--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-23

PRIDEラスベガス大会のマッチメイクに異議あり!

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1158942430

PRIDEウェルター級チャンピオン
ダン・ヘンダーソン(アメリカ/チーム・クエスト)
VS
元UFCライトヘビー級チャンピオン
ビクトー・ベウフォート(ブラジル/フリー)

 アメリカでPRIDEを開催するならこの選手を忘れるわけにはいかない。“リアル・アメリカン・アスリート”PRIDEウェルター級チャンピオンのダン・ヘンダーソンの出場が決定した。『PRIDEウェルター級GP2006』には2ndROUNDからの出場となったが、その緒戦で三崎和雄にまさかの敗北。GP二連覇の夢は潰えた。そして、ヘンダーソンは復活の地に母国アメリカを選んだのである。かつてアメリカの期待を背負ってグレコローマン・レスリングで活躍したように、PRIDEのリングでも星条旗の誇りを守らなくてはならない。ヘンダーソンが復活に燃える。
 そのヘンダーソンに襲い掛かるのは、UFCでチャンピオンにもなったことでアメリカのファンにも知名度が高いビクトーだ。PRIDE復帰戦ではアリスター・オーフレイムに一本負けという屈辱を味わったが、その屈辱をバネに復活を果たし、今年7月には高橋義生に僅か36秒でKO勝ちしている。ランディー・クートゥアをマットに沈め、チャック・リデルとティト・オーティズを大いに苦しめた“帰って来た天才児”が、アメリカ総合格闘技界最後の大物狩りに挑む。


今の衰えたダンヘンに階級上のビクトーはキツイですよ。
ビクトーはスタミナないけどダンヘンも無いからなあ。

DSEはダンヘンが勝てると踏んで組んだのか、どっちが勝っても構わないのか。
DSE・USAの人も言ってたけど、「アメリカ人はアメリカ人にしか興味がない」のだから、アメリカンが勝てるマッチメイクにしないと。

現時点で発表されてるカードで勝算が高いアメリカンはジョシュだけじゃないですか!
別にアメリカンVS金魚を組めとは言いませんが、今のマッチメイクでは強豪VS噛ませアメリカンの図式になってますよ。

ダンヘンの相手にしても同階級のバローニと当てれば、どっちが勝ってもメデタシなのになあ。
これで噂されてるブスタマンチVSバローニなんてカードを組んだら、またしても勝算は低いし、地元の客は盛り下がりそう。

このままではアメリカン・ファイターが負け越してしまいそうですが、あるいはDSEに秘策があるのか?

PRIDEの命運のかかった興行だけに無事成功してくれるといいのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。