--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-16

ミルコとUFCの契約詳細

日本に電撃復帰したミルコですが、日本で調整試合をしたらUFCに戻るというプランがあるようです。
ミルコ復活へ「DREAM」に電撃参戦!

だが名声と富を手にしたことで、ミルコはかつて持っていたハングリー精神や戦うモチベーションを失ってしまった。加えてUFCの「オクタゴン」と呼ばれる戦場は独特の8角形をしており、PRIDEのリングがスッポリ入ってしまうほど大きい。それまで培ったリングの感覚を取り戻せないまま試合が組まれ、気付けば1勝2敗という絶不調に陥った。事態を重く見た今井氏は米・ネバダ州ラスベガスに何度も飛び、UFCのダナ・ホワイト代表(38)に相談。6試合契約の半分しか終えていなかったが「ダナの寛大な温情。『復活した際には真っ先にUFCへ戻る』という条件付きで、自由契約を了承してもらった」という。



そしてカミプロハンドのkamiブログにてもう少し詳しい契約内容が紹介されています。

・UFCはミルコが2連敗した場合、契約内容を見直す要求が出来るオプションを持っているが一方的には切ることはできない。
・ミルコは将来UFCに復帰するオプションを残して自由契約となった。
・ただし、アメリカに復帰する場合は必ずUFCに戻らなくてはならず、「M-1」やストライク・フォースには上がることができない。
・今のミルコには“勝ち癖”をつけさせることが大事だが、前座の調整試合で使うにはギャラが高すぎて、UFCにとっては割に合わない。
・そこで、「勝って本来の自分を取り戻したいミルコ」と「新団体の目玉が欲しいDREAM」と「ミルコを調整させたいUFC」の思惑が一致し、ミルコの日本復帰が実現した。


先日は当ブログにて痛烈に批判してしまいましたが、それは「結果を出せなかった」ことよりも「結果を出せないまま帰ってきた」ことが残念だったからです。勝敗は兵家の常ですから。
まだミルコにUFCで借りを返したい闘志があるなら、それはいいことだと思います。
日本を「調整」の場にされるのは悲しいものがありますが、日本で生で見れること、またPRIDEでも過去にそういう調整試合が多々あったことを思えば、アリです。
ただ、リングで試合してUFCへの調整になるのか?という疑問があります。
日本で連勝して「いざUFC!」出陣し、「また負けました、やっぱり金網は合いませんでした」では元の木阿弥です。
かといってミルコにケージフォースや「HEAT」に出ろというのも無理のある話。
とりあえずミルコ陣営としてはまず勝利という結果を最優先したということでしょうね。
思えばミルコがUFC初戦で勝って以来、勝ち星が一年以上ないわけです。
ミルコの総合キャリアにおいて、こんなことは無かったことですから勝利には餓えているのは間違いない。

ファンの勝手な希望としては、ヒョードル、ミルコ、クートゥアがM-1等に結集し、そこで頂点に立てばダナに嘲笑されることもないかなと思いました。
ミルコがUFCと上記のような契約を結んでる以上は単なる妄想に過ぎませんが。

オクタゴンとリングの違いを痛感したミルコが、それでも本気でUFCにリベンジする気なら、それには乗れるし、その時は応援したいと思います。
そのためにもかつての強いミルコを取り戻さないといけませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ミルコはグラウンドになると攻めも守りもトップレベルには程遠い。コンゴ戦では1Rマウント取った時に仕留められなかった。蹴りに関しては蹴り足を取られてのテイクダウンのリスクがあり、ゴンザーガはミルコのミドルを掴んでのテイクダウンでした。その後は知っての通り肘攻撃の雨あられ。コンゴ戦の時は体格で勝る相手に立ち技でも完封された。スタミナも1Rしかもたない。

ハイキック以外の新たな武器とフルに動けるスタミナが無いとUFCでは勝てないということでしょう。

ヤケトリ・アイブルさん
スタミナに関しては鼻の手術をしてアップしているとミルコは言ってますね。
UFCでローをキャッチされてあっさりテイクダウンされた時はちょっと驚きました。
PRIDEでは蹴りを掴まれて寝かされることなんてほとんど無かったのに(^^;

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。