--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-01

吉田道場の中村カズ、ロンバートとの練習で脱臼していた。

http://www.daily.co.jp/ring/2006/06/01/0000042367.shtml

PRIDE武士道(6・4さいたまSA)を前に、吉田道場の刺客へクター・ロンバート(28)=キューバ=がベールを脱いだ。31日、都内で瀧本誠(31)と練習を公開。柔道出身ながら、ハードなパンチを披露した。キューバで柔道、豪州で2年間打撃を磨き、来日後は中村を脱きゅうさせるなど吉田道場の精鋭を数人病院送りにした“実績”がある。日本デビュー戦では、瀧本との対戦を熱望する郷野聡寛と戦うが、瀧本は「郷野とボクがやることはないでしょう。絶対勝てない。ヤバいくらい強い」と証言。ロンバートも「郷野?研究しているけど、いつも通りやれば大丈夫」と自信満々だった。



昨日紹介した記事と被りますが、注目すべき点はロンバートが中村和裕を練習中に脱臼させていたことです。
ゴン格などで吉田が「ロンバートと練習して、道場のやつがいっぱい壊された」と言ってましたが、その中に中村カズも加わっていたとは!
ダンヘン戦でやった肩を脱臼したのかな? 脱臼は癖になるというし心配ですねー。

しかしロンバート、かなり強いんだろうけど練習でパートナーを壊しまくるのは如何なものかと・・・難しいだろうけど、ちょっとは気をつけてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クワイ

Author:クワイ
三重県在住の格闘技ファンです。
ジョシュ・バーネットのSFヘビー級GP優勝祈願!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。