--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-28

DREAM16のPPV観戦記

川口雄介vsジェームス・トンプソン

まさにメガトンマッチ。第一試合ということでド派手な試合を期待していたのですが・・・。
序盤は川口がKOしそうで出来ないもどかしい展開。
後半はトンプソンがテイクダウンして攻めてたけど、決めきれず残念な試合。
あまりのもどかしさに途中から早送りで見ました。

「あートンプソン判定勝ちかー」と思ってたら勝ったのは川口でびっくり。
どっちの勝ちでもいいけど、第一試合から判定はキツイなー。

結果的にこのカードは蛇足でしたね。


石田光洋vsウィッキー

ウィッキーは本当に強くなってますね。
タックルの対処とかテイクダウンされても背中をつけずにすぐ立つ技術を身に付けてた。
石田はウィッキーの圧力に最初は押されてたけど、その後はがむしゃらにタックルし続けて見事な判定勝ち。
この試合はなかなか緊張感があって良かったし、これを塩漬けの一言で済ますのはどうだろうと個人的には思います。
石田は手堅くガード上からコツコツやってれば無難に勝てたような、なまじパスしようとしたから引っくり返されてたわけで、ワーク・トゥ・フィニッシュしてましたよ一応。
まあ一本・KOのフィニッシュを山頂だとしたら三合目くらいまでしか辿りつけなかったけど(笑)
試合後のコメントで例によって石田君が反省の弁を述べてたみたいですが、もう開き直ればいいと思うんですけどね。
どうせ次回も似たような内容になるんだし「わしはタックル一本でメシ食っとんのや」くらい堂々としてればいいんですよ。

面白い・つまらないは人それぞれの感性で、(判定の結果を含め)この試合をどう感じたかも意見が分かれるところでしょう。
ただ自分にとって面白くなかった試合を「塩」という言葉で片づける人が多くないですか?
最近はファンだけでなく選手まで塩漬け云々を言い始めてるけど、選手のみなさんは文句言う前にテイクダウンされないようにがんばりましょうや。


リオンvs宮田

まあ、この組み合わせならこうなりますわなーという多くの人が想像した通りの展開なのでは。
解説の川尻によると「リオンは相手の右パンチに対する右のカウンターが上手い。でも、宮田さんはそれを警戒して右をほとんど打ってない」とのことで、宮田さんって何にも考えてないように見せて実はクレバーなんだなと思った次第。
宮田はフェザーに転向してからはスタミナ切れもないし、打撃もこなしてタックル成功率も以上に高いので穴はほぼ無いですね、決め手もないけど。
そんな宮田相手に終盤までテイクダウンされなかった大塚も凄いなーと改めて実感。


所vsハンセン

まあ、この組み合わせならこうなりますわなーという多くの人が想像した通りの展開なのでは。ハンセン寝技も強いですしね。

ハンセンが二回目の金的を喰らわせた時は修斗での川尻戦が頭をよぎって「反則負けになるかも?」と思いました。
所は連敗でさらにランクを落とした感がありあり。
新設される予定のバンタムで立て直せるといいんですが。
ハンセンはフェザーでようやく初日が出たんで、次は小見川や石田、ウィッキー、リオンあたりとの試合が見てみたいですね。


小見川vsエスコベド

小見川すげえ!ストレートアームバーが試合で極まるの初めて見ました。
寝技が得意なはずのエスコベドを寝技で捻ったのはお見事。
もともと柔道時代から寝技師で通ってましたし、小見川の本領を発揮しただけのことなんでしょう。


高谷vsビービ

高谷すげえ!やっぱパンチに殺しがあるわ。
相手関係でいえば連敗中で階級下のビービは勝って当然なんでしょうけど、この勝ち方は素晴らしい。

前回のハンセン戦からはじめて作戦を立てて試合するようになったそうですが、これが高谷の快進撃の始まりになるかもしれませんね。
結果の出なかったWEC時代や大晦日の小見川戦と比べて本当に強くなってるのか、それを確かめるためにもビビアーノや小見川との再戦は見てみたいです。


前半は小見川と高谷に救われましたね。
個人的にはここまでのベストバウトは石田ウィッキー。

スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。