--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-28

DREAM.12観戦記その2

<第7試合 ウェルター級ワンマッチ>
マリウス・ザロムスキー(リトアニア/ LONDON SHOOT FIGHTERS)
ペ・ミョンホ(韓国/CMA Korea)

すげえ! フライ・ザロム・フライ。
ペ・ミョンホって、そんな弱い選手じゃないんですよね?

春先に池本とドッコイだった選手だとはとても思えません(まあ池本もいい選手ですけど)

左ハイのあとにフォローの左ストレートも出してるところも恐ろしい。

レベル的にUFCで通用するかは微妙ですけど、ザロムスキーのDREAMでも試合ぶりは外れがない銭の取れるもの。
特に今回の試合は痺れた。

<第8試合 ライト級ワンマッチ>
エディ・アルバレス(米国/エリートXC・ファイトファクトリー)
菊野克紀(日本/ALLIANCE)

菊野が選手コール時にやる空手の型。
関根さんの千葉真一ものまねを連想してしまい、ついつい笑ってしまいそうになる。

結果は残念でしたが、菊野はやはり強い。
1Rはタックルを切ってペースを握ってたように見えました。
フルネルソンでアルバレスがふらついた時に仕留められればよかったんですが。

菊野幻想は萎んだものの評価が下がる内容ではなかったですし、菊野のキャリアを考えればまだまだ強くなるでしょう。

そして、アルバレス。
相変わらずメンタル、フィジカルともに強いっすね。
劣勢になってからの巻き返しは毎度頭が下がります。

また日本でアルバレスを見たい。
ハンセンや川尻との再戦もいいし、どこのリングでもいいんで五味vsアルバレスもいい!


<第9試合 ヘビー級ワンマッチ>
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)
ジェームス・トンプソン(イギリス/LONDON SHOOT FIGHTERS)

とりあえずトンプソンが(フェイクを入れてから)ゴング&ダッシュをしてくれたんでOK。
そういえばアリスターはギロチンが得意でしたね。

須藤元気はアリスターの対抗馬にジミー・アンブリッツを挙げてたけど、どんだけアンブリッツ好きなんだよ(笑)
実力的にはトンプソンvsアンブリッツの方がハルクな香りがしてよさそう。



集合D12
今大会は、カード発表が遅い、直前欠場などの毎度おさわがせしますな展開に加え、パウロ・フィリオ失踪なんていう笑えないズンドコ満載。
でも、終わってみれば良い興行でした。

前も言ったことですが、DREAMは当日の大会は面白いのが多い。
だけんどもしかし、リング内のドタバタのせいで事前の期待感がない。
PRIDEの時は何日も前からドキドキわくわくしてたもんですよ。
それがDREAMの場合はチケットを買ってても「そういえば明日か」くらいになってきてる。

これじゃあチケットもPPVも売れませんよ。
その辺はマジで改善してほしい。


最後にホワイトケージについて。
会場で見る分には見やすかったし、ドントムーブがないのも見ててストレスがない。
これからも継続してほしいな。


スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。