--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-03

青木真也の公武堂イベントに行ってきましたよ

ちゅーわけで2日の青木のトークショーに行ってきました。

13時半に公武堂到着。
さっそく「跳関十段3」DVDを購入してサイン&撮影会の整理券もらう。
DVD5800円、高い。

2010-05-02 22-16-13_0011 2010-05-02 22-16-27_0044
購入特典で福引があったので回したら黄色い玉が出てきた。
二等のストライクフォースTシャツ(サイン入り)が当たる。ラッキー!



立澤さん
トークは最初は青木と長谷川社長の2人で話し、途中から青木のスパッツをデザインした立澤さんが社長と入れ替わる。
立澤さんはニューバランスのデザイナーさんで杉浦太陽とか加藤晴彦系のかっこいいお兄ちゃんという感じ。
間寛平のアースマラソンのシューズをデザインしたりする凄い人のはずなんですが、青木には仲の良さからボロクソに言われてましたね(笑)
前日は青木の実家に泊ったそうです。
立澤さん大して面白いことも言えず(当たり前)に退場し、青木の一人しゃべり→長谷川社長が加わる。

トークの内容は前日の格闘秘宝館と被るところが多く、

例えば、ケージにするじゃないですか。じゃあ、なんのためにケージにするのか? 北米でケージで勝つため? じゃあ、北米で勝つためにすべて北米ルールにして、みんな観に来ますか? で、北米ルールって分かっていますか? ラウンドマストです。“10:9.9”は“10:9”で付けるんです。“10:9.9”を3R通してやったら、“30:27”になるんです。この意味、分かりますか? 『もっと打ち合え!』と言われるこの業界でそれをやって、『それでもみんな、観に来ますか?』って、僕は言いたいです。もっと言えば、一番のメジャールールがなんで北米なのか? ビジネスですよね。経済的に一番のUFC。そこと同じルールにして、じゃあ、ビジネス的に勝てるのか? もっと言えば、ストライクフォースとUFCだってルールが違います。ストライクフォースはグラウンドのヒジがない。もし佐伯(繁・DEEP代表)さんが世界一の金持ちだったら、DEEPルールがメジャールールになるってことですからね。そういうところも含めて結局、俺が思うのは、日本は日本の独自性を持ってもいいんじゃないかな、と思うんですよ。結局、俺ってプオタ(PRIDEオタク)だから、踏みつけあり、PRIDEルールがいいんです」

このへんのことは言ってましたね。

他にはSF乱闘後にメイヘムがギャラの小切手を忘れていった話、北岡はアメリカでずっと文句言ってたとか今成のブログ話などをしてました。

あとはナッシュビルでファンからサイン攻めに合い、最後の方はふざけて「今成正和」とか「長谷川秀彦」とか、しまいには「ウ○コ」とかサインしてたとか(笑)

真面目な話で印象に残ったのはDREAMのベルトについて。
「メレンデスに負けたことでベルトの価値が無くなってしまった。価値を取り戻すためには一から頑張るしかない」
とあくまで前向きな姿勢を見せていたこと。
確かにベルトの価値、川尻とのタイトルマッチの機運は無くなってしまいましたが、後ろ向きに止まったままでいても仕方ないですからね。


トークイベントの最後はファンからの質問コーナー。
手を上げて当てられた人はストライクフォースのTシャツが貰えます。
トリプル・タイトルマッチのシャツで僕が貰ったやつよりかっこいいような(^^;
まあTシャツはともかく、青木にメレンデス戦での技術的な敗因や本当にシーザーグレイシージムに出稽古に行くのかなど聞きたかったので手を上げるも当ててもらえず。

最初の質問者は若い男性の方で「メレンデスはPRIDE時代と何が違いましたか?」というようなことを質問。

青木は「PRIDE時代のメレンデスと同じに見られると困る、全然別人」みたいに答えてました。

次は女性の質問「試合は怖くないですか?」
ふぅー、脱力。
興味ないなら手を上げないでよ(^^;
青木「その質問、一万回くらいされたよ(笑)」
と言いつつ丁寧に答える青木。
試合の怖さについて、怖い理由をいろいろ上げてましたが、最後の理由が「負けたらメンツがつぶれる、これがけっこう大事」とのこと。

最後の質問者、また女性。
「この後の予定はどうなってますか?」
いや、だから興味がないのなら(ry
これには青木も大ウケで「今までで一番いい質問かも」と笑ってました。

そしてサイン&握手&撮影会。
DVDや柔術着にサインしてもらう人がいろいろ。
僕の前の人が「シーザーグレイシージムに行くんですか?」と聞いてて「正式に決まったわけじゃないけど行きたいなと思って」と本決まりではなさそう。
出稽古のことを聞く手間が省けたので、僕は「次の試合は7月ですか?」と質問。
「そうだね。早くしたいんだけどねえ」とのこと。
やっぱ川尻とのタイトルマッチが既定路線でしょうか。


その後は3階に上がって
2010-05-02 22-16-18_0022
公武堂TVを放送してるリングでミニセミナー。

miniSEMINER
セミナー参加者が希望する技術を青木が披露。
技をかけられるのは何故か立澤さん。


2010-05-02 22-16-23_0034 2010-05-02 22-16-23_0035 2010-05-02 22-16-22_0033
フットチョーク。


2010-05-02 22-16-23_0036
ミドルキック。
いろんな角度からの蹴りを披露してくれました。

2010-05-02 22-16-24_0038

うちの嫁がリクエストしたワールド。
立澤さんは「もう首はちょっと・・・」とかなり嫌がってます(笑)

あとは勝村が上田に極めたニンジャチョーク、スイープ(ガードからタックルへの切り返し)、テイクダウンするための間合いの取り方などを解説してくれました。

最後に希望者の中から3人だけ青木に技を掛けてもらい、みんなで集合写真を撮ってイベント終了。

こういう選手と触れ合えるイベントは地方ではなかなか無いので貴重な体験が出来ました。
特にメジャー団体の現役王者ですからね。

青木のトークや立澤さんへの接し方を見ていると、青木って友達としては嫌なタイプかもしれないけどファンにはめちゃくちゃ気さくに接する選手ですね。
今までいろんな格闘家のサイン会や握手会に行きましたが、一番話しやすかった気がします。
スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。