--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-16

[KamiproSpecial] エド・フィッシュマン情報

今日発売の「KamiproSpecial」にラスベガスの大物エド・フィッシュマン氏のインタビューがありました。

以前に書いたフィッシュマン氏の情報はこちら。
http://tsudureya.blog51.fc2.com/blog-entry-202.html#comment

そして今回のインタビューの要約は

・フィッシュマン氏が初めてPRIDEを会場観戦したのは2003年のミドル級GP決勝東京ドーム大会。
そこで衝撃を受け、PRIDEをアメリカで開催したいと思い始めた。

・フィッシュマンの紹介により、榊原代表は一日の間にラスベガス・カジノのトップ一通りと会うことができた。

・「TUF」のようなPRIDE版のリアリティ・ショーの企画を進めている。

・「PRIDE」のスロットマシンは10月のラスベガス大会でサンプルを披露。年内にシーザースパレスに設置し、ロシアでの発売も内定している。

・フィッシュマン氏の今の夢は2003東京ドーム大会と同規模の大会をアメリカで開くこと。

・アメリカで一番人気のあるクリスピー・クリーム・ドーナッツのイギリスでの権利を持っている。
・榊原代表を「ノブ」と呼んでいる(高田はなんと呼ぶのかな)。



今までは単なる金儲けの駒として「PRIDE」を利用しようとしてるだけのようなイメージでしたが、(たとえ提灯記事だとしても)こういうインタビューが出ると、ポジティブな気持ちになれますね。

フィッシュマン氏は「あの」ミドル級GP決勝大会を見ていたんですね。
確かにあの大会は、奇跡的な興行でしたから見ていて圧倒されるのも
無理からぬこと。
フィッシュマン氏がPRIDEに執心な理由も多少は納得できますね。

リングサイドにはフィッシュマン氏の伝で、世界的なセレブリティが並びそうです。
選手以上にリングサイドにカメラが向いたりするのは、邪道ではありますが、選手は試合内容で魅せてアメリカでも人気者になってほしいですね。

話半分としても、PRIDEファンのテンションが上がるニュースですね!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[格闘技][経済][読書][PRIDE]「サラリーマンバラ太郎」アメリカの金持ちとダチになる

というわけで「エド・フィッシュマン」。←このようにキーワードを作ったので興味ある人はみよ。 彼に榊原信行社長が「わしのこの体が担保じゃーい!」といって、500億円借りたそうだ(嘘)。 ま、格差社会アメリカで見事に資本主義競争に勝ちあがった海千山千の大物であり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。