--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-21

青木敗戦に思う その2 日本はルールを変えるべきか?

当たり前の話、やっぱり格闘技でもホーム&アワエイは大事。
結局は自陣に引きずり込んだ方の勝ちなんですよね。
現役王者がアウェイで試合しなければならない時点で負けてるわけです。
まあ、それを理解したうえで青木なら勝ってくれると信じていたわけですが(^^;


アメリカで勝つ選手を育成するためにはルールを揃えた方がいい。
それは理屈としては当然。
しかし、それを今の日本のルールを変えてでも見たいか?と問われると微妙。

スポーツライクにした先にあるものはなんでしょう。
肘アリは全然構わないので、四点膝ありがいいんですよねえ。
蹴り上げが無いのもちょっと。

リングとケージについてはドントムーブが無い分ケージの方がいいかな。
ただこないだのアンデウソンみたいにポイントリードしたらバックステップで流す選手がいたら試合がつまらなくなる。
予防対策としてイエローカードでレフェリーが注意するか、ダナが提唱してるオクタゴンを狭くするなど何らかの手立てを考えないと駄目だと思います。


今更アメリカを無視して鎖国することはできない。
鎖国するなら青木を行かせずにナンバー2以下の選手を行かせるべきだった、今更日本に引きこもったら興醒めするファンも多いのでは。

日本特有のルール(着衣・シューズあり諸々)でジャパニーズMMAをガラパゴス化させるか。
あるいは世界標準にルールを合わせて、世界に向けての登竜門とするか。
難しいところです。
どっちも一長一短。
今回の青木vsメレンデスとかBJペンvsエドガーとかよりアルバレスvsハンセンとかミルコvsノゲイラとか所の試合の方が面白いし好き。たとえレベルは落ちるとしても。
でも、今の時代それでは世界で通用しない。
逆にルールを統一すると北米のファームになる危険が大いにあり。
それを許容して今まで通りにお金を払う気持ちになれるのか。
今でも充分2軍レベルなんでしょうが、まだ日本団体のベルトを通行証に北米プロモに出る日本人がいないので実感がない。
仮にDREAMのベルトがUFCへの通行手形になったらDEEPと同様にしか見えなくなりそう。
ファンにそう思わせないように興行を打っていくのはかなり難しいと思います。


勝ち負けのみに拘ったポイントゲームか。
観客が喜ぶアグレッシブな試合がしやすいルールをデザインするか。
ファンも選択しなければならない時期に差し掛かってきてますね。
もちろんUFCにも面白い試合はたくさんあるし、DREAMや戦極にもつまらない試合はたくさんありますが、「勝つためにリスクを冒さない」スタイルが世界の主流になっているので。

まずケージフォースのように「UFCに出る選手を育成する」コンセプトの大会といわゆるこれまで通りのジャパニーズMMAの両方の興行がある形がベターか。
世界標準でUFCやSFを目指す選手はケージの大会に出ればいいし、リングで活きる選手はそっちで戦えばいいんじゃないかと。
ファンも自分の好きな大会を選んで見に行けばいいですし。
「数年後にUFCに追い付く」ことが一応の目標であるSRCがケージを導入して、DREAMがリングとたまにホワイトケージでやるとか。
あるいはその逆でやるか。
国内で一つになれないなら、それくらい特色を分けないと同じようなルールとリングでやってても意味がない。

いずれにせよUFCやSFルールに準拠したメジャー大会が出てこないと外では勝てないのは明白なので作らないと駄目でしょうね。
日本にも金があればなあ、今まで通りUFCとは違う価値観で大会を作って、強い外人も呼んでって出来たのでしょうが、もう無理ですからね(^^;


余談・蛇足、川尻は蹴り上げが無ければクラッシャーパウンドが復活するんじゃないですか。
非常に単純な思考で恐縮ですが、川尻にはメレンデス相手に自身と青木と日本のリベンジをしてほしい。
いきなりタイトルマッチでは青木の二の舞になりかねないのでSFかホワイトケージで戦ってからメレンデスに挑戦する形がいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

前項、丁寧な返事ありがとうございます。

>「勝つためにリスクを冒さない」スタイルが世界の主流になっているので

これは違うと思いますよ
むしろUFCはアグレッシブの宝庫だと思います
ただタイトルマッチはかなり固い試合が多いですね
それとレスリングというのは押さえ込みが基本なので技術的にどうしても動きが減る事があります
でも、塩の代表格GSPやフィッチでも塩は塩でも前へ前へのアグレッシブさですし、アンデウソンもストライカー相手なら鬼神のような強さで相手をボコボコにします

リスクを犯さない選手も中にはいますが、グラバカ勢のような消極さは実はあまりないと思います
そう見える要因は実はディフェンス技術の高さでしょう
攻めたくても攻められない、テイクダウンしても相手が金網立ちしやがる、尽きないスタミナと勝負根性
攻められない、仕留めきらない
レベルが高いとこうなってきます

だからこそ、UFCは4点膝及び、蹴り上げなどグラウンド同士の蹴りは早く導入すべきですね
日本より膠着が多く感じる要因は、ディフェンス技術の高さと4点膝が無い事とブレイクが少ない事、この3つが主だと思います

決して消極的選手が多いとは思いません
むしろ青木や川尻や郷野よりも塩分が多い選手は少ないように思います
ルールと競技レベルの高さから、判定が多くなるのは仕方無い状況なんじゃないかな
あとボクシングもそうだけど、軽量級はどうしてもねえ
UFCはオクタゴンの広さはともかく、4点膝はすぐにでも導入して欲しいですな


日本のルールはリングのままでいいんじゃないかと思います
年一回ケージを‥というなら全部ケージにしろよとは思いますがね

結局は何を期待するかだけど、少し前までは「ドントムーブなんて見てられないしMMAはケージでやるのが正しい」と思ってたけど、今はリングでのMMAを失くす必要はないんじゃないかとも思う

自分はここに来る中で多分ドライな方だと思うけど、ぶっちゃけ今の日本のメジャーが消滅してUFCジャパンになってもいいと思ってる部分がある
PRIDEがUFCに吸収された続きとして受け入れればいいやってね
UFCJは日本でやる日本の格闘技と思えなくもないし、そもそも試合やイベントの流れが全てであって面白ければ外人でも外資でも国保でもワジムでも何の問題もない

仮にそういうものが出来て日本でもケージが主流になったとしても、修斗は続くしパンクラスも続くだろう
それらもリングを止める可能性もあるけど、老舗がすぐにそうするとは思えない
だから、ドリームや戦国はその延長線として存在していけばいいだけだと思う
UFCJとリングMMAなら共存は可能だし、無理に同じ所に踏み込む必要はないかなと言うのが自分の最近の考えです

要は同じ価値観の中に踏み込むのか違う道を行くのかだけど、仮にUFCJ(というか普通に年数回の日本イベント)が出来たとして、その時完全ケージ化していたら簡単に飲み込まれてしまうように思います

SFにも負けまくりの状況で、ルールをケージ化して対当の力を目指すのか‥
そこは諦めて違う道を行った方が生き残れるじゃないかと思う
もうSFとの提携も見直した方がいい
このままだと負け続けるだけ

だからってどう日本が復活するって訳じゃないけどね
延命というか生き残る道は「リングでやる」という独自色を大切にした方がいいかなと思う
道着やスパッツやシューズは止めていただきたいけどね

SF×CBSの関係の推移がわからないしSFがどこまで大きくなれるかはわからないけど、結局「強い人間は最高峰UFCへ」と言うひとつの大きな流れはもはや防ぎようはないし、これからも引き抜きや離脱は後を絶たないでしょう
日本が強豪を繋ぎとめ続けるのは難しく、結局は選手個人を見守っていくしかない
その中でどういう価値観を見出していくかという所で、リングという独自色を捨てるのはちょっと勿体無いと思いまする
リングでやりたいという選手もいるだろうしね

DREAMはリングの最高峰で充分ですよ。
リングと金網、DREAMとSFの2冠王にうなる選手も普通に出てくると思いますよ、この前は負けたけどムサシなんて、その筆頭でした。負けた相手もリングで育った選手ですけどね。
ディアスも2冠王になる可能性は充分あると思います。
ルールの慣れじゃありません、日本人が弱いだけです。

軽井沢さん
GSPのタックルはめちゃくちゃアグレッシブですが、そのテイクダウン自体が一番リスクが少ないからやってるわけで(^^;

僕もリングMMAは残すべきだと思います。
それと同時にケージの国内メジャーも出来た方がいいのではないかと。

SFとの対抗戦は始まったばかりだし、ここでやめたら「逃げた」という印象だけが残って僕は嫌ですね。

こうやってファンが色々議論すること自体は悪いことではないですし、主催者の方たちも深く考えて生き残り策を模索していってほしいです。


明石鯛さん
そう、日本人は弱いです。
だからこそ金網・ルールへの慣れが必要なのでは?
そのうえで綿密な戦略をたてないと駄目でしょう。
今はホームのアメリカンがチームで徹底的に相手を分析し作戦を立ててきてるんですから生半可では勝てません。

私は正直、今後はリングで試合をする青木ではなく、ケージで研鑽を積む青木を見たいです。
(リングで試合をする青木に何を思えばいいのか分からないです・・・)
出来ればしばらくはDREAMで。そしていつかメレンデスにリベンジ!これが一番見たいです。

リングの試合に思い入れありますし、何の思惑もなければケージより好きです。
出来ればDREAMには両方やってもらって海外参戦を念頭に置いた選手はケージで試合、とか
考えていたのですが、もしかしたら、完全にケージに宣戦布告したほうがいいのかもなあとも思います。
幸い日本には伝統的リング文化を守ってくれるSRCやアストラがありますし、
(まとまって欲しいですが、まとまらないなら全部リングでやってても意味ないだけだし)
格闘技ファンじゃない方々も両方やると混乱しそうだし、そういう方々にケージは
目新しく映るかも、とも思います。

青木の話は置いといて桜庭がケージでストライクフォースの選手返り討ちにするのとか見たいですし。

敗戦によって血が巡り、日本格闘技が活性化していい展開へ繋がる可能性もあるな、と思いました。
今がジャンルを背負った絶望的敗戦後なら、
青木には高田のまま桜庭にもなって欲しいもんです。
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。