--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-21

DREAM15会場観戦記 前篇

遅ればせながらDREAM.15に行ってまいりましたので。その観戦記をば。
たまアリに着いたのは15時過ぎくらいで、ちょうどマッハとウィッキーのイベントが終わるところでした。
ウィッキー近くで見たけど、やっぱカッコいい。赤より黒髪の方が男前に見えるな。

グッズ売り場に行くと、リコ・ロドリゲスらしき男を発見。
背が高くてゴツかったけど、昔よりはだいぶ痩せたように見えたんでムサシ戦に向けて絞っていたという話は本当だったんでしょうね。

会場内に入ると席がリングに近い。

花道も近い。

そして、関係者が通る通る。
覚えているだけでも、レニー・ハート、ケイ・グラント、大田真一郎、TK、泉、安生、三崎さん、宮田さん、佐伯さん、今成、佐藤大輔などなど。ラッキー♪

テンションもかなりアップ↑

客席は400レベル以上は潰していて、解放してる席は最終的には9割くらいの客入りでしょうか。

会場内ではパヒュームの「DREAM FIGHTER」や川尻カルバン戦の煽りVで使われた音楽など、両者の煽りVの曲を流してます。
そして、「やれんのか!」のマジカル・ミステリーツアーも流れ、集大成感がバリバリです。

そんなこんなで16時20分頃からイベントがスタート。
オープニグ映像を見ただけでヤバイ、泣きそう。


そして、全選手入場。タイトルマッチの青木、川尻はリング上に登場。

IMGP1164.jpg
この表情、青木の様子が普通じゃない。
調印式の時も相当不機嫌だったようですし、なかなかキテますね。

このあと川尻と握手するわけですが、「いいシーンだなー」と思いながらも青木の表情の怖さが気になった。


<第1試合 ミドル級ワンマッチ 84.0キロ契約>
中村和裕(日本/吉田道場)
カール・アモーゾ(フランス/チーム・アモーゾ)

中村カズは相変わらずですねえ(^^;
PRIDEの第一試合でブスタマンチやボブチャンチンと渋い試合をやってたのを思い出しました。
でも、今日のお客さんは寛容で温かい雰囲気で見守っている感じ。

しかし中村カズ、試合ぶりが相変わらずなのはいいとして、技術的に成長しているのでしょうか?
日進月歩のMMA界とはいえ、タックルもそんなにうまくないし昔ほど相手を投げられなくなった。
ジャカレイやメイヘムに勝てるのか甚だ疑問。
数少ない日本人ミドル級だから頑張ってほしいんだけどなあ。


<第2試合 フェザー級ワンマッチ 65.0キロ契約>
石田光洋(日本/T-BLOOD)
DJ.taiki(日本/マルワジム横浜)

何かと評判の悪いこの試合。寛容だったお客さんも連続の判定試合に少々食傷気味のご様子。
僕の近くの席でも「石田、つまんない!」「俺もつまんない!」と野次る客がしました。
石田君はテイクダウン→パス→サイド→バック、十字と動いてるのに塩はないよ(^^;
総合をもっと楽しんでいきましょうよ。
まあ一本・KOの予感がないのが駄目なんだろうなー。
でも、石田くんはブランクあったのに頑張った方だとワタシャ思うよ(^^;

対するDJは急オファーで対策を充分に練れないまま試合して完敗。
準備期間があったらDJが勝ったかどうかはわかりません。
が、ちゃんと一か月、二か月前にカードが決まったうえでの結果なら石田ファンもDJファンも納得がいくでしょう。
いろいろ事情があるのは重々承知してますが、こんなバタバタはいい加減にやめないと話にならない。


<第3試合 フェザー級ワンマッチ 65.0キロ契約>
小見川道大(日本/吉田道場)
ジョン・ヨンサム(韓国/CMA KOREA/冠岳BJJ)

小見川、会場人気もなかなか高い。少なくとも戦極にいたときよりは。
隣から「最初の2試合は面白くなかったけど、こっから凄いよ。小見川は半端ないから」「へーそうなんですか」
という会話が聞こえてました。
DREAMの客にもかなり期待されてるようです。

試合はヨンサムが思ったよりは頑張った。
小見川にはもっと骨のある相手とやってほしい。
ビビアーノしか眼中にないのもまあ分かりますけど、ヨンサムよりマシな相手はDREAMにナンボでもいますから。

<第4試合 ライトヘビー級王座挑戦者決定戦>
メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショー・タイム)
水野竜也(日本/U-FILE CAMP.com)

水野やったよ!感動した!
体格差で水野有利だったとはいえ、日本人でマヌーフに勝ってるのは秋山だけ。
マヌーフのパンチが当たればハントだろうがカラエフだろうがブッ倒されるわけだから危険だったことは間違いない。
水野の金星と言っても差支えないでしょう。
前日予想のブログでも書きましたが、アメリカ修業→ライトヘビー級GP中止→それに対する水野のブログを見てから、僕もどんどん水野に感情移入していきました。
会場に来てた観客にもそういう人は多かったんじゃないかな、水野が勝った時はこの日一番の爆発だったし。
やっぱ苦労人が報われた時というのは、素直に嬉しいし泣ける。押しつけではない感動がある。
格闘家の人たちはそれぞれ色んな苦労をしながら闘ってて、水野より大変な状況の人はたくさんいるのかもしれない。
でも、水野みたいに不器用でも泥臭く戦うファイターは応援したくなります。
パンクラス時代はここまで浪花節な感じではなかったと思うんですが、重ねた年輪、経験の為せるわざか。

一方敗れたマヌーフは相変わらずいい仕事をしますねえ。
勝っても負けてもエキサイティングな試合を演出し、打撃は自分、寝技は相手という領分をきっちり守る。
ユン戦、フィリオ戦とおんなじパターンでやられてるんだけど全然飽きない。
そりゃプロモーターも重宝するのも頷けます。


余談ですが、水野の入場曲であるバンプオブチキンの「バトルクライ」。
この曲はアウトサイダー等で活躍するスイミングアイ佐野さんの入場テーマで僕も大好きな曲。

今の水野に非常にマッチした曲で、
また歌詞もハマってるんだよなあ。

それがまさに生きていく理由 何かを賭して手にするもの
傷つきながら しがみついて 離せない それだけのもの
ここが僕のいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所

水野の格闘技人生、マヌーフ戦の試合内容にもピッタリで思い出すたびに泣けてくる。
勝利後にマット先生と抱き合うシーンもよかったなー。

IMGP1204.jpg
試合後に感極まって何言ってるかわからないマイク、しかも長い(笑)
でもOK、本当に感動させてもらいましたよ。
ありがとう!

次のムサシ戦も僕らファンは"戦場に赴く戦士に やさしさでもいたわりでもない 戦いぬく勇気を”少しでも与えられるように声を出して応援するだけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは!
オープニング僕もすごく感動しました!
PRIDEと比較してしまって文句が多くなってしまうDREAMですが、
DREAMはDREAMでもう15回もやって、色々それなりに
あったなーって思いました。

青木の表情、やばかったですよね、
僕もすごく気になってて、特に川尻と
握手した後に、ニヤってわらったんですが、
モザイクかけたほうがいいんじゃないかって
思いました(笑)

むーすけさん
OP、煽りVともによかったですよね。
DREAMも積み重ねてきたものが色々あったんだよなとしみじみ思いました。

>青木の表情、やばかったですよね
いや本当にやばかった!
勝利直後に撮った表情がまさに悪魔の形相で、やばすぎてアップするのをやめました(笑)
本当にモザイクした方がいいかも(^^;
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。