--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-06

Dynamite!!会場観戦記前篇

会場に入ると、すでにK-1甲子園のリザーブマッチは終わっていた模様。

2010-01-02 22-52-08_0062
スタジアムバージョンでの観戦は男祭り以来3年ぶり。
S席での観戦だったんですが、リングサイドもスタンド席もぎっしり埋まってました。
これだけ集客したのも男祭り以来だったのではないでしょうか。


2010-01-02 22-52-09_0066
オープニングは桜庭のスピーチと「翼をください」の英語バージョンで始まる。
だいぶ後になって、これがエヴァのオマージュだということに気付いた。
壇上で大勢で歌いながら今年一年を振り返る演出は「男祭り2006」と同じですね。

全選手入場ではスタンド席の出入口からも各選手が登場。
僕らの席の近くからは廣田と横田が出てきました。チッ(笑)

yokota
その横田さん。
けっこう可愛らしく撮れたぜ。

ちなみに佐野さん達の席は三崎さんが出てきたところのすぐ近く。
PPVで確認するとフルさんとコールさんがちらっと映ってる!

最後は魔裟斗がカッコよくリングインしてオープニングが終了。
このオープニングだけで30分近く時間を使ってて、長時間興行の予感をヒシヒシと感じました。


K-1甲子園決勝


野杁くん強かったですね。
あんまヒロヤ贔屓のレフェリング、ジャッジは本人のためにも良くない。
ダウンしたら、ちゃんと取ってあげましょう。

少年たちが一生懸命に頑張る姿は素直に微笑ましいし、みんな強い。

でも、リザーブマッチ含め4試合はちょっと多いっす(^^;


ミノワマンvsソクジュ

まさかミノワマンが勝つとはビックリ。
解説の須藤元気も「ぶっちゃけ勝てない」って、ぶっちゃけすぎてたし(^^;

サップ、ホンマン、ソクジュ、内容的には絶賛出来るものではないのですが、全て一本・KOで勝利したのはお見事。

ハルクトーナメントが始まった時は美濃輪のためのトーナメントだけど、絶対に美濃輪の優勝はないなと思ったのは僕だけではないはず。
ムサシ欠場の幸運があったとはいえ、本当によくやったと思います。

対するソクジュは膝のテーピングなど怪我の状態がひどかったのか?
消極的な試合ぶりでしたね。
でも、それを持って八百長とか言う人はどうかと思いますよ。
ミノワマンは翌日会見でもダメージが残るほどパウンドを喰らってましたし、最後のパンチもストップが早いだけで不正にはとても見えない。

まあド素人の僕の見る目なんてたかが知れてますんで、僕の頭がおめでたいだけかもしれませんが(^^;
普通に楽しんだもん勝ちではないかと。


西島vsセフォー

相変わらず全く進歩してない西島。
結局、地上波でも放送しなかったし、カードの無駄、時間の無駄、ギャラの無駄。
何一つ得るものがなかったような。

あ、でも、閉会式でのセフォーはかっこよかったっす。
2010-01-02 22-52-36_0187


泉vs柴田

泉って手が短いから相手をクラッチ出来ない→投げられないということなんでしょうか?
だとしたら致命的だと思うんですが、今後も期待できないか。
ヒョードルみたいにスピードがあったら別なんでしょうけど、それを求めるのは酷ですよね。

そんな泉に柴田は敗れてしまったわけで、「マグロマグロうるせえよ」と言ってましたが、柴田も前日会見でマグロマグロ言ってたわけで。
でも、けっこう盛り上げてくれた柴田はいかにもプロレスラーらしくて(当たり前ですが)けっこう好きです。



小見川vs高谷

小見川の左が入りまくってましたね、強い。
PRIDE武士道でデビューした頃とは全くの別人、本当に強くなりました。
小見川は一月の石渡戦に始まり、LCデイビス→ナム・ファン→サンドロ→金原→日沖と強豪と連戦で高谷戦で今年7戦目、そろそろ休まないと死にますよ。

高谷は完敗。この試合内容を見ると、ちょっと差があったように感じます。
高谷も小見川同様ずっと連戦続きだったのでそろそろ休んだ方がよさそうですね。



マッハvs郷野

郷野ってブログやカミプロコラムを読んでわかるように、とても人間臭くて魅力ある人ですよね。
自分の弱さや駄目なところを認めたうえで、それを笑いに変えたり、強くなろうと努力する姿は見ていて好感が持てます。

氣志団
今回は入場も大受けで、試合もほぼ完封に近い内容での一本勝ち。
郷野にとっては最高の大晦日になったのではないでしょうか。

対するマッハは精彩を欠いていたというか、あまりに淡白な負け方でしたね。
言い訳にもならないけど、やっぱ仲良い郷野相手ではモチベーション上がらなかったのは想像に難くない。
これで連敗ですからねえ、次は負けられませんよ。



2010-01-02 22-52-17_0103
途中、試合を終えたソクジュが通りました。
カメルーンの服なんでしょうか。
なんか婦人服みたいですね。レストローズというブランドに似てるような(笑)


三崎vsマヌーフ


2010-01-02 22-52-17_0104
待ってました!
文字通り日の丸を背負う三崎さんの背中入場。
これが俺にとっての初日の出じゃい。
この時点でほぼ満足。

試合の方は三崎のエンジンがかかる前にダウンして止められちゃいましたね。
スローで見ると、確かに三崎の目は生きていたんで早いといえば早い。
でも、止められても仕方ないかな。
これをミスレフェリングとは言えない。

一旦は出場を見合わせながら、説得されて直前に出ることになったのは可哀相ではあるし自己責任でもある。
ろくにマヌーフ対策なんてやってなかったでしょうね。
場内放送でわざわざ抗議したことを告げる必要があったかはわかりませんが、ノ―コンテストとかにする必要はないと思います。
両者が望むなら再戦というのもアリ。

それよりも気になるのが三崎の練習場所。
グラバカを離れてからはパワーオブドリームで練習してると言ってたけど、寝技の練習はどうしてるんでしょ。
数少ないミドル級の日本人だけにしっかりとした練習環境を整えてほしい。


あと入場時にいつもビジョンに出てたグラバカの「」の文字が出なかったのがチョッピリ寂しかったっす。

とにかく今年もがんばれ三崎。




スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

三崎ストップは早かったでしょう。
UFC基準よりも更に早い。
kidvs須藤よりも早い。
パウンドへの対応も見ずにあのタイミングで止めるなら、秋山戦の逆転もありませんよ。

立ってすぐ抗議してると言う事はKOの状態では全く無い訳で、パンチ一発で止めた事はミスジャッジと言わざるを得ないと思います。
大晦日用に全体的にストップが早めだったように思いますが、どこが勝敗の分かれ目になるか判りませんね。
「三崎は一発喰らってから覚醒する」というのはお決まりパターンなだけに非常に残念です。

郷野vsマッハ、小見川vs高谷は普通に実力差だと思いました。
ミノワマンはびっくりしましたね。
ハルクで命を削り続けたのに賞金もベルトも用意していないというのは酷過ぎですね。
青木のギャラを半分ぐらい没収して、それをあげればいいのに。

>これが俺にとっての初日の出じゃい。
明けましておめでとうございます(´∀`*)

クワイさんの三崎の初日の出好きには脱帽です。
私には理解できないw
小見川見てると強くなる選手もいるんだなーと実感。
武士道デビュー戦はひどかったイメージしかないですからね。
ユンドンシクもなかなかの成長でしたが、比べ物にならないくらい成長してますね。
戦闘龍やら瀧本やらいますが、泉ももしかしたら化けるかも???
ナイナイとは言わせねぇーよ!!(我が家の大仁田)

おさん
三崎はあそこから巻き返すんですけどねえ。
ただ最近は毎試合のようにダウン喰らってて蓄積ダメージが心配です。

大健闘のミノワマンにはベルト作ってあげてほしいですね。
青木のギャラ半分ではたかが知れてますが(^^;

ジョショさん
あけましておめでとうございます!
ジョショさんにも三崎の御来光を見てほしかった(´∀`)


rinさん
まともな三崎ファンには怒られるかもしれませんが、背中入場大好きです(笑)

>ナイナイとは言わせねぇーよ!!
あるある!大いにあるでしょう。

本当、小見川は化けましたね。
ちゃんとした準備期間と手順を踏めば、柔道家で強くなる人はたくさんいるのではないでしょうか。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。