとやるつもりだったのか。
年齢も年齢だし、しっかりコンディションを整えてから試合してほしい。
まあ、オファーを断ってチャンスを逃すが怖いのもわかりますが。

判定については、正直どっちでもいいよという感じ。
まあDREAMはラウンド毎ではなく全体通しての判定なんでユンの勝ちでもおかしくはない。


<第5試合 ミドル級ワンマッチ>
柴田勝頼(日本/LAUGHTER7)
石澤常光(日本/フリー)

オープニングの全選手入場で石澤にけっこう歓声がありました。
未だに会場ではプロレスラーって人気なんですね。
なんだかんだで需要がないわけではないんだ。



<第6試合 ミドル級ワンマッチ>
桜庭和志(日本/LAUGHTER7)
ゼルグ“弁慶”ガレシック(クロアチア/ LONDON SHOOT FIGHTERS)

桜庭がパウンドを貰いまくった時は「止めろー!」と絶叫してました。
PPVで見直したら、数はかなり貰っていたものの「絶対に止めないと駄目というほどではないか」とも見えます。
もちろん止めた方がよかったんだけど、スミルノヴァスの時よりはマシだったかな。

まあ僕も勝手なもんで、最初に足関が入った時は「よっしゃ極めろ!」→パウンド入れられたら「止めろ!」→また足関が極まりそうになったら「よし、いけー!」ですからね(^^;

会場ではよく見えませんでしたけど、ヒール→アンクル→膝十字と極めてたんですね。
勝つにはこの形しかなかったかも。
獏山先生も「これしかないわー」というくらいの見事な勝利。

極まった瞬間は会場は大爆発!・・・した、と思います。
というのも僕が大噴火してたんで、会場の爆発がどれくらいの規模か確認する余裕がなかった(笑)
嬉しすぎてしょうがない、泣いて喜んじゃいましたよ。

桜庭ベンケイ
思えば弁慶も、マヌーフから桜庭に急に相手が変更になって気の毒でしたね。
足の怪我も重傷ではないらしいので、それだけが不幸中の幸い。


桜庭肩車
こういう試合があるから格闘技観戦はやめられない。
試合後のマイクを含めて桜庭の良さが出まくった試合だったんじゃないでしょうか。
なんか生きていく勇気というか元気を与えてもらえた気がします。

この試合こそ勇気のチカラじゃないですか。

スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

メリット・デメリット

おお、写真が判りやすい!これは良いですねぇ
でも気になったのは、網が軟すぎじゃない?とTVを観てて思った
網がグニャグニャしてて、押し込まれた場合にケツからズルっと術ってテイクダウンされた選手も居たし、
網は破れるか外れるかするんじゃないかってくらいのめり込んでましたよね、あれは心配だし見栄えは良くなったです
選手としては痛くないから良いと思いますね、難しい問題です
もう一つはケージが広すぎて、逃げるばっかりのアウトスタイルが増えるのが嫌ですね
狭い方が殺伐感があってスタンドでの殴りあいも増えますからねぇ
でも、カメラや客席の事を考えると、広い方が観やすいし、これも難しい問題ですね(笑)

おっ ほぼ同じようなところからの観戦ですね
こちらはもう少し右側ですが。
S席は確かに見やすかったけど
テレビの方がもっと見やすいというか
雰囲気よかったんじゃないのかな。
後カメラマンほんまに邪魔!
だからケージのときはテレビ観戦で十分かも

大阪いかれてたんですね、クワイさん
最近勝ち続けてますね(笑)

サクの勝利、僕も感激しました。
クワイさんの感想と自分の感想が
似すぎてて、なんか笑ってしまいました。
きめろーー、とめろーー、いけーー!
とかが特に(笑)

怪物君さん
網はクッションが効いてる分、逆に破れにくいのではないでしょうか。
ケージの広さについては、これから継続するようになったらアウトボックスの試合が増えそうですね。


大阪さん
おお会場組ですか!
二階席からは見やすかったですね(^^

カメラマンに関してはコーナーポストと思って諦めました(^^;


むーすけさん
桜庭の勝利は本当に感動しました。
あれを会場で見られたのは幸せなことでした。

>きめろーー、とめろーー、いけーー!
むーすけさんも同じでしたか(笑)
でも、そうなっちゃいますよねえ。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。