--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-14

SF感想。ヒョードルの試合を見て、思い出した山口日昇の喩え話

OP映像やヘビー級トーナメント全選手入場とか見るとやっぱり気持ちが盛りが上がってきます。
実況は五味vsタイグリのUFCの時と同じ人でしたね。

ヴァレンタインvsレイ・セフォー

セフォーとヴァレンタインなら日本でも組めそうなカードですね。
しかし、お兄ちゃんはアリスターに似てるなー。
ていうか最近のアリスターがお兄ちゃんが似てきてるんでしょうね。

試合の方はヴァレンタインがテイクダウンしてサイド取って金網に釘付けにして、さあこれから!というところでサフォーがタップ。
ギロチンのような感じで入ってたみたいですけど、なんだかなあ(^^;


チャド・グリッグスvsジャンピエロ・ビランテ

二人とも全く知らねー(^^;
グリッグスは揉みあげ、ビランテはミルコとアルバレスを足して割ったようなルックス。
二人ともスタンドでパンチをブン回して粗い粗い。
まあこういう試合もあった方が盛り上がりますよね。


アリスターとファブリシオのツーショット・インタビュー

カジュアルな格好のファブリシオかっこいい!
リング上のトランクス一丁の姿よりもこっちの方がずっといいよ!(当たり前か)


同じくジョシュとロジャースのツーショット・インタビュー

ジョシュはひげを蓄えてキコリのようなガイジンレスラーのような貫録がある感じ。
対するロジャースはBボーイ風。
二人とも今大会の抱負を語る。


シェーン・デル・ロザリオvレイバー・ジョンソンs

ふ、二人とも全く知らねー。
嫁いわくジョンソンの入場曲は昔のアローナのそれと同じらしいですけど、全く覚えてない(^^;

試合はマウントからパウンド→十字というベーシックな内容でデル・ロザリオが勝利。
これもなかなか大味。
そういえばUFCではマウントからの十字で極まるのをあまり見てない気がします。


アンドレイ・アルロフスキーvsハリトーノフ

下馬評ではアルロフスキー有利でしたけど、ハリトーノフもコンディションさえ整えてくれば充分やれると思ってました。
最近のハリトーノフは水野戦を除けば精彩を欠くものが多くて、特に一昨年のジェフ・モンソン戦が酷かった。
ただ、あの試合はハリトーノフの身体が緩々でお腹もポッコリしてたのでコンディションが悪すぎたのではないかと思ってます。
年末の水野戦はまずまずのグッドシェイプだったので今回も期待してたんですが、ハリトーノフやってくれましたね。
K-1での戦績が芳しくないとはいえ、アマチュア・ボクシングで相当経験を積んでたみたいだし、打撃でもアルロフスキーにもそうヒケを取らないと思ってたら、むしろ打撃で圧力をかけてKO勝利。
最後のパウンドでのアルロフスキー失神は目が開いたままでヤバかった。

ハリトーノフがようやく復活!
多分寝かされたらマグロのままでしょうけど、ダークホースとして面白い存在になってきましたね。


エメリヤーエンコ・ヒョードルvsアントニオ・シウバ

やっぱりさー、みんなヒョードル戦となると目の色変えて死ぬ気で練習してかかってきますよね。ファブリシオしかりアルロフスキーしかり。
やっぱモチベーションが違うんでしょうね。
シウバの入場曲のエミネムは食傷気味ですが、ランデルマンがミルコ戦でアップセットを起こした時も同じ入場曲でしたね。(あとナカハラも)
外人格闘家はエミネムが好きなのか?
ボクサーの「アイ・オブ・ザ・タイガー」ばりにベッタベタな曲ですが、選手が試合に賭ける気持ちを高める、乗せるものがあるんでしょうか。

そんな戦う相手がみな死に物狂いで来る状況で常に習われる立場だったヒョードルは本当に大変だ。
それでも今回は何とかしてくれると思ってだけに驚きを隠せません。
勝ったアントニオ・シウバはゴリラだわー、本当ゴリラだったわーマジで。
ファブリシオはよく勝てたよなー。
でも、ヒョードル対策はきっちり遂行してサイズを活かした抑え込みとパウンドの強さ、寝技の技術など文句ない強さでした。

対するヒョードルはこの試合で技術の古さというか現代MMAにおいての戦術性の無さが露呈しましたね。
1Rでグラウンド上を取った時に抑え込んでパウンドなどで削るなどをせずにいきなりアームロックを極めにいったところなどは勿体なかった。
でも、常に隙あらば試合を決めにいくのがヒョードルの良さでもあったのですけどね。
2Rは逆にシウバが抑え込んでヒョードルを削っていくセオリー通りの攻めで、それに対してヒョードルが為す術もなく消耗していくのが悲しかった。

この試合内容・結果を受けて思い出したのが、元カミプロ編集長の山口日昇が以前言っていた言葉。
PRIDE全盛時、桜庭が負けが込みだしたときに「PRIDEひかり道」で言っていたことで、大意として、
「桜庭(の世代)は料理に例えると、目分量で食材を適当に配分して感覚で味付けして調理してきた。だけど今の総合格闘技の選手はきっちり食材、調味料の量をはかりレシピ通りに料理を作る」
総合格闘技のレベルが上がるにつれ、新しい技術がどんどん生まれて、それに付いていけなくなったということでしょう。
また山口氏は小川直也が吉田秀彦に敗れたときも
「(小川は)冷蔵庫に冷凍保存してある昔の食材だけで戦っている。新鮮な食材がないから勝てなかった」
みたいなことを言ってました(確かカミプロで)。

桜庭や小川とはレベルは違うかもしれませんが、ヒョードルも同じことなのかなーと感じました。
科学的なトレーニングを行わず、鉄棒で懸垂したり、ハンマーでタイヤを叩いたりという練習風景でおなじみのヒョードルですけど、それも限界が来たということなのではないかと。
戦術面でも「グラウンドでポジション取っても極めにいくのは返されてもリスクの無いラウンド終盤で」とか「ジャッジの印象を良くするためにラウンド終盤にテイクダウン取る」とか緻密なポイント稼ぎをやらないといけないんでしょうねヒョードルといえど。(だからこそアンデウソンのような選手は奇跡みたいなもんだと改めて気付きました)

ヒョードル幻想は粉々になりましたけど、今まで積み上げたものが無くなったわけでも、ヒョードルの功績に傷が付いたわけでもない。
このまま引退するとしてもヒョードルには感謝の気持ちしかありません。
やれんのかの時に日本に来てくれた時は本当にうれしかったなー、会場全員がヒョードルを大歓迎してるような雰囲気でした。
ヒョードルありがとう!今までお疲れ様でした。
でも、引退せずに再挑戦する姿もそれはそれで見てみたい(^^;
ジャクソンズMMAとかに練習に行ったりとかね。


今大会は全体的に大味な試合が多かったですね。
やっぱUFCと比べると粗さがあるのは否めない。
そして、ヒョードルの敗戦によりアリスターvsヒョードル、ジョシュvsヒョードルのビッグマッチが消えてしまったのが痛い。

でも、SFは日本向きのイベントと言えるので、日本大会やってくださいお願いしますm(._.)m

とはいえ採算を考えると日本でやらない方がいい気もします(^^;

スポンサーサイト

theme : 格闘技
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

舞台演出や煽りVがあっさりしてたので、Strikeforceが日本でやるならDREAMスタッフと組んでほしいです。

ヒョードル選手には感謝の気持ちでいっばいです!

おひさーデス。自分はもったいなかったなぁと思います。って引退することではなくてピークの時にもっとトップファイター達と試合をして強いヒョードルが見れなかったのが残念です。


そもそもワジムやM-1の害虫連中と一緒にいたのが間違いでしたね。ハァ

ブログずっとまってました!!これからも楽しみにしてます

ジーナさん
もしSFが日本大会やるならREが演出するような気がします。
根拠はありませんけど(^^;

ようさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます(^^
確かにねー、2007年以降は年に1,2試合のペースで少なかったですもんね。
その原因たるクレイジーロシアンどもには辟易してましたが、その道を選択したのはヒョードルですから自己責任ではあります。
2008年のシルビア戦までは最強というにふさわしい試合ぶりでした。


fbfbgitさん
ありがとうございます!
そう言って貰えるにふさわしいブログになるよう頑張ります。

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。