--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-13

WOWOWに喝! UFC112観戦記

今回のWOWOW放送は20時間後のディレイ放送だったんですよね?
なのに選手インタビューなどに字幕を付けず、相変わらず稲垣さんのホンワカ翻訳。
もうちょっと何とかならなかったのでしょうか。



マット・ヒューズvsヘンゾ・グレイシー

ヘンゾ頑張ったじゃないですか!
もっとあっさりヒューズが勝つかと思いきや序盤はけっこうパンチ当てていて1Rはほぼ互角のように見えました。

ヒューズは徹底して寝技に付き合わずに打撃でいきましたけど、ヘンゾはスタミナ切れてたし寝技でも勝てたと思うんですけどねえ。


テリー・エティンvsハファエル・ドス・アンジョス

やっぱ寝技の攻防はいい。
最後のアームロックから十字への切り替えは金網際でどうかと思いましたが、きっちり極まりましたね。

アンジョスって確か大塚隆史と戦っていてスプリット判定(しかも地元判定)でなんとか勝った選手でしたよね。
僕もブラジルの凡百の選手という印象しかありませんでした。
男子三日会わざれば刮目して見るべしとはまさにこのこと。
ソティロポロスといいアンジョスといい、昔のイメージで見ていてはいけませんね。


BJ・ペンvsフランク・エドガー

どうしたBJ?全然いいところなし。
スタンドで優位に立てないならタックルいくとか攻撃にバリエーションをつけてほしかったですね。
ずっと同じ展開で退屈だったなー。

判定に関しては、さすがに50-45は無いにしても見てても判定が正しいのかどうかよく分からなかった。

次の防衛線はメイナードとの再戦が有力とのことですが、相当つまらない試合になるのでは(^^;
それよりもエドガーvsケンフロの方が見たい。



ケンドール・グローブvsマーク・ムニョス

出た、ミドル級のくせに2m近い長身の化物ケンドール・グローブ。
リーチも長く、相手がバックステップでかわしてるのにパンチが伸びてクリーンヒットしてKOするグローブ。
こいつはミドル級最強ではないだろうけど対戦するのは相当いやな相手でしょう。

1Rはアナコンダ、ギロチンでムニョスを追い詰めて勝利目前。
でも、2Rで下になってからパウンド貰って逆転負けしちゃいましたね、勿体ない。
対するムニョスは根性がすごい。
パンチだ膝だ首だと攻められながら試合を投げずに見事な逆転KO。

いい試合でした、面白かった。


アンデウソン・シウバvsデミアン・マイア

アンデウソンやっちまったなー!
前半はよかったんですよ。
挑発も初めは王者のオーラというかエンターテイナーとして良い部分が出てたいて、見てる方の気持ちが盛り上がった。
グリフィン戦同様に凄い試合になりそうな雰囲気はあった。

アンデウソンはリーチが長いから打撃の届かないところからタックルいっても間合いが遠すぎる。
マイアの打撃もタックルも完全に見切っていてKOも時間の問題かと思ったんですがね。

4,5Rは判定勝ちを意識して流してたのはいただけない。
ずーっとバックステップで逃げまくりだったじゃないですか。
逆にマイアは顔をボコボコにされながらも気持ちの強さを見せてくれました。

正直後半は残念な試合でしたが、ダナが「史上最低」というほどは酷くなかったと思います。


あとアンデウソンが試合中にマイアを罵倒してたそうで。
もちろん良くないことですけど、こういう選手がいるのもそれはそれで面白いかなとも感じます。
それよりもアンデウソンはもっと試合をフィニッシュさせる努力をしてくれ。


今大会はダブルタイトルマッチが両方判定試合で微妙な大会でした。
でも、これがUFC、面白い試合ばかりある方が稀。
スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アンデウソンはマーコートもフランクリンもグリフィンもダンヘンも完璧に倒して勝ってる
決定力はP4Pに相応しいレベルである
だがちょっとグラップラーには警戒心が強いかも
高瀬さんのせいか?

圧倒的実力なのに決定力不足なのはGSP

稲垣さんのゆるーいホンワカ翻訳好きですよ(笑)
今度秋山の解説と一緒で見たいですね。

ヘンゾをかつてホイスのUFC復帰戦の相手を務め、圧勝したヒューズを当てるというマッチメイクもあるし、ある程度歴史に根差したMMAマニアの琴線に触れるセンスを出してる一方で、ペン対エドガーのああした結末にみる、スポーツとしてのMMAの今後の姿という対照が何を意味するのか、とか考えながら見ておりました。

タイトルマッチのああした膠着に対して、オレはダナ・ホワイトが激怒した、というのを見て、いろいろ思うことはあるが世界で最もMMAを背負っているのが見えるのがダナなのは間違いないように思ったりしました。うまく言えんのですが。

軽井沢さん
仰る通りグラップラーには相当警戒心が強いですね。
冗談ではなく高瀬や長南に極められたのがトラウマになってるかもしれませんね。

ようさん
僕も嫌いじゃないです(笑)
でも格闘技だから気持ちを盛り上げて見たいじゃないですか(^^;

8798さん
イメージとしてはペン対エドガーは「ザ・UFC」という感じのつまらない試合でした。

ダナはプロモーターとして当然なのかもしれませんが、選手、ファンそれぞれの立場を理解して立ちまわってるのがよく分かります。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。