--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-02

秋山を宇宙に連れてって

とんねるずの「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」見ました。
相変わらず面白すぎて最高です。
レッドカーペットやメリーゴーランドもメじゃありません。
「サ行の言えない」ネタで優勝したハイエナ竹岡って、美濃輪のそっくりキャラやってるミノウマンの人じゃありませんでしたっけ?
パウンドしながら「おれはそっくりさんだーっ!」って言うやつです。
この企画、年に2回といわず、1クールごとにやってほしいですねえ。


さて、先日からちょっとした話題になってるらしい「秋山・三崎のガン無視問題」ですが、
NHBニュース経由で

http://sadironman.seesaa.net/article/91777954.html
各メディアで
「秋山が三崎に試合後会ったときの態度」についての紹介が微妙に違い、論議を呼んでいた部分があります。

各雑誌では
「会釈をした」
「そのまま歩いていった(無視した)」

などいろいろでしたが、この動画では発言そのものが聞こえるので、韓国語に詳しい人にとっては決着するでしょう。


GONKAKUや格通。カミプロでそれぞれ見解が微妙に違いました。
このことに関して、カミプロハンドの大川隊長ブログで

トークショーの動画を見た限りでは、秋山がこの件に関して言った言葉は
「何も言わず、目だけ閉じてそのまま行ったんです(通り過ぎた)」としか訳せないニュアンスのもの。
実際には会釈したのかもしれないが、番組を見た韓国人にとっては「秋山が三崎を無視した」としか聞こえないと思う

と主張しています。
この大川隊長がどれほど韓国語に堪能かは定かではありませんが、以前から韓国格闘技界に関する記事を多く書いていたことから、ある程度の信用できるのではないでしょうか。
こうなってくると現場にいた人間しか真実はわからないでしょうね。
もし軽く会釈してたとしても、無視したのとほぼ同義なのでは?
秋山にしてみれば、反則の蹴りで鼻を折られ、リング上で説教されて「日本人は強いんです!」とまで言われて腹に据えかねてるものもあったのでしょう。
でも、わざわざ挨拶する三崎に対して、ちょっと大人げないのではないかと思います。
この話題はこれにて収束していくか。

そして、それよりも気になった話題が!
大川隊長の同ブログにて

「韓国初の女性宇宙飛行士が“宇宙で一緒に過ごしたい人”に秋山の名前を挙げて、話題になった」

という内容のものが。
この宇宙飛行士とは、イ・ソヨンさんで間違いないでしょう。
いろいろあって、男女を通じて初の宇宙飛行士になるんですね。

それにしても、こんな所で名前が出るまでに秋山のネームバリューは上がっていたとは驚きです。

日本で例えるなら、女性初の宇宙飛行士・向井千秋さんが「宇宙で三崎和雄さんと一緒に過ごしたいです」などと言われても、こっちはポカーンである。
もはや秋山の韓国での人気は三崎さんの日本でのそれを大きく上回ってますね(^^;

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まあ、三崎は「謝る用意はある」とは言ったけど実際には謝って無いからねえ。

三崎「クソ高いロケット」

あと10年ぐらいしたら宇宙空間で三崎さんと秋山さん戦ってそうですね・・・

ててさん
なるほど。
まあ三崎がそこまで卑屈になることはないと思います。

徐庶さん
ノーマルスーツは着てますかね(^^;
プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。