--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-04

K-1 WORLD GP雑感

最近のK-1面白いっすね。
総合ではヘビー級の試合をなかなか見れないんで、ヘビー級ばかりのK-1の良さに今頃気付いたというか。
やっぱヘビー級はいいなと改めて認識。

アリスター強えなー。
あの膝蹴り喰らったら誰でも倒れるわ。
ドーピングがどうのは置いといて(置いとけねーよ)、
相手のポトラックって結構強い選手なんでしょ。
ハリトーノフを蹴り殺したギタに勝ったとか言ってたような。
そのポトラック相手のあの内容でKOだから恐ろしい。

次は5月にストライクフォースですか。
そろそろDREAMでも使ったってください。

シュルトさんは相変わらず強い。
今回は前へ前へ出て積極的でしたね。
いつもより面白い試合だったと思います。
フジテレビ実況もそろそろシュルトも応援してあげてください(^^;

そして、バダハリ!
と戦ったイグナジョフ。
ブランクあるんで仕方ない、気長に待ちたい。
シュルトに勝った数少ない選手なんで完全復活を望みます。
それにしても年月を経て、ますます中川家礼二に似てきましたね(^^;
スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ちょっと長くなってしましました

ちょうどK-1ネタだし、前回のレスの続きですけど、ちょっと言いなおしたかったのですが「K-1を背負っているようにみえる」というより「選手がジャンルを背負うという意思自体をK-1の方が生み出しやすいように見える」と思うんです。(ちょっとややこしいですが・・・)

K-1もDREAMもギリギリの中で、もしかして最後に救いになるのってジャンルの歴史なんじゃないのかと。K-1も谷川モンスター軍時代など歴史喪失の瞬間を幾度も迎えていますが、とりあえずギリギリの中でもジャンルを背負おうとする選手が生まれている。また、K-1の出生も「空手」からということではっきりした歴史の発生がある。

だけどMMAに関しては、出生が不明である、というのがあり、PRIDEの頃は猪木や高田などを代表に「プロレス異種格闘技戦の現在」という歴史をベースとしていましたが、しかし間違っても「プロレスこそMMAの期限」とは言えないし、何か肝心な歴史が不透明な面があるように思えます。(ゴンカクの突然な木村政彦特集も、MMAの出生の一つを特定しておきたいという歴史の不透明さがモチベーションにあったのではないかと見ています。)

8798さん
MMAの出生ですか。
それを定義付けるのは難しそうですね。
確かにアーツとかはK-1を背負ってるというイメージはあります。

ジャンルの歴史を知ってるからこそ、その記憶でファンが興奮したり感動したりできるんですよね。
今はその歴史を知っているファンがドンドン離れていってるので、その人たちを呼び戻す努力をしてほしいですね。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。