--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-28

UFC104感想 吉田善行の相手に喝!

岡見vsソネン

岡見完敗。
ここまでレスリングが強い相手とやるのは初めてだったかな。

ブランクがあったとはいえ、ここまでいいところなく負けるてタイトル戦線から大きく後退してしまいましたね。


吉田vsアンソニー・ジョンソン

内容はともかく、6ポンドも体重リミットを超えた選手と試合させるのはいかがなものか。
これを認めちゃったら、やったもん勝ちじゃないですか。
しかも1キロとかならともかく6ポンドって、計量時でも80キロくらいまでしか落とさなかったってことでしょ?
怪我して絞れなかったなんて言い訳にすぎないし、それで試合をしようなんて舐めてるとしか思えない。プロ失格ですよ。

吉田も受けなければいいんでしょうけど、以前にも直前でカードが消えたことがあったんで、どうしても試合がしたかったんでしょうね。


ジョー・スティーブンソンvsスペンサー・フィッシャー

スティーブンソン強い!
1Rはフィッシャーもいい感じで戦ってたんですが、2Rからは圧倒的でしたね。

(三段論法云々はおいといて)宇野に勝ったフィッシャーに勝ったステーブンソンに勝ったケンフロに勝ったBJペンって、どんだけー!
UFCのライト級の層の厚さ、いかほどー!


ちなみにスティーブンソンはケンフロ戦では怪我してたとかなんとか。


ケイン・ベラスケスvsベン・ロズウェル

ベラスケス相変わらず超アグレッシブでいいなー。
ストップのタイミングに関しては完全に戦意喪失には追い込めなかったものの、あれだけ一方的に殴られれば止められても仕方ない。

レスナーvsベラスケス、ノゲイラvsベラスケスなんか見たい。


リョートvsショーグン

どっちが勝ってたか、判定は微妙でしたが、ショーグンが復調してたことが嬉しい。
スタミナも切れてなかったし、完全復活といっても差支えないのでは。

なんせ相手はリョートですからね、あそこまで渡り合っただけでも凄いと思ってしまう。
これならショーグンはUFCトップ戦線で充分に戦っていけるでしょう!



今回はショーグンの復調や岡見の完敗、スティーブンソンの強さなど見所は多かった大会ですが、吉田ジョンソンはモヤモヤしましたね。
契約体重から3キロ近い超過、僕が吉田ファンだったらブチ切れてますけどね。

スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ショーグン強かったのも印象的ですが、一番驚いたのはヴェラスケス。まじで強いですね、びっくりしました。

スティーブンソンの試合をみて、多段論法についてまったく同じこと思いました(笑)

むーすけさん
ヴェラスケスいいですよね(^^
石田とかもあーいう風に戦えたらいいんですけど、なかなか真似できるもんではないかな。

スティーブンソンの多段論法、そもそもBJペンは宇野、スティーブンソン、ケンフロに直接勝ってるんであんま関係無いですよね(笑)
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。