--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-29

記者から「弱い相手としかやっていないのでは?」という質問に対し、亀田興毅は・・・?

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20060529-00000025-spnavi-spo.html
亀田3兄弟の長男・亀田興毅が8月2日、横浜アリーナでWBA世界ライトフライ級の王者決定戦に出場することが決まり、29日、都内ホテルで記者会見を開いた。
 王者をかけて戦うのは同級1位のファン・ランダエタ(ベネズエラ)。
 プロ11戦をフライ級で戦ってきた興毅が狙うベルトは1階級下のライトフライ級だった。

 興毅陣営は5日のカルロス・ファハルド戦の後にWBAにライトフライ級への階級変更を申請。WBAは興毅をランク2位とし、ロベルト・バスケス(パナマ)が王座を返上したタイトルをランダエタと争わせることにした。ランダエタは24戦20勝(16KO)3敗1分。2004年10月にWBAミニマム級王者の新井田豊との王座統一戦に敗戦。今月、ミニマム級から階級を上げライトフライ級に転向していた。
 初めてのライトフライ級での戦いだが、興毅は「楽勝、簡単に落とせる」と減量にも自信満々。「いつもより早めに調整するだけや」と話した。史郎トレーナーは「普通のボクサーは10キロ落とす。興毅はいつも(フライ級で)3キロ落としとって、あと2キロだけや」と説明した。

 「弱い相手としかやっていないのでは?」との質問にも「オレが強すぎるから、スターの宿命やな」と受け流す興毅。
 「ここからがスタート」と強調する興毅。3階級制覇、そして、3兄弟そろっての世界王者に道は続く。興行タイトルは「亀田伝説 夢の始まり~第1章」に決まった。



早々に世界戦が決まりましたね。
対戦相手はファン・ランダエタの戦績はこちら。
http://www.boxrec.com/boxer_display.php?boxer_id=075052

新井田に微妙な判定で敗れていますが、かなりの強豪と言えるでしょう。
しかし、元々亀田より二階級下の選手なので体格差で亀田にもチャンスはあるんじゃないかな。
これで亀田選手の実力がはっきりしそうですね。

それにしても

「弱い相手としかやっていないのでは?」との質問にも「オレが強すぎるから、スターの宿命やな」と受け流す興毅。


これを聞いた記者さん、お前男だよ! 侍だよ!!

それを受け流す興毅くんもなかなかやりますな。
まあ亀田親父はぶち切れてそうですが(笑)

ところで、当日生中継だそうですが、そうすると金的にパンチ入れても編集できませんよ、大丈夫ですか?(^_^;)
スポンサーサイト

theme : ボクシング
genre : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。